ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「支持率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支持率」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界を読み解くニュース・サロン:
菅政権の肝いり「デジタル庁」は中途半端で大丈夫か――電子国家・エストニアの教訓
菅新政権の目玉政策の一つが「デジタル庁」の新設。だが2021年中の設置、時限組織というのは中途半端では。平井デジタル改革相も口にするデジタル大国・エストニアの事例を見ると、便利さにはリスクも伴う。セキュリティ対策も徹底した組織運営が必要だろう。(2020/9/24)

首相ゆかりの地に「スガノミクス特需」! 「菅さんのパンケーキ」など売り切れ続出
菅義偉首相ゆかりの地が祝賀ムードに色めき立っている。地元選挙区の横浜市や出身地の秋田県では、首相のイラストなどをあしらった名産菓子が売り切れ続出となった。パンケーキや著書など関連商品も人気と、「スガノミクス特需」が活況だ。(2020/9/23)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

「若者の政治無関心、悪いことではない」「SNS上の批判、対処法は……」――麻生副総理がN高で講義
麻生太郎副総理が、通信制高校「N高等学校」が設立した「N高政治部」の授業に登壇。生徒に向けて講演し、「若者が政治に関心がないことは、悪いことではない」などと発言。SNS上の批判への対処法にも触れた。(2020/9/9)

日経平均一時600円超の下落 安倍首相辞任意向を受け
日経平均は8月28日、午前2時過ぎに安倍首相が辞任意向との報道を受け、一時、前日の終値より600円超の下落となった。その後、値は戻したものの、前日から326円(1.41%)下げた2万2882円で終えた。(2020/8/28)

日本に進出して21年:
気付けば日本に30店舗 コストコが女性から熱狂的に支持される理由
コストコが日本に進出してから21年。着実に店舗数を増やし続け、有料会員も600万人を超えた。特に女性客から圧倒的に支持される理由をビジネスモデルの観点から解説する。(2020/7/21)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

Googleさん:
新型コロナウイルス接触確認アプリ、インストールしました
6月19日に公開された「新型コロナウイルス接触確認アプリ」。21日にはGoogle PlayストアでもAppleのApp Storeでも無料アプリトップになりました。さっそくインストールしたスマートフォンに、いつの日か接触通知が来るかも?(2020/6/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

4割超が経済活動より「感染対策を優先」 若年層では「経済活動」派と「感染対策」派が2極化
世代間だけでなく、同世代間で意見が大きく分かれています。(2020/5/26)

みんなと過ごすおうち時間:
ごちそうさまです! 川崎あや、林ゆめ、十味ら美女たちの“自撮り繋ぎ”がマンネリした自宅時間を潤す
目のやり場に困る自撮り。(2020/4/18)

医療IT、2020年のトレンド予測【後編】
2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は
人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。(2020/3/31)

映画「PMC:ザ・バンカー」レビュー 北の最高指導者を捕まえることになった特殊部隊のド派手アクション大作
「単にハリウッドっぽいアクション映画ってだけでは収まらないぞ!」という心意気。(2020/3/14)

動画の世紀:
映像の加工はどこまで許される? 「グレーゾーン」ディープフェイクの登場
ディープフェイクはどこまで許されるのか、という問題について、小林啓倫さんが考えます。(2020/2/28)

スピン経済の歩き方:
新型コロナ感染拡大でも、日本が「中国人」を受け入れ続ける理由
日本国内でコロナウイルスの感染拡大が本格的に始まった。アメリカやオーストラリアなどは中国全土からの外国人入国拒否という対応をとったのに、なぜ日本は同じことができないのか。筆者の窪田氏は、できない理由として……。(2020/2/18)

スピン経済の歩き方:
なぜマスコミは、企業の倒産を「社会のせい」にしてしまうのか
企業の倒産件数が、11年ぶりに増えている。大手マスコミは「増税が原因」「人手不足が深刻」などと報じているが、本当にそれが原因なのか。中小企業が倒れている原因はほかにもあって……。(2020/1/21)

スピン経済の歩き方:
日本を混乱させた中国企業「500ドットコム」が、うさんくさく感じる3つの理由
共同通信が行った調査によると、IRの整備を「見直すべきだ」と回答した人がなんと70.6%にものぼったという。「カジノ汚職」を受けて、多くの国民はIRをうさんくさく感じているようだが、こうした動きの背景に何があるのか。筆者の窪田氏は、中国企業の存在を指摘していて……。(2020/1/14)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

債券は「バブル」なのか? 弾けたときに起こること
日経平均は年初来高値を付け、米S&P500指数も史上最高値を更新している。株価の好調さに「上がりすぎではないか」と不安を抱く人もいるようだが、市場関係者の間でもっと懸念される「上がりすぎ」の資産がある。債券だ。(2019/12/23)

韓国人客の激減に振り回される地域は、どうすべきか
日韓関係の悪化などによって、韓国内では日本への旅行を自粛する動きが出ている。結果、日本を訪れる韓国人旅行者数が大きく減少し、一部の人気観光スポットは打撃を受けているという。こうした地域はどうすればいいのか……。(2019/11/28)

GitHubの公開リポジトリを分析し、エンジニアの年収を予測するサービス登場
GitHubの公開リポジトリを分析し、エンジニアの年収の推移を予測するサービスのβ版が登場。コーディングの実績、プロジェクトへの貢献度、他のユーザーからの支持率などを分析して「スキル偏差値」を算出する仕組み。偏差値60で年収500万〜550万円、偏差値70で年収800〜850万円程度だという。(2019/11/27)

気になるニュース&ネット記事:
人気プログラミング言語の変遷、1965〜2019年(Python視点)
息抜きできる小ネタとして「Most Popular Programming Languages 1965 - 2019」というYouTube動画を紹介。1965年〜2019年までの人気プログラミング言語ランキングの変遷を、約5年ごとで、さかのぼりながら見ていく。(2019/11/25)

「モトカレマニア」SNSはハマケン支持の大合唱 「山下にしとけ」の声援はユリカ(新木優子)に届くか?
山下(浜野謙太)こそ巨大マグロだ。(2019/10/31)

専門家のイロメガネ:
消費税は弱者に厳しいというウソ 〜逆進性という勘違い〜
消費税は弱者に厳しい、逆進性があるという勘違いに基づく指摘は、結果的に複雑怪奇で史上最悪の軽減税率の導入にもつながった。しかし、消費税に限らず税金はどのように集めるか、そしてどのように使うか、負担と給付をセットで考える必要がある。そして、負担と給付の両面で発生する「二重の累進性」が高所得者には働く。これは消費税の逆進性を打ち消して余りあるほどに大きい。(2019/10/31)

専門家のイロメガネ:
なぜデンマークは、消費税が25%でも軽減税率を導入しないのか
軽減税率は、一見すると正しそうな制度に見えるが、この制度が原因で、小売業界と飲食業界は混乱の極みにある。軽減税率は徴税コストが高く、線引きに手間がかかり、脱法行為を生み出しかねず、高所得者に有利。だから軽減税率よりも別の手段で還元した方が好ましい。デンマークはこのように軽減税率そのものを完全に否定している。(2019/9/20)

ヒットソングネタが共感集める:
平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
第一生命保険が「第32回サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表した。1位は(2019/5/23)

「どんだけかわいいのよ」 佐田真由美、キッズモデル時代の“奇跡の美少女”ぶりにファン&モデル仲間も驚き
逸材感がすごい。(2019/4/17)

「不平等」な関係の行方:
日産など3社、29日にトップ会合 すれ違う人事・資本関係での思惑
日産、Renault(ルノー)、三菱自の経営トップが29日、会合を開く。3社連合を主導してきたカルロス・ゴーン容疑者の逮捕後、初となる話し合いでは、今後の3社連合のあり方を協議する。(2018/11/29)

Netflixが意外とデータ容量を消費しない理由 本社で見た最新テクノロジー
Netflixのストリーミング動画を流しっぱなしにしたところ、意外とデータを消費しませんでした。SD画質のベーシックプランでの時間とはいえ、きれいな映像だったので不思議に思っていました。ちょうどそんなとき、Netflixが米国ロスガトスの本社に日本の報道陣を招くイベントを開催したので、参加してきました。(2018/10/16)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

大きくなった「Apple Watch Series 4」の装着感、iOS 12連携で気に入った機能
「Apple Watch Series 4」の発表内容を見て気になったのが、そのサイズ。装着感はどう変わったのでしょうか? iOS 12との連携で相性抜群の機能も見つけました。(2018/9/27)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

今日のリサーチ:
「LINE」と「電話」が同率1位、最も便利だと思う店舗向け問い合わせ機能――LINE調査
LINEは、「LINE@」のチャット機能利用者に対するユーザーアンケートを実施しました。最も便利だと思う店舗向け問い合わせ手段は「LINE」と「電話」が同率1位でした。(2018/7/3)

スイス、日朝会談……:
「不満の夏」到来か、市場が覚悟すべき重大イベント
金融市場にとって5月は慌ただしかったが、6月も覚悟が必要になる。米朝首脳会談をはじめ、市場を大きく動揺させかねない重大イベントがいくつも予定されているからだ。(2018/6/7)

72時間連続で働け:
日本以上のブラック労働でも悲壮感はない、中国のある事情
かつて日本では「24時間戦えますか」をキャッチフレーズにした商品がヒットしたが、現在の中国は、その3倍の72時間働き続ける執着心が必要だと言われている。猛烈に働けば必ず成功するという信念は、かつての日本を彷彿とさせる。「工作狂」(中国語でワーカホリックの意)は決して悪い意味ではなく、できるビジネスマンの必須条件のように扱われているのだ。(2018/6/7)

不透明感は残る:
内閣支持率に反転の兆し、首相の自民総裁3選に追い風の声
森友学園や加計学園を巡る疑惑や、財務省の文書改ざん問題と同省事務次官のセクハラ問題などに直面し、支持率が低下傾向にあった安倍晋三内閣だが、直近の世論調査では下げ止まりから上昇の兆しを見せている。(2018/5/22)

総投票数は174万票:
「全ガンダム大投票」 伊達じゃない「νガンダム」が1位 キャラ部門は女性人気の「オルフェンズ」健闘
1979年の放送から40年目を迎えた「機動戦士ガンダムシリーズ」投票企画の結果が発表された。モビルスーツ部門では1〜5位をガンダム主人公機が独占。作品によって男女比に大きな差があり、女性人気の高い「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するオルガ・イツカがキャラクター部門で1位になった。(2018/5/7)

“AI市長候補”が市長選に出馬して分かったこと 「握手ができないAIは選挙活動が苦手」
突如現れた奇抜な候補者はいったい何を目指していたのか。(2018/5/1)

スピン経済の歩き方:
マスコミが「官僚の不正体質」より「内閣」を叩く、その背景
2014年に安倍政権が作った「内閣人事局」を巡る報道が、「忖度」によってゆがめられている。官僚を被害者のように触れ回る報道の裏には、高級官僚に対するマスコミの「忖度」がある。なぜマスコミが忖度するのかというと……(2018/3/20)

「芸術形式にまで進化した」:
森友問題、責任所在を曖昧にする日本の「ソンタク」
安倍首相を脅かす政治スキャンダルの波紋が広がる中、「ソンタク(忖度)」として知られる日本の習慣が、その責任究明を複雑なものにしている。(2018/3/19)

最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞ノミネート! 「絵文字の国のジーン」は何がそんなにダメなのか
唯一無二の体験。(2018/2/24)

圧倒的指名率! 山崎賢人、クールな“ホスト姿”に貢ぎたい女性が続出してしまう
山崎賢人指名で。(2017/12/26)

新たな“いのりまち”誕生へ 水瀬いのり22歳の誕生日に町民の願い実る
住民登録しなきゃ(使命感)。(2017/12/2)

「思ったより使える♪」:
安倍首相がLINEスタンプに 自民党が無料配布
自民党がLINEスタンプ「思ったより使える♪総裁スタンプ」の配信を始めた。安倍晋三首相をキャラクター化したもので、8種類の会話に対応する。(2017/10/31)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュア恒例の入れ替わり回は「自分らしく生きる」ことの意味を問う
猫になっても全く動じないゆかりさん、さすがです。(2017/10/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米政治家に学ぶ、ビジネスパーソンに「化粧」が必要なワケ
エマニュエル・マクロンがフランスの大統領に就任して3カ月以上が経過した。政界に新しい風を吹き込むと期待されたが、自分のメイクのために340万円ほどを使っていたことが判明し、支持率が急落。若い男性の間でもメイクをしている人が増えているような気がするが、広く普及する可能性はあるのか。(2017/8/31)

おカタいフレーズでもこの柔らかさ 江戸時代の書体から誕生した「真四角書体」に極太ウェイト登場 全4種に
漢字がかわいく見えるフォント。(2017/8/29)

週刊「調査のチカラ」:
かき氷に1000円以上払える人はどのくらいいるの?
トレンディーかつナウでヤングな若者たちは何にハマっているのか。そのブームはいつまで続くのか。ブームが去った後はどうなるのか。(2017/7/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの暴言を止めることができない、お手上げの理由
トランプ大統領のトンデモ発言が続いている。身内の共和党内部からも批判が噴出しているのに、なぜ大統領は暴言を繰り返すのか。ひょっとしたら、暴言を吐き続けることができる理由があるのかもしれない。(2017/7/6)

“いのりまち”消滅へ 水瀬いのり、事務所契約満了で存続厳しく 町民に動揺広がる
支持率100%の町長。(2017/7/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。