ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

「2枚差し」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「2枚差し」に関する情報が集まったページです。

“10倍ズーム”カメラ搭載のOPPO「Reno 10x Zoom」が7月12日発売 約10万円
OPPOのハイエンドスマートフォン「Reno 10x Zoom」が、日本で7月12日に発売される。使うときだけリフトアップする収納式のインカメラ、10倍ハイブリッドズームをうたうトリプルカメラを背面に搭載。ノッチのない6.65型有機ELも特徴だ。(2019/7/3)

モーツァルトの新曲をAIで再現 高校生とクリエイターがタッグ 狙いは「若者にテクノロジーの理解を」
高校生とプロクリエイターがタッグを組み、モーツァルトの楽曲をAIに学習させて新曲を生み出す──そんなプロジェクトが行われた。(2019/6/20)

「チーズおろし器みたい」 新型「Mac Pro」のあだ名は“ゴミ箱”から“cheese grater”に? 米国で話題
米Appleが発表した新型のプロ向けデスクトップPC「Mac Pro」の見た目が“チーズおろし器”のように見える?(2019/6/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
にわかに“ゼロSATA”構成が人気を集めている理由
ここ最近、複数のショップでSATAケーブルを使わない構成のマシンを組むユーザーが増えていると耳にする。それに伴い、M.2 SSDが2枚差しできるマザーボードや外付けのM.2 SSDケースが売れているという。(2019/4/8)

フォーカル、イタリア製レザー製品ブランド「iToro」のiPhoneケース約10種類を2019年1月から発売
フォーカルポイントが、イタリア製レザー製品ブランド「iToro(イトロ)」と日本における総代理店契約を締結。職人が丁寧に手編みしたカラフルな革ケースや特徴的なストラップを配したポケット付きケース、スタイリッシュなカバーポケットを備えたケースなど約10種類のiPhoneケースを2019年1月から販売する。(2018/12/11)

ソフトバンクも取り扱い:
新AIチップと超広角カメラを搭載 「HUAWEI Mate 20 Pro」が11月30日発売 約11万円【更新】
ファーウェイ・ジャパンが、11月30日に「HUAWEI Mate 20 Pro」を発売する。価格は11万11880円(税別)。最新プロセッサ「Kirin 980」とLeicaと開発したトリプルカメラを搭載する。(2018/11/28)

全天球動画から切り出すと動画制作はとても楽になる 「GoPro Fusion」を試した
GoPro初の全天球カメラ「GoPro Fusion」には、とても有用な機能がある。5.2Kの全天球動画から部分的に切り出してHD動画を作る「オーバーキャプチャ」だ。これは楽しい。(2018/7/16)

IIJmio meeting 17:
格安SIMと「Jアラート」&セルラー版「Apple Watch」の関係/DSDSの仕組み
インターネットイニシアティブが、10月14日に都内で「IIJmio meeting 17」を開催。「Jアラート」が格安スマホに届かない問題や、セルラー版「Apple Watch」がMVNOでは契約できない件について解説。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の仕組みにも触れた。(2017/10/25)

ゲーミングPCで仮想通貨マイニングはできるのか 〜機材の選定から掘ってみるまで〜
マイニングとは言うけれど、実際掘るとどうなの?(2017/10/21)

IFA 2017:
「最上位i9」&「Vega4枚」搭載の怪物ゲーミングデスクトップ「PREDATOR ORION 9000」
Acerのゲーミングブランド「Predator」から、18コアのCore i9とRadeon RX Vega 64を4枚搭載したモンスター級デスクトップが発表された。(2017/9/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)

Azure漫遊記:
「Azure NVシリーズ ローンチイベント」に見るGPUクラウド時代の到来
機械学習といった高まる需要から、パブリッククラウド上の仮想マシンでもGPUが求められるようになった。今回は、先日開催された日本国内での「Microsoft Azure NV シリーズ」のローンチイベントからGPUの必要性を考察する。(2017/7/6)

見どころは“見た目”だけじゃない! VoodooPCの血を引くひし形ゲーミングPC「OMEN X by HP 900-070jp」を試す【追記あり】
ハイエンドゲーミングPCメーカーとして知られていた「Voodoo PC」。そのDNAを引き継ぐ「OMEN by HP」の最新フラッグシップモデルが「OMEN X by HP Desktop 900」だ。(2017/3/8)

約80万円:
TITAN Xの2枚差しでほとばしるスプレマシー!! 前面ガラスケースの「MASTERPIECE i1710」がまさに至高
これぞ至高といったところか。G-Tuneのフラッグシップ「MASTERPIECE」がケースを一新してリニューアル。至高の域に達したその内容をチェックしよう。(2017/1/13)

GTX 1080とi7-6700Kを静音冷却:
真に快適なゲームマシンとは? その答えは「ダブル水冷」かもしれない
「ゲームをバリバリ楽しめる高性能なPCが欲しい」「しかも放熱がしっかりしていて動作音が静かなPCが欲しい」――だったらG-Tuneのダブル水冷モデルに注目だ。(2016/9/30)

SIM通:
デュアルSIM デュアルスタンバイ採用のMoto G4 Plus登場
モトローラは、SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の予約を開始。デュアルスタンバイに対応し、SIMを2枚挿してどちらも待受け状態で利用可能という。販売開始は22日を予定している。(2016/7/29)

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから
現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。(2016/5/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
PCの骨組みから自作できる「ドリームボックス」が話題に
マシンの形状を自在に設計できるシャーシキット「ドリームボックス」のほか、mini-ITXサイズの光るゲーミングB150マザーやM.2 SSD専用の4ベイNASキットなど、ユニークな新製品が目立っていた。(2016/4/25)

50万円の価値はあるか:
円筒形の小型ケースでGTX 980 SLIの爆速性能! 「Vortex」を完全分解
カッコよくて強いMSIの小型ゲーミングデスクトップPC「Vortex」を、国内初披露の場でそのまま完全分解するぞー。(2016/4/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
初のリテールNVMe対応M.2 SSD「SSD 950 PRO」がデビュー!
リテール品としては初となるNVMeタイプのM.2 SSD「SSD 950 PRO」が、まずは256Gバイトから登場。ブート用SSDの本格的なトレンド変化を起こすかもと期待されている。(2015/11/30)

集結! 栄誉ある人柱たち:
PR:マスターたちが考えた「さいきょうのZ170A GAMING M5しすてむ」はこれだ!
インテルの最新CPUアーキテクチャを採用した“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーが登場。対応する最新マザーボードを使い倒してもらった!(2015/9/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
2TバイトSSDが10万円前後でデビュー! アキバでの評判は?
コンシューマー向けSSDの最大容量を更新する2Tバイトモデル「850 EVO MZ-75E2T0B/IT」が売り出された。初登場価格は約10万円。「いい意味で普通」と好評だ。(2015/8/31)

重ければ重いほど力を発揮:
「GX7J-D63/ZE」で“2枚差し”の実力を再確認する
TSUKUMOのゲーミングPCハイエンドシリーズG-GEAR neo でSLIモデルは、税別19万9800円という“購入しやすい”モンスターゲーミングPCだった。(2015/4/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「まるで掃除機」な2万回転ファンなど、スキマで光る新製品が続々
超高速回転ファンやオペアンプが交換できるDAC、PT3が2枚挿せるほぼmini-ITXマザーなど、ニッチながら強烈な存在感を持つ新製品が続々と登場した。とりあえずワクワクしておこう。(2014/7/14)

山根康宏の中国携帯最新事情:
FDD-LTEはどうなる? ──主要3キャリアが争う中国TD-LTE(後編)
中国の通信事業者が4G LTEサービスでは、中国移動に対して、中国電信と中国聯通が猛追している。中国で激しくなりつつある4G LTE“競争”時代を現地から報告する。(2014/5/21)

ショップのダメ出し!:
将来の増設込みで、“フルHD超”を見越したゲームマシンを安く組みたい!
ディスプレイはフルHDが当たり前になり、どんどん高解像度化していく。そんな世の中を渡り歩けるようなゲームマシンを組むにはどうしたらいいだろう? 今回はパソコンショップ・アークの松島さんにダメ出ししてもらった。(2014/1/30)

祝「G-Tune」10周年:
ゲームが快適に楽しめる超お得なコラボモデルを作ってもらうぞ!
G-Tuneの杉澤さーん、最新のPCゲームが快適に遊べるデスクトップPCを(できるだけ安く)作ってー。(2014/1/30)

「ThinkPad」とタブレットを共存、“新しい働き方”を導入せよ:
「タブレット普及で、PCの重要度はさらに増す」──レノボの「PC+」法人市場戦略
レノボ・ジャパンが法人向けクライアント全5シリーズを発表。国内ではNEC レノボ・ジャパングループで、ワールドワイドではLenovoグループ全体で推進する「PC+」の法人市場向け戦略と“ThinkPadシリーズならでは”の点を改めて解説した。(2013/7/17)

週末アキバ特価リポート:
On-Lapも! WQHD液晶も! ディスプレイ増設の風が吹くアキバの週末
使い道の広い増設ディスプレイとして人気のOn-Lapシリーズや、2560×1440ドットのWQHD液晶の特価品がBUY MORE各店に入荷。広大なデスクトップを目指すなら大チャンスだ。(2013/3/30)

宇宙人と戦える?:
中世騎士のようなゲーミングPC「Erazer X700」の実力を試す
レノボが新たに立ち上げたゲーミングPCブランド「Erazer」シリーズの第一弾として、タワー型の「Erazer X700」が登場した。カッコイイぜ。(2013/3/22)

“2013年型 DXフォーマット機”として進化したミドルクラス――ニコン「D7100」
名機と知られる「D7000」の後継、「D7100」は長所をもれなく継承し、ローパスレスや2410万画素センサー、クロップモードと個性も加味した。ミドルレンジのデジタル一眼レフとしては満足の進化といえよう。(2013/3/11)

FMVとEIZOの強力コラボPCは今だけ:
PR:爆速×スリム×高画質×日本産――「至高の写真編集用PC」を限定特価で発売!
高画素の写真データを大量に管理、現像、編集、印刷するにはパワフルなPC環境が必須だ。今回は富士通とナナオの協力のもと、店頭ではお目にかかれない高速、省スペース、高画質の写真編集用に最適化した「FMV ESPRIMO DHシリーズ WD2/J」と「ColorEdge CS230-CNX」のPCセットをITmedia PC USER限定特価で販売することが決定! とはいえ、その実力は確かなのか? ITmediaでPC USERやデジカメプラスを中心に活躍しているプロカメラマンの矢野渉氏が徹底チェックする。(2013/3/4)

オレはデスクトップをやめるぞッ:
美しい液晶と強力なGPUを搭載した15.6型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i770SA1」
ゲーミングPCブランド「G-Tune」を冠する「NEXTGEAR-NOTE」シリーズに、鮮やかな色再現性を持つ液晶ディスプレイと、NVIDIAのGeForce GTX 670 MXを搭載するモデルが登場した。早速紹介していこう。(2013/1/10)

ET2012特別企画ブースリポート(アクセル):
PR:「高機能グラフィックスLSIは組み込み機器でこう使う」――アクセルが最終製品をイメージした体験型デモを披露
アミューズメント機器市場で業界トップクラスのシェアを誇る、国産グラフィックスLSIベンダーのアクセルは、「AG-9」「AG10」を主軸に“高精細・多画面表示”という新たな付加価値を組み込み機器市場でも展開する。2012年11月に開催された「Embedded Technology 2012」(以下ET2012)では、迫力の体験型デモを通じ、高機能グラフィックスLSIが創り出す“次世代組み込み機器の在り方”を提示した。本稿ではその模様をリポートする。(2013/1/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
中心にあったのは「コンパクト」――2012 AKIBA PC-DIY EXPO 冬の陣
週末、大型自作PCイベント「2012 AKIBA PC-DIY EXPO 冬の陣」とLian Liのイベントが開催された。小型パーツを中心に進む未来が見えてきたぞ!(2012/12/17)

i7-3770&GTX 670:
10万円で買える“ハイスペ”ゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO NG-im520PA8」をチェック!
クリスマス前の連休だってオンラインゲームで乗り切る覚悟はできているぜ――12月のイベントを前に今すぐ仮想世界へ旅立ちたくなってしまった人にぴったりなゲーミングPCを紹介しよう。(2012/12/7)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第4回 “1000元スマートフォン”で激変する中国の携帯事情
中国のスマートフォンの出荷台数が急激に伸びている。米国を抜き世界一のスマートフォン大国となった中国で、今最も話題になっているのが「1000元スマートフォン」だ。1000元スマートフォンの登場は中国の携帯電話市場に大きな激震を与えようとしている。(2012/11/26)

イマドキのイタモノ:
Keplerデュアルの「GeForce GTX 690」で最上位の性能を堪能する
日本が連休で浮かれるすきを突いて、そんなの関係ないと米国企業から木箱とバールのようなものが届く。ええぃ、連休を吹き飛ばしてくれた“デュアルなKepler”を試すか!(2012/5/3)

イマドキのイタモノ:
GeForce GTX 680の“SLI”性能を検証する
消費電力あたりの性能が大幅に向上した“Kepler”は、当然絶対性能もアップした。今回は“SLI”環境構築のTipsとそのパフォーマンスを試してみた。(2012/5/1)

もちろん、SLI対応が大前提です:
NVIDIA、デュアルGPUな最上位“Kepler”
NVIDIAは、“Kepler”世代のGPUを2基搭載するグラフィックスカード「GeForce GTX 690」を発表した。(2012/4/30)

え? これでこれを動かすんですかい:
ASRock、大量投入の“7”なマザーを一気に解説
Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードの出荷開始を受けて、ASRockがマザーボードの説明会を実施。“変態”なモデルもしっかりと登場した!(2012/4/8)

矢野渉の「クラシック・デジカメで遊ぶ」:
さくら町一番地の記憶――コニカ「Digital Revio KD-310Z」
コニカが写真事業から撤退して久しいが、紛れもなくKD-310Zは「コニカのカメラ」である。コニカのカメラを手にすると、僕はさくら町一番地にあったコニカ社内の昭和とも表現できる、暖かい、やさしい空気を思い出す。(2012/3/5)

SDXCも使える:
SD同士でコピーOK、USB 3.0にも対応――「回転キャップ式SD/microSD カードリーダー」
上海問屋からUSB 3.0対応のメモリーカードリーダーが発売された。価格は699円。(2012/2/27)

コンパクト&パワフル、しかも安い:
小さくたって高性能! Core i7を搭載した小型PC「AeroMini MI5J-D33/S」を試す
TSUKUMOブランドの「AeroMini」シリーズは、小型ケースにSandy Bridge世代のCPUを搭載可能な省スペースデスクトップPCだ。Core i7-2600Sを採用した上位モデル「MI5J-D33/S」の実力は?(2011/12/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
キャッシュ用の120Gバイト級SSDが好調
ストレージ構成は、大容量HDDに高速なSSDを組み合わせるのがこだわり派のトレンド。最近はより大容量なキャッシュが求められるようになっており、一部では100Gバイト超のSSDが重用されるようになっているらしい。(2011/10/3)

ショップのダメ出し!:
むむむ、知恵者のおまえがマルチディスプレイというのなら、その通りにしたほうがよいかもしれんな
夏の長期休暇も終わり、仕事や勉強など、何かとやることが増えるこの季節。今回は、PCの作業効率を手軽にアップできる方法の1つ、「マルチディスプレイ環境」を前提としたマシン構成を考え、TSUKUMO eX.の西田氏にアドバイスをもらいにいった。(2011/9/23)

7万円台から……だと!?:
フルHD液晶を搭載したSandy Bridgeノート――「LuvBook K」シリーズの実力診断
マウスコンピューターの「LuvBook」シリーズに、新顔の「K」シリーズが登場した。15.6型フルHD液晶を搭載し、CPUはCore i7シリーズの中から選択可能。さらにNVIDIAのGeForce GT 555Mを内蔵しつつ、7万円台から購入できる圧倒的なコストパフォーマンスが魅力だ。(2011/8/19)

実はドドンと出していました:
デル、Alienwareほか、Sandy Bridge採用新モデルを大量公開
デルは、4月19日にAlienwareブランドのノートPC3モデルを発表した。製品説明会では、Alienwawre以外に3月中旬以降に発表されたモデルも一挙に紹介された。(2011/4/19)

イマドキのイタモノ:
「Zacate」は“いい”mini-ITXマザーボードになれるのか
Fusionの省電力モデル“Zacate”ことAMD Eシリーズを搭載するマザーボードが市場に登場してきている。その多くはmini-ITXだが、その性能はどうなのか?(2011/2/18)

PCも地デジ化:
「GV-MVP/XSW」“2枚挿し”で4番組同時録画に挑戦してみた(後編)
アイ・オー・データ機器の「GV-MVP/XSW」2枚を使い、4番組の同時録画に挑戦した。後編では自動録画や編集、ネットワーク関連機能などをチェックしていく。(2011/2/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。