ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マッチングサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マッチングサービス」に関する情報が集まったページです。

エンジニア稼働率100%の実現へ向けて
SESの一歩先へ 受託案件を増やしたいシステム開発会社が取るべき行動は?
SES(システムエンジニアリングサービス)案件が安定しているうちに、将来に向けて受託開発案件を増やしたいシステム開発会社は何をすればいいのか。「SESを続けるしかない」負のループから抜け出す方法とは。(2019/6/19)

飼い主のいない犬や猫の力になりたい 動物保護施設が欲しい物を送る「支援プログラム」をAmazonがスタート
必要なものを届けられるシステムです。(2019/6/13)

今日のリサーチ:
マッチングサービス利用率トップ3は「Pairs」「タップル誕生」「Omiai」――MMDLaboとコロプラ共同調査
マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、うち利用経験者は30.2%。MMDLaboとコロプラによる共同調査です。(2019/4/24)

製造マネジメントニュース:
ジェイテクト、新規事業として製造業マッチングサービスを開始
ジェイテクトは、ウェブサイトを用いた製造業マッチングクラウドサービスを立ち上げた。利用者がサイト上で図面や加工要件を登録すると、受注候補となる企業がリスト化され、オンライン上で発注できる。(2019/4/17)

OB訪問という罠:
就活生暴行事件を生んだ真犯人
就職活動中の学生と個人的に会い、性的暴行を加えた一流企業社員が懲戒解雇されました。大学のキャリア支援の現場でも学生に注意喚起をしていますが、一方で事件を生む土壌も現在の就活システムには潜んでいるのです。(2019/4/4)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
LINEの「リデザイン」が気になって仕方なかった
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2019/3/15)

簡単に出品できた:
PR:企業用フリマアプリ「ReSACO」で、会社の椅子を売ってみた
会社の引越しやレイアウト変更などによって、オフィスの備品が不用になっていませんか? そんな悩みに手を差し伸べるサービスが登場しました。その名は「ReSACO(リサコ)」。このサービスを使って、実際に椅子を売ってみたところ……。(2019/3/5)

猫を預けたり預かったり 飼い主さん同士をつなぐサービス「ニャッチング」が便利そう
よろしくお願いしますニャ。(2019/2/22)

恋愛×IT:
1000万人が利用する恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」、AIが良縁を創出する仕組みとは?
マーケティングも恋愛も肝心なのはマッチングの精度。勘と経験と運頼みでなく良縁を創出する恋愛・婚活マッチングサービスの裏側を探る。(2019/2/15)

「パワハラだ」「イベント廃止にしてほしい」 義理チョコ文化はいつ生まれ、なぜ嫌われるようになったのか?
誰が望んでいるのか。(2019/2/14)

20万人に恋人できたが……:
婚活アプリ「ペアーズ」、人気の影にある「使って破局したユーザー」を再獲得できるか
1月末の時点で累計会員数が1000万人を突破するなど人気の婚活アプリ「ペアーズ」。だが、ユーザーが増えれば増えるほど、破局する層が増えるのは自明の理だ。破局した層の存在はどの程度で、運営元はどのようにして再獲得を目指していくのだろうか。(2019/1/26)

「風呂好き」と「犬好き」は相性がいい? “異性の好み”、データで解明 マッチングサービス「Pairs」
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」の累計会員数が1000万人を突破した。サービスの好調を維持するため、蓄積したデータを分析し、マッチング精度を改善することで競合との差別化を図る。(2019/1/24)

信頼あるベビーシッターが自宅訪問で実演:
キッズラインのベビーシッターを起用したプロモーション支援、サイバー・バズが提供
サイバー・バズはキッズラインと共同で、ベビーシッターやママインフルエンサーを起用したプロモーション支援を開始した。(2019/1/18)

開発残酷物語(9):
コメントに外国語ががが!――唐揚げにつられて入社したエンジニアを襲った悲劇
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は「発注」にまつわる失敗談を紹介します――えっ、発注“する”方? 開発会社なのに???(2018/12/25)

スクラムに最適化した「オフィス」で働き方はどう変わったか エウレカ新オフィスで仕事がはかどる理由
スクラム開発の導入で働き方が大きく変わったエウレカが、移転を機に「オフィス」をスクラムに最適化。隅々までスクラムの考え方が反映されたオフィスで、働き方はどう変わったのか。(2018/12/13)

自然エネルギー:
丸井グループとみんな電力が資本提携、「新宿マルイ」は再エネ100%達成間近に
2030年までに事業用電力の再エネ利用率100%を目指す丸井グループが、エネルギー関連ベンチャーのみんな電力と資本業務提携を締結。みんな電力のサービスを利用することで、新宿マルイ本館は再エネ利用率100%の達成が見えてきたという。(2018/12/12)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

「好きかも?」AIで分析 東大と「Pairs」がタッグを組む理由
「Pairs」を運営するエウレカが、東京大学とマッチングアルゴリズムを共同開発する。利用者の行動履歴などをAIを活用して分析し、「質の高いマッチングの実現を目指す」としている。(2018/12/10)

“モテる”メッセージの送り方も分析:
恋の相性を「知」で解明――婚活アプリ「Pairs」が東京大学と提携、マッチング精度向上へ
恋愛マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカと、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室が提携。より相性のよいユーザー同士を結び付けられるサービスのアルゴリズムを共同開発していく。交際につながりやすいメッセージの文面なども分析する。(2018/12/10)

モビリティサービス:
乗車料金を0円に設定するには、タクシーの媒体価値とスポンサーの期待
ディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年12月5日、東京都内で会見を開き、タクシー配車アプリ事業を東京都内に拡大すると発表した。これまでは神奈川県内のみだった。これに合わせて、タクシーを広告媒体として扱うことで乗客が支払う乗車料金を無料にする新しいビジネスモデルも導入する。(2018/12/6)

「あなたの感情受け止めます」 奈良大が仏像マッチングサイト公開 顔写真から感情推定
奈良大学が顔写真をもとに、自分の感情に合った仏像をマッチングするサイト「Buddha Matching(仏顔診断)」を公開した。Microsoftの感情推定技術「EmotionAPI」を活用している。(2018/12/5)

キャリアニュース:
隙間時間で働きたい人のための「シェアフル」を提供、日本企業の副業解禁への後押しも
ランサーズとパーソルホールディングス(パーソル)は2018年11月13日、オンデマンドマッチングプラットフォーム「シェアフル」を提供すると発表した。2019年1月以降、事前登録受付を順次開始する。新プラットフォーム運営のため両社の合弁会社となるシェアフル株式会社も2019年1月に設立する。(2018/11/14)

ベビーシッターサービス「キッズライン」初めて使ってみたレポ
夫の出張と繁忙期が重なってしまうピンチ……!(2018/11/8)

ベビーシッターサービスのキッズラインが「家事代行」もスタート 1時間1000円からお願いできる
家事代行と保育を同じサポーターさんにお願いすることも可能。(2018/11/6)

地元出身社長が白熱議論:
北海道にとって「働き方改革」は利点だらけ?
新しい働き方は北海道にどのような影響を与えるのか――。「ワークシフト」をテーマに、共に北海道出身である、うるるの星知也社長と、サツドラホールディングスの富山浩樹社長がパネルディスカッションを行った。そこで語られたこととは。(2018/10/16)

質問に答えて適切なFPとマッチング:
お金についての悩みを、FPにチャットで相談できる「お金の健康診断」本格稼働
お金や資産運用について漠然とした不安を持っているが、誰に相談したらいいか分からない。そんな人とファイナンシャルプランナーをマッチングさせるサービスが本格稼働する。提供するのはロボアドバイザー「THEO」を提供するおかねのデザインの子会社。無料で利用が可能だ。(2018/10/12)

失敗からの再起:
会社をつぶし、手掛けた2つのサービスが終了 それでもチャンスをもらえる「許され力」の正体とは?
挑戦には失敗がつきものだ。しかしそうとは言え、すべての人が等しく再起を許され、新たなチャンスをものにできるわけではない。失敗しても許され、再起できる人とそうでない人の違いはどこにあるのだろうか? 「タップル誕生」を手掛けるマッチングエージェントの合田武広社長が自身の経験を語った。(2018/10/9)

水曜インタビュー劇場(ランチ公演):
東京で「フードトラック」が、どんどん増えている秘密
平日の昼。毎日同じようなモノを食べていて、飽きているビジネスパーソンも多いのでは。そんなランチ難民とも言える人を救うかもしれないサービスが登場している。フードトラックと空きスペースがあるオフィスビルをマッチングさせるサービスで、そこで提供されるランチを利用する人が増えているのだ。(2018/9/19)

PR:ロボット教室、狩猟者マッチングサイト――岐阜の里山で新規事業が生まれる理由
(2018/9/10)

市場の現状と課題:
EdTechで働き方は変わるのか?
「EdTech」とは「Education(教育)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語である。インターネットなどITの発展により、時間や場所の制約がなくなり、より双方向での学習や個々に合わせた学習が可能となったが、市場としては課題もある。EdTech市場の現状とこれからの発展に向けた課題について考察する。(2018/8/10)

サイボウズ式:
地方移住はハードルが高い。都心で働く人には「地方複業」がベストではないか
(2018/7/10)

「難しいからこそ需要がある」 AIが足に合う靴提案するマッチングシステム、開発の理由は?
3Dデータ化した靴の内寸と顧客の足をAIがクラウド上でマッチングし、ぴったりサイズの靴を提案するマッチングシステムをフリックフィットが開発した。ヒールによる傾斜など何かと選ぶのが難しい女性のパンプス向けに開発したというが、その実力は?(2018/6/29)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
勝手に“天職”を見つけ出す転職AIがすごい
転職活動をしてもいない人にスカウトのメールが届くscoutyが威力を発揮している。ネット上の個人情報を収集、AIが分析して企業とマッチングする。(2018/6/27)

自然エネルギー:
ソーラーシェアリング事業の課題を解決、営農者のマッチングサービス登場
エコ・マイファームはソーラーシェアリング設備への営農者マッチングサービスおよび営農サポートサービスを開始。ソーラーシェアリングの課題といわれる、営農者が見つからないなどの問題の解決を支援する。(2018/6/13)

働き方改革の急先鋒? 「株式会社週休3日」がSNSで話題に
どんな会社なのか?(2018/6/12)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
誰でも気軽にモノづくりを楽しむ古民家――ものづくりカフェ こねくり家(佐賀県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第26回。佐賀県佐賀市の古民家で運営されているカフェ+ファブ施設「ものづくりカフェ こねくり家」を紹介する。(2018/6/8)

地域が移住者“スカウト”する「SMOUT」、カヤックが公開
移住希望者と地域のマッチングサービス「SMOUT」をカヤック子会社が公開。興味関心や得意分野を登録しておくと、地域から声がかかる仕組みだ。(2018/6/6)

学生に待遇よりも社員の生き様を伝える:
カギは企業と学生の「共感」 AI使ったOB訪問システムが若手の離職防止に効く訳
OBと学生をマッチングさせるサービス「VISITS OB」が着目されている。求人情報でなく互いに共感し合った学生とOBが結び付き採用につながるため離職防止になるという。(2018/5/30)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
富士の国から生み出す新しい事業――Mt.Fujiイノベーションエンジン(山梨県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第22回。山梨県甲府市を拠点に活動している起業・創業支援コンソーシアム「Mt.Fujiイノベーションエンジン」を紹介する。(2018/5/11)

24時間利用可能:
セブン‐イレブン、ATMとレジで送金受け取り可能に 国内初、口座介さず
企業の個人宛て送金をセブン‐イレブンのレジとセブン銀行のATMで受け取れるサービスが始まる。銀行口座を介さずに取引できるのが特徴。(2018/5/2)

「ごく自然なもの」:
米Facebook、デートサービス開始へ 独身ユーザー2億人
米FacebookのザッカーバーグCEOは、同社として初めてデートサービスを開始すると発表した。(2018/5/2)

13万人に恋人できた:
ビッグデータで恋愛成就 「Pairs」躍進のワケ
競争が激化する国内マッチングサービス市場において、多くのユーザーから支持を得ている「Pairs」。2014年にサービス開始後、日本では累計13万人の会員に恋人ができたという。運営元のエウレカ経営陣に躍進の理由を聞いた。(2018/4/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
なぜメルカリはホワイトな労働環境をつくれるのか?
メルカリの福利厚生がホワイトすぎると話題だ。多くの日本企業は働き方改革を実践するため、残業時間の規制などに躍起になるが、根本的な誤解も多い。メルカリの取り組みを知ることで働き方改革の本質が見えてくるはずだ。(2018/4/12)

“引っ越し難民”救う? 荷主とドライバーをマッチング「Pickgo」、単身引っ越し依頼が3倍に
個人の配送依頼と配送ドライバーをマッチングする「PickGo for Personal」を使った単身引越しの依頼件数が増加。“引っ越し難民”が報じられる中、ドライバーマッチングサービスが注目を浴びているようだ。(2018/3/9)

プロエンジニアインタビュー(8):
教えて! キラキラお兄さん「AIは転職エージェントの職を奪いますか?」
グーグルのインターンを経て、英エディンバラ大学大学院で機械学習を学び、ベンチャー支援の経験も積んだ島田寛基さんは、機械学習を駆使した人材マッチングサービスを提供する「scouty」の代表取締役だ。島田さんが自らの進路をどう作り上げ、どのような筋道で起業に至ったのかを聞いた。(2018/2/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

AIで「ビジネスマッチングサービス」を高度化――山口FGと山口銀行、日立が実証実験へ
山口フィナンシャルグループ(山口FG)と山口銀行は、日立製作所の「Hitachi AI Technology/H」を用いて、顧客企業のビジネスパートナーをマッチングするサービスの実証実験を行う。事業データと企業信用調査データを分析することで、マッチングの精度向上を目指す。(2018/1/16)

“相性がいい”取引先、AIがマッチング 日立、山口銀行など実験
山口銀行、日立などが「ビジネスマッチング」の精度向上のためにAIを活用する実証実験を行う。(2018/1/15)

太陽光:
太陽光発電所の売却額をWebと訪問で査定、セカンダリー市場に新規参入
太陽光発電所のマッチングサービスなどを運営するグッドフェローズは、太陽光発電所の訪問およびWeb査定サービスを開始。太陽光発電所のセカンダリー市場に参入する。(2018/1/15)

地域活性化伝道師が語る:
「地方は不利」――そんな常識を覆す手段はあるのだ
2017年は地方創生政策がスタートして3年が経過。計画ではなく実績が問われるようになりました。従来のように人口だけでどうにか地方を保持しようとするのではなく、新たな地方の持続可能な仕組みを考えるというテーマに地方創生はシフトしていくはずです。そうした中で地方は何をすべきでしょうか。(2018/1/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。