ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「廉価版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「廉価版」に関する情報が集まったページです。

テスラ、モデル3を最大156万円値下げ 最廉価モデルは429万円に
テスラジャパンはミドルクラスのEV「モデル3」を値下げした。ラインアップ3車種のうち、ミドルレンジの「ロングレンジAWD」では655万2000円(税込、以下同)を499万円へと156万円値下げ。ローエンドの「スタンダードレンジ プラス」は511万円から429万円へ下げた。(2021/2/17)

MediaTek、廉価モデル向け5Gプロセッサ「Dimensity 700」発表
MediaTekは、11月11日に5Gスマートフォン向けプロセッサ「Dimensity 700」を発表した。独自の省電力技術や90Hzのリフレッシュレート、最大6400万画素に対応するカメラ機能などを備え、複数の音声アシスタントもサポートする。(2020/11/11)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ガチで楽しめる入門機「E-M10 Mark IV」  廉価モデルだが手ブレ補正は強力
オリンパスのOM-Dシリーズ入門機「E-M10 Mark IV」が妙に可愛い。ちょっとゴツッとして頭が三角にとんがったボディだが、かなり小ぶりでバッテリー込みで383gと軽い。(2020/10/27)

OnePlus、ミッドレンジ「Nord」シリーズの5G端末と3万円以下の廉価版を欧州で発売
OnePlusが、7月に発表したミッドレンジ端末「Nord」のファミリー端末、「OnePlus Nord N10 5G」と「OnePlus Nord N100」を発表した。いずれもNordより安い。N10は5G対応で、N100は199ユーロ(約2万5000円)という低価格ながらバッテリーは5000mAhだ。(2020/10/27)

人工知能ニュース:
「Jetson Nano」に廉価版、ラズパイ4の4GB版とほぼ同額に
NVIDIAは、オンライン開催の年次カンファンレンス「GTC 2020」(開催期間:2020年10月5〜9日)の開幕に合わせて、エッジAIボードの新製品となる「Jetson Nano 2GB」を発表した。(2020/10/6)

Samsung、「Galaxy S20」の廉価モデル「FE(Fan Edition)」を5G対応699ドルからで発売へ
Samsungが「Galaxy S20 FE(Fan Edition)」を発表した。2月発表のフラグシップ機「Galaxy S20」の廉価版。S20の特徴を残しつつ、細かいコストダウンで5G対応で699ドルという価格を実現した。(2020/9/24)

石野純也のMobile Eye:
ついに携帯電話として独立したApple Watch ただし料金プランには課題も
2020年のApple Watchは、正統進化した「Series 6」と廉価モデルの「SE」を用意した。SEのような廉価モデルは、シェアを拡大する上で重要になる。watchOS 7のファミリー共有設定もシェア拡大の鍵を握るが、auが提供する料金プランには課題があると感じた。(2020/9/19)

「Apple Watch Series 6」9月18日より販売開始 廉価版の「Apple Watch SE」も新たに発表に
価格は「Series 6」が4万2800円(税別)から、「SE」が2万9800円(税別)から。(2020/9/16)

家族に持たせるための新機能も:
血中酸素量も測定できる「Apple Watch Series 6」と廉価版の「Apple Watch SE」が9月18日発売
Appleが新型Apple Watchを2種類発表した。血中酸素濃度を計測できる最新モデルと、旧モデルをベースにした廉価版という組み合わせで、Apple Watch Series 3も引き続き併売される。(2020/9/16)

「Apple Watch Series 6」発表 血中酸素計測に対応 赤と青の新色、廉価版「SE」も
Apple Watch Series 6が予想通り発表された。予想外の廉価版「SE」もファミリーに加わった。(2020/9/16)

Samsung、9月23日にまたオンラインイベント 「Galaxy S20」の廉価版か?
Samsungが9月23日に新製品発表イベント「Unpacked for Every Fan」を開催する。日本時間の午後11時からで、オンラインで視聴できる。フラグシップモデルの「Fan Edition」が発表されるようだ。(2020/9/14)

「Xbox Series X」も「Series S」と同じ11月10日発売 価格は499ドル
Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series X」を前日発表の廉価モデル「Xbox Series S」より200ドル高い499ドルで、11月10日に同時発売すると発表した。9月22日に予約受付を開始する。両モデルのスペック比較表も公開した。(2020/9/10)

石野純也のMobile Eye:
「Pixel 4a」を試す Pixel 4に迫るカメラ性能、ミッドレンジ市場で台風の目になるか
8月20日に「Pixel 4」シリーズの廉価版となる「Pixel 4a」が発売される。Pixel 4の64GB版と比べて半額以下となる4万2900円(税込み)。カメラ性能や処理能力を中心にチェックした。(2020/8/8)

Google、「Pixel 4/4 XL」は在庫がなくなり次第販売終了へ 「Pixel 5」発売前でも
Googleが、昨年10月に発売したハイエンド端末「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」の販売を現在の在庫がなくなり次第終了すると認めた。米国の公式ストアでは既に在庫なしになっている。廉価モデル「Pixel 4a」の発売は8月20日、後継の「Pixel 5」は予告はされたものの発売は今秋の見込みだ。(2020/8/7)

Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」、8月20日に国内発売 2万800円
スマートフォン「Pixel 4」の廉価版「4a」や、5G対応機も発表。(2020/8/4)

Google、「Pixel 4a」発表 6GB/128GBでiPhone SEより安い4万2900円
Googleが、Pixelシリーズの新廉価モデル「Pixel 4a」を発表した。メモリ/ストレージが6GB/128GBの「Just Black」モデル一択で、価格は「Pixel 3a」やAppleの「iPhone SE」より安い4万2900円(税込)だ。8月20日に発売する。(2020/8/4)

超小型PCへの道:
「OneMix3 Proプラチナエディション」は、何が“プラチナ”なのか 「OneMix3S+」もチェックした
人気の超小型PC「OneMix」シリーズに、新しく「OneMix3 Proプラチナエディション」と「OneMix3S+」が登場した。CPUがグレードアップした上位版と、求めやすい廉価版の2モデルとなるが、その使い勝手はどうなのかを見ていこう。(2020/7/7)

Apple、3月に新型廉価版iPhoneを発表する見通し
iPhone 8に似た、安価なiPhoneが3月に登場するという。(2020/1/24)

エコカー技術:
新型エンジン「SKYACTIV-X」がCX-30にも登場、玄人好みの大人な乗り味に
マツダは2020年1月16日、クロスオーバーSUV「CX-30」の新型ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載車を発売した。最廉価モデルとなる「X PROACTIVE(2WD)」のメーカー希望価格は329万4500円(税込)だ。(2020/1/16)

ワコム、4万円台の13型液タブ「Wacom One」発表
ワコムは、13.3型フルHDディスプレイを搭載した廉価版液晶タブレット「Wacom One液晶ペンタブレット13」を発売すると発表した。直販価格は4万2900円(税込)。(2020/1/7)

ファッションブランド「DIESEL」、廉価版スマートウォッチ「Fadelite」発表 Snapdragon Wear 3100搭載、4万4000円
ファッションブランド「DIESEL」が、新型スマートウォッチ「Diesel On Fadelite Smartwatch」を発表。「Wear OS by Google」と「Snapdragon Wear 3100」を搭載する。価格は税込4万4000円で、既存モデルよりも廉価。(2020/1/7)

Googleの親会社Alphabet、2桁台の増益だがクラウドやPixel 3aのコストがかさみ、純利益は23%減
Googleの親会社Alphabetの7〜9月期決算は、売上高は20%増の約405億ドル、純利益は23%減の約71億ドルだった。検索のTACコストやデータセンターへの投資、廉価版端末「Pixel 3a」のコストなどが影響した。(2019/10/29)

「iPhone SE後継」噂再び 2020年に廉価版iPhone発売と日経報道
複数の関係者からの情報として日経が報じた「iPhone SE後継」。(2019/9/5)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
本当に“同じ”? 「Pixel 3」と「Pixel 3a」のアウトカメラを撮り比べる
Googleのスマートフォン「Pixel 3」と、その廉価版に相当する「Pixel 3a」。両者のアウトカメラは基本スペックが同じということになっているが、本当に同じなのか? 撮り比べてみるのである。(2019/8/15)

KAZUNA直販限定:
Xiaomi系ゲーミングスマホ「Black Shark2」日本モデルに廉価版 “6GB+128GB”で4万9800円
TAKUMI JAPANが国内販売するSnapdragon 855搭載ゲーミングスマホ「Black Shark2」に、メインメモリとストレージ容量を半分に抑えた廉価版が登場。価格は従来モデルのほぼ半額の4万9800円だ。(2019/8/6)

Huawei、8月9日に「HongMeng OS」発表か 中国官営メディアが報道
Huaweiが8月9日開催の開発者会議で独自OS「HongMeng(鴻蒙) OS」を発表すると中国官営メディアのGlobal Timesが報じた。年内には同OS搭載の廉価版スマートフォンが発売されるという。(2019/8/6)

小型版「Switch Lite」は「スイッチしない」 Switchとの違いをチェック
任天堂が新型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を発表。Switchの「携帯モード」に特化した廉価版モデルだ。Switchとの違いを早速チェックしてみよう。(2019/7/10)

任天堂、廉価版「Switch Lite」9月発売 本体とコントローラーを一体化 1万9980円
任天堂が、Nintendo Switchの廉価版「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売する。Switchのコントローラーと本体を一体化させ、持ち運びしやすくした。1万9980円(税別)。(2019/7/10)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
QRかICカードか? 交通系チケットシステムを巡る世界の最新事情
廉価版「Suica」のシステムを外販し、海外展開や交通系ICカードシステムの日本全国への普及を目指す計画の可能性が報じられている。一方、地域交通でQRコードを使う取り組みも進みつつある。世界の交通系システム事情も交え、交通系チケットシステムの現状を解説する。(2019/5/24)

Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a/3a XL」で満足できる? 質感と見た目の第一印象を確かめた
国内でも5月17日に発売される実機を編集部で入手したので、ファーストインプレッションをお届けする。(2019/5/11)

Google、新スマホ「Pixel 3a」発表 5万円弱の廉価版ながらカメラは上位機種と同等
お値段も性能もちょうどいい感じ。FeliCaにも対応しています。(2019/5/8)

Google、新スマホは廉価版 「Pixel 3a/3a XL」発表 4万8600円から FeliCaも対応
米Googleが自社開発の新型スマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表した。価格を抑えた廉価版モデル。(2019/5/8)

Switch廉価版の可能性は? 任天堂、経営方針説明会のQ&A公開
任天堂は、2月1日に行った経営方針説明会の質疑応答の内容をWebサイトで公開した。Switchの今後の販売戦略などについての質問に答えている。(2019/2/5)

組み込み開発ニュース:
組み込みAI「Jetson AGX Xavier」がモジュール供給開始、廉価版「Jetson TX2」も
NVIDIAは2018年12月13日、最新の組み込みAIプラットフォームである「Jetson AGX Xavier」のモジュール供給をグローバルで開始したと発表した。1000個以上まとめて購入する場合の価格は1099米ドル(約12万4600円)。(2018/12/14)

デュアルSIM仕様(保証なし):
UQ mobileから「P20 lite」登場 3万円台前半で6月中旬以降発売
「HUAWEI P20」ファミリーの廉価モデルがUQ mobileから登場する。デュアルSIMのSIMロックフリー仕様で発売されるが、2枚目のSIMカードの動作保証はない。(2018/5/21)

調査レポート:
「iPhone X」が1〜3月期世界スマートフォン市場で首位に──Strategy Analytics調べ
1〜3月の世界でのスマートフォン機種別販売台数ランキングで、Appleの「iPhone X」がトップだった。4位までをiPhoneが占めた。5位はXiaomiの廉価モデルで、3月に発売されたばかりのGalaxy S9 Plusが6位だった。(2018/5/6)

iPad Proとは何が違う? 「新しいiPad」ファーストインプレッション
Apple Pencilに対応した9.7型の「iPad」が発表された。3万7800円(税別)からと従来の廉価版iPadから価格を据え置いており、コストパフォーマンスが高い。ここでは、新iPadの実機を写真ともに見ていきたい。(2018/3/28)

Mobile World Congress 2018:
ZTE、縦長ディスプレイとデュアルカメラを搭載した「BLADE V9」を発表
ZTEのミドルレンジスマートフォンに新モデルが登場する。アスペクト比9:18の縦長ディスプレイを搭載し、ガラス素材とアルミフレームによって上質感を演出している。一部スペックを下げた廉価版も合わせて発売する。(2018/2/26)

中小向けに「Microsoft 365」廉価版 LTE対応「Surface Pro」とセットで「働き方改革」推進
日本マイクロソフトが中小企業の働き方改革を促進するソリューション「Microsoft 365 Business」の提供を11月1日に開始した。(2017/11/1)

万能ゲーム機「レトロフリーク」にスーファミ互換特化の廉価版登場 オプションの追加で通常版と同等に
専用のジョイスティックやマルチタップも予定。(2017/10/11)

SIM通:
ファーウェイ、ライカと共同開発した「HUAWEI P9」を発表
ファーウェイ・ジャパンは、フラッグシップスマートフォン「HUAWEI P9」と、その廉価版「HUAWEI P9lite」を発売すると発表した。また、68個のスワロフスキーを配置したスマートウォッチ「Elegant & Jewel」の発売もあわせて発表した。(2016/6/24)

根強いうわさ:
Intelのモデムは、次期iPhoneに搭載されるのか
2015年初頭から、Intelのモデムチップが次世代「iPhone」に搭載されるかもしれないといううわさはあった。「iPhone 6s(仮称)」にはQualcommチップが搭載されるとみるアナリストがいる一方、“廉価版”にはIntelのチップが搭載される可能性も捨て切れないという。(2015/8/18)

HTC、米国でDesireシリーズの廉価モデル4機種を発表
HTCが、ハイエンドの「HTC One」シリーズの機能を手頃な価格で提供する「HTC Desire」シリーズで、新たに4機種を発表した。(2015/7/16)

4980円で30メートル防水、充電不要の活動量計「MISFIT FLASH」日本発売
スタイリッシュなデザインが特徴の活動量計「MISFIT SHINE」の廉価モデルに当たる、「MISFIT FLASH」の国内販売が7月30日から始まります。30メートル防水の性能を持ちつつ、価格は4980円と非常に安いのがポイントです。(2015/7/10)

レノボがハイエンドx86サーバー新製品とThinkServerの国内販売を開始
レノボ・ジャパンが、インテルXeon E7-4800/8800 v3ファミリー搭載機をリリース。併せて、廉価モデル「ThinkServer」も国内で提供を開始した。(2015/5/14)

全12話+特典映像で1万円! 「ガッチャマン クラウズ」廉価版BD-BOX発売
この内容でこの値段は破格です。(2015/4/10)

Xiaomi、64bit対応プロセッサで約1万3500円のスマートフォン「Redmi 2」
中国市場シェア1位のXiaomi(小米科技)が、廉価モデル「Redmi」の新版「Redmi 2」を1月9日に中国で699元で発売する。(2015/1/5)

Microsoft、「Nokia Lumia」→「Microsoft Lumia」を正式発表
これまでLumiaシリーズの正面と背面に表示されていた「Nokia」のロゴが「Microsoft」に変わる。「Nokia 130」のような廉価モデルについては今後もNokiaブランドを残す。(2014/10/25)

ついに来た 個人向けOffice 365と廉価版Surface Pro 3
国内では企業向けとして展開してきたサービス「Office 365」が個人でも利用できるようになった。(2014/10/1)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。