ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「個人事業主」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

確定申告特集:年に1度の確定申告。マイナンバーの導入でどう変わる?(ITmedia ビジネスオンライン)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

申込急増フィンテック コロナで変わる金融 強みは利便性とスピード
新型コロナウイルスの感染拡大でフィンテックが脚光を浴びている。AIを駆使することにより最短即日で入金できるスピードや、申し込みがオンラインで完結する手軽さが人気で、申込件数が急増している。(2020/7/21)

21年3月末めど:
「契約締結が遅れると、億単位の損失」 ヤフーが「100%電子サイン化」に踏み切る事情
ヤフーが取引先との契約手続きを21年3月末までに「100%電子化」することを宣言した。“はんこ文化”がまだまだ根強い日本で、どのように達成していく計画なのか。ヤフーのメンバーに尋ねた。(2020/7/20)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
アフターコロナに求められる、AIに使われない働き方
政府と経済4団体による脱ハンコ宣言や、大手企業のテレワーク導入などは、それを象徴している。日本社会のデジタル化を阻んできた分厚い壁が崩壊し始めたのだ。デジタル化されてしまえば、AIの活躍の場は増える。結果的に、データを処理する、単純な条件で判断をする、といった仕事はどんどんなくなっていく。(2020/7/18)

「サラリーマンでも持続化給付金が受け取れる」 不正受給を持ち掛ける悪徳商法に注意、国民生活センターが呼びかけ
誘いに乗った消費者も詐欺罪に。(2020/7/11)

ドローンやスマホで被害情報把握 損保各社が九州の豪雨で対応迅速化
九州で起きた豪雨災害に伴い、保険会社や銀行などの金融機関が被災者への対応を急いでいる。対応を迅速化するため、ドローンやスマートフォン、LINE、AI、ATM搭載の移動店舗車などさまざまな技術を活用する。(2020/7/10)

アーティスト等の活動継続に上限150万円の補助 文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」募集概要を発表
音楽、アニメ、落語、写真などの文化芸術関係者が対象。(2020/7/8)

親しまれた味:
那覇市のそば店で後継者不足 ステーキ店が継ぐ
沖縄でステーキハウス88を運営する沖縄テクノクリエイトは、那覇市の老舗日本そば店「名代蕎麦処美濃作(みのさく)」の事業を承継した。1977年の創業から43年間親しまれてきた味は……。(2020/7/6)

シスコが中小企業向けサービスを拡大 新ブランド「Cisco Designed」の狙いとは?
シスコが新たな中小企業向けブランドを発表した。従来国内のみで展開していた中小向けブランドを拡充し、グローバルで展開する。テレワークやオンライン会議などのたニーズに加え、セキュリティやネットワークなども含む提供内容と、その狙いとは。(2020/7/1)

PR:「新しい生活様式」「働き方の新しいスタイル」時代を乗り切るなら、新型レッツノートは外せない!
パナソニックのノートPC「レッツノート」が、独自技術「Maxperformer」の採用で新境地を迎える。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック ロゴマーク入り パナソニックオリジナル天板搭載モデルが、店頭モデルとしても登場する。注目の新モデルを見ていこう。(2020/6/25)

どんな支援が受けられる? 質問に答えるだけで診断する舞台芸術関係者向けサービス公開
コロナ禍で苦しんでいる舞台芸術関係者向けに、どんな支援が受けられる可能性があるかを、Q&A形式で確認できる自己診断チャートが公開。団体か個人か、公演主催者かどうかなどの質問に答えると、どんな支援が受けられる可能性があるかをガイドする。(2020/6/19)

ヤマト、“置き配”特化の配達サービス ZOZOTOWN、Yahoo!ショッピング、PayPayモールで
ヤマト運輸が“置き配”に特化した配達サービス「EAZY」をEC事業者向けに提供すると発表した。配達員と消費者が対面しなくてもいいよう、置き配や宅配ロッカーでの荷物の受け渡しに対応する。(2020/6/17)

仕事の指示がうまく伝わらない…… 漫画家が経験したアシスタントとのコミュニケーション問題を描いた漫画がためになる
失敗から自分の「クセ」を学ぶのが一番重要です。(2020/6/15)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
freee佐々木大輔CEOがリモートワーク時代に1on1を重要視する真の理由――マネジャーが部下と信頼関係を築く要点
freeeは3月2日から「全従業員出社禁止」を実施している。各社のテレワーク実施率がなかなか高まらない中で、3月・4月の在宅勤務率99%を達成した同社は、どのような指針で働き方改革を進めたのか。佐々木大輔CEO(最高経営責任者)に聞いた。(2020/5/29)

コロナ禍でニーズ増す金融サービス 「LINE Score」「LINE Pocket Money」の戦略とは?
LINEのスコアリングサービス「LINE Score」の登録ユーザーが500万人を突破した。LINE Scoreは個人の信用度を独自の基準で点数化することで、金融サービスをはじめとした各種サービスへの展開を図ろうとしている。それを実際に活用しているサービスとして個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」がある。(2020/5/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
首都高を自転車で走ってでも時間短縮したいか、不毛な配達をなくすには
おいしいものを食べたくてデリバリーを頼むんだから丁重に運んでほしいし、自分の代わりに誰かが遠くまで行ってきてくれてるんだから運んでくれる人が尊重されてほしい。そうじゃないなら自炊するほうがいい。(2020/5/27)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
ひとりで悩んでは出口が見つからない
「もうダメだ。死んでしまおう」と思う零細経営者の気持ちは、身を持って分かるし、役に立ちたい。そう思うと、しがない物書きの筆者にできるのは、切羽詰まった人が、生きるために役立つ情報の提供しかない。(2020/5/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

千葉市で聞いた:
新型コロナ禍 それでも夜の繁華街でなぜ働くのか
緊急事態宣言下のゴールデンウイークが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大に終わりは見えない。京成千葉中央駅にほど近い千葉市中央区の繁華街、富士見でも休業中の店が目立ち、人通りはまばらだ。それでも仕事を続ける人に話を聞いた。(2020/5/2)

クリエイターに聞く「今、どうですか?」 声優の収録、漫画家、トークライブハウス、音楽家、ライター──それぞれの実情
収入に加えて、創作活動自体への影響もあります。(2020/5/1)

ライブハウス、映画館、書店、劇場……窮地に立つ文化施設 「民間で支援しよう」に残る問題点とは?
文化施設に継続的な公的資金援助を!(2020/4/28)

失敗から気付きを得る テレワークの効率を上げる3つの工夫
新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、急きょテレワーク(遠隔勤務)をすることになった人も多いと思う。しかし、テレワークをする際には「失敗」も付きものだ。そこで、ある意味でテレワークを日々実践している“失敗談”を共有しつつ、どうすれば快適なテレワークができるのか考えていきたい。(2020/4/27)

小売・流通アナリストの視点:
中小企業が新型コロナ下を生き抜くカギは「借金嫌い」の克服 中には「起死回生」となる業界も?
新型コロナ対策でさまざまな支援制度が出てきている。その中には「破格の条件」ともいえる融資制度も。平時は「借金嫌い」でも、緊急時には借金をいとわず、とにかく生き抜くことを考えるべきだと小売・流通アナリストの中井彰人氏は指摘する。あらゆる業界が対応を迫られているが、中には「起死回生」のチャンスとなっている業界も?(2020/4/27)

製造マネジメントニュース:
8割超のCFOが世界的な景気後退を懸念、PwCが新型コロナの調査レポート公開
PwC Japanグループは新型コロナウイルス感染症による事業へのを日本を含めた世界21カ国のCFOに尋ねたアンケート調査の結果をまとめたレポートを発表した。(2020/4/28)

太陽光:
初期費用ゼロ円で防草シートが導入できる、太陽光発電向けサービス登場
防草・緑化製品事業を手掛ける白崎コーポレーションは、太陽光発電所に初期費用ゼロ円で防草シートを導入できるサービスの販売を開始した。(2020/4/23)

東京都の「感染拡大防止協力金」申請受け付け開始 申請に必要なものは?
専門家による事前チェックを呼び掛けています。(2020/4/22)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

ヤフー、新型コロナ関連の支援制度まとめページ公開 検索傾向から注目度の高い制度をピックアップ
ヤフーは、生活情報サイト「Yahoo!くらし」で、新型コロナウイルス感染症に関連して政府や地方自治体が行っている支援制度をまとめた特集ページ「新型コロナ 対策支援制度まとめ」を公開した。(2020/4/16)

緊急事態宣言直後に職を失ったトラックドライバーの苦悩
迅速な給付を行うためにはどうすればいいのか。(2020/4/15)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ対策108兆円が確実に「見掛け倒し」で終わる訳
新型コロナ対策で国は108兆円の経済対策を発表。だが筆者はその「見掛け倒し」な内実を分析。給付金ですら満足に行きわたらない可能性も。(2020/4/14)

私はもらえる? フリーランス含む個人事業主には最大100万円を現金支給 経産省が「持続化給付金」の説明を公開
法人・フリーランスを含む個人事業主を広く対象とした支給金。(2020/4/13)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショックからの回復を支える財政拡大
過去最大級の経済対策を決定した日本では、今後感染拡大防止が奏功した段階で、地域活性化などのアイデアの具体化を含む追加対策が打ち出されることになるだろう。米国では、追加の経済対策が議論され始め、欧州でもEUがルールを一時緩和し、機動的な財政政策が打てるようになった。(2020/4/13)

個人端末を社内電話化する「クラコール PBX」が6月まで無償に
三通テレコムサービスは、4月8日〜6月30日に「テレワーク応援キャンペーン」を実施。従業員の端末を社内電話化するクラウド電話サービス「クラコール PBX」の初期費用や月額基本料金を無料とする。(2020/4/9)

製造マネジメントニュース:
政府の新型コロナ緊急経済対策、製造業はどんな支援を受けられるのか
日本政府が緊急事態宣言と合わせて発表した「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」は事業規模で総額約108兆円に上る。同経済対策において、製造業はどのような支援を受けられるのだろうか。(2020/4/9)

新型コロナウイルスに感染したら? 休業したら? 受け取れる可能性がある金額を試算する「手当・支援金シミュレータ」公開
収入や就業状況に応じた金額を試算してくれます。(2020/4/6)

LINE、個人向けローンの利息を5月末まで実質無料化 新型コロナ対策支援で
INE傘下のLINE Creditは、同社が運営する個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」で、5月31日まで利息を実質無料化すると発表した。(2020/4/2)

資金繰りの苦悩:
コロナショックで悲鳴上げる中小企業とフリーランス 弁護士が語る「経営者が使うべき政府の支援策」
新型コロナで影響を受ける中小企業の経営者向けに政府などが打ち出している支援策について弁護士が解説する。大きく(1)資金繰り支援(2)雇用維持支援(3)設備投資・販路開拓支援(4)税・保険料の支援という4つの支援がなされている。風評被害によってさらなる業績悪化も考えられる。(2020/3/31)

全てはお客さまの事業成功のために:
PR:妥協なき開発体制を貫く「弥生のエンジニア」の真意とは
エンジニアに主体性やクリエイティビティが強く求められる一方、組織によってはそうした能力を発揮できない、求められない場合が少なくない。では、意欲のあるエンジニアはどうしたらいいのだろうか――。(2020/5/11)

“フリーランス”を理解していない安倍総理〜新型コロナ休業補償の穴
仕事の有無を証明することの難しさ。(2020/3/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
安倍首相の根拠なき“英断”で浮かび上がる「階級社会・日本」の縮図
新型コロナウイルス対策で始まった臨時休校に伴う保護者への補償について、企業の従業員と、フリーランスや自営業者の“格差”が議論になっている。今回の騒動で「階級社会」が表面化。アンダークラスの人たちがさらに苦境に立たされることになるかもしれない。(2020/3/13)

ポスト・メイカームーブメント(2):
全世界で逆風が吹くメイカースペースに必要なもの
「メイカームーブメント」の真っただ中、世界中にメイカースペースが誕生した。だが、この10年、採算がとれずに閉鎖を余儀なくされた施設も少なくない。連載第2回では、メイカースペースの歩みを振り返りつつ、TechShopとファブラボの存在に着目し、“2020年代に生き残るメイカースペースの在り方”を探る。(2020/3/13)

イベント中止で取材機会が激減、オンライン発表会には不満も 新型コロナがフリーランスに与えた影響
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、さまざまなイベントが中止になっている。IT業界をメインに取材するフリーランスは、どんな影響を受けたのか。(2020/3/11)

新型コロナウイルスの影響で「フリーランス悲鳴」がTwitterトレンドに フリーランスの社会保障について意見が交わされる
「補償」の難しさが課題になっています。(2020/3/5)

あなたの組織はどのパターン?:
「残業=絶対悪」なのか 良い残業、悪い残業 それぞれを生み出す組織の4パターン
「残業好き」の記事を書いた筆者。反響は大きかったが、そのほとんどはネガティブなものだったという。果たして「残業=絶対悪」なのか? 良い残業というものは存在するのか? 組織のパターンごとに分析する。(2020/3/3)

ドワンゴ、サブカル趣味の男女をつなぐ結婚相談所「Ncon」開設 アバター使ったオンライン婚活パーティーも
ドワンゴが、アニメやゲーム好きの男女を対象にした結婚相談所「Ncon」を開設。アバターを使ったオンライン婚活パーティーなどの実施も予定している。(2020/2/27)

守れない経営者は「前科」に:
横行する「ブラッククビ」、急増する「非正規コスト」 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される
4月からの働き方改革関連法の施行によって、残業時間の上限規制が日本国内すべての事業者に適用となる。この「雇用大変革」への対応が急務と警鐘を鳴らしているのが企業労働法に詳しい倉重公太朗弁護士だ。中小企業、そして創業間もないベンチャー企業などは人事労務管理への理解が浅いことも多く、違法な解雇「ブラッククビ」などの事態も起きている。慢性的な人手不足に悩む中小企業経営者は何を注意しなければならないのか。また働く側はどんな意識づけが必要なのか。これから求められる働き方と合わせて聞いた。(2020/3/3)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(1):
元国税専門官が明かす確定申告の極意 「『領収書』と『レシート』もらうべきはどっち?」
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。初回は「領収書」と「レシート」のどちらがいいのかについて。フリーランスや個人事業主の多くが迷う、「必要経費」の問題を、証拠書類の観点から解説する。(2020/2/22)

令和元年分の確定申告始まる マネフォが指導イベント
令和元年分の確定申告の受け付けが、2月17日に始まった。消費税の軽減税率の導入もあり、個人事業主にとっては仕訳が複雑になった年。クラウド会計ソフトを提供するマネーフォワードは、ユーザー向けに確定申告を指導するイベントを東京・千代田区で実施した。(2020/2/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。