ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AVeL LinkPlayer」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AVeL LinkPlayer」に関する情報が集まったページです。

NTTぷらら、専用チューナーがDLNAサーバになる「ひかりTVリンク」第2弾
NTTぷららは、「ひかりTVリンク」の第2弾として「ホームサーバー機能」を提供する。ひかりテレビ専用チューナー「IS1050」の内蔵HDDに録画した番組を、ネットワーク経由でほかの部屋にあるテレビやPCでも視聴できるようになる。(2011/11/10)

あの、“挑戦者”が復活したわけで:
テレビを“YouTube対応”にする箱──「Rock Tube」とはナニモノか
「YouTubeをリビングルームのテレビで見たい」──。そんな人向けのメディアプレーヤーが「Rock Tube」だ。どう使うか、何ができるかをチェックした。(2010/10/29)

地デジ録画OK、ネットワーク機能も搭載したハイビジョンチューナー「HVT-BCT300」
アイ・オー・データ機器が、録画機能を有した3波対応デジタルチューナー「HVT-BCT300」を発売する。Link Player「AV-LS700」相当のネットワークメディアプレーヤー機能も備えた。(2010/1/7)

Windows 7に対応したLink Player「AV-LS700」登場
アイ・オー・データ機器は“AVeL Link Player”の上位モデル「AV-LS700」を12月下旬に発売する。基本機能や設置性を向上させながら、価格は既存モデルより抑えた。(2009/12/2)

アイ・オー、テレビに似合うピアノブラックのメディアプレーヤー「AV-LS500LE」
アイ・オー・データ機器は、ネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」シリーズの新製品として、ピアノブラック仕上げのエントリーモデル「AV-LS500LE」を6月下旬に発売する。(2009/6/3)

ハードウェアエンコーダ搭載:
アイ・オーが1080i対応のキャプチャカードを投入
アイ・オー・データ機器が今春発売する新製品群の発表会を実施。会場にはD端子を搭載したHD対応キャプチャカードが展示されていた。(2009/3/17)

アクトビラやDMM.TVも:
アイ・オー、DTCP-IP対応の「AVeL Link Player」などネットワークAV機器を発表
アイ・オー・データ機器は、“DTCP-IPソリューション”をうたうネットワークAV家電の新製品群を発表した。久しぶりのアップデートとなる「AVeL Link Player」を含む4製品をリリース。(2009/3/17)

CEATEC JAPAN 2008:
「スカパー!HD録画」用HDDにDMM専用STB、アイ・オーが展示
10月1日に放送を開始した「スカパー!HD」。アイ・オー・データ機器は、さっそく専用の録画用NASを投入する。(2008/10/3)

アイ・オー製セットトップボックスが「DMM.TV」で採用
デジタルメディアマートが7月より提供する新サービス「DMM.TV」のセットトップボックスに、アイ・オー・データ製「LinkPlayer AV-LS500V」が採用された。(2008/6/26)

ホームビデオ編集もHDの時代へ:
HDVもAVCHDもコレ1本で軽快編集――「VideoStudio 11」を試す
「VideoStudio」は低価格ビデオ編集ソフトの代表格。最新版では待望のAVCHDに対応し、ハイビジョン編集がより身近なものになった。(2007/5/16)

HMVららぽーと横浜店、アイ・オー製電子看板システムを導入
アイ・オー・データは、同社製電子看板システムがHMVららぽーと横浜店に導入されたことを発表した。(2007/3/15)

AVeL LinkPlayerがWindows DRM10に対応
アイ・オー・データ機器は、同社のネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」が新たにWindows Media DRM 10に対応したとアナウンスした(2006/12/13)

レビュー:
これぞフルモデルチェンジ――進化したLinkPlayer「AV-LS300DW」
アイ・オー・データ機器からAVeL LinkPlayerの最新モデル「AV-LS300DW」が登場する。単に対応フォーマットの増加といった進化ではなく、ハードウェア、ソフトウェアともに新設計され、ポジティブな意味でよりAV機器指向のDMAに生まれ変わった。(2006/6/30)

米国版“どこでもTV”「Slingbox」、日本上陸
アイ・オー・データ機器と伊藤忠商事は、米Sling Media「Slingbox」を7月8日から国内販売すると発表した。Slingboxは、ソニーのロケーションフリーと同様の機能を持つ“どこでもTV”。店頭では3万円を切る程度になる見込みだ。(2006/6/23)

中身は別物? HDMIを備えた「AVeL LinkPlayer」新登場
アイ・オー・データ機器は6月23日、ネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」の新製品2モデルを発表した。DLNA正式対応にくわえ、新しいGUI、HDMI端子の搭載などが主な特徴だ。6月末に発売する。(2006/6/23)

アイ・オー、HDMI搭載の「AVeL LinkPlayer」3代目登場
アイ・オー・データ機器は、同社製ネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」シリーズの最新モデル2製品「AV-LS300D」「同300DW」を発表した。価格は3万3800円から。(2006/6/23)

レビュー:
デジデジW録になった「RD-XD92」の実力は?
東芝の新ブランド「VARDIA」(ヴァルディア)の第1弾製品「RD-XD92」を試用した。同社製品としては初のデジタル放送2番組同時録画に対応。マジックチャプターのサポートなど、デジタル放送への対応度をさらに高めたが、少し首を傾げる部分も。(2006/6/7)

レビュー:
より快適にテレビを見るための“スゴ録”「RDZ-D97A」
「RDZ-D97A」は、ソニー「スゴ録」の2006年春夏モデルのフラッグシップ。基本機能は昨年の冬モデルと同等ながら、「RDR-AX75」で採用された「おでかけ・スゴ録」機能を搭載するなど、録画した番組を快適に「見る」ための機能追加が行われている。(2006/5/25)

112Mbpsを実現──ギガビット対応になったNASキット「GLAN Tank」のパフォーマンスをチェックする
DAAPやwizdなどのサーバ機能を標準で備えるNAS組み立てキットLAN Tankに、ギガビットLAN対応となった待望の上位バージョン「GLAN Tank」が登場した。単にギガビットLAN対応となっただけでなく、トータルでのパフォーマンス向上のためにCPUや搭載ソフトウェアも変更されたのが特徴だ。今回はとくに気になる転送速度のチェックに加え、外付けストレージなどを増設するさいに便利になるぷちカスタマイズを施してみた。(2006/5/15)

NAS:
アイ・オー、ホームユース向けNAS「LANDISK HDL-F」シリーズ
アイ・オー・データ機器は、ホームユースに絞った設計がなされたNAS「LANDISK HDL-F」シリーズを3月中旬より発売する。価格は160Gバイトモデルで2万5300円から。(2006/2/22)

レビュー:
アナ・アナ「W録」も可能なデジタル放送世代の新ハイエンド「RD-X6」
RDシリーズの事実上の新ハイエンドモデル「RD-X6」が登場した。「RD-X5」の備えていたアナログ放送の「W録」機能はそのままに、デジタル放送対応を果たしたのが特徴。「デジ・アナ」同時録画だけでなく「アナ・アナ」同時録画も可能だ。(2005/12/27)

レビュー:
HDDを内蔵できるスマートさ――長瀬産業「DVX-700」
TRANSTECHNOLOGY(長瀬産業)の「DVX-700」は、HDDを内蔵できるネットワーク・メディアプレーヤーだ。PC用の周辺機器としてよく使われるリムーバブルHDDの仕組みを利用して、簡単に大容量ストレージを出し入れできるのがウリ。その利便性を検証しよう。(2005/12/6)

レビュー:
HDMI端子と充実したPC入力が魅力の32型液晶テレビ、アイ・オー「FTV-320H」
アイ・オー・データ機器から、同社ブランドでは初となる液晶テレビ「FTV-320H」が登場する。32インチという大型液晶テレビでは売れセンの画面サイズで、デジタルチューナーを省いた低価格機。競争が激しくなりつつあるカテゴリーの製品だ。(2005/11/7)

レビュー:
ハイビジョン過渡期を乗り切るためのレコーダー「Rec-POT F」
ハイビジョンのTS記録に対応するHDDレコーダー「Rec-Pot」に新モデルの「Rec-POT F」が登場した。使い勝手向上が中心のモデルチェンジだが、今だからこそ注目したい1台でもある。(2005/10/28)

アイ・オー、WindowsMedia DRMに対応した「AVeL リンクプレーヤー」新モデル
アイ・オー・データ機器は、ネットワーク対応メディアプレーヤー「AVeL リンクプレーヤー」の新モデルとして、WindowsMedia DRMに対応するコンパクトモデル「AVLP2/G-2」を発表した。(2005/9/21)

NAS
アイ・オー、DLNAガイドライン正式対応のLAN接続HDD
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LANDISK」シリーズに、デジタル家電との柔軟な連携が可能なDLNAガイドライン準拠モデルとなる「HDL-AV250」を追加した。(2005/7/29)

LAN TankにSamba導入
iTunes連携からSamba導入まで──挑戦者「白箱」をぷちHackしてみた(後編)
「LAN Tank」は、難易度もやや高いがそれだけ“遊べる”HDD型のファイル&ストリーミング・サーバ。前編では組み込みから標準で搭載される基本機能を試したが、後編ではiTunesと連携させたり、より便利に活用できるようにする「ぷちHack」の一例として、Sambaをイチから導入してみよう。(2005/7/26)

自作NASキット
iTunes連携からSamba導入まで──挑戦者「白箱」をぷちHackしてみた(前編)
挑戦者より登場した自作NASキット「LAN Tank」は、難易度もそれなりに高いがそれだけ“遊べる”HDD型のファイル&ストリーミング・サーバである。NASとして、ファイルサーバとして、そしてネットワークメディアプレーヤーなどと連携してどのようなことができるかを試してみた。(2005/7/25)

速度を求めるギガビット時代の本命NAS──アイ・オー「Giga LANDISK」
いまNASに求められるニーズ、その多くは「パフォーマンス」だといえる。そのニーズに応えられる高い転送速度に加え、USB外付けHDDも増設可能、自動バックアップ機能などの機能を持つというNAS新製品「Giga LANDISK HDL-G」シリーズを試してみた。(2005/7/11)

レビュー
新「AVeL リンクプレーヤー」のDLNA/DRM対応機能を試す
ネットワークメディアプレーヤー「AVeL リンクプレーヤー」がバージョンアップし、DLNA準拠の各種PC用サーバソフトとの連携や、DRMコンテンツの再生が可能になった。どこまで思い通りの動作をしてくれるか、早速試してみた。(2005/6/29)

DLNA対応の新「AVeL リンクプレーヤー」登場――既存モデルのアップグレードも
アイ・オー・データ機器は、ネットワークメディアプレーヤー「AVeL リンクプレーヤー」の新製品2モデルを6月下旬に発売する。新たにWindows Media DRM 10やWMA9 proに対応。DLNA準拠のデジタル家電やPC用サーバソフトとも連携できるようになった。(2005/6/8)

「デジタル・ホーム」で国内個人向けPCシェア拡大を図るデル
デルは、コンシューマ向けデスクトップPC3モデルを発表した。高性能でデザイン性に富むデスクトップPCシリーズを軸に、家庭内でのデジタルネットワーク化を提案し、個人向けPC市場でのシェア拡大を図る考えだ。(2005/6/7)

特集:夏ボで狙いたい液晶テレビ
今度は国産パネル――“あの格安液晶テレビ”を見てみた
フラットテレビ市場を低価格路線で突っ走るバイ・デザインが4月に発売した「d:2632GJ」。同社の大型タイプとしては久しぶりに国産パネルを採用しており、リーズナブルな価格と合わせて気になっている人も多いのではないだろうか。その実力を検証した。(2005/6/2)

アイ・オー、iTunes連携もできるNASキット「白箱」
アイ・オー・データ機器は、iTunes対応ミュージックサーバとしての利用も可能なNASキット「SOTO-HDLWU」を、同社“挑戦者”ブランドより発売する。(2005/5/20)

レビュー
縦型&無線LANで置き場所に困らない新「AVeL LinkPlayer」
アイ・オー・データ機器からDivX、WMV9の再生に対応した「AVeL LinkPlayer」の新モデル「AVLP2/G」が登場した。「AVLP2/DVDG」からDVDドライブを外し、無線LANを内蔵した製品といえるが、いくつかのアップデートも見られる。また今回は、同社製TVチューナーカードとの連携機能も検証してみたい。(2005/2/4)

キャプチャーカード
PC録画の逆襲――Wチューナー「GV-MVP/RX2W」複数枚差しで録画しまくる快感(後編)
PC録画は、まだまだ捨てたもんじゃない――前回は、複数同時録画対応ならではの視聴や録画予約設定を試した。そして今回は、一番重要なその安定度や操作性をチェック、そしてPCならではのビデオサーバー化例を紹介する。(2005/1/18)

「AVeL LinkPlayer」に無線LAN内蔵のドライブレスモデル
アイ・オー・データ機器は、ネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」に無線LAN内蔵のドライブレスモデル「AVLP2/G」を追加した。縦置きも可能な省スペースタイプだ。(2005/1/12)

アイ・オー、高画質エンコーダ採用のハイエンドTVキャプチャーカード発表
アイ・オーは、高画質エンコーダ搭載のキャプチャーカード「GV-MVP/GX」など3製品を発表、加えてホームネットワーク機器とPC機器との相互接続を可能とするDLNAを推進するか否かなど、コンシューマ向け機器における同社の方向性を述べた。(2005/1/12)

TVキャプチャー製品
アイ・オー、ダブルチューナー搭載&複数枚差し対応TVキャプチャー製品新モデル3種発表
アイ・オー・データは、複数番組録画に対応するTVキャプチャー製品3種と専用リモコンキット新モデルを発表した。最大8番組までの同時録画に対応する。(2004/11/30)

レビュー
“Macならでは”の機能とは〜ロキシオ「EyeHome」を使う
ロキシオが11月19日に発売する「EyeHome」は、Mac専用のネットワークメディアプレーヤーだ。同様の機能を持つ製品は多いが、EyeHomeのように最初からMacオンリーを謳っているのは珍しい。(2004/11/19)

アイ・オー、ネットワークメディアプレーヤーなど5製品を最大19%値下げ
アイ・オー・データ機器は、ネットワークメディアプレーヤーやサーバ機能内蔵Webカメラなど5製品を最大約19%値下げした。(2004/11/1)

アイ・オー、「LinkPlayer」に有線LANの低価格モデル
アイ・オー・データ機器は10月27日、WMV対応の「Avel LinkPlayer」に有線LANモデルを追加した。価格は2万6400円。(2004/10/27)

これが本命? WMV対応メディアプレーヤー
USBに無線LAN、iRadioも搭載した多機能機〜長瀬産業「DVX-600」
アイ・オー・データ機器のAVeL LinkPlayerや、バッファローのLinkTheaterなど、WMVもサポートする第二世代製品が登場し始めたネットワークメディアプレーヤー。TRANSTECHNOLOGY(長瀬産業)の「DVX-600」も、この第二世代にあたるネットワークメディアプレーヤーだ。(2004/10/26)

週末アキバPick UP!
毎年恒例のあの製品が、1か月も早くフライング販売
アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「クリスマスおバカグッズがフライング」「Pentium M自作ノート人気」「Socket 939 Athlon 64 3000+」「今週の掘り出しモノ市」だ!(2004/10/23)

レビュー
HDカセット採用でHDD交換が可能――メディアプレーヤー「MPEG HDGate」
PCやデジタル家電の新たな楽しみ方の提案を狙ったノバックの新ブランド「ViVaEleca」。その第一弾となるDivX対応DVD/HDカセットプレーヤー「MPEG HDGate」は、3.5インチHDDを着脱可能な専用カートリッジに収めて使うユニークな製品だ。その使い勝手は?(2004/10/8)

特集:私的複製はどこへいく?
第四回:“デジタルホーム”は、意外と不自由
家の中のどこにいても自由にコンテンツが楽しめる――「デジタルホーム」で実現されるという未来の視聴スタイルだ。だが、この「デジタルホーム」にも、私的複製を制限するさまざまな技術が導入される。“いつでも・どこでも・簡単に”の実現は、案外、難しいものになりそうだ。(2004/9/22)

これが本命? WMV対応メディアプレーヤー
WMV9対応&使い勝手も向上した新「LinkTheater」
バッファローからネットワーク対応マルチメディアプレーヤー「LinkTheater」シリーズの3代目として登場するのが「PC-P3LAN/DVD」だ。待望のWindows Media Video 9対応となり、DVDメディアとLAN接続によるファイル再生に対応している。(2004/9/18)

これが本命? WMV対応メディアプレーヤー
コストパフォーマンスの高さが魅力〜新「AVeL LinkPlayer」
アイ・オー・データ機器、バッファローと発表が相次いだのがWindows MediaVideoにも対応するネットワーク対応メディアプレーヤー。「メディアプレーヤーはWMV対応待ち」と心待ちにしていた人も多いだろう。2製品とも試作機ながら評価する機会を頂いたので、まずはアイ・オー・データ機器の新「AVeL LinkPlayer」をチェックしていこう。(2004/9/17)

アイ・オー、WMV9にも対応した「AVeL LinkPlayer」新製品
アイ・オー・データ機器はネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」の新製品を発表した。Windows Media Video 9の再生に対応したほか、IEEE 802.11b/g無線LAN、USB2.0ポートの搭載など、大幅に機能を向上させている。(2004/8/19)

アイ・オー、秋葉原でAV機器展示イベントを開催――7月10日〜11日
アイ・オー・データ機器は、7月10日(土)・11日(日)の2日間、東京・秋葉原の同社ショールームI・OプラザAKIBA 1FでAV機器展示イベントを開催する。(2004/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。