ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「外貨預金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外貨預金」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
円安・株高の関係が終わりを告げる? 外貨預金も金利悪化
ワクチン開発から株価上昇が続くなか、これまでの常識が通用しなくなりつつある市場も存在する。為替市場だ。アベノミクス始動から半ば常識となっていた「円安株高」が、このワクチン相場では通用しない状況になっている。今の状況は「円高株高」となっているのだ。(2020/11/20)

金融機関の「顧客本位の業務運営」、顧客の5%しか活用せず 生かすための方法は?
金融庁が3年前に提言した「顧客本位の業務運営の原則」。採択している事業者の数は増えてきており、その数は2019年6月末時点で1679だが、原則の採択が目的化しているのではないかという懸念もある。(2020/11/10)

三菱UFJ銀、全支店に来店予約サービス導入 リクルート「Airリザーブ」採用
三菱UFJ銀行が来店予約サービスを全支店に導入。店舗内での“3密”を回避しつつ、スムーズに手続きしてもらえるようにする。予約システムには、リクルートの「Airリザーブ」を採用した。(2020/10/13)

40代男性は厳しい:
「預貯金0円」は13.7%、お金を持っていないのは?
大和ネクスト銀行は「貯蓄と投資に関する調査」を実施し、その結果を発表した。預貯金をどのくらい持っているか聞いたところ……。(2020/9/28)

SMBCとSBIの両グループ提携が加速 ネオモバイル証券と三井住友銀行が連携
三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)とSBIホールディングスの提携が加速している。7月30日、それぞれのグループ傘下にある三井住友銀行と、SBI証券ならびにSBIネオモバイル証券の具体的な提携内容を発表した。(2020/7/30)

新生「auじぶん銀行」始動 2020年の事業戦略や大型キャンペーンを整理する
auじぶん銀行が2月10日、戦略説明会を開催。臼井朋貴社長が、今後の事業戦略や、同日から実施している「auじぶん銀行、はじまる。行名変更キャンペーン」などについて説明した。KDDI、auフィナンシャルグループとの連携を進め、貯蓄から資産形成へのサポートを加速させていく。(2020/2/10)

「Ponta」と「スーパーアプリ」でポイントがたまりやすい仕組みを au PAYの戦略
KDDIが1月28日に「au PAY発表会」を開催し、決済や金融にまつわる戦略を披露した。「au WALLET」アプリを「au PAY」アプリに変更し、日常生活の入口になる「スーパーアプリ」化を目指す。キャンペーンに加え、共通ポイントのPontaや他の金融サービスとの連携によってポイントをたまりやすい仕組みも強化する。(2020/1/28)

じぶん銀行が「totoを地銀にOEM提供」 地銀3行に金融サービスをプラットフォームとして
ネット系金融機関各社の地銀との提携が加速している。KDDIグループのじぶん銀行は12月19日、金融サービスをプラットフォームとして地方銀行などに提供する「じぶん銀行アライアンス」の取り組みを開始した。(2019/12/19)

GMOあおぞらネット銀行調査:
ビジネスパーソンの約7割が「老後資金2000万円、貯められない」 「預貯金額が100万円未満」は約4割
GMOあおぞらネット銀行が「老後資金」に関する調査を実施。およそ7割の人が「2000万円を貯められない」と回答。20〜49歳の男女1000人を対象に、2019年7月26〜29日に実施した。(2019/9/11)

フィデリティ1万人調査:
投資を始める分岐点、年収と資産「500万円の壁」は崩れるか?
現在の年収レベルや、資産の運用で老後資金を果たして作れるか。これまで、「500万円の壁」と言われてきたものが、積み立て投資の普及などにより、変わってくるかもしれない。フィデリティ投信の調査より。(2019/8/6)

算術に加重……:
平均にもいろいろある あなたが本当に求めたいのは?
データの分析のうち、頻繁に行われるのが「平均をとる」という作業である。しかし一言で平均といっても、いろいろな種類があるのだ。(2019/2/18)

「ソニー銀行」アプリ、2月25日に提供開始 生体認証でログイン可能
ソニー銀行は、2月25日に「ソニー銀行」アプリを提供開始。口座の残高照会や振り込み、外貨普通預金の取り引きなどが簡単に行える。過去1年間の残高推移確認や各商品のログイン後にスマートフォンサイトへワンタップで移動できるショートカット機能、プッシュ通知なども備え、ログインは生体認証、パターン認証、PINコード認証から選べる。(2019/2/6)

為替リスクには注意だが:
元本保証で利息3% 世界一安全な米国債を買ってみた
預金金利はゼロのようなものだし、個人向け国債も0.05%。元本が保証されていてもう少し利回りがいいものはないものか? 実はありました。米国の国債です。現在、米国債の金利は上昇基調にあり、利回りは3%を超えています。(2018/11/8)

10月から:
新生銀、ATMの出金手数料を一部有料に 「キャッシュレス促進」で
新生銀行が今年10月から、ATMの出金手数料を一部有料化する。最もステージが低い「スタンダード」の顧客を対象に、現金引き出し1回当たり108円(税込)の手数料を受け取る。同行は「キャッシュレス決済の利用を促進するための施策」と説明する。(2018/5/2)

DX全盛時代、求められる企業、頼られるエンジニアとは?(3):
ジャパンネット銀行と三菱UFJ銀行に聞く、更新系API開発と公開の裏側
デジタルトランスフォーメーションを進めるために、“更新系API”について金融機関として主体的に取り組みを活発化させるジャパンネット銀行と三菱UFJ銀行に、APIを公開した狙い、開発の裏側、現状、今後の展開について聞いた。(2018/4/19)

「Teradata PARTNERS Conference 2017」レポート:
「イベントベースドマーケティング」とは何か?――じぶん銀行の事例
金融ニーズの発生を顧客の行動から判断し、最適な金融商品を最適なタイミングで提案する「イベントベースドマーケティング(EBM)」について、じぶん銀行の事例を紹介する。(2017/11/29)

「AI外貨予測」提供開始:
銀行なのに“面白さ”追求 じぶん銀行の狙いとは
じぶん銀行は、人工知能(AI)が為替相場の変動を予測するサービス「AI外貨予測」の提供を開始。外貨預金を始めるきっかけを提供する。客に親しみや関心を持ってもらうためのコンテンツの1つにする狙いもある。(2017/7/25)

じぶん銀行、為替相場を予測する「AI外貨予測」提供開始
じぶん銀行は人工知能が外国為替相場を分析し、将来の為替相場変動を予測するサポートツール「AI外貨予測」を提供開始。「じぶん銀行スマートフォンアプリ」で利用できる。(2017/6/28)

iOS向け「じぶん銀行」アプリがリニューアル、3D TouchやTouch IDに対応
じぶん銀行が、iOS向けアプリを全面リニューアル。より直感的に操作できるようデザインを見直し、「タイムライン」「サマリー」「マイメニュー」機能を追加した。(2016/6/20)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの私からお金のアドバイス
本コラムでは、新社会人の皆さんに向けて、マネーや資産運用、ライフプランなどについてアドバイスさせていただきます。(2016/4/26)

Mobile Weekly Top10:
猫と会話できるアプリ/イオンが格安スマホ本格参入/2月上旬のニュースピックアップ
猫と会話できるアプリのレビューがトップだった今回のMobile Weekly Top10。イオンが格安スマホに本格参入すると発表しました。(2016/2/22)

住信SBIネット銀行がシステム不具合で取引やATMの利用ができず謝罪 現在は復旧
ハードウェア障害が原因。(2015/9/8)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)

4Kタブレットで窓口業務の課題をカイゼン:
「銀行窓口の混雑イライラ」がなくなるかも──三井住友銀行の“新”窓口システムに期待
窓口の混雑と待ち時間の長さはどうにかならないか。この不満は今後、4Kタブレットを使った新システムでなくなっていくかもしれない。三井住友銀行が新型の銀行窓口端末「SMBCステーション」の導入を進めている。(2014/12/26)

じぶん銀行、Webサイトをリニューアル――マルチデバイスに対応
じぶん銀行がWebサイトを全面リニューアルした。レスポンシブWebデザインを採用し、PC、タブレット、スマートフォンなどでバイスを問わず最適なレイアウトで表示できる。(2014/2/18)

なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?:
家計簿を細かくつける人は、節約に満足して終わる
家計簿をつける人は、お金を貯める人にはなれても、お金を増やす人にはなれない。1円、10円にこだわる人のところには小銭しか集まらない。100万円や1000万円、ましてや1億円という単位のお金はなかなか集まってこないのである。(2014/1/17)

外貨預金による資産運用の不安は「為替の変動が読めない」「リスクが高い」がトップ
アベノミクスの影響で円安が進んでいる。しかし海外へよく行く人の場合、資産を外貨で運用したいというニーズも多いだろう。外貨預金による資産運用について調査した。(2013/9/20)

「じぶん銀行」アプリがバージョンアップ、電子マネーリーダーを追加
3月22日にAndroid向け「じぶん銀行」アプリがバージョンアップし、新たに「電子マネーリーダー」機能が利用できるようになった。(2013/3/27)

iPhone 5にも対応:
じぶん銀行アプリがバージョンアップ、Android端末からEdyチャージも可能に
じぶん銀行が、Android/iPhone向け「じぶん銀行スマートフォンアプリ」をバージョンアップ。Android端末からEdyチャージが利用できるようになるほか、さまざまな機能が追加となった。(2012/9/27)

「マネーゲームはしたくない」――投資意識にリスクを避ける傾向
円・ドル相場での円高が継続しているが、消費者は投資についてどのように考えているのだろうか。20歳以上の男女に聞いた。田中貴金属工業調べ。(2012/9/25)

じぶん銀行、個人預金残高の3000億円突破記念キャンペーンを実施
じぶん銀行が、個人預金残高が3000億円を突破したことの記念キャンペーンを実施。預入期間6カ月の「円定期預金」金利が年0.4%となるほか、外貨定期預金とあわせて円定期預金を預けると、円定期預金の金利年3%相当がキャッシュバックされる。(2012/4/6)

iPhoneとAndroid向け「じぶん銀行」アプリ、V2.0にバージョンアップ
じぶん銀行が、iPhoneとAndroid向け「じぶん銀行」アプリをバージョンアップ。アプリからの直接振込や、WebMoneyとの連携が可能になる。またトップのメニュー表示も見やすく改善した。(2011/12/20)

円高で得したこと、損したこと
最近の円高の影響で得をしている人はどのくらいいるのだろうか。「得をしている」と答えたのは12.0%に対し、「損をしている」のは24.0%だった。メディアインタラクティブ調べ。(2011/10/25)

外貨投資をしたことはありますか? 5人に1人が経験者
(2011/10/24)

じぶん銀行、中国人民元預金の金利優遇キャンペーンを実施
じぶん銀行は、10月11日より個人向けの中国人民元預金の取り扱いを開始したことを記念して、金利優遇キャンペーンを実施すると発表した。(2011/10/11)

じぶん銀行、個人向けに中国人民元の外貨預金を取扱い開始
じぶん銀行は、ケータイ、スマートフォン、PCなどからインターネットを通じた中国人民元の外貨預金を取り扱い開始する。(2011/9/9)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
為替介入が期待外れに終わり、円高を嫌気して上値も重い
(2011/8/10)

南はるなのFXのヒミツ:
FXはギャンブルじゃないの? そんなイメージがついたワケ
「FX(外国為替証拠金取引)」と聞いて、「ギャンブルじゃないの?」「なんだか怖いなあ」といったイメージを持つ人もいるでしょう。なぜFXにこうした投機的なイメージがついたのでしょうか? その理由を探ってみました。(2011/7/28)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
水準訂正一巡感、手掛かり難で小動き
(2011/7/5)

ウィジェットから手軽にチェック:
じぶん銀行、Android向け「為替レート じぶん銀行」を提供
ウィジェットから米ドル、ユーロ、豪ドルの為替レートを確認できる「為替レート じぶん銀行」が、Androidスマートフォン向けに提供された。(2011/6/27)

まとめ読み!誠 PDF:
勝間和代さんに学ぶ、金融リテラシーの基本
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は勝間和代さんに関する記事をまとめました。(2011/6/7)

じぶん銀行、開業3周年記念キャンペーンを実施
じぶん銀行が、開業3周年記念キャンペーン「3rd Anniversary! じぶん銀行 SUMMER FAIR」を実施し、定期預金の適用金利と外貨預金預け入れ時の為替手数料を優遇する。(2011/5/30)

「じぶん銀行」がiPad/iPad 2でも利用可能に
オンラインバンキングの「じぶん銀行」が、iPadとiPad 2からも利用できるようになった。(2011/5/11)

南はるなのFXのヒミツ:
どのような違いがありますか? 外貨預金とFX
FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジを「1倍」にしている個人投資家が増えているという。レバレッジを1倍にすると、同じく外貨を扱う外貨預金とどのような違いがあるのだろうか。(2011/3/8)

App Town ファイナンス:
「じぶん銀行」アプリがiPhoneに対応――残高照会や最寄りATM検索などが可能
じぶん銀行は、じぶん銀行口座の残高照会や入出金明細の照会、および最寄り提携ATMを検索できるiPhone向けアプリ「じぶん銀行」の配信を開始した。(2011/2/24)

株式は知っていても……4人に3人は「FXを理解していない」
ペイオフで元本1000万円とその利息分までが保護の対象となる預金などと違い、常に価格が変動し、元本割れの可能性もある株式やFXなどの金融商品。実際に購入している人はどのくらいいるのだろうか。NTTデータ経営研究所調べ。(2010/7/23)

夏のボーナスの使い道は「預貯金」、その理由は?
夏のボーナスをどのように使う人が多いのだろうか。住信SBIネット銀行の調査によると「預貯金」と答えた人が最も多かった。その理由は……。(2010/7/2)

誠VOICE 第9回「あなたが投資したい金融商品は何ですか?」
(2010/6/3)

「じぶん銀行」の口座数が100万を突破
ケータイから利用できるネット銀行「じぶん銀行」の口座数が100万を突破した。(2010/5/24)

30〜40代の9.8%は、預貯金“なし”
あなたは現在、どのくらいの金融資産(預貯金、株式、投資信託など)を保有していますか? 30〜40代の人に聞いたところ「なし」と答えた人は9.8%であることが分かった。日本FP協会調べ。(2010/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。