ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ボーナス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ブラック企業から自分を守れ!:
非正規社員もボーナスがもらえる? 賞与と各種手当を取り戻す「正当な手順」
6月に入り夏のボーナスシーズンが到来。非正規社員にとってボーナスは縁遠い存在だったが、その常識を覆す判決が大阪高裁で下された。賞与や各種手当を取り戻す正当な方法と手順とは?(2019/6/10)

夏のボーナスはいくら? 金額に満足できる? 若手エンジニアに聞いた結果は……
人材会社のタイズ(大阪市)、メーカー勤務の若手エンジニア(20〜30代)の夏季賞与額を調査。トップは「50万円以上60万円未満」(15.0%)だった。ただ、自身の働きぶりを自己査定した結果、「もっと多くもらってもいい」と考える人も存在。金額への満足度は24.0%にとどまっていた。(2019/6/7)

産業別でみると……:
夏のボーナス、東証1部の平均は?
労務行政研究所は東証1部上場企業を対象に、夏のボーナスの妥結水準を集計した。平均支給月数は2.45カ月で、金額は……。(2019/5/16)

支給される予定は84%:
民間企業で働く人に聞く、夏のボーナスはいくら?
今夏、ボーナスが支給される予定という人はどのくらいいるのだろうか。民間企業で働く正社員の男女に聞いたところ……。マクロミル調べ。(2019/5/14)

厚生労働省が調査:
2018年の冬のボーナス、過去最高の86万2986円 一番高かった業界は?
厚労省が18年末に支給された冬季賞与額の調査結果を発表。支給額は過去最高の86万2986円に上ることが判明した。最も賞与額が高かった業界は……?(2019/1/18)

最も多かった業種:
大手企業の冬のボーナス、過去最高の93万円
日本経済団体連合会(経団連)は12月21日、大手企業の冬のボーナスの最終集計を発表した。平均妥結額は昨冬に比べて6.14%増の93万4858円と過去最高を更新した。(2018/12/21)

マウス、直営ショップで「冬のボーナスフェア」開催 1月7日まで
マウスコンピューターは、同社直営のダイレクトショップ全店で「冬のボーナスフェア」を開始した。(2018/12/5)

サイコム、最新CPUやM.2 SSDを値引きする「冬のボーナスキャンペーン」 1月6日まで
サイコムは、同社製BTOデスクトップPC購入者を対象とした「冬のボーナスキャンペーン」を開始する。(2018/11/30)

使い道は?:
冬のボーナス支給額は上昇傾向 4人に1人は夏より「増えた」
冬のボーナスは出る? 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営するエアトリが調査を実施したところ、半数以上がが「出る」と回答した。その使い道は……(2018/11/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i枯渇で悩むショップ 「可能ならバルクを」
Core i9-9900Kの再入荷がじわじわと増えてきた一方で、主力どころの第8世代Core i5以下の枯渇状態は続いている。冬のボーナスシーズンから年末年始の商機に向けて、ショップからは苦悩の声が聞こえる。(2018/11/26)

週末アキバ特価レポート:
860EVO 500GBが1万円切り! 冬ボの季節、3連休もSSD特価が目立つ
特価POPに「冬のボーナス」の文字がみられるようになった3連休。各ショップの特価の中でもSSDが目立っているのはここ最近の傾向といえる。(2018/11/23)

PR:消費税が上がる前に冬のボーナスでPCを買いたい 価格別オススメモデルはこれ!
冬のボーナスでPCを新調するなら幅広いラインアップをそろえるマウスコンピューターをチェック。10万円のコスパモデルから30万円超えのセレブモデルまで、ぴったりのマシンが見つかるぞ!(2018/11/21)

週末アキバ特価レポート:
「冬のボーナス需要もあってM.2 SSDの人気が加速」――アキバのSSD事情
最近の週末特価ではSATAやM.2のSSDが目立っている。低価格帯ではSUNEAST、高価格帯ではサムスンが値下がりをけん引しているようで、街全体がお買い得だ。(2018/11/17)

社員からは「日本一給料が高い」:
「精密機器業界の年収」ランキング 2位はソニー 1位はボーナス支給が年4回の……
精密機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はソニーで744万円だった。1位は……?(2018/9/21)

過去最高:
夏のボーナス、いくらもらったの? トップは「自動車」
夏のボーナス、どのくらいもらっている人が多いのだろうか。民間企業で働く人の状況をまとめたところ……。厚生労働省調べ。(2018/9/16)

今年の新人は“堅実派”:
夏のボーナスは出た? 何に使った? 新入社員に聞いた結果は
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティーが、社会人1年目の約200人に行った初ボーナスに関する調査結果を発表。使い道の1位は男女ともに「貯金」と、堅実な人が多いことが分かった。(2018/9/6)

マネーの達人:
夏のボーナス、使っていいのは何割? 後悔しない「使い道の割合」とは
夏のボーナスの使い道は決まりましたか? 満足感を得て、後悔しないためには、どの程度使って、貯蓄に回すのが良いでしょうか。おすすめの「使い道の割合」を紹介します。(2018/7/20)

使い道1位は旅行:
夏のボーナス、誰のために使う? 女性は断トツで「自分のため」、男性は……
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」を運営するエアトリは6月22日、夏のボーナスに関する意識調査の結果を発表した。男女でボーナスに対する意識に大きな差があった。(2018/6/22)

業績好調:
中小企業、夏のボーナスはいくら? 35%の企業が増額予定
中小企業の35%で夏のボーナスが増える予定――エン・ジャパンが従業員数300人以下の中小企業を対象に実施した調査でこんな結果が分かった。(2018/6/19)

アーク、最大1万3000円引きが適用される「夏のボーナスキャンペーン2018」
タワーヒルは、BTO対応PC購入時に最新CPUとグラフィックスカードを値引きする「夏のボーナスキャンペーン2018」を開始した。(2018/6/15)

デル、法人向け「半期決算大セール!」と個人向け「夏のボーナスセール」を開始
デルは、法人向け製品を対象とした「半期決算大セール!」および個人向けの値下げセール「夏のボーナスセール」を開催する。(2018/6/12)

PR:夏のボーナスでパソコンを買う! 最新PC予算別カタログ
格安ノートPCから超ハイエンドゲーミングPCまで豊富なラインアップをそろえるマウスコンピューターの新製品から予算別にPCを紹介。夏のボーナスでPCを新調したい方は必読!(2018/6/11)

キャリアニュース:
冬のボーナス平均額――製造系エンジニアは139万円で職種別2位
「fabcross for エンジニア」が「2017年冬のボーナス」に関する調査結果を発表。職種別の冬のボーナス平均額トップ3は「素材・化学系エンジニア」「製造系エンジニア」「教育・保育関連職」だった。(2018/1/12)

冬ボで買うならマウスコンピューター:
PR:パソコン初心者は迷ったらコレを買え! コスパ抜群の高性能ノート「m-Book T」徹底レビュー
冬のボーナスで新しいパソコンの購入を検討している人は多いはず。「とにかく安く」「何をしたいのか分からないけれど、何でもしてみたい」、そんなパソコン初心者の漠然としたリクエストに応えられるのがマウスコンピューターだ。(2017/11/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバに異変? Coffee Lake枯渇の裏側
Coffee Lakeの流通状況に異変が起きている。Core i5を中心に中間クラスのモデルがどこにも在庫がない状況で、「冬のボーナス商戦前としては前代未聞」との声も。(2017/11/27)

5年ぶりの減少:
冬のボーナス 大手の平均額は……?
今年の冬のボーナス、大手の平均額は? 経団連調べ。(2017/11/7)

マウス、売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」ページを公開
マウスコンピューターは、同社製PCブランド「mouse」「G-Tune」「DAIV」の各サイトで「冬のボーナス特集」ページの公開を開始した。(2017/11/6)

前年同期からマイナス:
冬のボーナス、東証1部企業は平均71万円
冬のボーナス、東証1部企業は平均71万円――労務行政研究所調べ。(2017/10/24)

「受給予定」8割超:
2017年夏のボーナス、平均は?
2017年夏のボーナス、支給される? 支給予想額の平均は?――マクロミル調べ。(2017/5/9)

正社員同様、年2回支給:
マックスバリュ西日本、アルバイトにもボーナス支給
マックスバリュ西日本は、パートやアルバイトにも賞与を支給する新たな人事制度を導入する。(2017/3/24)

平均は72万円:
冬のボーナス、どのくらいだったら転職しない?
2016年の冬のボーナス、どのくらいもらいましたか? 25歳、30歳、35歳の転職意向のある正社員に聞いたところ……。マイナビ調べ。(2017/1/25)

総理は418万円:
国家公務員、冬のボーナスはいくら?
国家公務員に12月9日、冬のボーナスが支給された。気になる金額は?(2016/12/9)

大手企業は93万円:
冬のボーナス、中小企業で働く人はどのくらい手にするの?
経団連がまとめた冬のボーナス調査によると、民間企業大手の1人当たりの支給額は昨年比0.84%増の92万7892円。4年連続で増加しているが、中小企業の支給状況はどうだろうか。大阪シティ信用金庫が調べたところ……。(2016/12/9)

SIM通:
冬のボーナス商戦でおすすめ!高性能SIMフリースマホまとめ
これまでの「安く、そこそこの性能」の機種から、最近は「そこそこの価格で、高性能」な機種も充実してきたSIMフリースマホ。価格が上がり「失敗したくない」と思う方も増えると思います。そこで、今回は各メーカーのハイスペックスマートフォンをまとめました。(2016/12/9)

今年の冬のボーナス 大手の平均額は?
今年の冬のボーナス額は? 経団連調べ。(2016/11/15)

夏のボーナス、どのくらいもらった?
今年の夏のボーナス額は?――マイナビ調べ。(2016/8/24)

夏のボーナス、新入社員はどのくらいもらっている?
この春就職した新入社員は、夏のボーナスをどのくらいもらっているのだろうか。東証1部・2部に上場している企業を中心に聞いたところ……。産労総合研究所調べ。(2016/7/11)

51%の家庭で「夏のボーナスは出ない」
「夏のボーナスが出た」という人も多いと思うが、どのくらいの世帯が支給されているのだろうか。電子チラシサービスを利用している既婚女性に聞いたところ、5割は「支給されない」と回答した。凸版印刷調べ。(2016/7/7)

中小企業で働く人、夏のボーナスはどのくらいもらえるの?
今年の夏のボーナスはどのくらいもらえるのか。気になっている人も多いと思うが、大阪シティ信用金庫が大阪に拠点を置く中小企業にボーナスの支給状況を調査した。それによると……。(2016/6/24)

サイコム、BTO購入時にCrucial製SSDを最大4000円引きする「夏のボーナスキャンペーン!」
サイコムは、同社製BTO対応PC購入者を対象とした「夏のボーナスキャンペーン!」を開始した。(2016/6/17)

都内にある企業の夏のボーナス、いくら?
東京都は、都内にある1000の労働組合を対象に、夏のボーナス要求・妥結状況を集計し、その結果を発表した。(2016/6/14)

「夏のボーナスがアップしそう」な業種は?
昨年の夏のボーナスと比べて、今年の支給額に変動はありそうですか? 591社に聞いたところ……。エン・ジャパン調べ(2016/6/9)

白物家電だけどカラフル:
独身男性におすすめ“ちょっとプレミアム”な白物家電4選
「いい物を長く使いたい!」なんて人は、ちょっとプレミアムな白物家電を買ってみるといいかもしれません。夏のボーナスの使い道や誰かのプレゼントに。(2016/6/3)

夏のボーナス「支給額アップに期待」はたったの2割
マクロミルが今年の夏のボーナスに関する調査結果をまとめた。(2016/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
10万円超のグラフィックスカードがサクサク売れそうな冬ボの季節
冬のボーナス期はハイエンドグラフィックスカードが売れ筋候補によく挙がる。それを見越してか、先週末は複数社からこだわりのGTX 980 Tiカードが登場した。(2015/12/14)

冬ボで買いたいデジタル家電、4Kテレビが人気――MM総研調査
MM総研は12月10日、「ITデジタル家電購入意向調査」の結果を発表した。ボーナス支給額は改善傾向が続き、購買意欲も昨年冬や今年の夏に比べて回復傾向にあるという。(2015/12/10)

マウスコンピューター、ダイレクトショップ限定「冬のボーナスセール第2弾」を開始
マウスコンピューターは、同社直販ショップ限定セール「冬のボーナスセール第2弾」の開催を発表した。(2015/12/9)

PC USER 週間ベスト10:
冬ボーナスの使い道は決まりましたか?(2015年11月30日〜12月6日)
今回のアクセスランキングは、「Surface Pro 4」のパフォーマンス検証記事やWindows 10関連の記事が人気でした。(2015/12/7)

週末アキバ特価リポート:
512GB SSDが1万6480円! 冬ボ狙いの週末特価が熱い
冬のボーナスシーズンに突入し、思い切った週末特価が目立つようになってきた。なかでも500GB級SSDと8TB HDD、DDR3/4メモリの特価に注目してみたい。(2015/12/5)

マウスコンピューター、ダイレクトショップ各店で「冬のボーナスセール」を開始――11月21日から
マウスコンピューターは、SSD搭載モデルなどを中心とした特価モデルを用意する店頭セール「冬のボーナスセール」の開催を発表した。(2015/11/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。