ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「ProActive」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ProActive」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進は待ったなし:
SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServiceNow Japanの李 広泰氏による講演内容を紹介する。(2019/5/24)

うぉぉついに登場! うっとり華麗デザインの新世代車「MAZDA3」発売 “かなり安い”218万1000円から
色気のあるハッチバック、オトナ雰囲気のセダン。(2019/5/24)

製造業がサービス業となる日:
サービタイゼーション実現に必要なこと、アフターサービスを見直そう
シンクロン・ジャパンは2018年11月27日、同社主催セミナー「グローバル製造業/エグゼクティブセミナー2018 世界で戦う強い製造業の条件〜AI/IoT時代を勝ち抜くアフターマーケット改革 」を開催した。(2018/11/28)

PR:「あの資料どこだっけ」に一瞬で答えてくれる――AIチャットボットと「LINE WORKS with KDDI」の連携がもたらす価値
(2018/9/12)

マツダ「CX-3」大幅改良 性能・快適性向上
マツダがコンパクトSUV「CX-3」を大幅改良。(2018/5/17)

初の気筒休止も:
マツダ「CX-5」改良 新技術でエンジン性能向上
マツダはSUV「CX-5」を商品改良し、3月8日に発売する。(2018/2/8)

好調な滑り出し:
マツダ「CX-8」発売 予約受注7362台 月販目標の6倍
マツダは新型SUV「CX-8」を発売した。(2017/12/14)

実はx86サーバも25周年:
レノボがHCI製品「ThinkAgileシリーズ」を拡充、同社初のvSAN搭載製品も
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがThinkAgileシリーズを拡充し、ラック型のNutanix搭載モデルとVMwareのvSAN搭載モデルを発売する。(2017/12/14)

機能のポイントは?:
問い合わせ対応から接客へ 広がるチャットボット
人工知能(AI)を活用して問い合わせ対応などを行うチャットボットサービスが増えている。いま、チャットボットサービスはどのように発展しているのか。(2017/7/20)

IVI公開シンポジウム2017春(1):
「今できない」が条件、IVIが新たに取り組む「未来プロジェクト」
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative(IVI)」は、取り組みの進捗状況を紹介するIVI公開シンポジウムを開催。2017年度の取り組みとして新たに、「できない」を「できる」に変換する「未来プロジェクト」を開始することを発表した。(2017/3/13)

@ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(2):
「セキュア開発」はなぜ浸透しないのか?――DevSecOpsを妨げる“4つの敵”
本稿では、@IT編集部が2017年2月7日に東京で開催した「@ITセキュリティセミナー」レポート第2弾(東京Bトラック編)をお届けする。(2017/3/9)

最上位グレードが5割:
マツダ「CX-5」が好調 発売1カ月で1万6639台受注
マツダの新型「CX-5」が好調に受注を伸ばしている。(2017/3/7)

月販目標は2400台:
マツダ新型「CX-5」発売 1カ月半で9055台受注
マツダが新型「CX-5」を発売。事前受注は好調。(2017/2/2)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(4):
ロボットが人間と自然に話すための技術――音声認識、音声合成、知的エージェント、感情認識、感情生成
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、ロボットや人工知能が人間と自然に話すための技術として、音声認識、音声合成、知的エージェント、感情認識、感情生成を紹介。(2016/12/7)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
なぜ「Siri」は人気なのか? 競争が激化しているスマホ向けパーソナルアシスタント最新事情
iPhoneに搭載されているパーソナルアシスタント機能の「Siri」。実用面だけでなく、ユニークな会話も楽しめるなど他にはない人気を得ている。その理由を探った。(2016/3/29)

週末アップルPickUp!:
Appleの人工知能開発はどうなってる?
人類は投了しました。(2016/3/12)

Microsoftの「Cortana」にメールを“読んで”リマインダーを設置する機能追加へ
Windows 10のパーソナルアシスタント「Cortana」が、ユーザーのメールをスキャンして「今日中に新しいレポートを出すよ」などの約束や予定を検知するとそれをリマインダーにするかどうか尋ねてくるようになる。(2016/1/26)

Facebook、モバイルの「お知らせ」タブでGoogle Nowカードのような情報表示へ
Facebookアプリの「お知らせ」タブ(地球アイコンのタブ)に、位置情報に基づく天気予報や近くの人気スポットやイベント情報、「いいね!」しているスポーツチームの試合予定やスコアなどのカードが表示されるようになる。まずは米国でローリングアウト中だ。(2015/10/27)

Apple、「iOS 9」を9月16日から配信
iPhone・iPad・iPod touch向けの新OS「iOS 9」が、9月16日から配信される。対象端末は、iPhone 4s以降、iPad 2以降、第5世代iPod touch以降だ。(2015/9/10)

Appleが人工知能(AI)・機械学習のエキスパートを大量募集 Siri強化が目的か
Appleが、人工知能(AI)や機械学習の専門家を大量に求人していることが同社の求人ページから明らかになった。ReutersはiPhoneの「Siri」の強化が目的と報じ、Appleのプライバシー尊重方針がビッグデータの機械学習を困難にしていると指摘した。(2015/9/8)

9月発表(?)の新「Apple TV」はiOS 9搭載とのうわさ
Appleが9月9日に開催するといわれるイベントでは次期iPhoneやiPadとともに「Apple TV」も登場するとみられている。このApple TVのOSは最適化された「iOS 9」になり、Siriをサポートするという。(2015/8/19)

視点:
次世代メンテナンスのあり方
保全の対象である設備・インフラが時代とともに大きく進歩してきたように、保全方式も進化を遂げてきた。原始的で無駄の多い手法から、よりハイテクで効率的に進化してきた保全方式は、大きく3つの世代に区分される。(2015/8/17)

「で、どっちがいいの?」 Apple WatchとAndroid Wearを使い比べて分かったこと
スマートウォッチのApple WatchとAndroid Wearはどちらがいいのか? 2つを2カ月使って分かったこととは?(2015/7/13)

神尾寿のMobile+Views:
世界の変化はいつもここから――WWDC 2015で見えた「ユーザー体験の高み」と「新たなエコシステムの芽生え」
2015年の「WWDC」のテーマとして掲げられたのは「The epicenter of change(変化の震源地)」という言葉だ。世界中のイノベーションとテクノロジーの「震源地」となったこの場所で、何が指し示されたのだろうか。(2015/6/9)

Apple、「Google Now」のような「Proactive Assistant」(ただし個人情報は集めない)
Appleが、Googleの「Google Now」のようにコンテキスト(ユーザーのアプリ利用履歴や時間、場所など)に基いて情報を提示するiOS 9の新機能「Proactive Assistant」を発表した。Appleはこのサービスのために使うユーザー情報を流用することはないと強調した。(2015/6/9)

WWDC 2015基調講演まとめ
WWDC 2015では、新しいハードウェアこそ登場しなかったが、「OS X El Capitan」「iOS 9」「watchOS 2」、Beatsを統合する音楽サービス「Apple Music」や「Swift 2」のオープンソース化など、それなりに盛りだくさんだった。(2015/6/9)

WWDC 2015:
Apple、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」と3つの新OS「iOS 9」「watchOS 2」「OS X El Capitan」を正式発表
Appleが開発者向けイベント「WWDC 2015」を開催し、基調講演でiPhoneやiPad向け「iOS 9」とApple Watch用「watch OS 2」、Mac向けの「OS X Yosemite」という3つのOS最新バージョンと、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」を披露した。(2015/6/9)

Apple、「iOS 9」発表
Appleがモバイル端末向けOSの新バージョン「iOS 9」を発表した。今秋に登場する予定。(2015/6/9)

Apple、“iOS 9”に「Google Now」のような新機能を追加か──9TO5Mac報道
6月8日のWWDCで発表されるとみられる次期iOSには、Googleのパーソナルアシスタント「Google Now」のように、カレンダーや連絡先、ユーザーのアクティビティを反映した情報を表示する新機能「Proactive」(コードネーム)が搭載されると9TO5Macが報じた。(2015/5/28)

IFRS対応も視野に:
予実対比もすぐ分かる モスフード、国内外グループの会計システムを共通化
グループ共通の会計システム導入で、決算業務の効率化、データ二重入力の排除、伝票入力業務の削減、予実対比のリアルタイム把握などといった効果が現れているという。(2015/4/23)

現行「NCモデル」と比較:
新型「ロードスター」はマツダ新世代商品の集大成
2015年内の発売を予定している新型「マツダ ロードスター」。4代目となる「NDモデル」であり、1989年に発売された初代の「NAモデル」と同様に完全新規開発の車両だ。このNDモデルについて、国内市場向け仕様の開発目標値をマツダが明らかにした。(2015/2/4)

NEWS
目黒区立第一中学校が、タブレットPCを活用した授業の実証研究を開始
生徒が1人1台のタブレットPCを使用し、自分の意見を電子黒板で発表したり、生徒同士のグループで議論などに活用したりする。思考力や判断力、表現力などの育成を目指した「言語活動の充実」に主眼を置いた授業を行っていく。(2014/4/21)

DB集約・統合とサービス化に向けて:
プライベートクラウドDBaaSを指向したOracle Exadata Database Machine X4
オラクルが「データベースアプリケーションのプライベートクラウドでの統合に最適」として、データベース専用マシンを発表。マルチテナントアーキテクチャ型データベースの利点を生かしながら、OLAP/OLTP混在環境でのパフォーマンスおよび信頼性向上を目指してハードウェア/ソフトウェアを刷新する。(2014/1/21)

岩淺こまきのオン/オフで使えるプレゼン術:
【オンタイム編】“所信表明プレゼン”で1年の目標を整理しよう
年が明け、気持ちも新たになるこの季節、所信表明のプレゼンテーションをしてみてはいかがでしょう。自分自身が1年をどのように過ごすか、行動指針やテーマを設定すると周囲からの評価が上がるかもしれません。(2014/1/9)

導入事例:
CCC、高速データベースマシン上でERPシステムを稼働
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、Oracle Exadata上でSCSKのERPシステム「ProActive E2」を稼働させた。(2013/12/5)

セキュリティ業界、1440度(1):
PacSec 2013 レポート 1日目〜任意のコードをBIOSに
このコラムでは、セキュリティ企業FFRIのメンバーが、おのおののアンテナに引っかかったセキュリティ業界の話題を紹介していきます。(2013/11/29)

和田憲一郎の電動化新時代!(4):
テスラは「モデルS」をどのように開発したのか、EV開発の核心に迫る
米国市場で好調に販売台数を伸ばし続けている、Tesla Motors(テスラ)のプレミアムEVセダン「モデルS」。元三菱自動車で、EV「i-MiEV」の開発を担当した和田憲一郎氏が、テスラのディレクターを務めるカート・ケルティ氏に緊急インタビューを敢行。モデルSに代表されるテスラのEV開発の核心に迫った。(2013/6/21)

安全システム:
3種類のレーダーとカメラで9つの安全機能を実現、マツダの「i-ACTIVSENSE」
マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」は、3種類のレーダーとカメラをセンサーデバイスとして用いることで9つの安全機能を実現している。新型「アテンザ」は、これら9つの安全機能を全て搭載する予定だ。(2012/9/21)

Weekly Memo:
HPが描くx86サーバの未来像
先頃、x86サーバの新世代機を発表したHP。x86サーバ市場をリードするHP米国本社の同事業責任者に新世代機の革新性やx86サーバの未来像について聞いてみた。(2012/4/23)

Weekly Memo:
「自働サーバ」に込めたHPの思惑
日本HPが先週、「自働サーバ」と銘打ったx86サーバの新製品を発表した。同社が「自働」という言葉に込めた思惑とは――。(2012/4/2)

ウイルス対策やパッチ管理だけでは不十分
Windows管理者が見落としがちな5つのリスクとは?
社内のWindows端末を安全に保つのにウイルス対策やパッチ管理は不可欠だが、それだけでは不十分だ。管理者が見落としがちな、Windows環境における5つのリスクを紹介する。(2011/10/26)

クオカード、ERPパッケージで基幹システムを再構築
事業環境の変化にスピーディーに対応できるシステムを短期間で構築するため、住商情報の「ProActive E2」を採用した。(2011/9/15)

ERP製品カタログ【第10回】東洋ビジネスエンジニアリング
「カスタマイズありき」でグローバル製造業を支援する「MCFrame」
製造業向けのERPとして実績を持つ「MCFrame」は日本企業の海外展開に合わせて機能やサービスを拡充させてきた。「カスタマイズありき」というポリシーの裏側にはどのような判断があるのか。(2011/4/22)

ディルバート(216):
「仕事の先」より「上司の欲」を読む方が大切
(2011/4/15)

ERP製品カタログ【第9回】NEC
SaaS提供で独走狙う「EXPLANNER」の一日の長とは
中堅・中小企業向けERPとしてオフコン時代を含めて長い歴史を持つ「EXPLANNER」に注目が集まっている。その理由はSaaS版への先進的な取り組みだ。EXPLANNERの強みを担当者に聞いた。(2011/3/10)

ERP製品カタログ【第8回】日立製作所
アドオン開発の負荷を減らす「GEMPLANET Ver.2」の仕掛けとは
Webに完全対応したERP「GEMPLANET Ver.2」の特徴はアドオン開発を支援するフレームワークを用意したことだ。フレームワークに沿って開発することで将来のバージョンアップが容易になる。(2011/2/10)

ERP製品カタログ【第7回】エス・エス・ジェイ
グローバル進出をにらむ「SuperStream」、視線の先には何が?
新たにSaaS対応を発表した「SuperStream」が機能強化を急いでいる。特にグローバル対応機能を追加することで大企業顧客を獲得したい意向だ。IFRS対応にも先進的に取り組む同社に戦略を聞いた。(2011/1/7)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

その歴史と導入メリットを解説
読めば分かる! ERPの基本
ごく普通に使っている「ERP」という言葉。しかし、その歴史や普及の背景、導入効果などは意外に知られていない。この記事では、ERPをさらに深く理解するための基本的解説をお届けする。(2010/12/16)

ERP製品カタログ【第6回】日本インフォア
「Infor ERP」が製造業に受け入れられた歴史的理由
Infor ERPは製造業向けERPとして長い歴史を持ち、日本でのユーザー企業も多い。製造業企業で広く使われる理由、特に厳しい要件を持つグローバル企業に使われる理由を説明しよう。(2010/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。