ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「簿記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「簿記」に関する情報が集まったページです。

「ファイル閉じなくても保存できるんですか?」 “上書き保存”を知らなかったPC初心者のエピソードに反響
いまいちかみ合わない会話が面白い。(2022/5/16)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(前):
オーディションに落ちたあの日、僕は夢を失った
アニメの声優に憧れて来日した韓国の青年。だが夢は破れ、天災で就職もままならず、コンビニやネットカフェでアルバイトをする日々が続く――。(2022/2/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(86):
プログラミングに自信はある でも、飯は食えなかった人の話
エンジニアは「手に職がある仕事」です。「手に職があると、一生食いぱっぐれない」と思っていませんか? でも、技術力を磨いているだけでは、そうでもないのかもしれません。(2022/2/16)

将来の不安についても調査:
取得すべき資格、Z世代の1位は「TOEIC」 ゆとり世代と就職氷河期世代は?
ユーキャンは、Z世代・ゆとり世代・就職氷河期世代の10〜50代の男女に、「仕事や資格に対する意識調査」を実施した。自分たちが取得すべきと考えている資格は何か聞いたところ、Z世代の1位は「TOEIC®テスト」だった。ゆとり世代と就職氷河期世代はどんな資格を挙げたのか? そのほか、将来の不安についても調査した。(2021/12/13)

約500人に聞いた:
2022年に取りたい資格、3位は「宅地建物取引士」、2位と1位は?
メディアエクシードは、資格の取得を目指している20〜50代の男女に、「2022年に取りたい資格」について調査を行った。2022年に取りたい資格、1位は「日商簿記検定」だった。(2021/12/9)

200人強に聞いた:
フリーターからの就職に役立った資格 1位は「簿記」、2位以下は?
ビズヒッツは、フリーターから資格を生かして就職した人に「就職活動で役立った資格に関する意識調査」を行った。フリーターからの就職に役立った資格1位は「簿記」だった。(2021/12/6)

880人に聞いた:
女性がこれから取りたい資格 2位は「TOEIC/TOEFL」、1位は?
キャリアデザインセンターは、女性を対象に「資格」についての調査を行った。今後取りたい資格は何か、新型コロナウイルスの拡大が資格取得の意向度に影響したかなどを聞いた。(2021/10/26)

独学で取得するには:
独学で取得した資格 「FP」や「宅建」を抑え1位となったのは?
独学でも取りやすい資格にはどのようなものがあるだろうか。ビズヒッツが、独学で資格を取得したことがある男女500人に調査した。(2021/10/9)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[特別版]:
新1万円札の肖像、7年前に記念硬貨になっていた お札の博物館でお金の歴史をひもとく
新紙幣のデザインについて議論が活発だ。だが、見本画像だけでジャッジすることに違和感を覚えた筆者が行った先は。(2021/9/22)

21年度税制改正:
スキャナ保存・電子取引の要件が緩和 「電子帳簿保存制度」の見直しポイント
2021年度の税制改正で、電子帳簿保存法の要件が緩和され、事前承認制度や適正事務処理要件の廃止などが行われました。そこで、この改正について解説します。(2021/9/15)

小寺信良のIT大作戦:
“FAX全廃議論”で再考する、ITリテラシーと信頼関係の問題
コロナ禍でテレワークを経験してからの世代に求められているITスキルと、それにまつわる問題を考えた。(2021/7/14)

転職で役立った資格 3位「TOEIC」、2位「運転免許」、1位は?
ビズヒッツがビジネスパーソン500人を対象に「転職で役立った資格に関する意識調査」を実施した。(2021/5/17)

PR:努力をみんなが見てくれるSNSとは? スマホ通信資格講座「スタディング」を体験したら、続けられる工夫が満載だった
動画は2倍速でも、しっかり内容が頭に入る。(2020/9/24)

専門家のイロメガネ:
大戸屋買収の渦中に、コロワイドが「場外乱闘」に巻き込まれた理由
大戸屋ホールディングス(以下、「大戸屋」)への敵対的TOBを成功させ、ほとんどの経営陣を入れ替えると公表した外食大手コロワイドが場外乱闘に巻き込まれている。デイリー新潮が7月に公開した「コロワイドは債務超過に陥りかねない」という記事が原因だ。(2020/9/21)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

必要なのは「怠惰・短気・傲慢」?:
PR:後方支援から経営の最前線へ 次世代バックオフィス実現に必要な「3つの美徳」とは?
新型コロナの影響で、バックオフィスにも変化の波が訪れた。これまでも「IT化」などの掛け声のもとで変化の機運もあったバックオフィスは、今度こそ変われるのか。後方支援部隊から経営の最前線へと歩を進めるために必要な「3つの美徳」について、業務設計士の武内俊介氏に話を聞いた。(2020/8/3)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(1):
【新連載】サステナビリティと循環型社会形成は会計・税務では不可能!建設業の打開策を説く
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。(2020/7/6)

本当に効率を上げるためのSaaS:
freeeを受け入れられないベテランたち 成功事例と失敗事例
導入後にバックオフィスの担当者による賛否が真っ二つに分かれるのが会計freeeの特徴だ。freee導入によって大幅にバックオフィスが効率化された会社もあれば、逆に全く使いこなせずに現場が混乱し、結局従来の会計ソフトに戻してしまった会社もある。成功と失敗を分けたのは何だったのか?(2020/4/15)

トイレットペーパーなどを使い切るタイミング、家計簿から自動算出 Zaimに新機能、新型コロナによる買い過ぎ防止
Zaimが、オンライン家計簿サービス「Zaim」に、日用品の購入頻度を自動算出する新機能を追加。日用品の買い過ぎや買い漏れを防ぐ。(2020/3/6)

IT用語解説系マンガ:食べ超(178):
機械学習で簿記1級に合格できた掃除機です
機械も生涯学習の時代! 人気講座はもちろん人類撲滅学です。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/1/15)

高橋名人の仕事哲学【中編】:
高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由
かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。在職中は「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めただけでなく、「裏技」「ゲームは1日1時間」という言葉の考案者の一人でもある。中編では、いかにしてファミコンの「名人」になったのか、「裏技」という言葉はどうやって生まれたのか。その誕生秘話をお届けしよう。(2019/11/29)

後悔はしていない:
インセンティブを求めて異業種に転職した「辞めジニア」の告白
年の近い先輩が退職した日、彼女は静かに絶望した。(2019/12/9)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(59):
異業種交流会には行くな――30代、自立しようか悩んだときのべからず集
30代前半で起業したとき、意味のないことばかりして、ずいぶん遠回りしました。そんな自分へ、15年後の自分からのアドバイス。(2019/11/13)

くしゃくしゃな領収書も、透かし文字も正しくテキスト化:
PR:経費精算業務が働き方改革の命運を握る――RPA×AIで3時間の重作業をどこまで短縮できたか
UiPathとファーストアカウンティングが、経費精算業務の自動化ソリューションを打ち出した。RPAと、くしゃくしゃの領収書も読み取れるという高度なAI OCRが組み合わさることで、経費申請のシーンや経理担当者の業務をどれほど変えられるのか。(2019/10/28)

簿記は「人生に必須の武器」:
不安定の時代はハウツー本より「会計」で立ち向かえ Rootportさんに聞く「お金の生存戦略」
とっつきづらい印象のある会計・簿記。しかし今の日本を生き抜くには必須の知識だという。会計の歴史について本を出版した著名ブロガーに聞く。(2019/10/8)

リスクを背負える人が欲しい:
くら寿司が年収1000万を出しても幹部候補生を採りたい理由
くら寿司が2020年春入社の新卒採用で年収1000万を提示して幹部候補生を募集している。その狙いは?(2019/6/5)

銀行口座から直接払える「Bank Pay」19年秋スタート デビットカードの利便性がスマホに
1000以上の銀行が対応する「オールバンク」。(2019/4/23)

「あの有名アニメ会社に脱税疑惑」報道で「それな」と思ったこと
現金はいいものだ……?(2019/3/28)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
東大卒、デュポン、メルカリ経由で梨農園に飛び込んだ 「畑に入らない農家の右腕」の正体
栃木県にある梨農園「阿部梨園」が今、大きな話題を集めている。その理由は、畑に入らずに業務改善を続けるマネージャーの佐川さんだ。東大を卒業し、化学メーカーやベンチャーに勤めるなど“農家”としては異色の経歴を持つ彼が、梨農家に飛び込んだ理由とは。(2019/3/14)

システムを統合したら運用要員が5分の1に 2社合併のリンクアカデミーに見る「組織と基幹システム統合」のメリット
かたやPCスクール、かたや老舗の資格教育……歴史も文化も、社員の平均年齢もまるで異なる2つの企業が統合して生まれたリンクアカデミーでは、どのように組織の、そして基幹システムの統合を進めたのだろうか。(2019/2/18)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

競争力ある報酬制度:
コンサル業界の年収ランキング、2位はデロイトトーマツ 1位は……
コンサルティング業界の中で平均年収が最も高い企業は?転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はデロイトトーマツコンサルティングで844万円だった。1位は……(2018/10/23)

「自分には競技しかない」は本当か:
元阪神タイガース投手の公認会計士が「アスリートの人生設計」を本気で手伝う理由
アスリートデュアルキャリア推進機構(ADCPA)の奥村武博代表理事が、9月20日に会見を開催し、今後の戦略を発表した。同機構はスポーツ選手のキャリア形成を支援している。これからどのようなことに取り組んでいくのだろうか。(2018/9/21)

仮想事例で学ぶ
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害はこうして生まれる
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害が国内外に広がっている。その背景には、攻撃を成功させるための巧妙な仕掛けがあった。具体的な攻撃手法と、その対策を解説する。(2018/8/21)

Stripe、カード発行事業「Stripe Issuing」を招待制で開始 「Apple Pay」にも対応
オンライン決済のStripeが、企業向け物理/仮想カードの発行・管理サービス「Stripe Issuing」を招待制で開始した。すべての大手カードネットワークに承認されており、Apple PayとGoogle Payもサポートする。(2018/7/27)

これからの経理のあり方:
経理がAIに乗っ取られる、は本当か?
AIの台頭によって失う仕事として、よく「経理」が挙げられる。しかし、長年経理の業務に携わってきた筆者は「そんなことはない」と言う。そのわけとは……?(2018/4/25)

全国886団体を支える公会計システム「PPP(トリプルピー)」がSQL Serverを採用:
PR:地方自治体が今後直面する公共施設の維持管理の問題――公会計システム「PPP(トリプルピー)」が課題解決に向けて“新たな価値”を提供
地方自治体を中心に全国886の団体に公会計システム「PPP(トリプルピー)」を提供するシステムディ。同社はさらなる経済性と将来的に高度な集計・分析機能を実現すべく、PPPの新バージョンで「Microsoft SQL Server」を標準DBとして採用。複式簿記導入や固定資産台帳の整備など、変革が迫られる地方公会計の現場では、いま何が求められ、新しいPPPはどのような価値を提供しようとしているのか。(2018/1/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会計の「非」専門家が書いたビジネス数字の話――なぜ多くのビジネスパーソンが会計を分からないというのか
数字が苦手なコンサルタントが、数字が苦手なビジネスパーソンにしどろもどろになりながらレクチャーし始めて気付いたことがある。(2017/3/16)

ねとらぼレビュー:
主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」
目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」(2017/3/10)

意外と知らない? iPhoneで「関数電卓」を使う小技
(2016/12/6)

山本弘の「今、ここにある未来」:
ジョーという名のインターネット
ごくごくまれに、見事に未来予言を的中させたSFもあるんですよね。「この時代によくこんなこと考えついたな」と感心する作品が。(2016/11/9)

大きなチャンスと大きな課題
ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと
ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。(2016/9/15)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第43回 この技術は本当に最適なのか?――専門分野を極めたからこその悩み
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/9/1)

マネーの達人:
貯金1000万円はすごくない 私はこの「3つ」を実践して貯めました
貯金1000万円は、そんなにすごい額ではありません。今回は、私が実践した貯まる方法3つを紹介します。(2016/8/1)

劇場版「ソードアート・オンライン」とタイアップ 11月の日商簿記検定1級で初のチーム戦を開催!
仲間とともに難関に挑む世界観が一致。(2016/7/26)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第42回 希望は「優秀な人が辞めない会社」――社会人10年目でたどり着いた「良い」会社の条件
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/7/1)

半径300メートルのIT:
もっと身近な“FinTech”のお話
日本のFinTechといえば欠かせないのが確定申告と経費精算。便利なサービスが次々と登場して、かなり作業が楽になったのですが、あとちょっと、改善を期待したいところがありまして……。(2016/3/29)

「デレマス」の現役女子大生アイドル新田美波が日商簿記の出題区分改訂ナビゲーターに就任
趣味が資格取得であることからの大抜擢。(2016/3/25)

マネーの達人:
「当たるかも!」と思いがち 宝くじ購入に見る家計のリスク思考
宝くじの1等が当たる確率をご存じでしょうか? 夢を追うのは結構ですが、くじに費やしすぎるのは考えものです。今回は、第663回サマージャンボ宝くじを例に、くじ購入が家計に与えるリスクについて考えてみます。(2016/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。