ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「松井証券」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「松井証券」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マネックス証券がダークプール活用 SOR注文で有利な価格に
マネックス証券がダークプールを使うSOR注文サービスを開始した。複数の取引所の中から最も有利な条件で注文を出す。東証で取引した場合よりも有利になった場合、改善効果を約定画面で確認できる。ネット証券を中心にダークプールの利用が進みつつある。(2019/6/18)

株式取引、手数料無料がトレンド:
ダークプールを活用 STREAMが株取引手数料ゼロを実現できる理由
ネット証券の登場から約20年がたち、スマホファーストを打ち出す証券会社が続々登場。スマホをメインとするSTREAMは、株式売買および信用取引の手数料無料をうたう。従来のネット証券と、新しいスマホ中心の証券会社はどこが違うのか?(2019/4/23)

低調な中国の指標も重しに:
大幅反落、下げ幅400円超 先物売りで崩れる
東京株式市場で日経平均は大幅に反落した。世界景気に対する先行き懸念が相場の重しとなる中、海外短期筋とみられる先物売りに押され、下げ幅は440円を超えた。(2018/12/14)

個人投資家列伝(3):
「いくら貯まったらセミリタイアできる?」は愚問 ナイトウォーカーさん
長年資産運用を続けてきたブロガーのナイトウォーカーさんだが、株式でもうけようとはせず、市場平均に合わせたリターンを得るべきだと話す。超過収益は本業の仕事に任せるという考えだ。(2018/12/13)

「強いリーダー」なき後は:
見方分かれる日産株投資、高配当とアライアンスの維持なるか
日産株は売りか、買いか? カルロス・ゴーン会長逮捕というニュースを受け、20日の市場では売りが先行したが、押し目買いが入って下げ渋る動きもあった。日産株には高い配当利回りと3社連合の先行きという2つの論点がある。(2018/11/20)

今日のリサーチ:
スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユーザビリティランキング2018」を実施し、国内主要50サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価しました。(2018/5/25)

PR:俺の知ってる刀鍛冶と違う! 子どもの養育費とかの愚痴がすごい「刀神工房」のドキュメンタリーが匠の威厳ゼロ
「動画投稿はじめたけど伸びない」「息子は私立に行くし……」(2017/11/13)

PR:誰か正解教えてやれ! 漫画家たちが知識ゼロで「とうしんこうぼう」について描いた漫画が全部カオス
全員意見バラバラじゃねえか!(2017/11/8)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

ゼロからはじめる株式投資入門:
そもそも「株」って何?
今さらですが、「株」とは何でしょうか? そして、株を買うことでどんなメリットがあるのでしょうか? 今すぐ分かる株式投資の基礎の基礎をおさらいしましょう。(2013/10/25)

仕事をしたら“最年少上場”だった(前編):
なぜリブセンスにできて、リクルートでできなかったのか――成果報酬型のビジネス
ネット上にアルバイト情報はたくさんあるが、ここ数年「ジョブセンス」に注目が集まっている。なぜ企業はこのサイトに広告を出し、ユーザーは応募するのか。サイトを運営している最年少上場社長・村上氏に、ビジネスモデルなどを聞いた。(2013/5/29)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
慣習にとらわれるな! “業界初”を打ち出し続けるクレディセゾン
一橋大学大学院の大薗教授が「ポーター賞」受賞企業のユニークな競争戦略を分析する。本稿ではクレディセゾンのクレジットカード事業をピックアップする。(2013/4/25)

ビジネスイノベーターの群像:
ネット証券業界を先導し続けてきた革新者――松井証券 松井社長
今では一般的になったオンライン株取引だが、90年代後半、オンライン取引への特化を他社に先駆けて断行し、ネット証券業界を牽引してきたのが松井証券の松井道夫社長である。婿養子として四代目社長に就任以降、バブル崩壊に続いた金融自由化という経営環境の激変にいち早く適応するべく大胆に事業の刷新と創造を続けてきた。(2012/4/24)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
「60歳以上は信用するな!」 ――夏野剛が若者に説くワークスタイルの新フォーム
「インターネットの普及が、人類に3つの革命を起こした」と語る夏野剛氏。ジョブズ同様、人々のライフスタイルを革新的に変えるサービスを世に投じてきた彼には、日本人のワークスタイルに関して、どうしても若者に伝えたいことがあるという。(2012/4/9)

家電量販の満足度1位は「ヨドバシ」 業界団体調査
サービス産業の業界団体による顧客満足度調査によると、家電量販店では2年連続でヨドバシカメラが1位に。銀行では住信SBI銀、旅行では一休.comがトップになるなど、ネット専業の満足度も高い。(2012/2/7)

誠 Weekly Access Top10(2011年6月18日〜6月24日):
東京電力株は暴落途中で売り抜けられなかったのか?
東日本大震災が起こった3月11日に2121円で取引を終えた東京電力株。原発事故の影響で翌週3月14日から3営業日連続で場中に寄らず、3月17日になってようやく全株一致で741円で寄った。東京電力の株主はなすすべなく資産が3分の1となったわけだが、この損失を抑える手立てはなかったのか、考えてみた。(2011/6/30)

「3年でシェア30%に」――ネット証券大手4社が投信販売でタッグ
SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券は3月2日、投資信託の販売面における協力プロジェクト「資産倍増プロジェクト」を立ち上げると発表した。共同でイベントや広告展開、Webサイトの立ち上げを行うほか、4社専用の投資信託の組成・販売にも踏み込んでいく。(2011/3/2)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクがピックアップした“オススメiPhoneアプリ”
9月17日から、ソフトバンクモバイルが何度か新聞にiPhoneの全面広告を打っている。その内容が、多数のiPhoneアプリの紹介というちょっと変わった形だったので、見られなかった方にも簡単にアプリがダウンロードできるよう、リンク集を用意してみた。(2009/9/22)

リリースダイジェスト(3月25日)
松井証券のiPhoneアプリ登場、アクロディアが慶大の映像イベントに「VIVID Communicator」提供、Wi2と三菱地所が丸の内で位置情報連動サービス、など。(2009/3/25)

リリースダイジェスト(3月25日)
iPod用スピーカーで音楽を再生できるBluetoothアダプタ、松井証券の「株touch」、カタカナ英語辞書「シン万次郎」、日本気象協会の第5回桜開花予想など。(2009/3/25)

カブドットコム、モバイルデータ通信サービスで移動営業所のネット環境を整備
ネット証券のカブドットコムは、対面営業の強化に備え、車両による移動営業所で証券窓口サービスを展開している。この営業所のインターネット環境の構築に、IIJのモバイルデータ通信サービスを採用した。(2008/10/21)

ネットを使っての株式売買、「する派」と「しない派」の理由
株式市場が低迷している中、今後、ネットを使って株式売買をしたいと思っている人はどの程度いるのだろうか? 「株式売買をしたい」という人は3割を切り、ここ数年の減少傾向に歯止めがかからないようだ。マイボイスコム調べ。(2008/8/26)

分散投資特集:
外貨預金・外貨MMFで低金利の日本から脱出
金利ものの外貨建て金融商品としてFX(外国為替証拠金取引)が注目を集めているが、以前から人気があるのが外貨預金や外貨MMF。比較的安全性が高いため、分散投資の対象にしている個人投資家は多い。それぞれがどんな金融商品なのか、どのように取引をすれば良いのかみていこう。(2008/8/25)

株取引をケータイで――松井証券の「松井ケータイ」
(2008/3/5)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
“Moving Future”で創る金融の一歩先
1999年、当時ゴールドマン・サックスのパートナーだった松本大氏が、ネットに本気で取り組むことができない大企業を飛び出し設立した、マネックス証券――今では日本を代表するネット証券になった。同社は「金融の未来」を描こうとしている、という。(2008/1/2)

ネット証券No.1を掲げるクリック証券、その可能性は?
今後の事業戦略を発表したクリック証券。2006年5月に開業したばかりだが、すでにFXの取扱高は大手ネット証券を上回る。「ネット証券業界No.1」の目標を掲げるが、口座数や手数料などで課題が残る。(2007/12/4)

「個人投資家が手控え」――ネット証券の9月の実績が低迷
サブプライムローン問題による株安の影響は個人投資家のみならず、証券会社にも響いた。大手ネット証券の1日あたりの売買高は、2ケタのマイナスとなった。(2007/10/4)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
最終回! 超ビギナーとダメ投資家は持ち金100万円を超えたか?
7月から始まった「誠倶楽部」もとうとう今回が最終回。気になる最終結果を発表するとともに、「もし手数料のかかる本当の取引だったら」「もし最初に買った株を3カ月保有していたら」どうなっていたかも検証してみよう。(2007/10/1)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
ハリケーンが来れば株価が下がる理由
7月から始まった「誠倶楽部」も残すところあと3回。勝負の行方は佳境に入ろうとしているが、相場は難しい局面が続いている。この環境下で「ハリケーンに注意」「自動車関連株・電力株に注目」と分析する指南役。そのココロは?(2007/9/18)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
株価に影響を与える要素は“3つだけ”
7月からスタートした「誠倶楽部」も、残り1カ月を切った。大波乱相場という環境下で、メンバー3人の中に“勝ち組”と“負け組”が出てきたようだ。今回の指南役が指摘する「株価に与える要素は3つ」の意味とは……?(2007/9/10)

夜間取引がブーム? PTSに群がるネット証券の“台所事情”
日中は忙しいビジネスパーソンにとって、株の夜間取引って魅力的? 5社連合で新たな市場ができたとはいえ、果たしてブームは起きるのか――。(2007/8/30)

株式投資、する理由、しない理由
マイボイスの調査によると、ネット証券を利用している人は過去3年間でほぼ横ばい。株取引のイメージは「難しそう」や「情報漏えいが心配」など、マイナスのイメージが強いようだ。(2007/8/24)

「日経平均株価は1万6779円に回復する」というシナリオ
米国のサブプライムローン問題で、世界の金融市場が大荒れとなった。日経平均株価が2カ月で3000円ほど下げた中、松井証券のマーケティング部が今後の展開を分析した。(2007/8/22)

認知率が最も高かった野村證券のイメージとは?
証券会社の認知率は、野村證券など4社が9割を超えた。店舗型の証券会社の認知率が高く、ネット証券のトップは松井証券の6位だった。MDBネットサーベイ調べ。(2007/8/17)

7月の月間売買マイナス、口座数は増加――松井証券
(2007/8/2)

手数料競争の敗北を認めた松井証券、次なる“実験”とは
市場シェアが低下している松井証券は、手数料競争に出遅れたことが要因だと分析する。手数料は据え置き、他社よりもいち早く新サービスと商品を提供していくという。先行者メリットを狙う同社だが、巻き返すことができるのか?(2007/7/26)

シニア層の囲い込みで得たものとは――カブドットコム証券の戦略
ネット証券といえば若年層の個人投資家が中心だ。だが、カブドットコム証券では数年前からシニア層へアプローチ、割引などでシェアを拡大。その結果、大手ネット証券の中で唯一伸ばしたものがあった……。(2007/7/4)

松井証券、「三菱UFJへの傘下入り」にコメント
(2007/6/27)

FXを動画コンテンツで説明、松井証券
(2007/6/22)

G-FORCE 2007 Report:
ダイナミック・コンタクトセンターが企業と顧客を結ぶ――G-FORCE JAPAN 2007
米国で開催されたG-FORCE 2007が、このたび日本でG-FORCE JAPAN 2007として実施された。(2007/6/19)

日経mini手数料63円に引き下げ、松井証券
(2007/6/18)

個人情報の取り扱いで合意得られず、行動ファイナンスの研究を無期延期、松井証券
(2007/6/7)

「私の責任」――松井証券の社長が謝罪
個人投資家の市場離れが進み、他のネット証券と同様に減収減益を避けられなかった。なかでも手数料の引き下げ競争に巻き込まれ、シェアを獲得できなかったことが響いた。(2007/5/1)

台湾地震で通信障害、日本にも影響
携帯電話の国際ローミングサービスが利用できなくなるなどの影響が出ている。(2006/12/27)

松井証券向けに携帯用リアルタイム・トレーディング・ツールを開発
(2006/10/25)

kabu.comの夜間市場がスタート
(2006/9/15)

松井証券も夜間取引 即時決済を導入
(2006/7/28)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
期待も大きい「ネット金融2.0」
GMOインターネット証券の試みに禁じ手の可能性を示唆する声がある一方で、その果敢な挑戦には大きな期待も寄せられている。それは、ネット証券黎明期にネット証券業に参入した、松井証券(※1)の活躍と似ているようだ。(2006/7/24)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
胎動するネット金融業界
ネット金融の新しい世界が、にわかに胎動している。ネット銀行、ネット証券が次々に誕生する傾向が顕著になっている。それも、ネット企業を中心とした、金融以外の業界からの参入が目立つ。そこで、その動向をまとめてみた。(2006/7/3)

ホワイトペーパー:
マネージドPKIサービス導入企業事例集
ベリサインの「マネージドPKIサービス」を導入した電力、金融、情報通信サービス、製造業など19社の20事例を紹介する。(2006/4/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。