ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「通勤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通勤」に関する情報が集まったページです。

テレワークで浮いた通勤時間の使い方 女性は「家事」が1位、男性は?
テレワークの良かった点についてアンケートを実施。結果、「通勤によるストレスがなくなった」と答えた人が男女ともに最多となり、男性60%、女性は65%に上った。(2021/6/17)

残業や土日勤務とおさらば 「テレ残」を解消する資料作成サービス
新型コロナウィルス感染拡大に伴い普及したテレワークだが、通勤時間短縮のメリットがある一方で、仕事とプライベートの境界が曖昧となり時間管理が課題となっている。時間を気にせずについ残業してしまう「テレ残」を解消すべく、「HandOut」を運営するナカヨカは、スライド資料作成サービス「HandOut Quick(β版)」の事前登録受付開始を発表した。(2021/5/31)

JR九州がシェアオフィス新幹線導入 車内でオンライン会議 期間限定、追加料金なし
JR九州が、列車内でオンライン会議や電話での打ち合わせなどができる「シェアオフィス新幹線」を期間限定で導入すると発表。出張や通勤の移動時間を有効活用してもらうためのサービスで、追加料金なしで座席を提供する。(2021/5/27)

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた
旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。(2021/5/21)

家族との別居解消にも:
通勤圏外でリモート勤務、三菱電機が導入 転勤・単身赴任しないでOK
三菱電機は、勤務する事業所の通勤圏外に居住し、リモートワークを中心とした業務を行う「遠隔勤務制度」のトライアル導入を始める。家族との別居解消や育児・介護への参画など、ライフスタイルに応じた働き方を実現するねらい。(2021/5/20)

都心回帰?:
20代が希望する通勤時間は「15〜30分」 コロナの影響で住みたい場所は「都心」へ?
働く20代に希望する通勤時間を聞いた。最も多い回答は「15〜30分」だった。住環境の考え方にもテレワークの影響が?(2021/5/19)

テレワークの疑問:
実費精算の通勤費、賃金として社会保険料計算の対象になるか?  厚労省の最新見解は
毎年4月から6月までの給与額をもとに、社会保険料が算出される。通勤手当も、賃金と見なして届け出ることになっている。では、テレワークを中心とした勤務で、数日のみ出勤した際の通勤費は、従来通りに賃金と見なすのか、否か。4月に公表された厚労省の見解も踏まえ、解説する。(2021/5/20)

「GW前の利用状況に戻っている」 JR東日本、通勤時間帯の「減便」中止を発表
通常通りのダイヤで運行します。(2021/5/6)

スピン経済の歩き方:
「緊急事態宣言下に通勤する人」を叩いても、テレワークが普及しない根本的な理由
緊急事態宣言が発令されたにもかかわらず、通勤列車を見ると、たくさんのビジネスパーソンが乗車している。テレワークを実施している企業が増えているはずなのに、なぜ会社で働く人がたくさんいるのか。コロナに対して危機感が乏しいわけでもなく、慣れているわけでもなく……。(2021/4/28)

テレワーク要請しているのに:
変わらぬ通勤ラッシュ 3度目緊急事態宣言「昨春より響かない」
3度目の緊急事態宣言が発令された東京、京都、大阪、兵庫の4都府県は26日、期間中初めての平日を迎えた。大阪市内の朝の主要駅周辺では普段とあまり変わらない通勤ラッシュが見られた。(2021/4/26)

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

電車通勤中にスマホでしていることランキング 「ゲーム」や「ニュース・天気のチェック」を抑えて1位になったのは?
ビズヒッツが電車通勤をする全国の男女500人にアンケート調査を行った。(2021/4/11)

日本のディーゼルカー「こがね」がフィリピンでデラックスに再活躍 「往復6時間」の通勤もこれなら快適!? 
内装がとてもデラックス。(2021/4/7)

通勤中や旅先で突然流しそうめんがしたくなったときに便利 “ポケットに入る流しそうめん機”が登場
「そうめんスライダー」のタカラトミーアーツから。(2021/3/26)

PR:サラリーマンの日常動画……じゃない!? 気になる雑音を超絶技巧で音楽に変える動画「サラリーマンの通勤ルーティン」が驚きのかっこよさ
雑音だらけの日常に疲れた人へ。(2021/3/5)

「忍」「忍」「忍」「忍」ニンジャがキター! “忍者”の通勤路線・草津線で忍者スタンプラリー「御SHINOBI印巡りの旅」2月27日開始
先着300部「忍者御朱印帳」が激シブの出来〜。(2021/2/22)

武蔵野線205系、東京メトロ6000系…… グッと胸が熱くなる、海を渡った日本の通勤電車が「ジャカルタ仕様」になっていく動画
205系、6000系、ジャカルタでも活躍してね。(2021/2/17)

高機能生地を使用:
イオンが自転車通勤に適したセットアップスーツ発売 AOKIやワークマンも「高機能スーツ」に商機
イオンは2月8日、「トップバリュ ウォッシャブルはっ水セットアップスーツ」を発売すると発表した。2月12日から本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約250店舗で販売する。(2021/2/8)

「フリーザの動向も通勤時チェック」 アイデンティティ田島、Ado「うっせぇわ」野沢雅子ver.が“クセになる”語呂の良さと話題
「その可もなく不可もねぇブロリー」(2021/1/31)

テレワーク、時差、マイカー通勤……大阪の自治体 出勤者7割削減に苦慮
新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府が出勤者の7割削減を求める中、大阪府内の自治体では、テレワークなどを駆使して接触機会の低減に努めている。一方、PCの配備や個人情報の取り扱いなど解決すべき課題も多く、試行錯誤が続きそうだ。(2021/1/22)

鼻毛脱毛周期にあわせて出店:
駅でこっそり鼻毛処理 1.5坪の専門店が大阪メトロに出店 東京ではリピーター続出
都営地下鉄の駅構内で鼻毛脱毛の専門店を展開する「ekibana 3分エチケット」が1月4日、大阪メトロ 御堂筋線のなかもず駅構内に出店した。固定店舗を持たないブース型の店舗で、通勤や通学、買い物時など、駅を利用する合間に立ち寄れる形式を採用。自分で鼻毛処理ができない人の需要を狙う。(2021/1/15)

JR東が特急「湘南」を運行開始:
なぜ? 首都圏で「通勤向け特急」が増えている背景
JR東日本が、通勤向けの特急に力を入れている。すでに常磐線の「ときわ」、高崎線方面「スワローあかぎ」、中央・青梅線方面の「はちおうじ」「おうめ」が運行されているが、来春のダイヤ改正では、特急「湘南」が東海道本線方面にデビューする。これら通勤向け特急が運行される背景を考えてみたい。(2020/12/24)

さよなら「有明」、通勤列車も様変わり 鉄道ファンが注目した「JRグループ2021年春のダイヤ改正」
名物(?)「横浜通過」も見納めに……。(2020/12/22)

新しい通勤スタイルを提案:
JR西日本、時差通勤でポイント付与 21年春から1年間
JR西日本は、「ICOCA」の通勤定期券を利用した時差通勤でポイントを付与するサービスを2021年春に始める。駅や車内の混雑緩和を促す。(2020/12/16)

社会保険料や税金への影響も:
テレワーク下での「通勤手当」と「在宅勤務手当」、どうやって支給する?
在宅勤務を推奨する中で、通勤手当を減らし、在宅勤務手当の創設を検討する企業が増えている。在宅勤務手当の支給方法にはさまざまな種類があるが、方法によって社会保険料や税金に影響する。制度を設計するにあたり、抑えておくべきポイントを解説する。(2020/11/24)

「時差通勤」でポイント還元、JR東日本が2021年春開始
「10回乗れば1回分タダ」の繰り返し利用特典も2021年3月1日から。(2020/11/10)

2021年春から:
JR東日本、時差通勤や「同区間月10回乗車」でポイント還元 通勤の多様化に対応
JR東日本は、通勤スタイルの多様化に対応した「Suica」の新しいポイントサービスを2021年春に開始する。時差通勤や、同一運賃区間の月10回以上利用によってポイントを還元。新しい通勤のニーズに応じたサービスを展開する。(2020/11/10)

「Uber Taxi」、都内の提供エリアを2倍に拡大 「Go To トラベル」での利用見込む
Uber Japanが、タクシー配車サービス「Uber Taxi」の提供エリアを拡大。目黒区、品川区などでもサービスを展開する。「Go To トラベル」による旅行者や通勤シーンでの利用を見込む。(2020/11/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤」は減っていく? 東急の6700人アンケートから読み解く、これからの鉄道需要
東急は、アプリを通じて6760人に実施したアンケート結果を発表した。新型コロナの影響で在宅勤務などが広がり、鉄道の需要は低下。しかし、今後も定期券を更新する人は多く、転居しようとする人も少ない。通勤需要は元通りには戻らないが、ある程度回復しそうだ。(2020/11/6)

都市圏の通勤電車に増えている「窓の上の三角マーク」 これ、何?
少し前まではなかった「あるもの」が理由です。(2020/10/27)

AIがルート・ダイヤを自動生成する通勤バス登場 社員の要望に合わせて運行 経路は1万通り
AIがルート・ダイヤを自動生成する通勤バスが登場。会津オリンパス(福島県会津若松市)が導入する。従業員が専用アプリに、希望する配車時間・乗車場所・目的地を入力すると、AIが最適な経路を算出。その通りに運行し、通勤を効率化する。(2020/10/22)

通勤したら上司から「偉い!」 会社に来ただけでほめられてご褒美がもらえる漫画に反響多数
どこかにこんな会社を経営している社長はいませんかー!?(2020/10/16)

パーソルグループ、新たに3社で通勤手当を廃止 月額2000〜4000円の“リモート手当”に移行
パーソルグループが、新たに3社で通勤手当を順次廃止し、代わりに「リモートワーク手当」を支給する。リモートワークで働く社員が増加し、人事制度の改定が急務になったため。(2020/10/9)

Ignite 2020:
Microsoft、Web会議ツール「Teams」にメンタル配慮の「バーチャル通勤」など多数の新機能
MicrosoftがWeb会議サービス「Teams」の新機能を多数紹介した。リモートワークでのストレス軽減、生産性向上のための「バーチャル通勤」や瞑想機能、8月から提供の「Togetherモード」の新シーンなどだ。(2020/9/23)

専門家のイロメガネ:
アフターコロナで問われる「雇用と外注の境界」、海外雇用の時代到来か
コロナ禍を受けた緊急事態宣言以降、働き方は大きく変化変した。リモートワークの急拡大による通勤不要を好意的に捉えた従業員も多いだろう。だが「働き方の変化」は、経営者側から見れば「雇い方の変化」となる。アフターコロナで雇用はどう変わるのか?(2020/9/23)

山手線12駅にも設置:
「傘を持ち歩かない生活を」シェアリングサービス「アイカサ」 設置場所拡大
傘のシェアリングサービス「アイカサ」の設置場所が拡大している。9月2日までにJR山手線線12駅に82台の設置を完了した。主な利用者層は20〜40代。通勤通学での需要を見込み山手線での設置を拡大した。また、環境省と連携し、熱中症警戒アラートが発表された日は、無料で使えるサービスも実施している。(2020/9/4)

東武特急が半額に! 東武鉄道「特急料金50%オフ」キャンペーン、9月7日から 通勤にも使える
2020年10月6日まで。(2020/9/3)

「総務」から会社を変える:
今こそ「腕の見せ所」 第2波が到来したコロナから、総務は会社をどう守る?
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。第2波が到来した新型コロナから、総務はどう会社を守るべきか。出社させるのか、在宅にするのか。出張や通勤など、移動の制限を設けるのか、プライベートでの感染症対策をする場合には、どこまで踏み込むべきなのか。勘所を豊田氏が解説する。(2020/9/2)

在宅勤務手当も新設:
キリンHD、通勤手当を実費支給に シェアオフィスも導入、働く場所の選択肢広げる
キリンホールディングスは10月から、在宅勤務を行う社員を対象に、通勤手当の支給方法を実費精算に変更し、在宅勤務手当を支給する。また、主に首都圏でシェアオフィスを契約し、働く場所の選択肢を広げる。(2020/9/1)

「テレワーク7割の推進を」西村大臣が経済界に再要請 時差通勤や接触確認アプリの活用も
西村康稔経済再生担当大臣が、経済界に「テレワーク70%・時差通勤」「接触確認アプリの導入促進」などの要請を改めて行った。(2020/7/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
リモートワーク普及で迫りくる「通勤定期券」が終わる日
大手企業などがテレワークの本格導入を進める中で、通勤定期代の支給をやめる動きも目立つ。鉄道会社にとっては、通勤定期の割引率引き下げや廃止すら視野に入ってくる。通勤に伴う鉄道需要縮小は以前から予想されていた。通勤しない時代への準備はもう始まっている。(2020/7/17)

混雑を避けた乗車に活用:
「リアルタイムの混雑情報」提供サービスを拡大 JR東日本、東海道線や横須賀線など
JR東日本は、車内の混雑情報をほぼリアルタイムで提供するサービスの対象路線を拡大した。時差通勤など、混雑を避けた乗車に活用してもらう。(2020/7/16)

コロナ禍で増加の自転車通勤 都内企業では半数が許可、積極推奨も
緊急事態宣言が解除され、テレワークで働いていた人たちも出社の機会が次第に増えてきた。そんな中、政府が発表した「新しい生活様式」、また東京都が発表した「新しい日常」でも示されている、自転車通勤が増加している。(2020/7/15)

新たな新型コロナ対策:
KDDI、タクシーでの相乗り通勤実験を開始――満員電車などの「3密」回避
KDDIがタクシーでの相乗り通勤実験を開始。配車アプリを活用する。通退勤時の満員電車などでの「3密」回避。(2020/7/9)

タクシーで相乗り通勤、自宅と事業所を送迎 KDDIら3社が都内で実験、“3密”防ぐ
KDDIなど3社が、タクシーを相乗りして通勤する実証実験を都内で行う。(2020/7/9)

「通勤という概念なくす」 富士通がオフィス半減、テレワーク全面導入へ その働き方の全容とは?
富士通が2022年度末までにオフィスの規模を半減する。今後は約8万人の国内グループ社員を対象に、在宅勤務を標準とした働き方に移行する。新しい働き方を効率よく運用するために、富士通はどんな取り組みを行うのか。(2020/7/6)

「Uber Taxi」東京でもスタート 通勤需要見込む
タクシー配車サービス「Uber Taxi」が東京でスタート。タクシー会社3社と提携し、緊急事態宣言の解除によって増え始めた通勤での利用を見込む。(2020/7/3)

KEYUCAの「ハンディファンシリーズ」がアップデート 選べる3タイプで夏を乗り切りたい
マスク着用による通勤・通学時の熱中症対策にも。(2020/6/29)

東京メトロ東西線、23駅の家賃相場最安値は6万3000円 通勤通学で便利な路線の「狙い目」の駅は?
やはり千葉県が安めの傾向。(2020/6/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新型車投入の横須賀線、“通勤電車ではなかった”歴史と「車両交代」の意味
JR横須賀線に新型車両のE235系が導入されると話題になっている。横須賀線はもともと軍用路線として建設され、その後、観光に使われる長距離列車、そして通勤電車へと役割が変わっていった。E235系投入は、通勤路線への変化という点で重要な位置付けといえる。(2020/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。