ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JINS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JINS」に関する情報が集まったページです。

PCI DSS v4.0、Cookie規制対応、SEO、カードスキミング対策……:
PR:小売り、EC担当者がいま押さえるべき「勝ち抜くサイト運営」の最新常識まとめ
多くの顧客を呼び込み、快適で安心して利用できるECサイトを運営するには、最新のサービス配信基盤やセキュリティを含む技術動向、業界標準やルール改定への理解が必要だ。いまECサイト担当者が知るべきトピックと事例を見ていく。(2022/4/6)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
マスク付きFace ID認証ってどんな感じ? メガネでも大丈夫? 使った人に聞いてみた
Face IDが近々マスクを付けたままでも認証解除できるようになる。iPhoneユーザーにとって一番恩恵があるのはApple Pay利用時の認証なのだろうか。(2022/2/3)

太陽光パネルを初めて設置:
ジンズ、前橋市にサステナビリティを重視した新型店舗をオープン 野菜の無人販売も
ジンズは、同社のサステナビリティ推進を体現した新しいロードサイド型店舗「JINS前橋小島田店」(前橋市)を1月14日にオープンする。地域社会との新しい関係構築も目指す。(2022/1/7)

JINSからポケモンとコラボしたメガネ登場 18匹のポケモンがモチーフに
2022年1月1日から販売します。(2021/12/30)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

ジンズHDとバルミューダの株価はどう変化? JINS田中仁社長のインサイダー取引“疑惑”の発覚から1週間
バルミューダの社外取締役を務めるジンズHDの田中仁社長がインサイダー取引の恐れがある株取引をしていたことが発覚してから1週間が経過した。バルミューダとジンズHDの株価推移を終値ベースで追った。(2021/11/25)

JINS田中社長、バルミューダ株でインサイダー取引“疑惑” 専門家「立件されてもおかしくない」と苦言
JINS田中社長のバルミューダ株を巡るインサイダー取引“疑惑”に関し、金融商品取引法と会社法の専門家に見解を聞いた。(2021/11/20)

「投資家目線で発言したかった」:
処分を受けたのはJINSの田中仁社長 インサイダー取引疑惑でバルミューダが明らかに
インサイダー取引の恐れがある株取引をしていたとして、バルミューダが社外取締役を処分した問題で、同社は11月19日、処分を受けたのがジンズホールディングスの田中仁社長であると明らかにした。田中社長は5月、バルミューダ株を購入したが、当時は同社のスマホ事業参入の発表前だった。(2021/11/19)

センサー搭載メガネを掛けて2週間、肩こりが減った仕組みは 「JINS MEME」を2週間使って考えたこと
西田宗千佳さんがJINSのセルフケアメガネ「JINS MEME」最新モデルを買って使ってみた。その仕組みを解き明かす。(2021/11/5)

JINS MEME、集中力が常に最高の「ZONE」判定になる現象を修正へ
ジンズは、内蔵センサーでまばたきや視線の移動を計測できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の測定アルゴリズムを修正すると発表。専用スマホアプリの集中力を測定する機能で、最高レベルを示す現象を複数のユーザーから指摘されていた。(2021/11/4)

「JINS×イガリシノブ」メガネ、新作24種が一挙に登場 かけるだけでおしゃれな印象をプラスするアイウェア
かわいい名前にも注目です。(2021/11/4)

腰痛予防にいいかも センサー搭載メガネ「JINS MEME」で自分の体を見る 月500円の価値はあるか
記者がメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」をレビュー。集中度や眠気などを可視化できる他、体のゆがみを明確に自覚できるデバイスで、将来は活用範囲の拡大も期待できる。(2021/10/22)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
リモートワークのお供に「お母さん」
サカナクション、山口一郎氏による「仕事の集中方法」の紹介です。(2021/10/19)

メガネをかけるだけでチークをつけたような視覚効果を JINSが新レンズ「チークカラーレンズ」を発売
顔色をパッと明るく。(2021/10/16)

ウェアラブルニュース:
「JINS MEME」次世代モデルはセンサーを集約して小型化、着用感とデザイン改善
ジンズは2021年10月6日、まばたきや視線移動などの検知機能を搭載した眼鏡型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の新モデルを同月14日から発売すると発表した。(2021/10/11)

新しくなった「JINS MEME」の新機能「VTUNER」が楽しそう メガネをかけるだけで誰でも美少女アバターに
公式アバターがかわいい。(2021/10/7)

メガネ型デバイス「JINS MEME」に新モデル 小型軽量化で価格は半分 「テック好きでなくてもかけられるように」
ジンズが、メガネ型デバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)の新モデルを10月14日に発売する。「テック好きでなくてもかけられるように」として小型軽量化した他、デザインを一新。価格も旧モデルから値下げし、1万9800円で提供する。(2021/10/6)

超PayPay祭り、10月18日から スタバや松屋で10%還元
PayPayは、ヤフーおよびソフトバンクと共同で大規模キャンペーン「超PayPay祭り」を10月18日から開催する。全国のPayPay加盟店のほか、「PayPayモール」や「Yahoo!ショッピング」などのオンラインショップでPayPayのポイントであるPayPayボーナスを還元する。期間は11月28日まで。(2021/9/13)

「超PayPay祭」が10月18日から開催 クーポンの拡充も
PayPayは、10月18日〜11月28日に大規模キャンペーン「超PayPay祭」を開催。「超PayPay祭 PayPayクーポン」や「加盟店(オンラインショップ)キャンペーン」などを行う。(2021/9/13)

大人から子どもまで:
JINSとSnow Peakがコラボ、アウトドアに最適なサングラスを発売
眼鏡チェーン「JINS」を運営するジンズは、スノーピークとコラボしたサングラス「JINS×Snow Peak」を発売。大人から子ども向けまで全4シリーズ6型18種で展開し、アウトドアシーンに最適なモデルとなっている。(2021/7/29)

最大で10万円や50%の還元――夏のPayPay祭は7月25日まで、最終週は還元率アップも
PayPayが大型キャンペーン「夏のPayPay祭」を7月25日まで開催している。多岐にわたるサービスで還元施策を実施しているので、あらためて主な内容をまとめた。特に最終週となる今週は、還元率がアップする場合があるので要注目だ。(2021/7/20)

助成金・補助金の一覧も:
サテライトオフィス選び、6つのポイント メリット・デメリットまとめ
サテライトオフィスを導入するケースが増えています。自宅でのテレワークがうまくいかない従業員が救済されるほか、家賃の削減も可能となります。中小企業が導入するメリット・デメリットについて検証します。(2021/7/20)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【前編】:
広告業界の風雲児、GO三浦崇宏さんに聞く「若手社員と信頼を築くためのマネジメント術」
コロナ以前から新卒の離職率3割は問題となっていて、リモートワークの普及によりさらにマネジメントが難しい時代となった。創業5年目ながら業界にインパクトを与えている広告・事業会社がThe Breakthrough Company GOだ。同社の代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんに若者のモチベートやマネジメント方法について聞いた。(2021/6/24)

サステナブル設計:
JINSがサングラスにバイオプラスチック素材を採用、新構造で分解・分別も容易に
ジンズは、サングラスブランド「JINS&SUN」において“同社初”となるフレーム部にバイオプラスチック素材を使用した新シリーズ「CLASSIC」の販売を開始した。従来のアセテート素材よりも微生物による生分解度が高いバイオプラスチック「M49」を採用。「木組み」から着想を得た丁番フロント構造によって、単一素材に分解・分別できる。(2021/6/1)

軽くて持ち運べる!:
税込み1万6500円で手に入るお一人様スペース「Think Lab HOME」を試す
何かと手狭な住環境が多い日本の住宅シーンに、降ってわいた在宅ワーク。手軽に個室空間を手に入れられる「Think Lab HOME」を導入してみた。(2021/4/19)

新幹線に「リモートワーク推奨車両」設定 JR東日本が考える「新幹線オフィス化」、何が変わるのか
時速320キロの移動オフィスとは……!(2021/2/19)

地元を意識したデザイン:
大手眼鏡店のJINS、全国47都道府県に出店 最後に進出する県は?
2001年4月、福岡県内に1号店をオープンしたジンズ。2021年3月に47都道府県全てに出店する。最後に進出する県は?(2021/2/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コロナ禍のいまリモートコミュニケーションスキルを身につければ一生ものに
新型コロナウイルス禍により、多くの企業がリモートワークを導入しているが、コミュニケーションの不自由さから生産性が低下する企業もある。リモートワークで生産性を向上させる効果的なコミュニケーションを学ぶ。(2021/2/9)

座席で通話OK! 新幹線の「リモートワーク推奨車両」でWeb会議は現実的か? 乗って検証してみた
JR東日本は、東北新幹線「はやぶさ」103号盛岡行きの1号車を、2月1日から「リモートワーク推奨車両」として運用し始めた。サービス初日に記者が乗車し、本サービスの狙いを探った。(2021/2/1)

専用車両を設置:
JR東日本、「新幹線リモートワーク」でマスキング音など提供 集中できる空間づくりで連携
JR東日本は、新幹線の車内にWeb会議も可能なリモートワーク空間を設ける実証実験について、利用者に提供する体験ツールを発表。集中して効率的に仕事ができるように、外部企業と連携する。実験は2月に東北新幹線で実施する。(2021/1/28)

キーワードは“オープンと魔改造”:
2020年にグッと来て使い倒した「お勧めアイテム」
PC USER編集部が振り返る、2020年に買って試して日々使い続けているアイテムをご紹介。ちょっと癖があるけれど、一度はまるともうやめられない、そんなアイテムはいかが?(2020/12/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

LINE、決済時の特典として暗号資産を付与
LINE Payは11月16日から、対象店舗で支払った額の9%を暗号資産で付与する仕組みを始めた。決済時の特典として暗号資産を付与するのは初めて。(2020/11/16)

TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020:
限定的な利用からの脱却へ、Carbonの3Dプリント技術がもたらす価値
「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」の出展者セミナーにおいて、JSR Carbon事業推進部 部長の澤田安彦氏が登壇し、「3Dプリンタが実現するモノづくりプロセスの革新」をテーマに講演を行った。(2020/9/17)

3分で書斎が完成 簡単組み立てのソロ作業ブースがクラウドファンディング目標を5分で達成
Makuakeでクラウドファンディング中。折りたたみ式の製品も用意されています。(2020/9/14)

“折りたためる書斎”登場 「3秒で収納」
自宅用のブース型書斎「Think Lab HOME」が登場。部屋の一角に作業用のテーブルを作れるブースで、厚さ10センチに折りたためる「Think Lab HOME+」も。(2020/9/11)

クラウドファンディングで受注開始:
集中時間が193.4%に増加? 「在宅だと集中できない」を解決する小型書斎、ジンズ子会社が発売
Think Labは、自宅用のブース型書斎「Think Lab HOME」を発売する。「家では集中できない」と悩むビジネスマンに向け、2種類を用意。クラウドファンディングサイト「Makuake」で受注を始める。(2020/9/8)

多様なワークスタイルに対応:
スタバ、“仕事で使える”新店舗オープン JINSの「集中できる空間」も
スターバックスコーヒージャパンは、テレワークなどのビジネス利用を想定した新店舗を東京・銀座にオープンした。予約可能なブース席のほか、メガネブランド「JINS」の研究から生まれたワーキングスペース「Think Lab」を設置している。(2020/7/30)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
空調の自動制御やトイレットペーパーの使用量を見える化するシステムを開発
ウフルは、IoTセンサーやカメラなどを利用して、得られたデータを活用した空調の自動制御やトイレットペーパーの使用量を見える化するシステムの開発を進めている。(2020/5/22)

JINS×イガリシノブコラボのメガネ&サングラスが誕生 メイク理論で「小顔」「デカ目」効果のフレームも
メガネ自体もかわいいデザイン!(2020/5/14)

日本ものづくりワールド 2020:
スポーツ用品からアイウェアまで幅広く採用が進むCarbonの3Dプリント技術
「日本ものづくりワールド 2020」内の「第2回 次世代3Dプリンタ展(AM Japan)」に出展したディーメックのブースでは、Carbonの3Dプリント技術により生み出されたプロダクトの数々を見ることができた。(2020/2/28)

JINS子会社、汐留に“1人で集中”ワーキングスペース センサー付き眼鏡「JINS MEME」で需要発掘
JINS子会社のThink Labが汐留にワーキングスペースをオープン。人が作業に集中しやすくなる環境を提供する。(2020/2/3)

MONOist 2020年展望:
3Dプリンタの可能性を引き上げる材料×構造、メカニカル・メタマテリアルに注目
単なる試作やパーツ製作の範囲を超えたさらなる3Dプリンタ活用のためには、「造形方式」「材料」「構造」の3つの進化が不可欠。これら要素が掛け合わさることで、一体どのようなことが実現可能となるのか。本稿では“材料×構造”の視点から、2020年以降で見えてくるであろう景色を想像してみたい。(2020/1/6)

「のび太」モデルはスタイリッシュな丸メガネ……! JINSから限定メガネ「ドラえもんモデル」が2020年元旦に発売
「メガネメガネ……」(2019/12/17)

従業員の集中度に応じて照明をコントロール 生産性向上へ KDDIなど実験
KDDIなど3社は、従業員の集中度に応じてオフィス照明の光や明るさをコントロールする実験を行う。バイタルデータと空間データを基に、照明を制御できるかを確認。(2019/12/12)

Architecture & Interior Design alternatives―Vol.2:
AirbnbやLINEのオフィスを手掛けた設計事務所が「食堂」を運営する理由――。“細胞からデザインする”働き方改革
ここ最近では2019年4月1日に施行された「働き方改革関連法」以降、国内の企業でも、テレワークやフリーアドレス制、ABW(Activity Based Working)など、働き方そのものや働く場所に変化の兆しが見られる。建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」は、東京・代々木上原の事務所に誰もが足を運べ、多忙なワーカーの食生活を改善する「社食堂」を併設している。LINEやAirbnbなど、先進的なオフィス空間の設計も手掛けている設計事務所が考える働き方改革のアプローチをインタビューから探った。(2019/11/21)

メガネを外さずバーチャル試着 AI活用「メガネ オン メガネ」、JINSが開発
自分のメガネを掛けたまま、違うメガネをバーチャル試着できるサービスを、JINSが始める。ディープラーニングを用いた画像生成技術を活用。「自分のメガネを外してしまうと試着しても裸眼で見えない」という顧客の悩みを解消する。(2019/11/19)

3Dプリンタニュース:
最新3Dプリンタ技術を活用したサングラスを発売
ジンズは、Carbonの3Dプリンタ技術を活用したサングラス「Neuron4D」を2019年10月31日より発売する。ハイエンド層向けアイウェアブランドの「J of JINS」から販売する。(2019/10/24)

CEATEC 2019:
Carbonが国内初出品の「Smart Part Washer」や3Dプリント技術を活用したサングラスを展示
米国の3DプリンタベンチャーであるCarbon(カーボン)は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に出展し、造形物の自動洗浄を行う「Smart Part Washer」の実機を国内初出品した。(2019/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。