ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「freee」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「freee」に関する情報が集まったページです。

理解度わずか24.7%:
インボイス制度に影響を受ける「小さな企業」ほど、制度を理解していない
2023年10月1日から適用されるインボイス制度。税額計算方法の一部が変更になるが、従業員規模30人以下の小規模企業のうち変更の内容を理解できているのは24.7%にとどまるということが、freeeの調査で判明した。(2022/8/16)

freee、既存の会計ソフトでインボイス対応できる「freee経理」
freeeは8月5日、インボイス制度や電子帳簿保存法対応に必要な機能を備えた「freee経理」の提供を開始した。ERPであるfreee会計から、会計機能だけを除いて提供するのが「freee経理」だ。会計以外の部分で導入してもらい、最終的にfreee会計の導入を目指す。(2022/8/5)

インボイスネットワークに勝機 Sansanが請求書管理Bill Oneで目指す戦略とは
各社がインボイス制度に対応した請求書受領サービスを推し進めている。そこには会計SaaSを中心としたマネーフォワードやfreeeはもちろん、新興のTOKIUMやバクラクブランドで展開するLayerXなど数多い。そして、名刺管理ソリューションを主軸としてきたSansanも、Bill Oneというサービス名で新規参入した1社だ。(2022/8/2)

「多くの工数がかかりそう」「技術的に難しそう」な訓練、なぜできた?:
ランサムウェアがCEOを脅迫――経営層も巻き込んだリアルな「訓練」をfreeeが実施できた理由
「標的型攻撃で情報を盗まれ、本番環境のデータベースとシステムを破壊されて、CEOが脅迫される」という、リアルな「インシデント対応訓練」を行って話題となったfreee。「ITmedia Cloud Native Week 2022 夏」では、この訓練を指揮した、同社PSIRTマネージャーの、ただただし氏が、こうした訓練の実施を可能にしたクラウドネイティブな同社の業務環境や組織風土について講演した。(2022/7/22)

SaaS企業デスクツアー:
SaaS企業で働くみんなのデスク環境 経営層からエンジニアまで写真でチェック freee編
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣からエンジニア、管理部門まで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は、経費精算SaaSなどを提供するfreeeで働く人のデスク周り。(2022/6/15)

インボイス制度で個人事業主大打撃? 過半数の企業が取引先に課税事業者化求める
2023年10月に導入されるインボイス制度。実施まで1年半を切り、企業は対応を進めつつあるようだ。クラウド会計ソフトを提供するfreeeが5月に企業の経理・財務担当者を対象に行なったアンケートによると、取引先に対して課税事業者への転換を依頼済み・依頼予定の事業者が半数を超えた。(2022/6/1)

“自社DB破壊&身代金要求”に直面してfreee経営層が気付いた3つの課題 佐々木CEOに聞く
「自社のDBを破壊し、CEOに身代金を要求する」訓練を実施し話題を集めたfreee。全社を巻き込んだ訓練で、経営層は当時どんな教訓を得たのか。同社の佐々木大輔CEOに聞く。(2022/5/30)

個人事業主が使うクラウド会計ソフトランキング 3位マネフォ、2位freee、1位は? MM総研調査
個人事業主が一番使うクラウド会計ソフトは?──MM総研がこんな調査結果を発表した。2位はfreeeの「クラウド確定申告ソフト freee」、3位はマネーフォワードの「マネーフォワード クラウド確定申告」。1位は?(2022/5/25)

スモールビジネスに従事する1200人に聞いた:
勤怠管理・給与計算「手入力」が5割超 労務担当の負担重く
クラウド給与計算ソフトなどを手掛けるfreeeは、スモールビジネス(小規模事業)における労務業務に関して調査を実施。勤怠や給与などの管理業務を1人で担っていると答えた割合は3割を超え、半数以上がこれらの業務を「手入力」で行っていることが明らかになった。(2022/5/17)

マネフォが楽天銀行とのAPI連携を解除しなかったワケ 背景に隠れた「SaaSならでは」の戦略
楽天銀行とのAPI連携は解除しない──競合・freeeとは反対の判断を下したマネーフォワード。その裏側には、SaaSベンダーならではのある戦略が隠れていた。同社の山田CSOに判断の背景を聞く。(2022/4/28)

請求書受領サービスBill One、freee会計とAPI連携開始
Sansanが提供するBill Oneが4月12日、freee会計とAPI連携を開始した。受け取った請求書からBill Oneが作成した仕訳データを、freee会計へ連携させることで経理業務をスムーズに行えるようになる。(2022/4/12)

自社のDB破壊しCEOに身代金要求、freeeが本当にやったクラウド障害訓練の舞台裏 「従業員はトラウマに」
AWS上のDBからデータを盗み出し、自社のCEOに社内SNSを通して身代金を要求する障害訓練を行ったfreee。従業員にトラウマを与えたというこの訓練には、どんな目的があったのか。キーパーソンに実施の背景や効果を聞く。(2022/3/18)

freee会計、e-Tax障害で確定申告が遅れた人向け機能を追加
freeeは、国税庁が運用する申告ツール「e-Tax」で14日から接続障害が発生している件を受け、障害の影響で期限までに確定申告を完了できなかった人向けの機能を「freee会計」に追加した。(2022/3/16)

freee、電子契約「NINJA SIGN by freee」の名称を「freeeサイン」に 個人事業主向けプランも提供開始
 freeeは、ワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN by freee」のサービス名を「freeeサイン」に変更するとともに、個人事業主向けプラン「スタータープラン」の提供を開始すると発表した。(2022/3/9)

freee会計、楽天銀行の明細アップロード画面を改修 自動連携の停止受け
freeeが、クラウド会計ソフト「freee会計」などで、楽天銀行の明細をアップロードする画面を改修した。2月24日から楽天銀行の明細を自動で取り込めなくなることを受け、利便性を落とさないために作ったという。(2022/2/14)

コロナでの学級閉鎖に「有給あげます」 子育て支援でfreeeが新制度
freeeが、子供の通う学校などで新型コロナによる学級閉鎖があった従業員に、有給休暇を付与する新制度を開始。従業員は最大で5日間の休暇を取得できる。(2022/2/4)

freeeから最大限度額5000万円の法人向けクレジットカード スタートアップの利用見込む
freeeが、最大限度額5000万円の法人向けクレジットカードの提供を始めた。経費精算サービス「freee会計」と利用明細を同期できる機能を搭載。限度額の少ないカードしか作れないスタートアップなどの利用を見込む。(2022/1/26)

freee、限度額5000万円のクレカ「freeeカードUnlimited」 どんな人が発行できる?
freee子会社のfreee finance labは1月26日、最大5000万円の限度額を持つスタートアップ企業向けクレジットカード「freeeカードUnlimited」の発行を開始した。(2022/1/26)

マネーフォワード「楽天銀行との連携終了しない」 freeeの発表で問い合わせ増加?
マネーフォワードは楽天銀行とのAPI接続について終了の予定はないと発表した。同社宛に、楽天銀行とのAPI接続による口座明細の自動取り込みついての問い合わせが増えていたという。(2022/1/24)

freee会計、楽天銀行とのAPI接続停止 契約更新できず
freeeは1月24日、楽天銀行との間で行っていたAPI連携を2月24日夕方をもって停止すると発表した。これにより、freee会計において楽天銀行の口座明細の自動取り込みが行えなくなる。(2022/1/24)

freee、楽天銀行との連携を2月に終了へ 口座の利用明細の自動取り込みが停止に
freeeは、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスと、楽天銀行との連携を2月24日で終了する。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みを同日に停止する。(2022/1/24)

抜本的な改革なのに:
電子帳簿保存法、5割以上が「知らない」 ペーパーレス化が進まない理由は?
freeeが「電子帳簿保存法改正とペーパーレスに関する調査」を発表。ビジネスパーソンの56.9%が、電子帳簿保存法を知らないという結果が浮き彫りになった。改正施行約1カ月前でも、認知は十分とはいえないようだ。(2021/12/6)

freee、全プランで電帳法完全対応 税メリットのある優良電子帳簿の要件満たす
freeeは12月1日、改正電子帳簿保存法における優良電子帳簿の要件を満たすアップデートを2022年1月に提供すると発表した。従来、freee会計はプランによって対応状況に違いがあったが、このたび全プランで優良電子帳簿の要件を満たす。事業者側は、優良電子帳簿対応すると過少申告加算税が5%軽減される税メリットがある。(2021/12/1)

「スクショで共有」はなぜだめなのか freeeがアクセシビリティー研修の資料を無償公開
freeeが、社内で実施している「アクセシビリティー研修」の資料を無償公開した。ITエンジニアやデザイナーなどさまざまな職種にアクセシビリティー向上の必要性やテクニックを解説したもので、採用活動の一環として公開したという。(2021/12/1)

クラウド会計のfreee、全サービスで障害 金銭の振り込みなど一部機能が不安定に【復旧済み】
11月8日午後4時22分ごろから、freeeが提供する全サービスで障害が発生し、金銭の振り込みなど一部機能の動作が不安定な状態になっている。freeeは「復旧に向けて対応中」としている。原因は確認中といい、復旧のめどは明かしていない。(2021/11/8)

三菱商事発のMCデータプラス、知られざる“ユニコーン級"バーティカルSaaS企業とは
急成長を遂げるSaaS領域において、日々多くのニュースを目にするようになった。freee、Sansanといった上場企業の台頭だけでなく、SmartHRをはじめとする未上場フェーズの企業においても大型資金調達が報じられるなど新興企業の台頭が著しい。その中で異質な"商社発"のバーティカルSaaS企業が存在する。建設現場の労務安全書類作成・管理クラウドサービス「グリーンサイト」を提供するMCデータプラスだ。(2021/10/11)

アドビやfreeeが「クラウド型電子署名」の業界団体 デジタル庁とも連携
アドビ、freee、弁護士ドットコムなど7社が、クラウド型電子署名サービスの普及を目指す業界団体を設立した。デジタル庁と協力し、自治体や各省庁の円滑な“脱ハンコ”を支援するという。(2021/8/16)

freeeが「限度額3000万円」の法人向けクレカを提供する狙い
6月22日、7月に創業10年を迎えるfreeeは新戦略発表会を行った。新たなビジョンとして「だれもが自由に経営できる、統合型経営プラットフォーム」を掲げ、引き続きスモールビジネスにフォーカスして経営を支援していく。(2021/6/22)

隠れホワイト企業ランキング上位50社 3位「freee」、2位「日置電機」、1位は?
隠れホワイト企業ランキング上位50社。3位「freee」、2位「日置電機」。1位は?(2021/5/31)

スマホで開業届が完結 freeeの「電子申告・申請アプリ」に新機能
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、同社の「電子申告・申請アプリ」(iOS/Android)が開業届の電子申請に対応したと発表した。(2021/5/24)

資金調達freee、「CAMPFIRE Owners」と「デジタルアセット担保ローン」に対応
freee finance labは、2月26日、中小企業向けの資金調達を支援するオンライン資金調達プラットフォーム「資金調達freee」にて、新たな資金調達手法に対応した。CAMPFIREが提供する法人向け証書貸付「CAMPFIRE Owners」と、Fintertechが提供する「デジタルアセット担保ローン」の2つ。(2021/2/26)

今日のリサーチ:
Web関連企業従事者の62%がWebアクセシビリティを「知らない」と回答――freeeなど3社調査
freee、サイバーエージェント、サイボウズが,Webアクセシビリティに関する調査結果を公開しました。(2021/2/19)

freee、個人情報約3000件が閲覧可能な状態に Salesforce製品の設定ミス
クラウド会計ソフトを提供するfreeeが、2898件の個人情報が外部から閲覧可能な状態になっていたと発表。「Salesforce」の設定に不備があり、第三者がアクセスできる状態になっていたという。(2021/2/10)

メールアドレスなど:
freee、顧客情報2898件流出の恐れ 原因はセールスフォース製品の設定ミス【追記あり】
クラウド会計大手のfreeeが、約2898件の顧客情報が流出した可能性があると発表した。原因は、同社が使用しているセールスフォース製品の設定ミスという。(2021/2/10)

確定申告をスマホで完結 freeeが「電子申告アプリ」無償公開
freeeが、スマートフォンでの確定申告の電子申告に対応する「電子申告アプリ」を無償公開した。同社のアプリ「会計freee」と組み合わせて使うと、書類の作成から提出までがスマホで完結する。(2021/1/18)

freeeがスマホ用e-Taxアプリをリリース、「おうちで確定申告」を推進するワケ
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは1月18日、電子申告専用のスマホアプリの提供を開始した。同社の会計ソフト「会計freee」を使用しているユーザーなら無料で利用できる。2月16日から確定申告の受け付けが始まるが、コロナ禍の中、人が押し寄せる会場に行くことなく確定申告を済ませたいというニーズに応える。(2021/1/18)

PPAP問題:
「問題は出ていない」 パスワード付きZipを“受信拒否”したfreee、決断の理由
メールでパスワード付きZipファイルを送信し、追ってパスワードを送る「PPAP」を見直す動きが出ている。freeeは12月から、パスワード付きZipファイルを受信しないようにした。(2020/12/8)

SaaSビジネスで用いられるARR、ARPU あなたは説明できますか?:
ビジネスパーソンのためのSaaS KPI入門
ビジネス用語として定着した“SaaS”ですが、このビジネスを理解する上で欠かせないのが「SaaS KPI」と呼ばれる指標です。この記事では、SaaSビジネスにおいて、国内トップランナーであるfreeeの決算説明資料を基に、ビジネスパーソンが最低限押さえておきたいSaaS KPIの解説を行っていきます。(2020/12/4)

「マルウェアの拡大を助長する可能性がある」:
「パスワード別送」見直しが進む? freeeは2020年12月1日からパスワード付きファイルのメール受信を廃止
freeeは、原則として電子メールによるパスワード付きファイルの受信を廃止する。2020年12月1日以降、freeeは「パスワード付きファイルが添付されたメール」を受信した場合にメールサーバで添付ファイルを自動的に削除する。(2020/11/20)

freee、パスワード付き添付ファイルのメール受信を廃止
クラウド会計ソフトを提供するfreeeが、メールに添付されたパスワード付きファイルの受信を12月1日に廃止する。(2020/11/18)

freee、パスワード付き添付ファイルのメール“受信”を廃止
 freeeは12月1日から、パスワード付きファイルのメールでの受信を廃止すると発表した。パスワード付きファイルをfreee宛に送信すると、サーバにて自動的に削除する。(2020/11/18)

特集:2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(3):
freeeのAIチームが作り上げた、チームの力を最大限に生かすための機械学習基盤とは
「最新の進化を取り入れ、freeeという企業の今のステージに適した機械学習基盤を目指した」。freeeのAIラボで機械学習基盤の構築を主導している田中浩之氏はこう話す。では、freeeの今に適した機械学習基盤とは、どのようなものなのか。(2020/8/31)

freeeが「借り上げ社宅運営サービス」提供開始 バックオフィス業務を効率化
freeeは、福利厚生制度の導入に伴うバックオフィス業務を効率化するクラウドサービス「福利厚生freee」の提供を開始した。(2020/8/11)

「価値あるプロダクト開発」に注力する:
PR:事業の拡大で開発生産性に問題発生 freeeがたどり着いたCI/CDとは
アジャイル開発においてCI/CDの仕組みは必要不可欠だ。だが「CI/CDツールを入れたのはいいが、時間がかかり過ぎる」といった課題を抱える企業もある。CI/CD導入で注意すべきポイントとは何か。(2020/7/1)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
freee佐々木大輔CEOが語る「中小企業にテレワークが浸透しない」納得理由
自社のリモートワーク率99%を達成し、社外に向けてはリモートワークの課題を取り除くムーブメントを立ち上げるなど、効率的な働き方を追求するfreeeの佐々木大輔CEO(最高経営責任者)に、日本企業に根付いた課題と解決への糸口、アフターコロナの働き方を聞いた。(2020/6/29)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
freee佐々木大輔CEOがリモートワーク時代に1on1を重要視する真の理由――マネジャーが部下と信頼関係を築く要点
freeeは3月2日から「全従業員出社禁止」を実施している。各社のテレワーク実施率がなかなか高まらない中で、3月・4月の在宅勤務率99%を達成した同社は、どのような指針で働き方改革を進めたのか。佐々木大輔CEO(最高経営責任者)に聞いた。(2020/5/29)

150分間のサービス全停止も教訓に:
障害対応の属人化を防ぐ――freeeのSREが実践する情報共有術
サービスで発生する障害をゼロにすることは難しい。では、障害をゼロに近づけるために誰が何をしていくか。freeeのSREが大規模障害で学んだことや、障害を減らすための取り組みを紹介した。(2020/4/30)

中小企業で働く人の64%が「テレワークを許可されていない」 有効な対策は?
クラウド会計サービスを提供するfreeeが、中小企業のテレワーク利用に関する調査結果を発表した。中小企業社員の64.0%は「テレワークを許可されていない」と答えたという。(2020/4/27)

freee、プロジェクト管理サービス開始 工数や収支を一元管理
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、システム受託開発やコンサルティングのプロジェクトの工数や収支を一元管理できる「プロジェクト管理freee」の提供を始めた。(2020/4/20)

本当に効率を上げるためのSaaS:
freeeを受け入れられないベテランたち 成功事例と失敗事例
導入後にバックオフィスの担当者による賛否が真っ二つに分かれるのが会計freeeの特徴だ。freee導入によって大幅にバックオフィスが効率化された会社もあれば、逆に全く使いこなせずに現場が混乱し、結局従来の会計ソフトに戻してしまった会社もある。成功と失敗を分けたのは何だったのか?(2020/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。