ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マッチングサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マッチングサービス」に関する情報が集まったページです。

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

CFO Dive:
違反企業は「数十億円の罰金」も? AIのリスクは大きすぎるのか問題に新たな一撃
生成AIをはじめとするAIを本格的に導入する企業は増えるばかりだ。一方で、各国政府はAIが抱えるリスクを重大視し、ルールを違反した企業に多額の罰金を課す流れが標準化するとの見方もある。(2024/2/13)

SaaS導入支援メディア「ITセレクト」オープン 専門コンシェルジュが製品選定をサポート
アイティメディアと発注ナビが、SaaSなどのITツール選定を支援するメディア「ITセレクト powered by 発注ナビ」を新たにオープンした。従来のSaaS選定支援サイトで見受けられる「資料請求すると多数のベンダーから営業連絡が来る問題」を解決し、ユーザーにとってストレスのないサービスを提供するとしている。(2024/1/15)

産業動向:
助太刀、しずおか焼津信用金庫のグループ会社と提携 信金顧客の工事会社にマッチングサービス紹介
助太刀は、建設業向けマッチングサービスをしずおか焼津信用金庫の取引先工事会社に紹介することを目的に、信金グループの静岡焼津マネジメントと業務提携を締結した。(2024/1/10)

NEWS Weekly Top10:
無理ゲーすぎ! 「婚活中の僕(実在)との恋愛ゲーム」公開、100問正解必須
クリスマス前にSNSで衝撃のサービスを発見した。「デートシミュレーター 佐藤翔 100の質問」だ。Webデザイナーの佐藤翔さん(38)が開発した、独身女性向けのゲームで、100の質問に答えて全問正解すれば、佐藤さんと相性がピッタリだと分かるという。(2023/12/25)

現場管理:
教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が「WORK DESIGN AWARD」受賞
野田配管工業が提供する教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が、SmartHRの「WORK DESIGN AWARD」PRODUCT部門を受賞した。(2023/12/25)

人材業界、学生の4割が選考検討 認知度TOP3の企業は?
多くの業界の中でも「人材業界」は人気傾向にあるが、学生はどのようなイメージを抱いているのか。インタツアー(東京都港区浜松町)が調査を実施した。(2023/12/15)

業績は右肩上がり:
「営業活動はSalesforceで全て完結」 ツール活用を100%社員に徹底させる方法
(2023/12/15)

ペアーズ運営元、都のマッチングサービスを歓迎 「業界にとって追い風」
マッチングアプリ「ペアーズ」を運営するエウレカは12月7日、事業戦略発表会を開催。そこにて、東京都が提供するマッチングアプリについて「業界にとって追い風」とコメントした。(2023/12/8)

東京都、婚活マッチングサービス「TOKYOふたりSTORY」提供開始 利用は無料
東京都は、結婚に関心がある人に向けて「AIマッチングシステム」の提供を始めた。価値観を診断するテストを基に、AIが相性の良い相手を紹介する仕組み。(2023/12/7)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
ライドシェアは地方交通を救えるか それとも「善意につけ込むサービス」で終わるのか
(2023/11/17)

フリーランス人事の平均年収は? 1000万円以上が1割
フリーランス人事の平均年収は? フリーランスの求人マッチングサービスを運営するCAMELORSが調査したところ……。(2023/10/31)

「地方好き」から人気が高い都道府県 3位「島根」、2位「鹿児島」、1位は?
カヤックが「SMOUT移住アワード2023上半期」を発表した。地方に関心を持つ人の人気が高い都道府県・市区町村が明らかになった。(2023/10/28)

IT企業デスクツアー:
メタップスで働くみんなのデスク環境 社長からITエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はメタップスホールディングスで働く人に注目。(2023/10/16)

東京ゲームショウ2023:
ポータブルゲーミングPCの展示即売会も! 活気あふれる東京ゲームショウに行ってきた
9月24日まで、幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2023」。広い会場に埋め尽くすほど、大小さまざまなブースで各企業が出展している。その中でもひときわ巨大なブースを出していたclusterをはじめ、PCを中心に熱気あふれる様子をリポートする。(2023/9/23)

企業内弁護士が監修:
「電子帳簿保存法」の改正内容と、フリーランスがやっておくべきこと
2022年に改正された「電子帳簿保存法」の、「電子取引のデータ保存」の猶予期間が2023年12月で終了します。法改正によりどのような影響があるのか、フリーランスエンジニアはどのように対応したらいいのか、分かりやすく解説します。現在フリーランスで活躍しているエンジニアの皆さん、今後フリーランスになることを視野に入れている皆さん、そしてフリーランスエンジニアとビジネスを行っている皆さん、参考にしてください。(2023/9/11)

人づてでは職人や工事会社の確保に限界も:
PR:建設業界の人手不足が深刻化、求める人材に効率的にアプローチする方法は?
技術者の高齢化や若手就業者の減少による人手不足が課題となる建設業界。働き方改革関連法による時間外労働時間の上限規制適用も迫る中、解決は急務だ。そんな中 、「助けの手」となり得るサービスを導入し、事業を拡大する企業もある。(2023/8/21)

企業内弁護士監修:
「フリーランス保護新法」の概要とフリーランスエンジニアへの影響、注意すべき点総まとめ
フリーランス保護新法って何なの? どんな影響があるの?――現在フリーランスで活躍しているエンジニアの皆さん、今後フリーランスになることを視野に入れている皆さん、そしてフリーランスエンジニアとビジネスを行う可能性のある皆さんに、フリーランス保護新法のあらましを分かりやすく解説します。(2023/7/24)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI開発、富士通の強みは? スパコン「富岳」をどう生かすのか
生成AIはビジネスや社会にどんな変化をもたらすのか。連載「生成AI 動き始めた企業たち」第4回は、スーパーコンピュータ「富岳」を活用し大規模言語モデル(LLM)を開発すると発表した富士通を紹介する。(2023/7/13)

退職を考えている:
新入社員の入社理由1位は「安定している会社だから」 初任給の平均は?
アン・コンサルティングは新入社員に入社理由などを調査し、その結果を発表した。(2023/6/7)

24卒就活本格化:
就活生向け“視線が上がる広告”に反響 「OfferBox」運営元が込めた思いとは
6月に入り、2024年卒業予定の大学生の就職活動が本格化する中、就活支援サービス「OfferBox」を手掛けるi-plugが渋谷駅構内に掲出した広告が注目を集めている。行動心理学に基づき、就活生向けに出稿したという。(2023/6/3)

都道府県ランキング:
投資物件の人気上昇エリア 1位「和歌山」、47位は?
投資用不動産のマッチングサイトなどを運営しているファーストロジックは「投資物件の人気上昇エリア」を調査した。1位は「和歌山」に対し、最下位は……。(2023/5/26)

カヤックが調査:
人気の移住先 3位「兵庫県豊岡市」、2位「滋賀県長浜市」、1位は?
移住・関係人口促進のためのマッチングサービス「SMOUT」を運営するカヤック(神奈川県鎌倉市)は、2022年4月1日〜23年3月31日に約4万4000人のユーザーが興味を持った地域を集計し、「SMOUT移住アワード2022」を発表した。その結果、「長野県伊那市」が1位を獲得した。(2023/4/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
キャリアの話ができない職場に未来はない!? リーダーがいますべきこと 〜人事課題の解決策「1on1」に期待される3つの役割
多様な働き方が広がる一方、「若年層の離職」「従業員満足度・エンゲージメント率の低下」「女性管理職の壁」など人事課題に悩む企業が増えています。そんななか1つの解決策として期待されるのが「キャリア1on1(ワンオンワン)」です。なぜ、いま1on1なのか。日本で初めて社外メンター育成・マッチングサービスを事業化し、『女性部下や後輩をもつ人のための1on1の教科書』を上梓した、株式会社Mentor Forの池原真佐子さんに話を聞きました。(2023/4/27)

現場管理:
BRANU、建設DXプラットフォーム「CAREECON Platform」サイト公開
BRANUは「CAREECON Platform」のプロダクトサイトを公開。もともと個別に公開していた、CAREECON 集客、CAREECON 採用、CARERCON 施工管理、CAREECONマッチングの4つのプロダクト情報を1つのWebサイトにまとめた。(2023/4/11)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
朝ドラ「舞いあがれ!」に見る町工場のリアル
ステレオタイプではなく中小製造業のリアルが描かれていて面白いです。(2023/3/6)

どんな会社で副業したい?:
「チャレンジしたい副業」ランキング 2位は「地域おこし」、1位は?
副業人材のマッチングサービスを運営するパーソルイノベーション(東京都港区)は、副業でチャレンジしたいと思う職種や企業の特徴について全国の20〜40歳代の会社員男女670人を対象に調査を実施した。(2023/1/30)

今、自治体に「消防・防災DX」が強く求められている──そのワケは?
これまでの政府による防災対策は、実際に起こった大災害後にバージョンアップを繰り返してきた。今求められている「防災4.0」はこれまでのそうした対策とは少し経路が異なるものだ。防災4.0とはどんなもので、なぜ必要なのか。(2023/1/25)

ハウスクリーニングを依頼してみたい場所 2位「レンジフード」、1位は?
「日本トレンドリサーチ」を運営するNEXER(東京都豊島区)は、ハウスクリーニングのマッチングサービス「洗家」を運営するリスダンケミカル(東京都豊島区)と共同で、「ハウスクリーニングを依頼してみたい場所」に関する調査を実施した。(2022/12/29)

重視するのは「時間効率」:
学生に人気の「短期バイト」ランキング 3位「リゾート施設」、2位「イベント運営」、意外な1位は?
仕事紹介サイトなどを運営するエントリーが、全国の学生を対象に短期アルバイトに関する調査を実施し、結果を発表した。その結果、ちょっと意外なアルバイトに人気が集まった。(2022/12/12)

あの会社が使うバックオフィスSaaS:
Visonal編:グループ経営体制の上場企業はどんなSaaSを使っている?
スタートアップだけでなくグループ経営体制を持つ上場企業でも、SaaSの導入は当たり前になっている。今回は、2009年にビズリーチとして創業し、20年にグループ経営体制に移行したVisonalグループに、自社でのSaaS活用について聞いた。(2023/1/13)

フリーランスになったエンジニアの86%が「正社員に戻りたくない」
アン・コンサルティング(東京都渋谷区)は、正社員のエンジニア150人と正社員を経験しフリーランスとして働くエンジニア150人の計300人を対象に、「フリーランスエンジニアへの転向意識調査」を実施した。(2022/12/2)

「炎上」の正しい回避法(1):
その謝罪、逆効果かも……炎上発生時における「3つの心得」
ネットが普及し、いとも簡単に「炎上」が起きる世の中になった。炎上の火種を見つけたとき、初動の対応がずさんであるほど、不手際がさらに広く拡散されて悪い評判が広まってしまう。そうならないために、どのように対応すべきなのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏が解説する。(2022/12/2)

役員を説得:
三菱地所グループの30代社員が、不動産マッチングサービスを立ち上げた軌跡
不動産業界の構造に一石を投じるマッチングサービス「タクシエ(TAQSIE)」を立ち上げた三菱地所リアルエステートサービス新事業推進部の落合晃さんと馬塲晃さんに、日本の不動産の課題とサービスを立ち上げるまでのプロセスを聞いた。(2022/11/30)

いまだ「紙とExcel」な奨学金にDXを ベンチャー企業「ガクシー」が目指す「あきらめなくていい社会」
奨学金のニーズが増加する中、運営は驚くほどアナログだ。 “アナログすぎる”奨学金をDX化し、お金の心配をせずに高等教育を受けられる世界を実現したい――奨学金マッチングサイトを運営するガクシーは、こんな理想を掲げる。(2022/11/17)

「いずれ、バーチャル世界は現実を超える」 AIベンチャー→メタバース 30歳連続起業家の視線
23歳の時、AIを使った人材マッチングサービス「scouty」(現在のLAPRAS)で起業した連続起業家は、新会社Polyscape(ポリスケープ)を設立。「子どものころから憧れていた」というメタバース実現に挑む。(2022/11/4)

約4万人に調査:
都道府県別、人気の移住先ランキング 北海道、兵庫県を抑えた1位は?
移住・関係人口促進サービス「SMOUT」を運営するカヤックが、約4万人のユーザー動向から調査した人気の移住先ランキングを発表した。市区町村と都道府県別にランク付けしている。(2022/10/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
AI vs 絵師の戦争勃発? たった10円以下で本格イラストをつくれる「NovelAI」は人類の仕事を本当に奪うのか
AIを使ったイラスト生成サービスが話題だ。一部では、絵師たちの仕事を奪うのではないかという危惧も出始めているが、実際のところ、どうなのか。筆者が実際に「Novel AI」を使ってイラストを制作するとともに、絵師とAIの未来を考えてみた。(2022/10/14)

空き家問題:
“空き家問題”を解決するベンチャー企業と自治体の「公民連携」最前線(下)〜クラッソーネの解体工事紹介サービスと南知多町の「官民共創」〜
総務省の「住宅・土地統計調査」(2019年4月26日公表)によれば、国内の空き家数は一貫して増加し続け、1988年から2018年までの30年間には452万戸(114.7%)が増え、空き家率(空き家戸数が総住宅戸数に占める割合)も2018年には13.6%に達している。深刻化する「空き家問題」に対し、行政と民間が連携した取り組みが求められる一方で、現状ではハードルも多い。(2022/9/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「後継者不足」は大企業の方が深刻? 時価総額5兆円「日本電産」が渡せないバトンの行方
後継を担う者が現れないという問題は大企業であっても例外ではない。むしろ、時価総額が1兆円を超えてくる企業の経営を引き継ぐという超弩級の仕事を担える人材を、その辺から見つけてくる方が中小企業よりもよほど難しい課題であり、経済に与える影響も大きいのではないだろうか。(2022/9/2)

DXによる製造業の進化(4):
【DXで勝ち抜く具体例・その1】場を創造するビジネス
国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第4回は、第2回で取り上げたDXで勝ち抜く4つの方向性のうち「場を創造するビジネス」の具体例として、PatientsLikeMe、OpenDesk、Seibii、Manbangの取り組みを紹介する。(2022/9/1)

ハイパースケーラーがスキル需要をけん引:
ITエンジニアが習得したい技術と、企業が求める技術 需給の差は縮まるのか
人材クラウドサービスを手掛けるTuring.comの幹部が「Stack Overflow」のブログに記事を寄稿し、ソフトウェア開発者のスキルに対する企業の需要の変化や、開発者のキャリア形成における経験の位置付け、求められる経験などを解説した。(2022/8/24)

灼熱の日本:
電力ひっ迫の夏 エアコン掃除に強い「おそうじ本舗」の勝算
「おそうじ本舗」フランチャイズチェーン事業を展開するHITOWAライフパートナーの見澤直人社長に、ハウスクリーニング市場や今後の展望を聞いた。(2022/8/9)

企業の対策は?:
副業解禁で、優秀な社員が辞めていく──なぜか?
コロナ禍を機に副業解禁を発表する企業が増えました。キャリアの広がりという観点で従業員にはメリットが多いニュースのように感じます。一方、会社にとっては「優秀な人材の流出」というリスクがメリットよりも大きいように感じます。副業と離職の関係性などについて考察していきます。(2022/8/4)

年収分布では400万円台が最も多い:
エンジニアの年収、言語別トップはSwiftの469万円、SAMURAIが調査
SAMURAIは「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。年収の分布を見ると、最も多かったのは「400万円以上500万円未満」で、29%を占めた。プログラミング言語別に平均年収を見ると、最も高いのは「Swift」の469万円だった。(2022/8/1)

グローバルエリートのキャリア:
アップル勤務からTinderのトップに 「世界を股にかける」CEOの手腕
Tinderのレナータ・ナイボーグCEOに、これまでどんなキャリアを歩んできたのかを聞いた。(2022/7/27)

マッチングアプリの展望:
Tinderのグローバルトップに聞く勝算 アジア太平洋で前年比25%増収を目指す
マッチングサービス世界最大手Tinderのレナータ・ナイボーグCEOに今後の展望を聞いた。(2022/7/22)

起業者「1万人創出」を掲げる官民連携プラットフォームが発足 なぜ1社の「ユニコーン」より「起業層拡大」を狙うのか
起業希望者を支援する官民連携のプラットフォーム「NOROSIスタートアップハブ」が発足した。同取り組みが有望な起業希望者への集中投資による「ユニコーン」輩出ではなく、起業を目指す層の拡大をかかげるのはなぜか。(2022/7/13)

ビジネス・ウェディングの撮影に特化 プロカメラマンマッチングサービス「TOTTA」をリリース
写真撮影や動画制作を行うデルタクリエイティブ(東京都千代田区)は7月7日、ビジネス・ウェディング撮影に特化したプロカメラマンマッチングサービス「TOTTA(トッタ)」をリリースした。(2022/7/8)

「恋愛アプリでのドタキャンやめて」 マッチングサービスのwithがユーザーに呼び掛け 「週末・連休明けは顕著に増加」
恋愛マッチングアプリの「with」を提供するwithが、マッチングした相手と出会う約束の“ドタキャン”をやめるよう、ユーザーに呼び掛けた。週末や連休明けにユーザーからの報告が相次ぐという。(2022/7/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。