ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Core X」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Core X」に関する情報が集まったページです。

ユニットコム、第10世代Core Xを搭載したハイスペックデスクトップPCを販売開始
ユニットコムは、“iiyama PC”ブランドから最新のCore Xプロセッサを搭載したデスクトップPCの販売を開始した。(2020/2/19)

2019年のアキバまとめ前編:
ジャイアントキリングが起きた2019年――アキバの1年を振り返る【前編】
2019年は、自作PCのプラットフォームにおいて長らく絶対的な王者として君臨していたIntelをAMDが追い越した1年だった。主流の交代劇は、第3世代Ryzenが登場する少し前から起きている。振り返っていこう。(2019/12/30)

「Thunderbolt 3」でちょこっとパワーアップ GPUとRAIDストレージを外付けしてみた
最近「Thunderbolt 3」に対応するPCが増加傾向にある。「USB4」として標準化が決まったこの規格では、USB規格よりも高速なデバイスを接続できる。そこで、外付けGPUボックスと外付けRAIDストレージを使ってみようと思う。(2020/1/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
「現実的な最上位」――Core i9-10940Xが2019年滑り込みデビュー
入手困難が続く「Core i9-10980XE」の1つ下のCore Xとなる「Core i9-10940X」が売り出された。供給量は少なく、既に売り切れとなったショップも多い。一方、Ryzen 9 3950Xは先週より若干買いやすくなっている様子だ。(2019/12/28)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3950X&3900Xがかすかに再入荷、Core Xは絶望――新型CPUの今
Ryzen 9 3950XやRyzen Threadripper、新世代Core Xなど話題の新型CPU。いずれも品薄ながら、それぞれで入手の可能性は差がある様子だ。BTOマシンの動向も含めて追いかけた。(2019/12/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
冬ボセール、始まるよ――Ryzen 7 3800X&X570 STEEL LEGENDで約6万円!
今週末あたりから、冬のボーナス商戦の雰囲気が漂い始めてきた。ミドル〜ハイエンド構成で一式組むユーザーが増える年末に向けて、TSUKUMO eX.が複数のセット割を用意している。(2019/12/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
新Core XとRyzen 9 3950Xが11月に滑り込みで登場するも即消失!?
以前から11月中の登場がうわさされていたCPUが、次々と11月末に滑り込みで販売開始となっている。しかし、12月に店頭在庫が残っていなさそうなモデルもチラホラと点……。(2019/11/30)

エプソンダイレクト、ミドルタワーPC「Endeavor Pro9000」のカスタマイズにCore Xプロセッサを追加
エプソンダイレクトは、同社製ミドルタワー型デスクトップPC「Endeavor Pro9000」のカスタマイズメニューに最新CPUのCore Xプロセッサを追加した。(2019/11/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
ダメ着にフロアマット――アキバで広がるPC周辺アイテムの世界
頭から手足まですっぽり包み込める防寒着「ダメ着」が複数のショップに入荷して話題になっている。ゲーマーの枠を越えた注目を集めている様子だ。(2019/11/25)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3950Xが11月30日11時に販売決定! 新型ThreadripperとCore Xは?
ツクモ系列店が、現行Ryzenの最上位モデルとなる「Ryzen 9 3950X」の発売日を公表した。一方で、11月の登場がウワサされるウルトラハイエンドCPUの動向も徐々に見えてきた様子だ。(2019/11/18)

古田雄介のアキバPick UP!:
「黒いNoctua」に普通のカラバリ以上の注目が集まる理由
Noctuaからフィンやヒートパイプ、ファンなどを全て黒で統一したCPUクーラーが3モデル登場して話題になっている。「普通のカラバリとは違った意味合いがありますね」とショップの期待値も高い。(2019/11/11)

Intel、18コアモデルも用意した新「Xeon W」プロセッサを発表
Intelは、最新世代プロセッサのXeon W-2200シリーズの発表を行った。(2019/10/8)

短期連載「Airと私」第4回:
「MacBook Air(Mid 2019)」でWindowsを使いたい? よろしい、Boot Campだ!(実用編)
7月11日に発売された「MacBook Air(Mid 2019)」の店頭販売モデルの上位構成を集中レビューする。第4回は、MacでWindowsを動かす「Boot Camp」機能を使う上で注意すべきポイントをまとめる。【訂正】(2019/8/23)

Razer、ゲーミングノート「Razer Blade」シリーズ7機種の国内販売を開始
Razerは、同社製ゲーミングノートPC「Razer Blade」シリーズ計7機種の国内販売開始を発表した。(2019/7/12)

両CPUの特徴を整理
Intelの第10世代Core「Ice Lake」と、AMDの第3世代「Ryzen」の違いは?
開発コードネームで「Ice Lake」と呼ばれるIntelの第10世代「Core」と、7ナノ製造プロセスを採用したAMDの第3世代「Ryzen」。この2種類の新たなCPUは、何が違うのか。(2019/7/3)

Razer、Thunderbolt 3外付けGPUボックスの新モデル「Core X Chroma」
Razerは、外付け型GPUボックス「Razer Core X」の新モデル「Razer Core X Chroma」を発表した。(2019/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Core(Ice Lake)」の詳細を発表 次世代ノートPC「Project Athena」も言及
新世代のCPUやGPUの話題で盛り上がった「COMPUTEX TAIPEI 2019」において、Intelが発表した内容を改めて整理した。今後の話を含めてお届けする。(2019/6/3)

CADニュース:
インテルCore Xシリーズ搭載のクリエイター向けミドルタワーPC、3機種を発表
エプソンダイレクトは、ハイスペックデスクトップPC「Endeavor Pro9000」をベースとしたクリエイター向けモデル3機種を発表した。(2019/4/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660 Tiカードの裏で、好調なRadeon RX 590/580/570
GeForce GTX 1660 Tiカードのラインアップが順調に増える中、売れ行きの面でRadeon RX 590/580/570の存在感が無視できなくなってきたと語るショップが複数あった。ブランドの壁って、もうない?(2019/3/4)

2018年アキバまとめ前編:
マイニング最終波にまさかのCore i枯渇……波乱の2018年アキバを振り返る
2018年のアキバ自作街はマイニングブームや全般的な買い換え需要などで好調に幕を開けた。春先から第2世代Ryzenが順調に人気を得る一方、長らく主流を担ってきた第8世代Core iが秋以降に枯渇するなど、波乱含みの1年だったといえる。(2018/12/29)

Core i9-9900K&GeForce RTX 2080 Tiを搭載 G-Tuneの最新フラグシップをぶん回す
ゲーミングPCブランド「G-Tune」の最上位に君臨する「MASTERPIECE」シリーズの中でも、今回取り上げるプラチナモデルカスタムモデル「i1640PA2-SP2」は、Core i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載する、フラグシップの名にふさわしい製品だ。(2018/12/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
第9世代Core X最強CPU「Core i9-9980XE」が登場 アキバの反応は?
Skylake-X Refreshこと第9世代Core Xシリーズのうち、未発売だった5モデルがまとめて店頭に並んだ。なかでも注目されているのは18コア・36スレッドの「Core i9-9980XE」だ。(2018/12/25)

マウスの各ブランド担当者がオススメ構成を解説 冬ボでPCを買うならこれを選べ!
マウスコンピューターの製品ブランド「マウスコンピューター」「G-Tune」「DAIV」を担当する3人がイチオシPCをピックアップ。それぞれの特徴やこだわりを聞いた。(2018/12/21)

“STIM”で動作周波数を高めた:
インテル「第9世代Core」プロセッサ、クロックは最大5GHz
インテルは2018年10月11日、デスクトップ向けの最新プロセッサ「第9世代インテル Coreプロセッサー(以下、第9世代Coreプロセッサー)」を発表した。ゲーミング向けに設計された製品で、「Core i9」「Core i7」「Core i5」の3種がある。既に予約を開始していて、10月19日に発売される。(2018/10/15)

インテルが第9世代Coreなど新CPUを解説 国内PCメーカーの未発表製品も展示
インテルが国内メディア向けに開催したTechnology Showcaseで、先日発表された第9世代CoreやCore Xなど新CPUを披露した。(2018/10/12)

インテル、第9世代「Core i9-9900K」など発表 28コア56スレッドの怪物「Xeon W-2175X」も
i9ブランドのメインストリーム製品は初めて。ゲーミングやビデオ編集用途を強調する。(2018/10/9)

セパレートスタイルの13.3型ハイブリッドマシン「Razer Blade Stealth」と「Razer Core X」を試す
薄型軽量ゲーミングPC「Razer Blade Stealth」の最新モデルをレビュー。外付けGPUエンクロージャー「Razer Core X」接続時のパフォーマンスも検証。(2018/7/25)

Razer、Thunderbolt 3接続対応のグラフィックスカード外付けボックス「Razer Core X」国内発売を発表
米Razerは、ノートPC向けグラフィックスカード外付けボックス「Razer Core X」の国内発売を発表した。(2018/6/14)

米Razer、第8世代CoreとGeForceを備えた15.6型ゲーミングノートPCを投入
米Razerは、狭額デザインのスリム筐体を採用した15.6型ゲーミングノートPC「Razer Blade」新モデルの発表を行った。(2018/5/22)

新たに「Meltdown」「Spectre」関連の脆弱性、IntelはBIOSアップデートの準備
Intelなどのプロセッサに発覚した「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に関連して、新たに2件の脆弱性が確認された。(2018/5/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
PCパーツショップの“インスタ映え力”が向上中
発売直前の透明アクリル球体ケース「WINBOT」や、モナコインのキャラをプリントしたスノーボードなど、PCパーツショップの展示品は多彩さが増している。集客力もアップしているらしい。(2018/3/26)

「Kaby Lake」「Coffee Lake」「Skylake」プラットフォームをカバー:
Intel、「Meltdown」と「Spectre」に対処する最新マイクロコードをリリース
Intelは、「Meltdown」および「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱(ぜいじゃく)性に対処するための最新マイクロコードをリリースし、関連する最新セキュリティ情報を公開した。(2018/2/22)

Intel、不具合修正の脆弱性対策パッチを追加リリース Kaby Lake以降の世代に対応
Intelは「Skylake」「Kaby Lake」「Coffee Lake」を搭載したプラットフォーム向けのマイクロコードアップデート正式版を、OEM向けにリリースした。(2018/2/22)

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編)
2017年は自作マシンの根幹であるCPUやチップセットのシェアバランスの変化も見逃せない。「10年に1度の逸材」と言われるだけあり、AMD「Ryzen」が自作市場に与えた影響はやはり大きかった。(2017/12/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
Coffee Lake予約開始! 深夜販売の予定はなし。しかし……
Coffee LakeことIntelの次世代Coreシリーズの予約がスタートした。11月2日午前11時に販売開始ということで深夜販売はなさそうだが、当日夜にも動きアリ。(2017/10/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
ドスパラ再編、6年半ぶりに秋葉原本店にパーツが並ぶ
ドスパラ秋葉原本館と別館(旧パーツ館)がリニューアルし、PCパーツ売り場が本館に舞い戻ってきた。新たな構成のキーワードは導線の効率化だ。(2017/10/23)

ASRock、Core Xシリーズに対応するX299チップセット採用Mini-ITXマザー「X299E-ITX/ac」
マスタードシードは、台湾ASRock製のX299チップセット採用Mini-ITXマザーボード「X299E-ITX/ac」の取り扱いを開始する。(2017/10/20)

メインストリームに6コアの選択肢:
CPU性能もゲーム性能もアップ!! Coffee Lake-Sの第8世代Core i7/5を検証する
Core i7-8700KとCore i5-8400のサンプルを入手。ベンチマークテストでその実力を確かめる。(2017/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
オーバークロッカー注目! Core X向け強力OCマザー「X299 OC Formula」が登場
オーバークロッカーの評価が高いASRockの「OC Formula」シリーズに属するマザーから久しぶりに新ラインアップが加わり、複数のショップで話題になっていた。(2017/10/2)

PR:クリエイターに10コア20スレッドのパワーを――「DAIV-DGX750」シリーズ徹底検証
クリエイティブ系やマルチメディア系の処理で圧倒的な性能を誇るIntel最新のメニーコア「Core X」を採用するモデルが「DAIV」ブランドに登場。その実力を検証しよう。(2017/9/28)

サイコム、CAD/映像編集向けのCore X搭載水冷ワークステーション
サイコムは、3DCG製作などに向く水冷構成のミドルタワー型デスクトップワークステーション「Lepton WS3600X299」の販売を開始する。(2017/9/27)

第8世代Core「Coffee Lake」発表 ついにIntelもメインストリームに6コアCPUを投入
IntelがCoffee Lakeを発表。Core i7-8700Kを筆頭に6製品をラインアップした。(2017/9/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripperの“初動買いケア”が始まるも「いろいろ引かれる」理由
Ryzen Threadripperにまつわる動きが話題になる一方で、Core Xシリーズの上位モデル「Core i9-7920X」や初の12TB HDD、5万円のRyzenマザーなどハイエンドな新製品が目立つ一週間だった。(2017/9/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

TSUKUMO、Core X/Quadro搭載のハイスペックミドルタワーPC
Project Whiteは、Quadro搭載ハイスペックデスクトップPC「NVIDIA Quadroモデル」のラインアップにIntel最新のCore X採用モデルを追加した。(2017/8/18)

Intel、30%性能アップの「第8世代Core」を8月22日0時に発表
米Intelの公式サイトとFacebookページでライブ中継する。(2017/8/10)

Intel、最大18コア「Core X」最上位モデルを9月25日発売
下位モデルが販売中の「Core X」シリーズだが、いよいよ最大18コア/36スレッドの上位モデルが発売される。(2017/8/8)

ウィズテック、水冷モデルも用意したCore X採用のPC組み立てキット
ウィズテックは、同社販売のPC組み立てキット「ぱそキット」のラインアップにSkylake-X世代プロセッサ採用モデル2製品を追加した。(2017/8/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
対応マザーが品薄か Ryzen Threadripperの予約スタート!
Ryzenのハイエンドモデル「Ryzen Threadripper」の予約が複数のショップで始まっている。お盆前に間に合いそうだが、対応するX399マザーの流通具合が鍵を握りそうだ。(2017/8/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。