ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「危機管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「危機管理」に関する情報が集まったページです。

企業が備えるBCP:
緊急時は“初動”が問われる いま経営層に必要な「リスクセンス」とは
災害対策には、平時からの想定が大切なのは言うまでもない。加えて、災害発生直後にどの程度のリカバリーが必要なのかを瞬時に把握する「リスクセンス」も欠かせない。(2024/2/16)

AIの包括的理解や交渉術が必要に:
2024年、CISOに必要なスキルトップ10を発表 カーネギーメロン大学
急速な技術革新とAIの登場によって、CISOの役割は重要さを増している。ビジネスを守りつつ成長に導くために求められるCISOのスキルは幅広い。(2024/2/14)

警察庁にサイバー専門の“特捜部” 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
捜査に国際協力が欠かせない中、体制強化だけでなく、各国捜査機関と格を合わせる狙いもある。(2024/2/9)

働き方の「今」を知る:
「遺憾である」「誤解を招いた」などと言わないために――企業を守る「炎上対応3ステップ」
炎上が大きく広がってから事態収拾するために要する労力、お金、時間などはあまりに膨大であり、組織の貴重なリソースを激しく無駄にしてしまう。本記事では、炎上の火種が生まれてしまった際、どのように対応するのがいいかを3つのステップに沿って解説する。(2024/2/15)

警察庁にサイバー専門の特捜部 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
警察庁にサイバー犯罪専門の特捜部が誕生する。正式名称は、サイバー特別捜査部。(2024/2/8)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

「VTuber×生成AI」ビジネスの可能性 ホロライブ運営企業の代表は「考えていない」 その理由は?
生成AIを使ったVTuberは、ビジネスとして考えていない──VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーの社長兼CEO・谷郷元昭さんはそのように断言した。それは一体なぜか。(2024/1/30)

スピン経済の歩き方:
みんな「値上げ」しているのに、なぜマックは「もう行きません」と叩かれるのか
多くの企業が値上げを実施する中、叩かれる企業とそうでない企業がある。なぜこんな「不平等」が起きるのか。理由は……。(2024/1/24)

事例から学ぶ:
レゴランドの炎上、根本的にどこが間違っていた?
従業員の小さな勘違いが、SNSを揺るがす大問題に発展した。何がまずかったのか、どうすべきだったのかを振り返りたい。(2024/1/23)

Marketing Dive:
マーケティングのニューノーマルはどこへ向かう? 「Marketing Dive」の8つの予言
リテールメディア、コネクテッドTV、ソーシャルコマースなど、新たな潮流の中で勝者と敗者がどのように分かれるのか。(2024/1/13)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(8):
いま必要な製造現場のBCPとは 複雑なリスクに耐える組織づくりの考え方
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/12/12)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

セキュリティニュースアラート:
全銀システムの障害はなぜ起きた? 全銀ネットらが課題と再発防止策を公開
全銀ネットとNTTデータは2023年10月に発生した全銀システムの障害について、インシデント発生の経緯や原因、課題、再発防止策、今後のシステム改修などを報告した。(2023/12/5)

5Gの「データ伝送性能」が肝
4G併用ではなく「5Gだけ」のすごさとは? 現場で役立つ“なるほどの機能”
シンガポール市民防衛庁は、IBMなどのパートナー組織の支援を受けて、「5G」や「AR」といった先端技術を活用した“スマート消防車”の実現に乗り出す。その具体的な取り組みや、5Gの活用方法とは。(2023/12/4)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

【11月22日の運勢】12星座別ラッキーアニマル占い★今日のあなたの運を導いてくれる動物は?
運気を呼ぶ動物たちを伝えます。(2023/11/22)

サントリーの「TERAKOYA(寺子屋)」、どんなことをしているの?
サントリーグループは2017年、社員が自発的に学び、教え合える場として社内プラットフォーム「TERAKOYA(寺子屋)」を立ち上げた。(2023/11/13)

スピン経済の歩き方:
33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか 吉田屋食中毒の元凶
食中毒患者を出した駅弁メーカーの「吉田屋」が謝罪会見を開いた。筆者の窪田氏は、会見の内容は「成功」したように感じるが、一つ気になることが残ったと指摘する。それは「33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか」問題だ。(2023/10/24)

スピン経済の歩き方:
「SMILE-UP.」社名を変えても“再生”は難しい なぜ日本企業は素人を「社長」にさせるのか
ジャニーズ事務所が社名を「SMILE-UP.」に変更すると発表した。「社名を変えても“中身”は同じでは?」といった指摘が出ているが、どうすれば変わることができるのか。(2023/10/3)

SaaS for SaaSの世界:
サブスク時代に花開く「サブスク管理サービス」 ベンダーの声から探るビジネスの着眼点
今回の「SaaS for SaaSの世界」では、このサブスクを支える「サブスク管理サービス」に注目。実際に製品を提供する事業者への取材を基に、ビジネスとしての特徴をひもとく。(2023/9/29)

相次ぐ“ジャニーズ離れ” 起死回生のために「企業としてすべきこと」
性加害問題を認めたジャニーズ事務所。これにより、大手企業を中心にジャニーズ所属タレントを起用した広告の中止や更新見送りが相次いでいる。「タレントに罪はない」ものの、なぜこのような対応が相次ぐのか。ジャニーズ事務所がとるべき対応や、これまで事務所にお世話になってきた広告主の企業ができる対応とは何か。危機管理に詳しい新田龍氏が解説する。(2023/9/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“ジャニ離れ”で巻き起こる「タレントに罪はない」論が、まるで見当違いなワケ
特にテレビCMにおける大企業の「ジャニーズ離れ」が大勢になったことで、ファンや所属タレントと交友関係のある芸能人からは、批判の声も聞かれる。しかし、ビジネスの世界では当然の意思決定だ。(2023/9/15)

スピン経済の歩き方:
トヨタはセーフで日産はアウト! 「ジャニーズリスク」と大企業はどう向き合うか
契約を打ち切ったら「いじめ」と叩かれて、継続をしたらしたで「人権意識がヤバい」と叩かれる――。ジャニーズの問題で、頭を抱えている企業の担当者も多いはず。いわゆる“ジャニーズリスク”と企業はどう向き合えばいいのか。(2023/9/12)

スピン経済の歩き方:
処理水をめぐって“愛国サンドイッチ”の危険性 企業が「日本人」とうまく接する方法
日本のホテルや飲食店に、音声読み上げソフトを用いてこんな嫌がらせ電話がかかってきている。原発の処理水をめぐって、バッシングが起きているわけだが、中国ビジネスを展開していくうえで気をつけなければいけないことがある。それは日本人で……。(2023/8/30)

約6割が経験:
「カスハラ」の実態 クレーム対応者はどんな被害を受けているのか
エス・ピー・ネットワークが企業のクレーム対応担当者に実施した調査によると、直近1年間で「カスタマーハラスメント(カスハラ)」を受けた人が6割を超えた。小売業などでは、執拗な言動や威圧的な言動をされた経験者が過半数となっている。(2023/8/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
世界は変わった? 変わらない? 変化の中で引き続き求められるバランスの取れたセキュリティ対策
社会やIT環境、サイバーセキュリティを取り巻くトレンドの何が変わり、何が変わっていないのかを解説し、経営、管理、運用という3つの観点でバランスよく対策に取り組むことの重要性を訴えた。(2023/8/23)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「ビッグモーター」不正のウラに何があったのか 長年の“不文律”も一因か
中古車の買取販売大手のビッグモーターが世間を大きく騒がせている。次々に不正が明らかになっているが、なぜこのようなことが起きたのか。中古車販売のビジネスモデルにも問題があって……。(2023/8/14)

「お前はクビだ!」はアリか:
ビッグモーター事件から“無法な人事処遇”を検証してみた
数々の違法が疑われ、その企業体質に厳しい目が向けられているビッグモーター。人事的な視点で検証すべきではないかと思い、書いてみた。(2023/8/3)

警視庁、メタバースでサイバーセキュリティ訓練 DNPのサービス採用
警視庁サイバーセキュリティ対策本部がメタバース上で行う、サイバーセキュリティに対する危機管理訓練などをDNPが受託。(2023/7/27)

セキュリティ課題と企業経営【後編】
「不景気」「コロナ変異株」よりも脅威? サイバー攻撃に負けない企業になるには
PwCのレポートは、英国の経営層が抱くサイバー攻撃への危機意識を明らかにした。危機意識を持つことから脱出して、サイバー攻撃に強い企業になるために必要な能力とは。(2023/7/27)

知っておこう、“政府認定クラウド”:
最後まで油断できない? 「政府認定クラウドサービス」登録までの道 審査の注意点
「政府認定クラウドサービス」認定までに踏む「評価段階」と「登録申請段階」のつまづきポイントを解説。(2023/7/21)

大雨で一斉休校→廃棄危機の給食パンを格安販売 福岡市のフードロス対策に称賛…… 実施の裏側を聞いた
素早い対応。(2023/7/15)

知っておこう、“政府認定クラウド”:
“政府認定クラウドサービス”登録の“つまずきポイント” 実務から見る注意点
政府のクラウドサービス認定制度「ISMAP」。クラウドサービス事業者が自社サービスを登録するに当たっては、想定以上の工数や期間が必要になる。今回の記事では、監査機関・監査法人として認証制度や保証に関する取り組みに関わってきた筆者が、登録を目指す上で事前に知っておきたい注意点を解説する。(2023/7/14)

スピン経済の歩き方:
スシローは「6700万円の損害賠償請求」を止めるべき、3つの理由
回転寿司チェーン「スシロー」を運営する「あきんどスシロー」が揺れている。備えつけの醤油の差し口や湯呑みを舐めまわしていた岐阜県の少年に対して、約6700万円の損害賠償を求めていることが明らかに。この対応は「吉」と出るのか、「凶」と出るのか。(2023/6/13)

日銀の植田和男新総裁による就任記者会見、期待されている発信力はどうだったか 非言語は課題あり
10年ぶりの交代となった日銀総裁。植田和男新総裁が副総裁2人と共に就任会見を4月10日に開いた。岸田文雄首相は日銀の黒田東彦総裁の後任にふさわしい人物像について「主要国の中央銀行トップとの緊密な連携、内外の市場関係者への質の高い発信力と受信力が格段に重要になってきている」とコメント。日銀総裁に求められる発信力と受信力とは何か、広報の観点から考える。(2023/5/31)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ騒動から考える、炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策は、有効か否か
ジャニーズ事務所での性加害疑惑が大きな話題となっている。事務所による謝罪動画では、明確な回答をせずに事態をやり過ごそうとしている姿勢が見えた。こうした炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策を講じる企業の事例が散見されるが、果たして有効な策なのだろうか。炎上トラブル対応の専門家が考察する。(2023/5/24)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ事務所、企業としての「5つの問題点」とは? 炎上対応の専門家が解説
ジャニーズ事務所での故ジャニー喜多川氏による未成年者への性加害疑惑が連日話題となっている。5月14日、現事務所社長である藤島ジュリー景子氏は、公式サイト上で謝罪動画を公開した。炎上トラブル対応の専門家である新田龍氏は、事務所の対応を「お話にならないレベルの酷さ」と指摘する。その理由はというと……。(2023/5/23)

リサーチで見る、サイバーレジリエンス実現の勘所:
“お金をかけずに”サイバーレジリエンスを高める方法
サイバー攻撃の激化に向けてサイバーレジリエンス能力を高めることが企業には求められています。ただ、これに向けてすべてを購入する予算やリソースが不足している企業もあることでしょう。そこで本稿では“お金をかけなくてもできる対策”を紹介します。(2023/5/22)

トップの困った性的行動は改善可能か 元ジャニーズJr.岡本カウアン氏の性被害告発から考える
元ジャニーズJr.の歌手カウアン・オカモトさんが、日本外国特派員協会で故・ジャニー喜多川氏からの性被害について告発記者会見を開いてから1か月。組織リスクマネジメントの観点からすると、トップの性的行動とそれがもたらすリスクをどうコントロールしていくのかを考える題材となる。(2023/5/19)

スピン経済の歩き方:
ジャニーズ事務所はどうなる? 企業が「昔の問題」をウヤムヤにする方法
ジャニーズ事務所が揺れている。英BBCのドキュメンタリー番組に端を発した性加害疑惑について、藤島ジュリー景子社長が見解を発表した。組織へのダメージを少なくして、逃げ切る作戦に打って出たようだが、うまくいくのだろうか。ジャニーズ側は大きな不安要素を抱えていて……。(2023/5/16)

ヨーグルト消費量が最も多いのは「オランダ」:
よく購入するヨーグルト商品 3位「R-1」、2位「小岩井生乳100%」を抑えた圧倒的1位は?
almaが運営するWebメディア「みんなのヨーグルトアカデミー」が「みんなでつくるヨーグルト白書」を発表した。「よく購入する商品」で圧倒的1位に輝いた商品とは?(2023/5/15)

ドローン:
DJI JAPANの事例発表会にみるドローン活用の最前線―豊橋市の「レッドゴブリンズ」の事例など
ドローンが急激に普及する中、2022年は100グラム以上の機体登が義務化されるなど、とりまく環境にも大きな動きがあった。また、搭載するカメラやスキャナーの性能も向上し、ドローンの用途にも進化が起きている。(2023/5/12)

同じおやつを食べていた犬が倒れた姿を見たシニア犬は……? クスッと笑える愛犬の行動が170万回再生突破
我が道を行くのみ。(2023/4/28)

リサーチで見る、サイバーレジリエンス実現の勘所:
「日本企業はデータ保護意識が低すぎる」 サイバーレジリエンス向上のために見直すべき4つのこと
ランサムウェアが活発化する昨今、被害後の回復や復旧を迅速に実現するサイバーレジリエンスに注目が集まっています。しかし、実現にはハードルもあるようです。本稿では、グローバル調査から日本企業が抱えている問題点を洗い出します。(2023/5/1)

PwC調査で探る「景気後退下のIT投資」【後編】
米国企業が「DX」並みに重視し、最も恐れる“あの分野”とは?
米国でも主要な投資対象になっている「デジタルトランスフォーメーション」(DX)。PwCの調査によると、米国企業がDXと同じくらい重視する投資分野がある。米国企業の最大の懸念にもなっている、その分野とは。(2023/4/27)

BIM先進国の英国に学ぶ:
英国が国策で進める“ナショナル・デジタルツイン”とISO 19650の次段階【BIM特別鼎談 Vol.2】
BIM特別対談Vol.2では、前回に続きBIMの国際規格「ISO19650」について、竣工後の運用(維持管理)をカバーするパート3や情報セキュリティに関するパート5、安全衛生のパート6を含む全体像とともに、英国で国策として進められているBIMを主軸としたデジタルツインをテーマにディスカッションを進めていく。(2023/4/24)

Cybersecurity Dive:
「CSOとCISOの違い」はそれほど重要な問題ではない
企業が見るべきセキュリティの範囲が広範になるにつれ、CSOとCISOが果たすべき役割も変化しつつある。(2023/4/22)

BIM先進国の英国に学ぶ:
BIM先進国の英国に学ぶ「ISO 19650」の真意と「建築安全法」の背景【BIM特別鼎談 Vol.1】
英国は、日本での2023年度からの公共事業のBIM原則適用よりも先行して、2016年に全ての公共工事の調達でBIM Level 2(Full Collaboration:意匠/構造/設備でBIM共有)を義務化した。2018年には英国規格協会のBSIが「ISO 19650」を策定して以降、ここ数年は国内でも大和ハウス工業を皮切りに、ISOの認証取得に挑む企業が増えつつある。BIM本格化を前にして岐路に立つ日本の建設業界にとって、BIM先進国の英国に学ぶことは多いはずだ。(2023/4/17)

「総務」から会社を変える:
総務はあえて「攻め」から「守り」に転換すべし──その理由とは?
働き方の変化により「攻め」の戦略総務への転換が叫ばれてきた。しかしいま、「攻め」から一転して、「守り」の戦略総務が必要な時代に変化してきているのではないかと、『月刊総務』の豊田氏は考察する。その理由はというと……(2023/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。