ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ボーナス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

前年比2.04%減:
夏のボーナスは平均82万円、民間の主要企業
夏のボーナスを手にして一喜一憂したビジネスパーソンも多いだろうが、民間の主要企業はどのくらい支給したのか。資本金10億円以上かつ従業員1000人以上の390社に聞いた。厚労省調べ。(2020/9/16)

冬も厳しい声:
看護師の夏のボーナスは? 「減った」19.8%
新型コロナ感染拡大を受けて、「医療機関の経営は厳しくなっている」といった声が出ているが、看護師のボーナスにどのような影響が出ているのだろうか。全国の看護師に聞いたところ……。(2020/7/27)

夏のボーナス、4人に1人が「減る予定」 お小遣いはどうなる?
新型コロナの影響を受け、多くの企業は業績低迷に苦しんでいるが、夏のボーナスはどのくらい支給するのだろうか。前年と比べたところ……。(2020/7/22)

知事は215万円:
東京都の職員、夏のボーナス支給額は?
東京都は6月30日、都職員に夏のボーナスを支給したことを発表した。平均支給額は……。(2020/7/1)

もらえない20%:
昨夏のボーナスは支給されたのに、今年はもらえなさそうな業種ランキング
新型コロナの影響を受け、多くの企業が苦戦している。そうした中で、夏のボーナスはどのくらい支給されるのだろうか。もらえなさそうな業種ランキングを見ると……。(2020/6/23)

平均92万円:
大手の夏のボーナスは6%減、厳しそうな業種は?
経団連は「2020年夏季賞与・一時金」の妥結状況を発表した。東証一部上場企業の主要21業種・257社を調べたところ……。(2020/6/18)

幸楽苑HD、社員の給与カット・夏のボーナスゼロに 売り上げ大幅減で
外食業は厳しい。(2020/5/1)

民間企業夏ボーナス、コロナ禍で急減の公算 冬はもっと厳しく?
 新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績が強く下押しされるため、今年夏の民間企業のボーナスは前年夏と比べて大幅な減少となりそうだ。中でも、経営体力が見劣りする中小企業や零細企業の間では「支給見送り」という事態も現実味を増す。民間エコノミストの間では、今年夏のボーナスの段階では足元の急激な逆風を十分に反映しきれないとの見方も多く、今年冬以降は一段と内容が厳しくなるとの声が聞かれる。(2020/4/24)

夏のボーナスはどうなる? 大幅な落ち込み、試練の夏
緊急事態宣言で営業自粛を迫られた企業の業績が悪化するとみられる中、夏のボーナス(賞与)の大幅な落ち込みが予想されている。(2020/4/20)

過去最高! 大手企業の冬ボーナスは95万円
東証一部上場企業で働く人の冬のボーナスは、平均95万円であることが、経団連の調査で分かった。(2019/12/25)

冬ボーナスの平均は43万円、昨年と比較してどう?
冬のボーナスはどのくらい支給されましたか? 全国のビジネスパーソンに聞いたところ、平均は43万円であることが、GVの調査で分かった。昨年の支給額と比較したところ……。(2019/12/22)

2019年冬のボーナス、もらえそう? もらえる人も7割が「貯金する」と回答、将来への不安が原因で
旅行や買い物は、いまやぜいたく?(2019/12/16)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 7卒業で肉カード、4TB SSDで寺院巡り――謎コラボキャンペーンが続々!
冬のボーナス商戦が始まり、年末から年明けにかけてメーカーや代理店も絡んだ積極的なキャンペーンが動き出している。自作PCと関係あるものから無いものまで、とりあえず得しておこうぜ!(2019/12/14)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

中小企業の冬のボーナス、「増額予定」は22% 増えそうな業種は?
人材サービス会社のエン・ジャパンが、中小企業の冬のボーナスに関する調査結果を発表した。(2019/12/11)

平均年齢は35歳:
国家公務員の冬ボーナス 平均額は約2万円減少
国家公務員に12月10日、冬のボーナスが支給された。一般職の平均支給額は約68万7700円。(2019/12/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
冬ボセール、始まるよ――Ryzen 7 3800X&X570 STEEL LEGENDで約6万円!
今週末あたりから、冬のボーナス商戦の雰囲気が漂い始めてきた。ミドル〜ハイエンド構成で一式組むユーザーが増える年末に向けて、TSUKUMO eX.が複数のセット割を用意している。(2019/12/7)

20〜40代の働く女性、冬のボーナス支給額は?
セイコーウオッチは11月25日、20〜40代の働く女性を対象に「冬のボーナスと自分へのご褒美に関する調査」を発表した。今年の冬、ボーナスをもらう予定がある人は86.0%。支給予定がある人に、金額を聞いたところ……。(2019/11/25)

サイコム、デュアル水冷PCの値引きなどを利用できる「冬のボーナスキャンペーン」
サイコムは、各種割引特典を用意した「冬のボーナスキャンペーン」の開始を発表した。(2019/11/22)

100万超の業界も:
大企業の冬のボーナスはいくら? 経団連が調査
(2019/11/15)

労務行政研究所調べ:
東証1部上場企業の19年冬ボーナス額調査 多かったのはやっぱりあの業界
東証1部に上場している企業は、2019年冬にどのくらいのボーナスを支給するのか。調査機関の労務行政研究所が調査を行った。調査によれば、18年と比較して支給額はやや減少。業界別に見ると、製造業の「ガラス・土石」や「化学」産業などが平均を上回り、全体を底上げした。この10年で、支給額は10万円弱の伸びを見せている。(2019/11/6)

冬のボーナス、増えそうな業種と減りそうな業種
2018年の冬のボーナスと比べ、今年の支給額に変動はありそうですか? 冬のボーナスを支給する予定がある企業(1631社)に聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。(2019/10/24)

パソコン工房、「夏のボーナスセール 第3弾」を開催中
パソコン工房は、各種デスクトップ/ノートPCを特別価格で販売する「夏のボーナスセール 第3弾」を開始した。(2019/8/2)

夏のボーナスセールをBTOメーカー各社が実施中
BTO PCを販売する各メーカーが夏のボーナスセールの告知を行っている。(2019/6/27)

PR:増税前の大チャンス! 令和初の夏ボで買うべき価格帯別PCはこれだ!
2019年最初のボーナス商戦が迫っている。新元号「令和」初であり、増税前最後の大型商戦期だけに、買う方も売る方も否が応でも力が入ってしまう。ここではとっておきのPCお勧めガイドをお届けしよう。(2019/6/20)

中小企業の夏のボーナス、「増額予定」が減り、「減額予定」が2倍に エン・ジャパン調査
減額の理由トップは「業績不振」。(2019/6/19)

背景に年金制度への不安?:
年収1000万円プレーヤーに聞いた、夏ボーナスの使い道トップは?
年収1000万円プレーヤーはどうお金を使う?。夏ボーナスの使い道を人材サービス会社が調査。ちょっと意外な結果が。(2019/6/17)

ブラック企業から自分を守れ!:
非正規社員もボーナスがもらえる? 賞与と各種手当を取り戻す「正当な手順」
6月に入り夏のボーナスシーズンが到来。非正規社員にとってボーナスは縁遠い存在だったが、その常識を覆す判決が大阪高裁で下された。賞与や各種手当を取り戻す正当な方法と手順とは?(2019/6/10)

夏のボーナスはいくら? 金額に満足できる? 若手エンジニアに聞いた結果は……
人材会社のタイズ(大阪市)、メーカー勤務の若手エンジニア(20〜30代)の夏季賞与額を調査。トップは「50万円以上60万円未満」(15.0%)だった。ただ、自身の働きぶりを自己査定した結果、「もっと多くもらってもいい」と考える人も存在。金額への満足度は24.0%にとどまっていた。(2019/6/7)

産業別でみると……:
夏のボーナス、東証1部の平均は?
労務行政研究所は東証1部上場企業を対象に、夏のボーナスの妥結水準を集計した。平均支給月数は2.45カ月で、金額は……。(2019/5/16)

支給される予定は84%:
民間企業で働く人に聞く、夏のボーナスはいくら?
今夏、ボーナスが支給される予定という人はどのくらいいるのだろうか。民間企業で働く正社員の男女に聞いたところ……。マクロミル調べ。(2019/5/14)

厚生労働省が調査:
2018年の冬のボーナス、過去最高の86万2986円 一番高かった業界は?
厚労省が18年末に支給された冬季賞与額の調査結果を発表。支給額は過去最高の86万2986円に上ることが判明した。最も賞与額が高かった業界は……?(2019/1/18)

最も多かった業種:
大手企業の冬のボーナス、過去最高の93万円
日本経済団体連合会(経団連)は12月21日、大手企業の冬のボーナスの最終集計を発表した。平均妥結額は昨冬に比べて6.14%増の93万4858円と過去最高を更新した。(2018/12/21)

マウス、直営ショップで「冬のボーナスフェア」開催 1月7日まで
マウスコンピューターは、同社直営のダイレクトショップ全店で「冬のボーナスフェア」を開始した。(2018/12/5)

サイコム、最新CPUやM.2 SSDを値引きする「冬のボーナスキャンペーン」 1月6日まで
サイコムは、同社製BTOデスクトップPC購入者を対象とした「冬のボーナスキャンペーン」を開始する。(2018/11/30)

使い道は?:
冬のボーナス支給額は上昇傾向 4人に1人は夏より「増えた」
冬のボーナスは出る? 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営するエアトリが調査を実施したところ、半数以上がが「出る」と回答した。その使い道は……(2018/11/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i枯渇で悩むショップ 「可能ならバルクを」
Core i9-9900Kの再入荷がじわじわと増えてきた一方で、主力どころの第8世代Core i5以下の枯渇状態は続いている。冬のボーナスシーズンから年末年始の商機に向けて、ショップからは苦悩の声が聞こえる。(2018/11/26)

週末アキバ特価レポート:
860EVO 500GBが1万円切り! 冬ボの季節、3連休もSSD特価が目立つ
特価POPに「冬のボーナス」の文字がみられるようになった3連休。各ショップの特価の中でもSSDが目立っているのはここ最近の傾向といえる。(2018/11/23)

PR:消費税が上がる前に冬のボーナスでPCを買いたい 価格別オススメモデルはこれ!
冬のボーナスでPCを新調するなら幅広いラインアップをそろえるマウスコンピューターをチェック。10万円のコスパモデルから30万円超えのセレブモデルまで、ぴったりのマシンが見つかるぞ!(2018/11/21)

週末アキバ特価レポート:
「冬のボーナス需要もあってM.2 SSDの人気が加速」――アキバのSSD事情
最近の週末特価ではSATAやM.2のSSDが目立っている。低価格帯ではSUNEAST、高価格帯ではサムスンが値下がりをけん引しているようで、街全体がお買い得だ。(2018/11/17)

社員からは「日本一給料が高い」:
「精密機器業界の年収」ランキング 2位はソニー 1位はボーナス支給が年4回の……
精密機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はソニーで744万円だった。1位は……?(2018/9/21)

過去最高:
夏のボーナス、いくらもらったの? トップは「自動車」
夏のボーナス、どのくらいもらっている人が多いのだろうか。民間企業で働く人の状況をまとめたところ……。厚生労働省調べ。(2018/9/16)

今年の新人は“堅実派”:
夏のボーナスは出た? 何に使った? 新入社員に聞いた結果は
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティーが、社会人1年目の約200人に行った初ボーナスに関する調査結果を発表。使い道の1位は男女ともに「貯金」と、堅実な人が多いことが分かった。(2018/9/6)

マネーの達人:
夏のボーナス、使っていいのは何割? 後悔しない「使い道の割合」とは
夏のボーナスの使い道は決まりましたか? 満足感を得て、後悔しないためには、どの程度使って、貯蓄に回すのが良いでしょうか。おすすめの「使い道の割合」を紹介します。(2018/7/20)

使い道1位は旅行:
夏のボーナス、誰のために使う? 女性は断トツで「自分のため」、男性は……
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」を運営するエアトリは6月22日、夏のボーナスに関する意識調査の結果を発表した。男女でボーナスに対する意識に大きな差があった。(2018/6/22)

業績好調:
中小企業、夏のボーナスはいくら? 35%の企業が増額予定
中小企業の35%で夏のボーナスが増える予定――エン・ジャパンが従業員数300人以下の中小企業を対象に実施した調査でこんな結果が分かった。(2018/6/19)

アーク、最大1万3000円引きが適用される「夏のボーナスキャンペーン2018」
タワーヒルは、BTO対応PC購入時に最新CPUとグラフィックスカードを値引きする「夏のボーナスキャンペーン2018」を開始した。(2018/6/15)

デル、法人向け「半期決算大セール!」と個人向け「夏のボーナスセール」を開始
デルは、法人向け製品を対象とした「半期決算大セール!」および個人向けの値下げセール「夏のボーナスセール」を開催する。(2018/6/12)

PR:夏のボーナスでパソコンを買う! 最新PC予算別カタログ
格安ノートPCから超ハイエンドゲーミングPCまで豊富なラインアップをそろえるマウスコンピューターの新製品から予算別にPCを紹介。夏のボーナスでPCを新調したい方は必読!(2018/6/11)

キャリアニュース:
冬のボーナス平均額――製造系エンジニアは139万円で職種別2位
「fabcross for エンジニア」が「2017年冬のボーナス」に関する調査結果を発表。職種別の冬のボーナス平均額トップ3は「素材・化学系エンジニア」「製造系エンジニア」「教育・保育関連職」だった。(2018/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。