ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「野副州旦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野副州旦」に関する情報が集まったページです。

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
成長の鍵を握る富士通のマーケティング部門(最終回)
マーケティング部門を強化する富士通は、今年4月に製品別組織、業種別組織などに配置するマーケティング担当者を集約し、1000人を超える大所帯に再編した。(2012/11/15)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
サービス事業に活路を求める富士通(第1回)
業績が低迷を続ける富士通は今後成長の活路をどこに求めるのか。4回にわたって富士通の現在、そして将来を追う。(2012/10/23)

松岡功のThink Management:
コーポレートガバナンスの盲点
今回は、コーポレートガバナンス(企業統治)について気になる点を述べたい。(2012/4/19)

伴大作「フクロウのまなざし」:
夢をかたちに
富士通の山本正己新社長が7月9日に自らの経営方針を発表した。業績回復の見込みが消極的だったことについて、僕の考えを記す。(2010/7/19)

富士通のコーポレートガバナンスを正したい――野副州旦元社長が語る、社長辞任騒動
富士通元社長の野副州旦氏は5月12日、昨年9月の突然の辞任をめぐる一連の騒動について東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を開いて説明した。会見で野副氏は「富士通にはコーポレートガバナンスが欠如している」と指摘。問題となったファンドに対する認識や富士通の体質、外部取締役のあり方などについても語った。(2010/5/13)

Weekly Memo:
富士通の野副元社長辞任問題にみるガバナンスの真髄
富士通は先週、元社長の野副州旦氏が「虚偽の理由で辞任を迫られた」と主張している問題について会見し反論した。なぜ、こういう事態にならざるをえなかったのか。(2010/4/19)

富士通、元社長・野副氏辞任の詳細な経緯を説明
富士通は、元社長の野副州旦氏の辞任に関する経緯を説明した。(2010/4/14)

「密室で辞任を迫ったわけではない」――元社長辞任問題で富士通が反論
元社長の解任をめぐる騒動について富士通が説明。「元社長はリスク感覚が欠如し、社長としての適格性を欠いていた」ため辞任を要請したという。(2010/4/14)

富士通・秋草氏が取締役退任
富士通の経営に長く携わってきた秋草相談役が取締役を退任する。(2010/3/24)

東証が富士通に厳重注意 社長辞任理由の訂正で
東証は、前社長辞任の理由を訂正した富士通に対し、情報開示が不適切だったとして口頭で厳重注意した。(2010/3/10)

伴大作の木漏れ日:
コンピュータ御三家、新社長の手腕
NEC、日立、富士通の「コンピュータ御三家」が、ここに来て相次いで社長人事を発表した。各社の思惑は何か。「グローバル化」「若返り」がキーワードになっている。(2010/3/8)

Weekly Memo:
明らかになった富士通の野副前社長退任劇
2009年9月に富士通社長を辞任した野副州旦氏と富士通の間で、実は辞任ではなく事実上の解任に至った経緯や理由をめぐる激しい対立が先週来、表面化している。(2010/3/8)

病気理由辞任に本人も合意?:
富士通、野副前社長を相談役から解任
富士通は3月6日付人事で、社長辞任の取り消しを求めている野副相談役を解任した。同氏の社長辞任の理由を「病気療養」としたことについては「本人と合意の上」だとしている。(2010/3/6)

富士通の野副前社長、辞任取り消し求め文書を提出
富士通の野副前社長が、辞任取り消しを求める文書を富士通側に提出していたことが、3月5日に明らかとなった。(2010/3/5)

Weekly Memo:
富士通が社長交代で重んじたイメージ
前社長が病気を理由に突然退任して4カ月。富士通の次期社長が先週決まり、現社長を兼務する会長と記者会見に臨んだ。同社が次期社長の選定で重んじたイメージとは――。(2010/1/25)

好きな言葉は「心技体」:
IAサーバ重視は変わらず――富士通の山本次期社長
富士通の山本次期社長は「グローバルIT企業としての位置づけを強化する」と意気込んだ。(2010/1/22)

富士通新社長に山本常務 「OASYSやPC、携帯の経験生かす」
富士通新社長に、日本語ワープロ「OASYS」や携帯電話、PCなどに広く携わってきた山本正己常務が就任する。(2010/1/22)

Weekly Memo:
富士通の社長交代にみる事業継続性とガバナンス
先週25日に発表された富士通の社長交代は、まさに突然のサプライズだった。同日夜に行われた記者会見を通じて筆者が強く感じたのは、事業継続性とガバナンスの重要性だった。(2009/9/28)

辞任申し出は「きょう突然」 富士通社長交代
富士通の社長を兼任することになった間塚会長によると、野副前社長から事前の相談などはなく、辞任の申し出は突然だったという。(2009/9/25)

富士通社長交代 間塚会長が社長を兼任
富士通は9月25日付けで、野副社長が退任し、間塚会長が社長を兼任する人事と発表した。野副氏が病気療養を理由に辞任を申し出たため。(2009/9/25)

速報:
富士通が社長交代 野副氏は相談役に
富士通は代表取締役会長だった間塚道義氏が会長兼社長に就任する人事を発表した。(2009/9/25)

Weekly Memo:
富士通とOracleがクラウド連合を結成する日
富士通とOracleがクラウド連合結成へ!? 先週発表されたOracleのラリー・エリソンCEOが創業したネットスイートと富士通の業務提携は、その布石との見方も――。(2009/8/10)

Weekly Memo:
プライベートクラウドは「クラウド」か
企業の新たなIT基盤として注目されるプライベートクラウド。誰でも利用できるパブリッククラウドと区別されているが、どうやら「クラウド」を分かりにくくしているようだ。(2009/7/27)

「PCと携帯は赤字にならなければ続けるべき」──富士通・野副社長
富士通の野副社長が経営方針を発表し、2011年度に営業利益2500億円を目指す中期目標を掲げた。PCと携帯は「赤字にならなければ続けるべき」とした。(2009/7/24)

Weekly Memo:
NECと富士通のトップが語るクラウド事業
NECと富士通のトップが先週、相次いでクラウド事業について語った。4月下旬にそれぞれサービスの提供形態を発表した両社。トップはどんなメッセージを発したのか。(2009/5/18)

2008年度決算発表:
富士通、急速な市況悪化受け減収減益――2010年度見据えた手当て進める
富士通は4月30日、2008年度決算を発表した。(2009/4/30)

伴大作の木漏れ日:
コンピュータ業界に新たな秩序――Oracle Buys Sun
OracleはSun Microsystemsを74億ドルで買収すると発表した。わたしが長年主張しているコンピュータ業界におけるパラダイムシフトそのものである。(2009/4/21)

伴大作の木漏れ日:
競争が激化するx86市場――IBMとHP、そして富士通
富士通の経営方針説明会が3月30日に開催された。富士通はx86強化を表明したが、日本および世界市場におけるIBMやHP、NEC、Dellといったライバル企業の壁は低くない。(2009/4/10)

ニュース解説 IBM、Sun買収額を減額:
カウントダウンに向けて……
米国メディアの報道によると、IBMによるSunの買収交渉が最終段階を迎えているようだ。さて日本での受け止め方はいかに…。(2009/4/4)

IAサーバの国内シェア首位も目指す:
富士通シーメンス統合で世界の4強に、富士通
(2009/3/31)

世界市場で50万台:
2010年、国内トップシェアの先にあるIAサーバ戦略
富士通は3月30日、Fujitsu Siemens Computers統合によるグローバル戦略を発表。IAサーバに大きく舵を取る、サーバ戦略の概要を明らかにした。(2009/3/31)

世界ではシェア10%超:
富士通、2010年にIAサーバの国内シェア1位を目指す
富士通は、IAサーバの販売を強化し、国内シェア1位を目指すと発表した。(2009/3/30)

Weekly Memo:
マイクロソフトと提携強化した富士通の深謀遠慮
富士通とマイクロソフトが先週発表したソリューションビジネスの協業を柱とした提携強化には、エンタープライズ市場での戦略展開に向けた富士通の深謀遠慮がうかがえる。(2009/3/30)

伴大作の木漏れ日:
日本の技術力が生きる「グリーンニューディール」
バラク・オバマ氏が米国第44代大統領に就任した。米国で長年虐げられてきたカラード出身者では最初の大統領だ。彼は就任演説で、幾つかの政策を明らかにしたが、その中で僕が注目しているのは「グリーンニューディール政策」だ。(2009/2/3)

伴大作の木漏れ日:
ICT産業の暗い未来
2009年に年が改まりました。ある人から経済見通しを聞かれました。僕のような、ICT専門の人間にまで経済の先行きを聞かなければならないとは相当追い込まれているなとちょっと同情してしまいました。(2009/1/19)

「2009 逆風に立ち向かう企業」富士通:
顧客の顧客に注目する
2008年に就任した富士通・野副社長の好きな言葉は、成功するために耐えるという臥薪嘗胆。米国の金融危機に端を発する大きな不況の中で、舵取りが世界から注目されている。(2009/1/14)

年頭所感:
「従来のITサービスからの脱皮を」――IT企業社長、2009年の意気込み
未曾有の金融危機が国内の企業にも波及し、IT投資は鈍りがちとの見方が強い。2009年、IT企業はこの壁にどう立ち向かうのか。社長の意気込みを伝える。(2009/1/5)

「グローバル戦略の第一歩」――富士通が独Siemensとの合弁を子会社化
富士通は、欧州におけるSiemensとの合弁会社の株式をすべて取得することにより、海外事業の強化を加速させる。(2008/11/4)

富士通、Siemensとの合弁会社を完全子会社化 「真のグローバル化の第1歩」
Fujitsu Siemens Computersを富士通が4億5000万ユーロで完全子会社化。IAサーバ「PRIMERGY」の開発の中核を担う同社を直轄することで「真のグローバル化の第1歩」を踏み出す狙いだ。(2008/11/4)

Weekly Memo:
ITサービスの“世界メジャー”に挑む富士通の新戦略
先週、富士通がITサービスの新たなグローバル戦略を発表した。IBMやHP・EDS連合などの競合がひしめく市場で、“世界メジャー”へ向けた同社の戦いが本格的に始まった。(2008/9/29)

Weekly Memo:
Googleのサービス障害にみるトラブル対策の勘所
今回は、先週および先々週に相次いで起こったGoogleのサービス障害を中心に、大規模システムにおけるトラブル対策の勘所について考えてみたい。(2008/8/18)

Weekly Memo:
マネジメントの真髄に迫る――富士通 野副新社長が語った決意と本音
今回は、富士通が8月5日に開いた経営方針説明会から、野副新社長の決意と本音、そしてマネジメントの真髄に迫る発言を筆者なりにピックアップしてみたい。(2008/8/11)

強い事業をより強く:
富士通が経営方針を説明 「強さを表に出した事業を進める」と野副新社長
富士通は2009年度の売上高営業利益率5%超を目指し、主力のテクノロジーソリューション事業やアウトソーシング事業に注力する。海外事業のテコ入れも図り、海外売上高比率を引き上げていく。(2008/8/6)

「富士通の強さが見えてきた」──野副新社長が経営方針を説明
富士通の野副社長が就任以来初となる経営方針説明会を開き、黒川前社長の路線をベースに、営業利益率5%の達成を目指す方針を説明した。(2008/8/6)

第三者視点でシステム監視:
富士通が障害対策組織を新設 東証のシステム障害を受けて
第三者視点でシステムを集中監視する組織を富士通が新設した。野副州旦社長が経営方針説明会で明らかにした。(2008/8/6)

Weekly Memo:
富士通 黒川社長が「フィールド・イノベーション」を説く理由
今回は、富士通の黒川博昭社長が5月15日に「富士通フォーラム2008」で行った基調講演から、同氏が最重点戦略に掲げる「フィールド・イノベーション」の真髄に迫ってみたい。(2008/5/19)

Weekly Memo:
「ワンマンコントロール」と「潔さ」――富士通トップ交代
新連載の初回は、3月27日に富士通が発表したトップ交代のニュースを取り上げながら、マネジャーにとっても関心の高い、経営の「あるべき姿」について考えてみたい。(2008/4/1)

富士通社長に野副上席常務が昇格 黒川社長は相談役に
富士通社長に野副上席常務が昇格する。黒川社長は「ワンマンコントロールの弊害が出てきた」と、秋草会長とともに相談役に退く。(2008/3/28)

富士通、社長と会長交代の人事を発表
富士通は会長と社長の交代を含めた役員人事を同日開催の取締役会で内定したと発表した。(2008/3/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。