ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RCS(Rich Communication Suite)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RCS(Rich Communication Suite)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Googleに聞く「Google メッセージ」日本展開の意義 AppleのRCS対応は「非常に楽しみにしている」
Googleが「Google メッセージ」日本導入を発表。既にサービス自体は始めていたが、同アプリが標準搭載されている端末はPixelシリーズなどの一部にとどまっていた。今後は、KDDIが販売する端末にGoogleメッセージをプリインストールし、日本での普及を加速させていく構えだ。(2024/5/16)

RCS対応の「Google メッセージ」で何ができる? 写真を使った「フォト文字」やフキダシの色変更などを案内
Googleが、「RCSのGoogle メッセージでできること」と題し、Google メッセージの特徴や機能について紹介している。Google メッセージは、RCS(Rich Communication Service)に準拠しており、テキストだけでなく画像や動画、スタンプなどもやりとりできる。最新の機能として、フォト文字やフキダシの色変更などを紹介している。(2024/5/16)

KDDIが「Google メッセージ」をAndroid端末に採用 「RCSの普及とユーザー体験向上を目指す」
KDDIが5月16日、「Google メッセージ」をAndroid端末の標準アプリとして追加採用することを発表した。Googleが表明しているグローバル標準のRCSの取り組みに賛同し、AI技術なども活用しながらユーザー体験向上を目指すとしている。Android端末への採用時期は、あらためて告知する。(2024/5/16)

Google I/Oで明かされたAndroidの進化 日本で「Googleメッセージ」開始、RCS対応でKDDIと連携
Googleは、5月14日から15日(現地時間)に渡り、米カリフォルニア州マウンテンビューで、開発者向けイベントの「Google I/O」を開催している。生成AIモデルGeminiの最新版である「Gemini 1.5 Pro」や、高速版の「Gemini 1.5 Flash」を発表するとともに、Google DeepMindが開発中のAIエージェント「Project Astra」を披露した。Androidの新機能や、日本での「Googleメッセージ」対応も発表した。(2024/5/16)

Geminiとの会話、一部のAndroid端末の「メッセージ」で可能に
Googleは、Androidで使える複数のAI関連新機能を発表した。例えば、一部のAndroid端末では「メッセージ」で生成AI「Gemini」と会話できるようになる。まずは英語のみではあるが、日本もサポート対象地域だ。(2024/2/27)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

Appleの「iMessage」はEUのデジタル市場法(DMA)に抵触しないとの決定
欧州委員会は、DMAに基づいて、Appleはメッセージングサービスのゲートキーパーではないという結論に達したと発表した。これにより、「iMessage」で相互運用性を提供する必要はなくなる。(2024/2/14)

AppleがiPhoneの「RCS」採用を決めたワケ それでも“フキダシの色”は変わらない?
Appleが2024年後半にメッセージサービスのRCSを導入する方針を明らかにしました。AndroidとiPhoneユーザー間でも、これまで以上に気軽に画像の送受信などが行えるようになります。ここにきてRCS採用に動いたのは、EUのデジタル市場法(DMA)の影響がありそうです。(2024/1/14)

石野純也のMobile Eye:
AppleのAirDrop対抗? GoogleがAndroidの「ニアバイシェア」を刷新するワケ
GoogleはAndroidの「ニアバイシェア」を刷新し、Galaxyで採用している「クイック共有」機能を取り入れる。Galaxyのクイック共有はニアバイシェアより多機能だが、どこまで統合されるかは不透明。AppleのAirDropに対抗する狙いがあるのかもしれない。(2024/1/13)

Appleにブロックされた「Beeper Mini」、アップデートで復活 当面は無料アプリに
AndroidからAppleの「iMessage」にE2EEでメッセージを送信できるチャットアプリ「Beeper Mini」がAppleからブロックされた後、復活。「状況が安定するまで」無料になった。(2023/12/12)

Androidで「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、送受信不能に
12月4日にGoogle Playストアで公開されたばかりのAndroidから「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」で、8日から送受信できなくなっている。開発元のCEOはAppleから遮断されたのかという問に「データはそう示している」と答えた。(2023/12/9)

Android端末で「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、Google Playに登場
Googleの公式Androidアプリストアで、AndroidからiMessageにメッセージを送ってもフキダシが緑にならないアプリ「Beeper Mini」が公開された。Apple IDは不要で、メッセージはE2EE。月額1.99ドルのサブスク制だ。(2023/12/6)

RCSサポートの「Googleメッセージ」、MAU10億人超えを祝して7つの新機能
RCSを推進するGoogleは、RCSベースのメッセージングアプリ「Googleメッセージ」の月間アクティブユーザー数が10億人を超えたと発表した。また、AIで生成するオリジナル絵文字や音声メッセージのカスタマイズなどの新機能を紹介した。(2023/12/1)

Apple、“次世代SMS”こと「RCS」に対応へ 24年後半に 「iMessage」は並行して提供
米Appleが、ショートメッセージサービス(SMS)の後継規格とされている「RCS」(Rich Communication Services)をサポートすると発表したと、米9to5Macなどが報じた。(2023/11/20)

Nothing、「iMessage」サポートアプリ「Nothing Chats」公開延期
Nothing Technologyは、数日前に発表したAppleの「iMessage」をサポートするメッセージングアプリ「Nothing Chats」の公開を延期する。バグを修正するとしている。このアプリについてはE2EEになっていないという指摘があった。(2023/11/20)

Apple、iPhoneで2024年にRCSをサポートへ(iMessageは存続)
Appleは2024年にRCSをサポートすると米メディア9to5Macに語った。iPhoneのSMSとMMSがRCSになれば、Androidユーザーとのメッセージングで既読や入力インジケータなどの機能が可能になる。(2023/11/17)

Nothing、「Phone(2)」でiPhoneのiMessageをサポートするアプリ「Nothing Chats」を公開へ(日本はまだ)
Nothing Technologyは、Appleの「iMessage」とRCSの両方をサポートするメッセージングアプリ「Nothing Chats」を発表した。欧米の一部地域でリリースする。「Phone(2)」でのみ利用可能になる見込みだ。(2023/11/15)

楽天モバイル、2024年末までに800万回線突破で黒字化を目指す SPUは「多くの方々にはアップグレードになる」と三木谷氏
楽天モバイルは赤字が続いているが、営業利益は改善している。700MHz帯の獲得や新ローミング契約でネットワークの品質も改善していく。契約者数と売上アップのためには、「楽天グループのエコシステムのベネフィットを最大に活用していく」(三木谷氏)という。(2023/11/9)

Rakuten Link、Android 9のサポートを終了へ 楽天モバイルがアップデートを呼びかけ
楽天モバイルは「Rakuten Link」アプリについて、Android 9のサポートを12月1日に終了すると案内している。アプリのインストールや通話は引き続き行えるが、不具合が生じた際にサポートを受けられなくなる。同社はアプリのバージョンアップを呼びかけている。(2023/11/1)

セキュリティニュースアラート:
「SMSは40年前の時代遅れの技術」 Googleがセキュリティを問題視
GoogleはSMSを40年前の時代遅れの技術でセキュリティ的に問題があると指摘し、より安全なリッチコミュニケーションサービス(RCS)への移行を提案している。(2023/10/2)

Google、Wear OSの新機能紹介 「メッセージ」の音声録音と「マップ」検索
GoogleのスマートウォッチOS「Wear OS」で、「Googleメッセージ」と「Googleマップ」の新機能が追加される。「音声メッセージ」の録音が可能になる。Googleマップでは音声でショップなどを検索できる。(2023/9/6)

山根康宏の中国携帯最新事情:
5Gのキラーコンテンツは中国で生まれる? 「5.5G」「6G」も見据え世界をリードする存在に
モバイル・通信関連のイベント「MWC上海2023」が2023年6月28日から30日まで中国・上海で開催された。通信キャリアは6Gに関するデモを披露。3DコンテンツやAIなど、新たな技術を取り入れた展示も活発だった。(2023/8/15)

Google、「メッセージ」のRCSでグループチャットもエンドツーエンド暗号化
Googleは、Android端末にプリインストールされている「メッセージ」のRCSを初期設定で有効にすると発表した。また、予告していたグループチャットのエンドツーエンドで暗号化(E2EE)も実施した。(2023/8/9)

Google、「メッセージ」でIETFの新E2EEプロトコル「MLS」サポートへ
Googleは、Androidのメッセージングアプリ「メッセージ」でIETFが承認したばかりのE2EE新プロトコル「MLS」をサポートすると発表した。MetaやCiscoもMLSのサポートを表明している。(2023/7/23)

Rakuten Linkで発信ができなくなる? 楽天モバイルがアプリのアップデートを呼びかけ
楽天モバイルは通話アプリ「Rakuten Link」のユーザーに対して、アプリのアップデートを呼びかけている。アプリのバージョンが古いと、発信ができなくなるという。Rakuten LinkはRakuten Link同士での通話やSMSなどが無料で利用できるアプリだ。(2023/7/15)

HPCで充実する高等教育機関【後編】
「HPC」は計算能力だけの時代じゃない 英大学がLenovoに求めた“ある要素”
英国インペリアルカレッジロンドンがLenovoおよびIntelと手を組み、HPC分野での共同研究を開始した。同校が新しいスーパーコンピュータに求めた、計算処理能力以外の要素とは。(2023/7/14)

HPCで充実する高等教育機関【前編】
LenovoとIntel、英大学が「HPC」(高性能計算)でタッグ結成 その狙いは?
英国のインペリアルカレッジロンドンがHPC分野でLenovoとIntelと共同研究を開始した。3者が組んだ狙いと、共同研究がもたらす効果とは。(2023/7/7)

Meta、AI強化に向けた自社開発のAIチップ、スパコン、データセンター、生成AIアシスタントを発表
MetaはAIに関する取り組みについて発表した。自社開発のAIチップ2種、スパコン「RCS」の進捗、GitHub Copilotのような「Code Compose」、AIデータセンターについてだ。(2023/5/19)

「Rakuten Link」のデスクトップ版、8月から提供へ
楽天モバイルが、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」のデスクトップ版を2023年8月1日から提供する予定。モバイル版と同じくチャット、グループチャット、音声通話が利用できる。当初、2020年10月下旬の提供を予定していた。(2023/5/12)

石野純也のMobile Eye:
安心感のある「Galaxy S23」シリーズ、ただし一抹の不安も Unpackedで語られたこと
3年ぶりのリアル開催となったGalaxy Unpacked。サムスン電子はGalaxy S23のカメラやパフォーマンスが大きく向上したことをアピールする。QualcommやGoogleとも密に連携し、Galaxy S23シリーズ専用のプロセッサも搭載。一方でマイナーチェンジゆえの不安も残る。(2023/2/4)

リテール&ロジスティクス:
ニトリが宮城県と福岡県で物流施設を新設、延べ8.4万m2と延べ10.9万m2の建物を開発
ニトリホールディングスは、宮城県仙台市と福岡県福岡市に、同社の物流センターを開設する。両施設は、同社が総額約3500億円を投じて、2.5〜12万坪規模の物流センターを8カ所に新設する「国内物流拠点再構築」の一環で行われる。(2022/12/22)

「+メッセージ」の利用者数が3000万人を突破
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIは12月8日、携帯電話番号でメッセージがやりとりできるサービス「+メッセージ」の利用者数が3000万人を超えたと発表した。10月末時点で3250万人となっている。(2022/12/8)

AndroidとPixelに12月の月例更新 「致命的」含む多数の脆弱性修正 Pixelには多数の機能修正と改善も
GoogleがAndroidとPixelの月例更新をリリースした。「致命的」を含む多数の脆弱性が修正される。Pixelでは年末ということもあってか、大量の機能修正と改善も行われる。(2022/12/6)

Androidの「メッセージ」、グループチャットもエンドツーエンドの暗号化へ
GoogleはAndroid端末にプリインストールされている「メッセージ」アプリで、グループチャットもE2EEにするテストを開始した。「メッセージ」はAndroid端末にプリインストールされているメッセージングアプリ。1対1のE2EEは昨年6月から有効になっている。(2022/12/4)

宇宙開発:
絞り込まれてきたイプシロン6号機打上失敗の要因、イプシロンSやH3への影響は
2022年10月12日のイプシロン6号機の打ち上げ失敗は、H-IIAロケット6号機以来、じつに19年ぶりに日本の基幹ロケットの打ち上げで起こった失敗になる。この約1カ月間の調査を経て、その要因はかなり絞り込まれてきた。今後の日本のロケット打ち上げプロジェクトにどのような影響が起こり得るかも含めて解説する。(2022/11/10)

リテール&ロジスティクス:
IHIらが横浜市で延べ約16.3万m2の物流施設を開発、自動倉庫のシェアサービスを導入
IHIは、野村不動産とともに、2025年2月の竣工に向け、神奈川県横浜市で開発を進めるカテゴリーマルチ型物流施設「(仮称)Landport横浜杉田」が2023年4月に着工する。なお、Landport横浜杉田では、両社の物流施設開発で初の取り組みとなる自動倉庫のシェアリングサービスを備える。(2022/10/24)

Y!mobile×iPhoneで「+メッセージ」を使ってみた 便利だが普及に課題も
ソフトバンクがサブブランド(Y!mobile/LINEMO)とMVNOサービスに対して「+メッセージ」の利用を解禁した。Y!mobile回線とiPhoneを組み合わせて使ってみよう。(2022/9/30)

ドコモの「+メッセージ」で送受信がしづらく 9月20日15時33分から【復旧】
NTTドコモは9月20日15時33分から、スマートフォン向けメッセージサービス「+メッセージ」が利用しづらくなっていることを明らかにした。影響範囲や原因について詳しく調べている。+メッセージは電話番号だけで最大で全角2730文字を送受信できるサービスだ。(2022/9/20)

「+メッセージ」ドコモで障害 利用しづらい状態に【復旧済み】
スマートフォン向けメッセージサービス「+メッセージ」が午後3時33分ごろからドコモユーザーの間で利用しづらくなっている。影響範囲や原因、復旧見込みは確認中としている。(2022/9/20)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県愛甲郡で延べ18.3万m2の物流施設が着工、オリックス不動産
オリックス不動産は、神奈川県愛甲郡で計画を進めていたマルチテナント型物流施設「厚木IIIロジスティクスセンター」が2022年8月1日に着工したことを公表した。(2022/9/13)

Google、Appleに「RCS」採用を求めるキャンペーン#GetTheMessageを開始
Googleは、Appleに「メッセージ」でSMSではなくRCSを採用するよう求めるキャンペーンを開始した。RCSは最近のほとんどのAndroid端末のメッセージング機能に採用されており、Appleが採用すればシームレスな会話が実現できると主張する。(2022/8/10)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(20):
今も働き続ける「はやぶさ2」、プラス10年以上もの長旅に耐えられるのか〜拡張ミッション【前編】〜
2020年12月に地球へ帰還し、小惑星「リュウグウ」からのサンプルリターンというミッションを完遂した小惑星探査機「はやぶさ2」。しかし、はやぶさ2の旅はまだ終わっていない。現在も「拡張ミッション」となる2つの小惑星の探査に向けて旅を続けているところだ。果たしてはやぶさ2は、追加で10年以上もの長旅に耐えられるのだろうか。(2022/7/29)

Google、iPhoneにスパイウェアをインストールさせるイタリア企業の手口を解説
Googleは、iPhoneとAndroidにスパイウェアをインストールさせる伊企業の手口を解説した。ISPに協力させる手の込んだ方法だ。被害者には既に通知済み。(2022/6/24)

リテール&ロジスティクス:
大阪市で延べ1.6万m2の物流施設が竣工、ロジランド
ロジランドは、大阪府東大阪市で開発を進めていた物流施設「LOGI LAND 東大阪」が2022年6月15日に竣工したことを公表した。LOGI LAND 東大阪は、西松建設が設計監理と施工を担当。加えて、1棟貸し倉庫として、SBS ロジコムへ引き渡しされ、運用が開始されている。(2022/6/23)

Google、「Android 13 Beta 2.1」公開 バグ修正と安定性向上
Googleが「Android 13 Beta 2.1」をリリースした。バグ修正と安定性向上が中心のアップデートだ。既にAndroid 13 Betaをインストールしている場合はOTAでアップデートされる。(2022/5/27)

MVNOの深イイ話:
MVNOと「+メッセージ」の関係 当初は3キャリア限定→MVNO開放の背景は?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から提供されている+メッセージでは、SMSのように相手先の電話番号を指定してメッセージを送ることができます。2021年9月から、これまでは使えなかったMVNOにも開放されました。MVNOやサブブランドのユーザーも、無料で高度なメッセージングが可能となり、アプリの利便性がより高まることになります。(2022/3/14)

Google、Androidの「メッセージ」や「Googleフォト」の新機能を紹介
GoogleがAndroidの複数の新機能を紹介した。「メッセージ」でのiPhoneからのリアクションの表示改善や、「ぼかし」ツールの人物以外(動物や植物)のサポートなどだ。(2022/3/11)

Google、Android「メッセージ」でのiPhoneからのリアクション表示を改善
GoogleはAndroidアプリ「メッセージ」でiPhoneからのリアクション表示を改善する。吹き出しの右下にリアクションの絵文字が表示されるようになる。また、iPhoneユーザーに高解像度のまま写真を送れるようになる。(2022/3/11)

リテール&ロジスティクス:
千葉県浦安市で延べ5.2万m2のマルチテナント型物流施設が着工、日鉄興和不動産
日鉄興和不動産は、物流施設「LOGIFRONT」シリーズの1つとして、千葉県浦安市で、物流施設「LOGIFRONT 越谷I」「LOGIFRONT 越谷II」「LOGIFRONT 狭山」に次ぐ首都圏第4弾となるマルチテナント型物流施設「LOGIFRONT 浦安」の開発に着手した。(2022/2/3)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県愛甲郡愛川町で延べ3.6万m2の物流施設が着工、三井物産都市開発ら
三井物産都市開発は、野村不動産とともに、神奈川県愛甲郡愛川町で計画を進める物流施設の開発に着手した。(2022/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。