ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「行動経済学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「行動経済学」に関する情報が集まったページです。

グッドパッチとUXの話をしようか:
ネコへの投資、子ども超え 増えるネコ消費に隠されたユーザー体験
2月22日はネコの日です。今回は愛猫家たちを虜(とりこ)にするサービスとそれらのユーザー体験を分析していきます。(2024/2/22)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
教養は、ビジネスパーソンの武器になる――世界のエリートが学んでいる教養書 必読100冊を1冊にまとめてみた
いまビジネスパーソンの間で、教養がブームだ。現代の複雑な問題は、すぐに学べるノウハウでは解決できず、問題の本質を洞察して解決するには幅広い教養が役立つからだ。(2023/11/30)

営業DXへの心理学的アプローチ(後編):
セールステックを導入したのに”宝の持ち腐れ”に? 多くの企業がハマる「落とし穴」
セールステックを定着させ、意思決定に活用できている企業は約3割にとどまっています。多額の予算を投じ導入したにもかかわらず、なぜ多くの企業で「宝の持ち腐れ」状態になってしまうのか。導入プロセスでハマる「落とし穴」と抜け出す方法を解説します。(2023/11/2)

営業DXへの心理学的アプローチ(前編):
セールステックを導入したのに逆に生産性が低下、なぜ? 実態と対策を解説
営業現場では「セールステックを導入したのに、逆に生産性が下がっている」という声をよく聞きます。なぜそのような事態が起こるのか、そのワケを読み解き、心理学的アプローチを考えてみましょう。(2023/10/24)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
なぜ、深夜に「ネットで無駄な買い物」をしてしまうのか? 人間の知られざる心理
「確かに買ったが、なぜ必要なのか分からない……」という宅配便が届いた経験は誰にでもあるのではないだろうか。実はそういった「無駄な買い物」は夜に起こっていることが多いという。身近なビジネスの疑問を人間心理の観点から読み解いていこう。(2023/9/28)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
「細長いボトル」VS.「幅のあるボトル」 どちらが高級と感じる? 知られざる人間の心理
「細長いボトル」と「幅のあるボトル」があるとする。中身はどちらも同じ水なのに、人間は無意識的に片方にだけ「高級感」を覚えるという。どちらに高級感を覚えるのかというと……(2023/9/27)

ビジネスの身近な「なぜ」を解明:
iPhoneの「りんごマーク」 なぜ、真ん中ではなく上に? 知られざる人間の心理
なぜiPhoneの「りんごマーク」は真ん中ではなく、少し上のほうにプリントされているのだろうか? そこにはブランドに対する納得感を生む工夫が施されていた。(2023/9/26)

喫煙所に“吸い殻で投票できる灰皿” ポイ捨てを減らす取り組みを大正大学で実証実験
「サークルに、入っているor入っていない」など吸い殻で投票できます。(2023/6/23)

バックグラウンドのコード実行でLLMの回答を強化:
Googleの生成AI「Bard」の論理力と推論力が向上、「Googleスプレッドシート」に出力可能で何ができる?
Googleの生成AI「Bard」が数学的なタスク、コーディングの質問、文字列操作のプロンプト(指示)に対し、より正確に対応できるようになった。(2023/6/13)

グッドパッチとUXの話をしようか:
10年で市場規模が10倍に 「アナログレコード」復活の理由をUX観点から考える
サブスクサービスで音楽を聴くことが増えてきましたが、意外なことにここ10年で「アナログレコード」の市場は10倍に成長しています。なぜアナログレコードが人気なのでしょうか、その秘密をUXの観点から考えてみました。(2023/6/9)

電子マネーをつい使いすぎてしまう…… そこで付けてほしい天才的な演出アイデアに「吹いた」「俺に必要なやつだ」
ご利用は計画的に。(2023/5/18)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

今日のリサーチ:
行動科学による社会課題解決型の行動促進で創出される市場規模は約11兆円強―― EYSC試算
行動経済学や心理学といった行動科学のアプローチで生活者の行動変容を促すことで、新たな市場が拡大していくようです。(2023/4/26)

明るいサステナビリティ変革:
事業成長とサステナビリティの両立 目指す企業は何から取り組む?
サステナビリティの潮流が高まる中で、どう事業成長と両立させるかを悩んでいる企業も少なくないだろう。目指す企業は何から取り組むべきか、解説する。(2023/4/19)

明るいサステナビリティ変革:
「環境に優しいから」では動かない社員 やる気にさせる「科学的アプローチ」とは ?
従業員になかなかサステナビリティ変革への意識が浸透しないのはなぜか? 誤った方法でアプローチしている可能性があるかもしれない。従業員をやる気にさせる「科学的アプローチ」とは?(2023/3/31)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
「謝罪会見トレーニング」は個人にも必要な時代になるか?
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「Weekly Top10」。今回は2023年3月13日から19日までの7日間について紹介。(2023/3/24)

ダメ研修を淘汰:
なぜ研修をいくらやっても「実のあるもの」にならないのか?
なぜ研修をいくらやっても、「実のあるもの」にならないのでしょうか。そんなダメ研修を淘汰するための方法を解説します。(2023/3/20)

行動経済学で読み解く:
ファストフード店のメニューが“見づらく”作られている、納得の理由
ファストフード店のメニュー表に隠されたおもしろいマーケティングがある。消費者の購買選択が、実は企業にそっと誘導された結果によるものかもしれないというのだ。東京大学大学院で行動経済学を教える教授に話を聞いたところ……。(2023/3/15)

【新連載】事例で学ぶAIガバナンス:
“AIが人間を査定”は差別につながる? 米保険会社の炎上事例から考える「AIガバナンス」
AIを本格的に業務に取り入れ、大きな効果を得たいと考える企業の数は日本でも着実に増えている。一方、コンサルティング会社のPwC Japanの調査では、日本企業がAIガバナンス(管理・統制)の点で、米国企業に後れを取っているという結果が出た。(2023/3/1)

週末に「へえ」な話:
「見飽きたキャンペーン」なのに、なぜ参加者が増えたのか 星野リゾートのちょっとした工夫
「青森県×JAL×星野リゾート」の3者がタッグを組んで、「のれそれ青森旅キャンペーン」を実施している。スタート時、参加者は1日1〜2人だったが、ちょっとした工夫によって、右肩上がりに。どんなことをしたのかというと……。(2022/12/10)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(8):
「新しい資本主義」をエンジニア視点で考えてみる
今回は「新しい資本主義」について考えてみます。きっかけは嫁さんの「新しい資本主義って何だろうね」というひと言。これを調べていくと、「令和版所得倍増計画」なるものの実施が絶望的に難しそうであることが明らかになってきました。(2022/10/31)

評価と報酬、どちらが大事?:
「給与を上げれば、社員は満足する」は本当か? 企業が知るべき“参照点依存性”のカラクリ
給与を上げれば、従業員は満足する──。一見すると自明のことのように思えますが、行動経済学に詳しい筆者は、この認識では不十分だと言います。どういうことでしょうか?(2022/9/7)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(5):
投資初心者が見つけた“黄金の組み合わせ”
2022年初頭から、“投資初心者”として、投資の勉強をひたすら続けてきました。その初心者の私に最も適した投資の方法としてたどり着いたのが、インデックス投資です。ランダムウォーク分析×現代ポートフォリオ理論という“黄金の組み合わせ”から成るものです。(2022/7/28)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業代」を稼ぐため、わざと残業? 社員を納得させる、残業の減らし方
社員の残業が多くて困っています。正直なところ、残業手当を目当てに行う「生活残業」ではないかと疑っています。何か解決策はないでしょうか。(2022/2/16)

今年こそ、旅するように働きたい!:
PR:サイバーエージェントのとあるワーケーション風景 群馬県の湯治文化が仕事にもたらす“効能”とは?
「観光地でテレワークをしながら休暇をとる」という、ワークとバケーションを組み合わせた造語「ワーケーション」。夢のような取り組みであるにもかかわらず、「本当に効果があるのか」「逆に生産性が落ちるのでは」という声が根強く、なかなか浸透するに至っていない。しかし、本当にそうなのだろうか。サイバーエージェントのワーケーションに密着し、その答えを探った。(2022/2/15)

スマートシティーの実現に貢献:
ソーシャルデジタルツインとは? 富士通が始めるシミュレーションは今までと何が違うのか
富士通と米カーネギーメロン大学は、ソーシャルデジタルツインの共同研究を開始する。行動経済学や行動科学といった人文社会科学と計算機科学を融合し、多様で複雑な社会課題を解決する施策を効率良く導く。(2022/2/9)

IDCが発表:
顧客獲得力向上のために投資すべきものとは? 「2022年のインテリジェンスの未来に関する予測」10項目【更新あり】
IDCは、インテリジェンスの未来に関する10項目の予測を発表した。企業がインテリジェンスに投資することで、財務や業績、製品やサービスの成果がどう変化するかが明らかになった。(2022/2/8)

導入事例:
日揮と横河、現場作業者の行動特性を可視化する実証実験
日揮ホールディングスと横河電機は、プラント建設作業者のモチベーション向上を目的に、行動特性を可視化する実証実験を実施した。好ましい行動特性を表した建設作業員に、監督者がトークンを付与するシステムを構築している。(2022/2/2)

スマホにメッセージ→人は実際に「混雑を回避」するのか JR東とNTTグループが「行動変容」の共同実験、山手線で実施
確かに、明確な回避手段とともにタイミングよく事前に知らせてくれたならば従っちゃうかもです。(2022/1/25)

Q&A 総務・人事の相談所:
業績が苦しくても、ボーナスを絶対に支給すべき理由 どうやって実現?
「コロナの影響で売り上げが落ち込んでいて、次回賞与の支給を見送ろうと考えていますが、問題ないでしょうか」──この質問に、筆者は「法律的には問題はありませんが、経済的には問題があります」といいます。どういうことでしょうか?(2022/1/21)

ITエンジニアが選ぶ、おすすめビジネス書・技術書ベスト10 翔泳社が発表
翔泳社は、ITエンジニアおすすめのビジネス書と技術書、各10冊を発表した。特に投票数の多かった3冊については、2月17日に開催するプレゼン大会で大賞を選ぶ予定。(2022/1/19)

年末のまとめ:
「旧態依然とした営業組織」を刷新する5つのキーワード 2021年の営業関連おすすめ記事10選
ITmedia ビジネスオンラインが2021年に掲載した、旧態依然の営業組織を刷新するために役立つ記事を、5つのキーワードに分けてご紹介します。(2021/12/28)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ポケモンカードの価格高騰に投資家の影 1枚100万円超えも
カードゲームとしては古株となるポケモンカードだが、コロナ前の19年から20年にかけて復活の予兆が現れ始め、21年にはその熱狂がさらに先鋭化しているという。中には、純粋なファンだけではなく「ポケカ投資家」といった、ポケモンカードのトレーディングを専門とする者も参入しているという。(2021/8/27)

現場で使える行動経済学【後編】:
明日から使える! 行動経済学をマーケティングに生かす「4つの類型」
行動経済学を自社のマーケティングに活用するために、押さえておくべきポイントを紹介する。数多くある行動経済学の理論の「4つの類型」とは? 効力が薄れてしまう使い方を避けるにはどうしたらいいのか?(2021/8/20)

現場で使える行動経済学【前編】:
知らないと損? 続々とビジネス活用が進む「行動経済学」の光と闇
この数年で注目されることが増えた「行動経済学」。ビジネス活用も進んでいるが、結局どのように仕事や生活とかかわるものなのか把握しきれていないビジネスマンが多いのではないだろうか。本記事では、実務に使える行動経済学の基礎について解説する。(2021/8/19)

ポストコロナの報酬戦略:
給与を社員本人が決める会社 なぜ“崩壊”しないのか?
報酬制度の在り方は、企業の競争力に影響を与えます。テレワーク時代にはこの傾向が一層強まるでしょう。では、どのような報酬制度を導入すれば、効果があるのでしょうか。(2021/8/10)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

活用法:
B2Bビジネスの現場に「行動経済学」をどう生かすか
行動経済学が注目されているとはいえ、B2Bビジネスの現場、セールスの場面においては、どのように活用すればいいのだろうか。(2021/7/24)

人工知能学会 タスクフォースが使い方を直伝:
「AI使って解決したい」「これってAIでできないの?」の答えを「AIマップ」で見つけよう
人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事では活動のいきさつや、AIマップの活用方法を紹介する。(2021/7/21)

暴落も関係ない? ヘッジファンド的運用を組み込んだSUSTENロボアドの凄さ
SUSTENは、ロボアドバイザーサービスでありながらヘッジファンド的な運用を行うことが特徴だ。運用方法だけでなく、手数料についてもヘッジファンドに似た体系を取っている。(2021/7/9)

さまざまなシーンで注目:
行動経済学はビジネスに、どう役立つのか
行動経済学がさまざまなところで注目され、具体的な応用シーンが生まれている。 企業での導入、展開はどうなのだろうか。(2021/6/28)

Googleの「コロナ感染者予測」は信頼に足るのか 専門家がメカニズムを解説
コロナ禍で米Googleの新型コロナに関する予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」が注目を集めている。Googleの予測とどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。(2021/5/5)

視点:
データ駆動型経営の現在地と未来(後編)〜企業変革力(DC, Dynamic Capability)強化に向けて〜
組織は常に、長期合理性と短期合理性の不一致、全体合理性と個別合理性の不一致に苦しむ。この不一致を回避するには。(2021/3/22)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(11)ブロックチェーン(5):
「ブロックチェーン」に永遠の愛を誓う 〜神も法もかなわぬ無敵の与信システム
今回は、ブロックチェーンについて“技術用語を使わずに”説明してみました。さらに、ブロックチェーンを使用するアプリケーションとして、「借家システム」「ブロックチェーン投票」「ブロックチェーン婚」を紹介します。(2021/2/8)

人工知能ニュース:
横浜ゴムがAI利活用構想を発表、未踏領域の知見探索にも挑む
横浜ゴムは、デジタル革新のためのAI利活用構想「HAICoLab(ハイコラボ)」を策定したと発表した。HAICoLabでは、“人とAIとの協奏”によって、AIが苦手とするデータの存在しない領域(未踏領域)も含めた知見の探索を可能とし、プロセスや製品やサービスの革新を目指すという。(2020/10/27)

今日のリサーチ:
GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しました。間に割って入ったAmazonとMicrosoftは成長率ランキングの2トップでもあります。(2020/10/21)

悪と欲望から斬る行動経済学:
サラダマックが大失敗した訳――「データの奇麗なウソ」をマーケッターはなぜ妄信するのか
かつてマクドナルドのサラダマックは大失敗。一見、消費者調査を踏まえた商品だった。「データの奇麗事」に騙されないコツを筆者が解説。(2020/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。