ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クロス・マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

調査のチカラ
調査会社「クロス・マーケティング」による最新調査データ一覧
クロス・マーケティングは、多くの調査データをWeb上に公開している。調査データのまとめサイト「調査のチカラ」では、そんなクロス・マーケティングの調査データの一覧が可能だ。

行列を許容できるもの、できないものは? 「待ち時間」の意識調査
クロス・マーケティングが待ち時間に関する調査結果を発表した。怒らずに待てる時間や、行列しても待てると感じるものなどを調査している。(2024/2/20)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

2023年の好きなテレビ番組 『どうする家康』『水曜日のダウンタウン』を抑えた1位は?
若者のテレビ離れが進む中、2023年人気を集めたテレビ番組とは。クロス・マーケティング(東京都新宿区)が調査を実施した。(2023/12/31)

目の疲れを「感じる」人が約7割 スマホ依存の影響は?
クロス・マーケティングが実施した調査によると、「目が疲れていると思う」人は69%で、特に50代では76%と高い結果となった。(2023/12/12)

20代は6割が「スマホ依存症」自覚 老眼世代の50代は7割以上が「目に疲れ」
20代の約6割が「スマホ依存症」を自覚している──マーケティングリサーチ事業などを行うクロス・マーケティングが12月7日に発表した「目に関する調査(2023年)」で、スマートフォンに依存している実態が浮き彫りになった。(2023/12/8)

水曜日に「へえ」な話:
水を温めただけの「白湯」が、なぜ想定の3倍も売れたのか アサヒの“着眼点”が面白い
アサヒ飲料の「白湯」が売れている。水を温めただけの商品がなぜ売れているの? と思われたかもしれないが、ヒットの背景に……。(2023/11/29)

欲しいキッチン家電 3位「炊飯器」、2位「電子レンジ」、1位は?
消費者はどのキッチン家電を欲しいと思っているのか。20〜60代の男女に聞いた。(2023/10/21)

本を最もよく読む世代は? 「若者の読書離れ」実際は……
「半年に1冊以上本を読む」とした人は52%に上ったことが、マーケティング調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/9/21)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
YouTube激変で赤字転落「UUUM」 背景に「損したくない」Z世代の感情?
UUUMが過去最高の赤字を計上した。減収の要因の一つは、短尺のYouTubeショートの再生回数増に伴い、長尺の動画の再生回数が当初の想定を下回ったことだ。短尺動画が支持される背景には、Z世代特有の感情があるようだ。(2023/7/29)

男女1100人に調査:
よく食べるナッツ 3位「ピーナッツ」、2位「カシューナッツ」、1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、20〜69歳の男女1100人を対象にナッツやシードに関する調査を実施した。(2023/7/17)

行きたい観光地は:
夏休みに予定していること 1位「国内旅行」、2位以下は?
新型コロナが5類に移行してから初めての夏休み。「夏休みの外出予定」で最も多かったのは……。(2023/7/5)

食材を「まだ食べられる」と感じるライン 3位「変な匂いや痛みがなければ」、2位「消費期限後数日」、1位は?
気温や湿度が高まり、食中毒の危険性が高まる時期となった。食材を「まだ食べられる」と感じるラインについて、多くの人はどう捉えているのか。クロス・マーケティングの調査で明らかになった。(2023/6/9)

ランキング:
AIに代替されると思う職業 2位「店員」、1位は?
クロス・マーケティングは「生成AIに関する調査」を行った。AIに代替されると思う職業1位は……。(2023/6/4)

1100人に聞いた:
宿泊先の食事プラン、「朝・夕食どちらも」は約5割 年齢別の違いは?
マーケティングリサーチなどを手掛けるクロス・マーケティング(東京都新宿区)は、旅行先での食事に関する調査を実施した。旅行の楽しみを100%としたときの「食事」が占める割合を尋ねると、「50%台」(26.3%)が最多となった。(2023/4/26)

海外とどう違うのか:
日本人が住まいに求めること 3位「キッチンの使い勝手」、2位「収納スペースの多さ」、1位は?
住環境や住まいに求めることに、各国で違いはあるのだろうか。市場調査会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)は、ウィズコロナの生活様態を把握しようと、日本、中国、タイ、インド、アメリカ、ドイツの6か国に住む男女(各国500人)を対象に「グローバル生活実態・意識調査」を実施した。(2023/3/19)

今日のリサーチ:
利用率が高いAIは「マップの道案内」「翻訳サービス」「音声アシスタント」――クロス・マーケティング調査
AIを使ったサービスが日々の暮らしの中に徐々に浸透しつつあるようです。(2023/3/7)

コンビニスイーツ躍進:
ローソン、春の新作スイーツ6品 「バターパイサンド」「フルーツ大福」で定番回帰
ローソンは春の新作スイーツを3月7日から順次、販売する。定番回帰やローソンらしさを意識した、バタースイーツや和菓子で消費者を取り込んでいくとしている。(2023/3/4)

今日のリサーチ:
Webサイトでの賃貸物件探しが2019年から2倍に――クロス・マーケティング調べ
物件検索Webサイトを使った部屋探しはもはや定番となっているようです。(2023/3/1)

お風呂で「面倒」と感じること 2位「シャンプー類の詰め替え」、1位は?
クロス・マーケティングは、全国20〜69歳の男女を対象に「お風呂に関する調査(2023年)」を実施した。お風呂について面倒と感じること1位は?(2023/2/14)

男女1100人に聞いた:
バレンタイン「贈る予定」4割 自分に買う人はどれくらい?
市場調査会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)は成人男女1100人を対象に「バレンタインに関する調査」を実施した。今年のバレンタインデーに「プレゼントをする予定がある」と答えた人は4割で、贈り先は「恋人・パートナー・配偶者」が6割という結果になった。(2023/2/5)

2500人に聞いた:
応援しているスポーツチーム 3位「広島東洋カープ」、2位「読売ジャイアンツ」、1位は?
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女を対象に「スポーツに関する調査(2022年)」を実施した。推しチームは?(2023/1/29)

今日のリサーチ:
YouTubeはすでに「第6のキー局」――クロス・マーケティングとREVISIOが「コネクテッドTV白書2023」を発表
クロス・マーケティングとREVISIOは、意識データと注視データからコネクテッドTVの視聴実態を明らかにしています。(2023/1/28)

全国の男女1000人に調査:
「人間関係をリセットした/したい」37%、理由は? 世代間で“リセット方法”にも違いが
クロス・マーケティングは「人間関係に関する調査(2023年)」を実施した。人間関係をリセット「した」、「したい」と答えた人は37%となった。また、男性30代の「親」、女性30代の「友人・知人」、女性60代の「兄弟・姉妹」でリセット意向が強い傾向がみられた。(2023/1/25)

男女2500人に聞いた:
6割が全国旅行支援「利用したい」 行きたい観光地、沖縄・京都を抑えた1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、コロナ禍が消費者に与える影響を調査した。全体の6割が「全国旅行支援」の利用意向があり、観光地の人気は「北海道」が最も高い結果となった。(2023/1/19)

1100人が回答:
「犬派? 猫派?」「ごちそうされるなら焼肉? すし?」 気になる2択を調査
「犬派? 猫派?」「ごちそうされるなら焼肉? すし?」など、気になる2択を1100人に聞いた。(2023/1/8)

ソロ活に抵抗がある場所 3位「果物狩り」、2位「ボウリング場」、1位は?
「おひとりさま消費に関する調査(2022年)」を実施。ソロ活に抵抗がある場所は?(2023/1/7)

ひとり外食の需要を取り込む:
焼肉ライク、「国産牛すき焼セット」など鍋メニュー3品を順次発売
焼肉ライクは鍋メニューとして「すき焼」「しゃぶしゃぶ」「火鍋」を順次発売していく。ひとり外食への抵抗感がある鍋を新商品として販売することで需要を取り込む。(2023/1/6)

直近1年のソロ外食率は「49%」:
「ソロ外食」で行きにくい飲食店ランキング 3位「焼肉」、2位「食べ放題」、1位は?
クロス・マーケティングが「おひとりさま消費」に関する調査結果を発表した。1人では入りにくいジャンルなどが明らかになっている。(2022/12/16)

約半数が「忘年会に行きたくない」 行きたいと思う忘年会の特徴、2位「久しぶりに会う人がいる」、1位は?
マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングは、全国に住む20〜69歳の男女を対象に「忘年会に関する調査」を実施した。(2022/12/15)

白湯のペットボトル飲料発売がSNSで話題 アサヒ飲料「白湯の需要が拡大している」
白湯の飲用経験率は年々増加しているとのこと。(2022/10/31)

60代で特に顕著:
深刻化する円安、高齢者ほど悪影響 値上げなどで購入を諦めた商品・サービスは?
政府・日銀が為替介入を行うなど、円安が深刻化している。特に食費や光熱費など、生活必需品に関する値上げも進んでおり、個人消費に大きな影響を与えているようだ。(2022/10/3)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
インタビュー、アンケート、文献調査――「ビジネスに生かせる市場調査」はどう選ぶ?
現在のビジネスはデータなしには進まないが、そのデータを生むものの一つが「調査」だ。さまざまな調査があふれる中、企業はビジネスの決断を下すのに何を選ぶべきか。調査方法の違いから信頼性の問題まで、調査会社の研究員が解説する。(2022/9/30)

クロス・マーケティング調べ:
男性1250人に聞く「体の悩み」 2位は「体臭」「ストレス」、1位は?
クロス・マーケティングが男性を対象に「体の悩みに関する調査(2022年)」を行った。(2022/8/23)

スマホの買い替え期間が長期化、iPhoneユーザーが顕著に ニューズドテックが調査
ニューズドテックは、8月10日に「スマホの買い替え期間調査アンケート」の結果を発表。長期化の傾向にある理由は端末の高騰や現状で満足といった回答が多く、iPhoneユーザーの方が顕著に表れている。(2022/8/10)

1100人に聞いた:
好きな和菓子 3位「カステラ」、2位「どら焼き」、1位は?
「和菓子・和スイーツに関する調査(2022年)」を実施した。好きな和菓子の3位は「カステラ」、2位は「どら焼き」だった。1位は?(2022/8/6)

毎日プレイは30%:
家庭用・PCゲームの人気ジャンル 3位はアクションゲーム、2位はシミュレーションゲーム、1位は?
クロス・マーケティングは「ゲームに関する調査」を行った。コンシューマゲーム(=家庭用ゲーム・PCゲーム)を月に1回以上プレイする人に対して調査を実施したところ、ジャンルとしては「アクションRPG」「シミュレーションゲーム」「アクションゲーム」が人気だった。(2022/7/22)

15〜29歳の節電意識 最も関心が低かった層は?
WDCは15〜29歳の未婚男女を対象に「節電に関する意識調査」を実施した。節電を意識して生活している人の割合が最も低かったのは21〜23歳だった。(2022/7/21)

クロスマーケティング調査:
節電の夏到来、エアコンの使い方で最も多いのは?
クロス・マーケティングは、全国20〜69歳の男女を対象に、「暑い日の過ごし方に関する調査」を実施した。国の節電要請やエネルギー高騰による電気料金の値上げ行われている今、昨年と比べ今夏のエアコンの使い方は「節電は気になるが、今まで通り使っている」と答えた割合が半数近くを占めた。(2022/7/20)

クロス・マーケティング調べ:
映画館の心配事 3位「座席を蹴られる」、2位「おしゃべり」、1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、「映画館に関する調査(2022年)」を実施した。映画館に行く楽しみを聞いたところ、「大きなスクリーンで映画を楽しめる」(59.8%)が最多となった。以下、「良い音響や大音量で映画を楽しめる」(39.8%)、「一人でゆっくり映画を楽しめる」(27.3%)と続く。(2022/7/19)

AIサービスを導入しても「活用できていない」が5割強 その原因は――LegalForce調査
1000人のビジネスパーソンを対象にしたLegalForceの調査によると、業務にAIサービスを導入している企業はわずか15.5%で、その5割以上が導入後に活用できていないことが判明した。活用できていない理由は?(2022/7/11)

スマホのバッテリー劣化を予測できるアプリ「スマホカルテ」、一般公開に
ニューズドテックは、7月4日に診断アプリ「スマホカルテ」の一般公開を開始。電源コネクター、カメラ、マイク、Wi-Fi、イヤフォン、液晶画面や通話/通信、ネットワークローミングなどの状態をチェックできる。(2022/7/4)

連日の猛暑、売れ筋の暑さ対策グッズは? ロフトに聞いた
猛暑が続く中、暑さ対策グッズに注目が集まっている。生活雑貨専門店「LOFT」(ロフト)を展開するロフト(東京都渋谷区)に売れ筋商品と、販売動向の変化について聞いた。(2022/7/2)

最新iPhone、8割近くが買い替え意向なし 「高くても買いたい」は1割未満 ニューズドテックの調査
ニューズドテックは、6月21日に「円安・物価上昇に伴う支出意識調査」の結果を発表。今後発売となる最新iPhoneについて聞いたところ「買う予定なし」「興味がない」が77%となった。(2022/6/21)

クロス・マーケティング調べ:
2022年の夏は「泊りがけの旅行に行きたい」が7割 楽しみたいことは?
夏を前に、人々の旅行に対する意識は変化しているのか。ネットリサーチ事業を行うクロス・マーケティング(東京都新宿区)が、今夏の旅行に関する調査を実施したところ、7割が「泊りがけの旅行に行きたい」と回答した。(2022/6/9)

ド直球なネーミングにも好感:
味の素“シンプルすぎる”レシピ 10年前に開発したメニューがいま大人気の訳
味の素が開発したレシピが「シンプルすぎる」と大きな話題を呼んでいる。豚ひき肉のかたまりをマヨネーズで味付けし、そのまま焼くだけ――。Webサイトにアクセスが集中し、一時パンクするほどの注目を集めたレシピは、2010年に開発したもの。なぜいま、反響を呼んでいるのか。開発した経緯などを担当者に聞いた。(2022/5/28)

クロス・マーケティング調べ:
直近1年間でよく行った外食先 「ファミレス」「ラーメン店」を抑えた1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、食品の値上げや外食に関する調査を実施し、81%がステルス値上げを実感していると答えた。(2022/4/25)

データ統合、そして活用へ:
PR:LiveRampが提案するCookie規制時代のデジタルマーケティング術
複数のオンライン/オフラインを問わずサービスを展開しているのに、自社保有のファーストパーティーデータが活用できない企業は意外と多い。Cookie規制が強化される中、個人を特定せずにユーザー体験を高めるにはどうすればいいだろうか。対策を聞いた。(2022/4/27)

クロス・マーケティング調べ:
今年のゴールデンウイーク 47.2%が「そんなに楽しみではない」
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、今年のゴールデンウイークに関する調査を実施し、47.2%が今年のゴールデンウイークは「そんなに楽しみではない」と答えた。(2022/4/21)

リサーチ会社調査:
脱プラスチックへの工夫 エコバッグ使用が最多
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、脱プラスチックに関する調査を実施した。「脱プラスチックを進めていきたい」と答えた人は全体の45.7%だった。(2022/4/7)

2500人に聞いた:
今後お金をかけたいこと、2位は「旅行・レジャー・イベント費」 1位は?
新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響について調査した。32%がコロナ禍で支出が「増えている」と回答。支出が増えた項目の2位は「食生活」、1位は?(2022/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。