ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コピーライター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コピーライター」に関する情報が集まったページです。

「あなたがどうあっても好きでいてくれる人はいる」 “落ち込んでいる時に励まされた世界の真理”の漫画が刺さる
いろいろな物事に通ずる考え方。(2022/1/13)

「日本宇宙少年団」の新規分団を新設:
東京・日本橋を「宇宙の最先端」が学べる場に JAXAや関連企業の力を結集
宇宙コミュニティを運営する「そらビ」運営委員会は、多彩な宇宙関係企業が集まる東京の日本橋に、日本宇宙少年団の新規分団「東京日本橋分団」を新設した。(2021/11/16)

新人コピーライターを「ゾワッ」とさせた先輩の教え 自信満々のコピーが酷評された理由に納得
「上手いこといえばいいってもんじゃないんだね」「どの仕事にも通じるなぁ」などの声が寄せられています。(2021/11/12)

デザインの力:
創業70周年を機にブランド再構築、新生ツインバードは2つのラインで製品展開
ツインバード工業は2021年11月9日、「創業70周年リブランディング&新製品発表会」を開催。同社 代表取締役社長の野水重明氏がリブランディングに至った背景や狙い、今後のビジョンなどについて説明した。併せて、リブランディングの起点となる新生ツインバードの第1弾製品を発表した。(2021/11/10)

3万5307句から選出:
「フタ開いて 後ずさりして 感心す」 TOTO、トイレ川柳の入選作品を発表
TOTOは第17回「トイレ川柳」の入選作品を発表した。「ほっとする・笑える賞」は「フタ開いて 後ずさりして 感心す」が獲得した。そのほかネオレスト賞(最優秀賞)やキッズ賞の受賞作品を紹介。(2021/10/15)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

広告効果は1000万円? Twitterで商品キャッチコピーを募集する法人向けサービス 入賞者には賞金も
キャッチコピー制作を手掛けるコピーライターコピーライター(東京都渋谷区)が、企業や商品のキャッチコピーをTwitter上で募集するサービス「コピーワングランプリ」の正式版を法人向けに提供する。基本料金は20〜30万円(税別)。(2021/7/21)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

「SNS誹謗中傷をなくす」団体代表、過去の誹謗中傷ツイートを謝罪
SNS上の誹謗中傷をなくすために活動する団体「この指とめよう」代表理事が、過去に自らが投稿した誹謗中傷ツイートについて謝罪。(2021/5/31)

SNS誹謗中傷を発見→啓発広告をリアルタイム配信 新組織「この指とめよう」設立
SNS上の誹謗中傷をなくすために活動する一般社団法人「この指とめよう」が設立。SNS上の炎上や誹謗中傷を監視し、リアルタイムに啓発バナーを掲示する計画。(2021/5/26)

イタズラな猫ちゃんがロックオンしたのは…… コーヒーをこぼそうとする肉球に「眠気吹っ飛ぶ」「かわいい」の声
なぜ倒そうと思うのか。(2021/5/19)

バーガーキングの縦読み広告「私たちの勝チ」がまさかの国際広告賞受賞 制作期間はわずか3日、大胆な挑戦はなぜ実現できた?
同じく話題になった「下北沢店、作ってんで!」も受賞しています。(2021/4/30)

世界で活躍するクリエイティブディレクターに聞く【後編】:
レイ・イナモト氏が提言 ニューノーマル時代を生き抜くブランドが実践すべき4つのこと
企業・ブランドがコロナ禍の苦境を乗り越えて生き残るため、レイ・イナモト氏は「Pivot」というキーワードを挙げ、4つの変化を提唱する。それは何か。単独インタビュー後編。(2021/3/17)

「推しの卒業決定で10日間の有給付与」 “オタ活”への理解が深すぎる企業に「最高の会社」「まじでホワイト」の声
「推し休制」を取り入れている企業「ひろろ」の代表を取材しました。(2021/3/14)

10年前に投稿したツイートを見られるサイト「TwiJump」公開 あの日の思いを忘れたくない人に
「10年前の自分のつぶやきが、震災を忘れないためにいちばん効果の高いコピーだと思います」。(2021/3/11)

猫「イタズラするニャ」飼い主「ああああ!」 “カフェラテ大事件”を起こした猫ちゃんのおとぼけ顔がかわいい
被害甚大選手権・日本代表ニャ!(2021/1/6)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
1月1日付の新聞の全面広告は、「550万人」にどう届いたのだろう
あなたもきっと、550万人のうちのひとり。(2021/1/6)

デザイナーの取扱説明書(終):
炎上・失敗しないデザイン制作のために依頼者が知るべきポイント
デザインが関わるプロジェクトで「少し気になるけどこんなものでいいか」とされがちなコスト、専門分野、多様性の問題について紹介します。(2020/12/18)

230人が応募:
「リストラという考えは1ミリもない」 電通「社員の個人事業主化」の真意、発起人を直撃
電通が希望する社員を個人事業主化し、業務委託することで、一定の報酬を一定期間約束する制度を始める。一部では「体のいいリストラでは?」という声も上がった新制度だが、その真相は。(2020/12/16)

サラリーマンが巻き起こすダンス&コメディー 赤澤燈と陳内将W主演の舞台「ビジネスライクプレイ」公開ゲネプロ
踊るサラリーマン。(2020/11/28)

トイレットペーパー型の川柳集、TOTOが発行
TOTOは、トイレットペーパーに印刷した川柳集「第16回トイレ川柳大賞」を11月10日に発売する。価格は350円(税込)。トイレットペーパーとしても使える。(2020/11/5)

DV被害相談に「大袈裟」「ウソ」――cakes人気連載“炎上”の背景と再発防止策をnote社に聞いた
DVやモラハラ被害者への二次被害ではないかと指摘されていました。(2020/10/27)

犬「パンくれるの?」→「もらえないのか……」 笑顔からふてくされた表情に変化するワンコがかわいい
そんな顔しないで……!!(2020/10/10)

「全米が泣いた」の意味は「なんの根拠もないこと」 新しいコトバを勝手に解説する『妄想国語辞典』第2弾が発売
皮肉がきいてます。(2020/8/26)

幻のニンテンドウ64版「MOTHER3」で行われた「幻の読者出演企画」の足跡をたどったらモヒカンのザンギエフに行き着いた
MOTHER3の話をするはずだったのが……。(2020/6/12)

“ネコが絶対に目線をくれるシステム”に称賛集まる 「天才ですか」「獲物を狙う目だ!」の声
お試しあれ!(2020/5/20)

月刊乗り鉄話題(2019年9月版):
【青春18きっぷオススメコース】高原の観光列車「HIGH RAIL 1375」でウマすぎる肉駅弁を喰らう旅
テーマはおいしい「肉と鉄道」。使い切りましょう、青春18きっぷ!【写真たっぷり51枚】(2019/9/20)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

「アゲリシャス〜!」でおなじみのゼスプリCMはなぜ面白い? キウイブラザーズ誕生秘話をプランナーに聞いた
売り場に置いてあるキウイブラザーズのぬいぐるみ欲しい(切実)。(2019/6/25)

呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
「これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図」だったと説明しています。(2019/6/20)

「行けたら行きます」は「絶対に果たされない約束」の意 辞書にないコトバを収録した『妄想国語辞典』があるあるだらけ
映画「カメラを止めるな!」主演の濱津隆之さんの撮りおろしグラビアも収録しています。(2019/6/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本の失われた30年で、最も失われているのは「ビジョン」だ
世界や時代の状況に対応するだけで手いっぱい。そんな悪い意味でのリアクション芸人のような企業、組織になっていないか。リーダーなら、そう問うところから始めてほしい。(2019/5/9)

3つの子会社と連携:
エイベックスがインフルエンサー事業強化、新しい時代の人気者を創出
エイベックスがインフルエンサー事業強化の取り組みを発表した。(2019/3/6)

ユーザーの課題解決から始めよう:
「広告コピーを書くAI」などに挑む電通のプロジェクトチームリーダーが語る、AIをビジネスに生かすヒント
電通のAIプロジェクト「AI MIRAI」の責任者がAI(人工知能)の技術をビジネスに生かすヒントを語った。(2019/2/26)

浦和にあるのに「鹿島湯」―― 「この地で一番名乗ってはいけない名前」の銭湯が話題に
ホームなのにアウェイ。(2019/2/6)

ものになるモノ、ならないモノ(80):
機械翻訳は、翻訳家の仕事を奪うのか――「人工知能」を作る上での良質な栄養素とは?
外国語を翻訳するときに使う「機械翻訳」。ニューラルネットワークによって精度が上がったものの、人間の助けはまだまだ必要だ。さらなる精度向上をするには、何が必要なのかGengoプロダクト部長のチャーリー・ワルター氏に話を聞いた。(2018/12/28)

百点のテストをこっそり自慢:
TOTO主催「トイレ川柳」受賞作発表 最優秀賞は“子ども心”を詠んだ……
TOTOが「トイレ川柳」の入選作品を発表。最優秀賞は「百点の テストを我が子 トイレ置き」が選ばれた。「ウォシュレット」の広告コピー「おしりだって、洗ってほしい」を考案したコピーライター・仲畑貴志氏が選者を務めた。(2018/11/19)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
機械が作った音楽は人の心を動かすか 「AIで自動作曲」研究するワケ
人工知能は作曲家になれるのか? 自動作曲システム「Orpheus」の開発者に、自動作曲が浸透した時代の音楽文化はどうなっていくのかを聞いた。(2018/11/9)

ニーズを拾い、集める:
「小さなプロジェクトの集合体」が世の中をよりよくする――ポストミレニアル世代の幸福論
「ポストミレニアル世代」のベンチャー経営者、Yokiの東出さんに、日本のスタートアップシーンに対する考えや「小さなプロジェクトを立ち上げやすい環境」をつくる目的、そして「幸せ」についても尋ねてみた。(2018/10/25)

長期的に考える:
社長がフルコミットする必要はない――ポストミレニアル世代の経営戦略
働き方が多様化する中で、「ポストミレニアル世代」と呼ばれる若者は、「働く」ということをどう捉えているのか。17歳の時にYokiを起業した東出風馬さんに話を聞き、その仕事観を探った。(2018/10/18)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
Dropbox植山周志氏「マーケターに必要なのは数字とロジック、それに情熱」
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/6)

新聞から殺虫スプレーが飛び出す、折ると「G」になる……KINCHOのユニークな新聞広告 制作の裏側は
たびたびSNSで話題になるKINCHOの新聞広告。宣伝担当者に心がけていることを取材しました。(2018/6/5)

これからのAIの話をしよう(言語編・後編):
AIコピーライターの衝撃 広告代理店は今後どうなる?
人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。(2018/6/4)

これからのAIの話をしよう(言語編・前編):
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるか 雑誌編集者×AI研究者、異色対談
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるのか? プロの編集者と自然言語処理の研究者が、それぞれの立場で「言葉」をめぐる議論を繰り広げる。(2018/5/30)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
育つマーケターの条件は「打席に立つ回数」――久保田 夏彦氏:後編
育つマーケターには何が必要で、周囲はどのように育成をサポートしていけばいいのか。アダストリア執行役員の久保田 夏彦氏とインサイトフォースの山口義宏氏が語り合った。(2018/5/29)

短時間で1000枚以上のバナーを生成:
AIがバナー広告を自動生成、電通グループ3社が「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発
電通と電通デジタル、データアーティストの3社は、AIを活用したバナー自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」を共同開発した。(2018/5/17)

AIは翻訳者の仕事を奪うのか? 翻訳クラウドソーシング会社が描く未来 
翻訳クラウドソーシング事業を展開するGengoが、AI活用にかじを切っている。「機械翻訳は敵ではない」と語る同社の真意とは。(2018/4/2)

会話に欠けた言葉をAIが補足:
推論や表現の意味解析で「人間的」な会話を実現――電通が日本語AIチャットbot「Kiku-Hana」発表
電通は、AIを応用した自然対話サービス「Kiku-Hana」を発表した。会話中の言葉を補ったり、推論したりする機能などによって、従来のAIチャットbotサービスよりも精度の高いコミュニケーションを実現するという。(2018/3/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(39):
裁量労働制はエンジニアを幸せにするのか?
国会で紛糾している裁量労働制。果たして、働き方改革はエンジニアを幸せにするのでしょうか。(2018/3/7)

元祖ブサカワ猫、ヨウカンさん天国へ 糸井重里さんら追悼
もうあの表情豊かなお顔が見られないのはとても悲しいです。(2018/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。