ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大阪都構想」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大阪都構想」に関する情報が集まったページです。

「都」「道」「府」「県」って何が違うの?
「廃藩置県」は聞いたことあるけれど……。(2017/12/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なにわ筋線に阪急電鉄参加、各社への波紋
“なにわ筋線”構想に新たな展開だ。阪急電鉄が参入を表明し、直通運転を見込んで十三から北梅田へ新線を建設したいという。その構想の先には、宿願の新大阪駅延伸がある。一方、中之島線を持て余す京阪電鉄にも商機が見えた。(2017/3/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「なにわ筋線」の開通で特急「ラピート」と「はるか」が統合される?
JR大阪駅周辺の新線計画が進ちょくしている。大阪駅の北側に北梅田駅(仮称)を作り、新大阪駅発着の特急を停車させる。さらにJR難波と南海難波新駅を結ぶ「なにわ筋線」構想が絡む。おおさか東線の新大阪駅延伸も組み合わせると、新たな環状ルートができる。(2016/11/11)

橋下氏が辛辣ツイート「鳥越さん、ケツの穴小さくないか?」
政治家を引退した橋下徹弁護士の「Twitter」への書き込みが盛んだ。法律政策顧問を務める国政政党「おおさか維新の会」の党名変更問題から東京都知事選、米大統領選に至るまで、橋下節で縦横無尽に“突っ込み”を入れている。(2016/8/2)

今年も「新語・流行語大賞」候補語50語が発表 「ラブライバー」「エンブレム」「シールズ(SEALDs)」など
大賞はどれに!(2015/11/10)

「上級国民」「ラブライバー」「刀剣女子」 新語・流行語大賞候補に
「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。(2015/11/10)

「既得権益を守りすぎな日本人」のVTRに大阪都構想映像を使用 テレビ大阪が「配慮を欠いた表現」と謝罪
「一部誤解を招きかねない、配慮を欠いた表現」があったとしています。(2015/6/6)

マック赤坂さん、マクド赤坂に改名して大阪市長選出馬へ
天啓を得たそうです。(2015/5/18)

「大阪都構想」めぐる住民投票 反対多数に
賛成票は69万4844票、反対票は70万5585票となった。(2015/5/17)

大阪維新の会「大阪都構想に関する質問会」ライブ配信 橋下代表ら出席
大阪維新の会による、報道関係者向けの「大阪都構想に関する質問会」の模様をライブ配信する。出席者は橋下徹代表、松井一郎幹事長。配信は2月15日13時0分〜。(2014/2/14)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/25)

藤田正美の時事日想:
私たちの社会は自然災害に対して少しは安全になったのか?
春の大嵐に襲われた日本列島。河川の増水警告メールが届く中、横浜市のWebサイトでは適切な情報提供ができていなかった。筆者は基礎自治体の「適正」な規模に疑問を抱く。(2013/4/8)

杉山淳一の時事日想:
あなたの街からバスが消える日
バスは鉄道と並んで、地域の重要な移動手段だ。特にバスは鉄道より低コストで柔軟に運用できるため、公共交通の最終防衛線ともいえる。しかし、そのバス事業も安泰ではないようだ。(2012/11/9)

年収2000万円あったら、どの都市に投資しますか
もし年収2000万円あったら、どの都市に不動産投資をしたいですか? 20歳以上の男女に聞いたところ、海外では「ニューヨーク」がトップ。国内では……。オウチーノ総研調べ。(2012/10/4)

杉山淳一の時事日想:
本当にできないの? 鉄道ファンが笑う、大阪の新ルート
大阪都の将来を描いた基本構想「グランドプラン・大阪」には、なにわ筋線のほかに、もうひとつの関空アクセス線計画がある。それがあまりにも荒唐無稽だと鉄道ファンに嘲笑されているらしい。(2012/7/6)

杉山淳一の時事日想:
どう変わる? 大阪の鉄道網「なにわ筋線」
大阪府市統合本部が「グランドデザイン・大阪」を発表した。これは「大阪都」の将来を見据えた基本構想。もし実現すれば、関空と大阪市内を結ぶ鉄道網が大きく変わりそうだ。(2012/6/29)

杉山淳一の時事日想:
大阪都構想のカギを握るのは、モノレールかもしれない
大阪府の松井知事が、大阪モノレールの延伸を検討する。大阪モノレールは大阪万博の輸送手段として計画され、その後も延伸計画が何度も現れては消え……。果たして今回は実現するのだろうか。(2012/6/22)

松岡功のThink Management:
橋下徹大阪市長が語るマネジメント論
今回は、いま最も話題を集めている人物の一人である橋下徹大阪市長が語るマネジメント論に注目してみたい。(2012/6/21)

中田宏「政治家の殺し方」(最終回):
前横浜市長が、スキャンダルの餌食にされた理由
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。なぜ彼のところに、数々のスキャンダルが舞い込んできたのだろうか。その背景にはあったものとは……。(2012/2/3)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(最終回):
日本に足りないモノは? 給与一律カットの弊害
人気ブロガー・ちきりんさんと前横浜市長・中田宏さんの対談もとうとう最終回。これまで大阪の未来やメディアの弊害などについて語り合ってきたが、最後はどんなテーマに注目したのだろうか。(2012/1/31)

大阪市民に聞く、橋下政治は「独裁」ですか?
「今の日本の政治に必要なのは独裁」と言い切った橋下氏。現在は大阪市長という立場になったが、橋下氏の政治手法が“独裁”だと感じている人はどのくらいいるのだろうか。愛知大学の野田遊准教授調べ。(2012/1/27)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(7):
「○○ちゃんが持っているから、僕も」という大人たち……恥ずかしいよ
あなたの周囲にこんなことを言う人はいないだろうか。「隣の部署はやっているのに、どうしてウチの部署はやらないんですか?」と。しかしこれは子どもがよく言うことであって、大人になってから言うことではないのかもしれない。(2012/1/27)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(6):
最近の若者は、リーダー論をどこで学ぶのか
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。もしタイムマシンがあって、横浜市長に就任した当時に戻れるとしたら……中田氏はどのような行動に出るのか。(2012/1/25)

中田宏「政治家の殺し方」(7):
巧妙な情報ロンダリングに……私は“濡れ衣のデパート”と化した
2006年、中田宏氏は横浜市長に再選された。しかし彼を待ち受けていたのは、巧妙に仕組まれた「情報ロンダリング」だったのだ。(2012/1/24)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(5):
「最近の若者はダメ」というが、本当にそうなのか
「最近の若者はダメだ」。中高年になれば自分たちとは違う価値観をもつ若者を嘆いて、一度は言いたくなる言葉だ。しかし最近の若者は、本当にダメなのだろうか。この問題について、人気ブロガーのちきりんさんと前横浜市長の中田宏さんが語り合った。(2012/1/20)

中田宏「政治家の殺し方」(6):
怪文書をバラ撒いているのは、誰か――暴力団と役所の関係
週刊誌の連載で「女性スキャンダルまみれ」「ハレンチ市長」などと書かれ、ダメージを受けた前横浜市長の中田宏氏。しかし、それ以前から中田氏を陥れようとする予兆があったという。その予兆とは……。(2012/1/19)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(4):
公務員が、市長に「死ね!」というメールを送るワケ
中田宏さんが横浜市長を務めていたとき、職員から「死ね!」というメールが届いた。部下が上司に対して「死ね!」というメールを送る? 民間会社では考えられないことだが、なぜ公務員の世界では、こうしたことが行われているのだろうか。(2012/1/17)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(3):
なぜマスコミは“政治家の言葉狩り”を続けるのか
自らの失言によって、辞任に追い込まれた政治家は少なくない。最近ではオフレコ発言でも、マスコミから追及されるケースが増えてきた。言葉尻をとらえ、政治家のクビをとることを使命にする……そんなマスコミの姿勢に問題はないのだろうか。(2012/1/13)

中田宏「政治家の殺し方」(5):
私は訴えられた。源氏名「奈々」という女性に
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。ある日、源氏名「奈々」という元ホステスの女性から、3000万円の慰謝料を請求された……。(2012/1/12)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(2):
日本は破たんするのか? そうはさせない人間の思考回路
2012年度末には、国と地方の借金が900兆円を超えると言われている。「このままでは日本は破たんするかもしれない」といった声があるが、こうした状況に対し、前横浜市長の中田宏さんとブロガーのちきりんさんはどのように考えているのだろうか。(2012/1/11)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(1):
“でっち上げ記事”を書かれたら、どうすればいいのか
週刊誌を中心に、でっち上げ報道に苦しめられた前横浜市長の中田宏氏。事実ではない記事が相次いで掲載されたが、そんな状況に対し、彼はどのような対抗手段をとってきたのか。人気ブロガーのちきりんさんと語り合った。(2012/1/6)

中田宏「政治家の殺し方」(4):
はぁ? オレの愛人? 政治家はこうして殺される
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。そして、「中田の愛人」と名乗る女性が全国ニュースに登場した。(2012/1/5)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(特別編・後編):
なぜ橋下市長は「大阪都構想」を打ち上げたのか
大阪維新の会が掲げている「大阪都構想」に疑問を感じている人も多いのでは。「なぜ大阪が『都』なの?」と。大阪市の顧問に就任する予定の中田宏氏は、大阪都構想についてどのような考えをもっているのだろうか。人気ブロガー・ちきりんさんと語り合った。(2011/12/28)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(特別編・前編):
大阪の未来はバラ色か? 橋下市長にふりかかる困難
前横浜市長の中田宏氏が、大阪市の顧問に就任することになった。活躍の舞台が大阪に変わるわけだが、彼は今、何を考えているのだろうか。人気ブロガーのちきりんさんと過去の横浜、そして未来の大阪を語り合った。(2011/12/27)

組織が先か、ビジョンが先か?――橋下氏圧勝から若者が望んでいることを考える
多くの企業が流行のように取り組む、ビジョンや理念の策定。「組織は戦略に従う」という言葉もあるが、今回の大阪市長選挙ではそれが支持されていないことが明らかになった。それはなぜなのだろうか。(2011/12/16)

欽ちゃんからナベツネまで――脱・老害の傾向と対策
定年を大きく超える年齢の人々が大きな力を持っている政界や経済界、芸能界。大阪市長選に象徴されるように今、若者世代とお年寄り世代との対立が深まっている。(2011/12/13)

藤田正美の時事日想:
高まるユーロ解体リスク、回避のポイントは3つ
英エコノミスト誌が最新号で懸念しているユーロ圏解体のリスク。それを避けるためには3つのことがポイントになるという。(2011/11/28)

空中戦の橋下VS. 地上戦の平松の様相か――大阪市長選
11月27日に投開票される大阪市長選。「大阪都」構想実現に向け、市長選に打って出た橋下徹氏と現職の平松邦夫氏が“舌戦”を繰り広げているが、テレビやソーシャルメディアに登場しているのはどちらのほうが多いのだろうか。(2011/11/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
統一地方選で何かが変わる
春になるとさまざまな生き物が動き出す。日本の政治にも新しい命が吹き込まれるだろうか。(2011/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。