ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「行動経済学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「行動経済学」に関する情報が集まったページです。

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ポケモンカードの価格高騰に投資家の影 1枚100万円超えも
カードゲームとしては古株となるポケモンカードだが、コロナ前の19年から20年にかけて復活の予兆が現れ始め、21年にはその熱狂がさらに先鋭化しているという。中には、純粋なファンだけではなく「ポケカ投資家」といった、ポケモンカードのトレーディングを専門とする者も参入しているという。(2021/8/27)

現場で使える行動経済学【後編】:
明日から使える! 行動経済学をマーケティングに生かす「4つの類型」
行動経済学を自社のマーケティングに活用するために、押さえておくべきポイントを紹介する。数多くある行動経済学の理論の「4つの類型」とは? 効力が薄れてしまう使い方を避けるにはどうしたらいいのか?(2021/8/20)

現場で使える行動経済学【前編】:
知らないと損? 続々とビジネス活用が進む「行動経済学」の光と闇
この数年で注目されることが増えた「行動経済学」。ビジネス活用も進んでいるが、結局どのように仕事や生活とかかわるものなのか把握しきれていないビジネスマンが多いのではないだろうか。本記事では、実務に使える行動経済学の基礎について解説する。(2021/8/19)

ポストコロナの報酬戦略:
給与を社員本人が決める会社 なぜ“崩壊”しないのか?
報酬制度の在り方は、企業の競争力に影響を与えます。テレワーク時代にはこの傾向が一層強まるでしょう。では、どのような報酬制度を導入すれば、効果があるのでしょうか。(2021/8/10)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

活用法:
B2Bビジネスの現場に「行動経済学」をどう生かすか
行動経済学が注目されているとはいえ、B2Bビジネスの現場、セールスの場面においては、どのように活用すればいいのだろうか。(2021/7/24)

人工知能学会 タスクフォースが使い方を直伝:
「AI使って解決したい」「これってAIでできないの?」の答えを「AIマップ」で見つけよう
人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事では活動のいきさつや、AIマップの活用方法を紹介する。(2021/7/21)

暴落も関係ない? ヘッジファンド的運用を組み込んだSUSTENロボアドの凄さ
SUSTENは、ロボアドバイザーサービスでありながらヘッジファンド的な運用を行うことが特徴だ。運用方法だけでなく、手数料についてもヘッジファンドに似た体系を取っている。(2021/7/9)

さまざまなシーンで注目:
行動経済学はビジネスに、どう役立つのか
行動経済学がさまざまなところで注目され、具体的な応用シーンが生まれている。 企業での導入、展開はどうなのだろうか。(2021/6/28)

Googleの「コロナ感染者予測」は信頼に足るのか 専門家がメカニズムを解説
コロナ禍で米Googleの新型コロナに関する予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」が注目を集めている。Googleの予測とどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。(2021/5/5)

視点:
データ駆動型経営の現在地と未来(後編)〜企業変革力(DC, Dynamic Capability)強化に向けて〜
組織は常に、長期合理性と短期合理性の不一致、全体合理性と個別合理性の不一致に苦しむ。この不一致を回避するには。(2021/3/22)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(11)ブロックチェーン(5):
「ブロックチェーン」に永遠の愛を誓う 〜神も法もかなわぬ無敵の与信システム
今回は、ブロックチェーンについて“技術用語を使わずに”説明してみました。さらに、ブロックチェーンを使用するアプリケーションとして、「借家システム」「ブロックチェーン投票」「ブロックチェーン婚」を紹介します。(2021/2/8)

人工知能ニュース:
横浜ゴムがAI利活用構想を発表、未踏領域の知見探索にも挑む
横浜ゴムは、デジタル革新のためのAI利活用構想「HAICoLab(ハイコラボ)」を策定したと発表した。HAICoLabでは、“人とAIとの協奏”によって、AIが苦手とするデータの存在しない領域(未踏領域)も含めた知見の探索を可能とし、プロセスや製品やサービスの革新を目指すという。(2020/10/27)

今日のリサーチ:
GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しました。間に割って入ったAmazonとMicrosoftは成長率ランキングの2トップでもあります。(2020/10/21)

悪と欲望から斬る行動経済学:
サラダマックが大失敗した訳――「データの奇麗なウソ」をマーケッターはなぜ妄信するのか
かつてマクドナルドのサラダマックは大失敗。一見、消費者調査を踏まえた商品だった。「データの奇麗事」に騙されないコツを筆者が解説。(2020/7/25)

組織を変えるファシリテーション 第1回:
ただの対話スキルではない、「ファシリテーション」の本質とは
コラボレーションワークを促進させるマネジメントスキルの1つ「ファシリテーション」。たんなる「対話スキル」を超えた、マネジメント層にこそ求められる「組織のファシリテーション」力とは何か。(2020/7/13)

「今1万円」と「一週間後に1万1000円」どちらを選ぶ? 行動経済学も取り入れるマネーフォワードラボ
マネーフォワードが、お金に関する不安や課題を解決するたためのマネーフォワードラボ(Money Forward Lab)を設立して、1周年を迎えた。このたび、新たに技術顧問として、行動経済学を専門とする、慶応大学教授の星野崇宏氏を迎え、体制を強化して研究に取り組む。(2020/5/22)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(1)量子コンピュータ(1):
もはや怪談、「量子コンピュータ」は分からなくて構わない
「業界のトレンド」といわれる技術の名称は、“バズワード”になることが少なくありません。世間はそうしたバズワードに踊らされ、予算がバラまかれ、私たちエンジニアを翻弄し続けています。今回から始まる新連載では、こうしたバズワードに踊らされる世間を一刀両断し、“分かったフリ”を冷酷に問い詰めます。最初のテーマは、そう、今をときめく「量子コンピュータ」です。(2020/4/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
議員“マスク転売問題”から考える、転売ヤーの利益の源泉
"転売ヤー”が転売を正当化する論拠は、「需要と供給のバランスが崩れた価格設定となっているため、市場原理に則って価格をさや寄せしているにすぎない」というものである。需給バランスの偏りに根ざした正当なものだという主張があるが、その実態は消費者の信頼を換金しているにすぎない。(2020/3/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
炎上「宇崎ちゃん」献血コラボ継続の影で、ラブライブのパネルが撤去されたワケ
静岡県沼津市のJAなんすん(南駿)と人気アニメーションの「ラブライブ!サンシャイン!!」コラボが物議を醸している。女性のイラストに抗議が殺到するという構図は、日本赤十字社と人気漫画「宇崎ちゃんは遊びたい」がコラボした「献血ポスター」の事例が記憶に新しい。本稿では日本赤十字社側がなぜ抗議を受けても方針を変えず、JAなんすん側は抗議で方針を変えたのかをビジネス面から検討していきたい。(2020/2/21)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがRIZAPの戦略に迫る 「費用が高額だからこそ結果にコミットできる?」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/28)

お天道様は見ている:
リクナビだけじゃない――不正利用元年に理解すべき個人情報の概念と倫理
就活サイト「リクナビ」が就活生の「内定辞退率」を企業に販売し、影響を受けた(と思われる)学生の就職活動の妨げとなった。問題の根源は何か、リクナビが反省すれば問題は解決するのか――HR業界の闇を明らかにするために、あのフリークたちが集結した!(2019/11/8)

「時間割引率」と作業時間の関係性も調査:
ゲーミフィケーション導入でソフトウェア開発効率向上 近畿大学の研究グループ
近畿大学の研究グループは、ゲーミフィケーションを導入することでソフトウェア開発の作業効率が高まることを明らかにした。プログラムの作成時間が平均で約20%短縮した。(2019/9/20)

『THE TEAM〜5つの法則〜』著者が説く「チーム変革の原動力」:
PR:チームが“ダメ”な理由を全て“リーダーのせい”にする時代は終わった
(2019/8/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
これからのマネジメントに必要な「人間観」「組織観」
日本の労働環境は大きな転換点を迎えている。こうした時流を受け、リーダー自身も「人」や「組織」の捉え方を変えなければいけない。(2019/7/25)

太陽光:
太陽光を“共同購入”で安く導入できる、神奈川県で新サービスがスタート
神奈川県で住宅太陽光発電システムを複数のユーザーと共同購入することができる新しいサービスがスタート。市場価格より10〜20%安い価格で設備を導入でき、施工から設置後のメンテナンスまでの一環したサポートも受けられるのが特徴だ。(2019/5/20)

週末に読むべきビジネス書:
「平成の名経営書」は? ビジネススクール教員が選ぶ「決定版5冊」
ビジネススクール教員が選ぶ「平成の名経営書5冊」とは?(2019/5/18)

AIの時代を生きるマーケターの生きる道:
データサイエンティストが語る2つの格言――そのデータ活用に落とし穴はないか?
データによる顧客とコンテンツのマッチングに落とし穴はないか。データサイエンティストが「売れる仕組み」を見いだすためのデータ活用について語った。(2019/3/4)

家庭に省エネレポートを送付するだけ、世界累計230億kWhの節電量に
日本オラクルはエネルギー使用量などに関するレポートを送付し、家庭の省エネを図るプロジェクトで、全世界で累計節電量約230億kWhを達成したと発表。これは、大阪府の全世帯に必要な1年分の電力に相当するという。(2019/3/4)

ビジネスリーダー1万人が選んだ:
2018年下期のベストビジネス書は何だったのか?
新刊ビジネス書籍情報誌「TOPPOINT」が、定期購読者1万人以上を対象に行なったアンケートで、2018年下半期のベストに輝いたのはどんなビジネス書だったのか?(2019/1/28)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンとその系譜に見る、「国力」とは何か?
我々はしばしば「国力」という言葉を使う。国力とは、GDPといったフローの経済指標だけでは測れず、保有する資源や資産というストックも含めた、広い概念なのだ。そこで今回は、ガンダム作品の敵役であるジオンとその系譜を題材に、国力について考察する。(2018/12/10)

JIMTOF2018:
クリエイティブな仕事こそAIに奪われる? AIと人間の望ましい関係とは
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)の特別講演として、情報学研究所教授、総合研究大学院大学教授、東京工業大学特定教授、人工知能学会前会長・顧問の山田誠二氏が登壇。「人と機械の“調度よい”関係を探る」〜AI活用の現状と今後の可能性〜」をテーマにHAI(ヒューマンエージェントインタラクション)、IIS(知的インタラクティブシステム)の開発状況など、これからのビジネスにおける可能性について紹介した。(2018/12/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスの成功を握るのは、価格戦略だ!
マーケティング理論と行動経済学が、価格戦略の武器になる。(2018/11/22)

ロイヤリティーの高め方:
お客様への“努力”を減らすには、どうすればいいのか
「お客さんのためにあれもして、これもして……。とにかくおもてなしをすることが大切」と考えている人も多いのでは。そうした振る舞いは、本当に効果的なのか。実は……。(2018/9/20)

世界を「数字」で回してみよう(50) 働き方改革(9):
合理的な行動が待機児童問題を招く? 現代社会を映す負のループ
今回のテーマは「子育て」、とりわけ、働き方と深く関わってくる、保育園の待機児童問題です。少し前に取り上げた「女性の活躍」と切っても切り離せず、かつ深刻を極めている問題なのですが、政府の対応がうまくいっておらず、また、実は“当事者意識”を持ちにくい問題となっていることが、数字から見えてきました。(2018/6/26)

これからのAIの話をしよう(人脈編):
5億枚の名刺データ×AIで何ができる? “人脈”から生まれる新たな出会い
「5億枚の名刺データ」を抱えるITベンチャーのSansan。同社がAI技術の研究・開発に注力する理由は。(2018/6/20)

ついサボってしまう人に……他人に作業を監視されるアプリ「JAILER」登場 理念は「アルゴリズムと闘え」
仕事や勉強をしなくちゃならないのに、なかなか進まない――そんな悩みを解決してくれそうなサービスが登場した。スマホ越しに他人に作業を監視してもらうアプリ「JAILER」だ。(2018/6/18)

IT活用:
AIとナッジ理論で省エネ提案、省エネ法対応が必要なスーパー向けに
新電力のアイ・グリッド・ソリューションズが、AIを活用した省エネ支援システムを開発。法改正で2018年度から省エネ法ベンチマーク制度の対象に追加されたスーパーマーケットなど向けに展開を開始する。(2018/4/17)

【最終回】真説・人工知能に関する12の誤解(17):
なぜ私たちは、人工知能を“誤解”し続けてしまうのか
人工知能に対するさまざまな誤解を取り上げてきた本連載ですが、ついに最終回となりました。今回は、なぜ私たちが人工知能を“誤解”してしまうのか、そもそもの理由を考えます。(2018/2/22)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

エネルギー管理:
行動経済学の知見は、日本の省エネの切り札となるか
行動経済学の知見を活用して、家庭部門の省エネを目指すーー。日本でこうした実証プロジェクトがスタートした。生活者を「そっと後押し」して省エネ行動を促すという、その実証の内容とは?(2017/11/27)

Over the AI ―― AIの向こう側に(15):
心を組み込まれた人工知能 〜人間の心理を数式化したマッチング技術
「マッチング」と聞くと、合コンやお見合いなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もちろん、それだけではありません。今回は、ゲーム理論、オークション理論、行動経済学を「マッチング技術」として解説します。実はこれらの技術は、“人間の心理を数式として組み込むこと”に成功していて、幅広い分野で成功事例がみられる、とても興味深く珍しいAI(人工知能)技術なのです。(2017/9/21)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「頑固な抵抗に対処する」
目立たぬ時に解決できなかった抵抗勢力が「頑固な抵抗」にまで育ってしまったら……。理性的な判断力でを取り戻し、客観的な判断をしてもらうための対応策を紹介します。(2017/8/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流の研究機関で行われたモチベーションに関する実験結果
私たちを動かしている「モチベーション」とは一体なにか? スタンフォード大学やハーバード大学をはじめとする、各研究機関で解明された「人の心理と行動」のパターンを紹介する。(2017/7/27)

Over the AI ―― AIの向こう側に(12):
力任せの人工知能 〜 パソコンの中に作る、私だけの「ワンダーランド」
私はこれまで、人口問題や電力問題、人身事故などさまざまな社会問題を理解するためにシミュレーションを利用してきました。シミュレーションは、AI(人工知能)という概念を飛び越えて、「人間が創造した神」と呼べるかもしれません。今回は、シミュレーションに最適なAI道具の1つとして、「オブジェクト指向プログラミング」を解説します。これは、PCの中に“私だけのワンダーランド”を力任せに作る技術ともいえます。(2017/6/30)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「抵抗とは何か?」
抵抗は、実は「悪」ではなく、「歓迎」すべきもの!?――“抵抗勢力”と向き合うには、まずは「抵抗とは何か?」を知ることが大切です。(2017/6/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボーナスで人は「やる気」がでるのか
ボーナスを支給することによって、ビジネスパーソンの「やる気」はアップするのだろうか。これまでボーナスとモチベーションの関係についての調査はあまりなかったが、行動経済学の第一人者がある実験を行った。その結果……。(2017/1/12)

年間記事ランキング2016 【連載編】:
神田昌典氏特別寄稿他、ITmedia マーケティングで2016年に最も読まれた連載は?
「テクノロジーがマーケティングを進化させる」を合言葉にマーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に読者はどんな記事に注目したのか、ランキング形式で振り返ります。まずは連載編から。(2016/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。