ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「退職金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「退職金」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
「研究費11億円以上の不正使用」「論文4本の捏造」――京大の霊長類研究所が“解体”されたワケ 元教授らが論文発表
京都大学霊長類研究所(霊長研)に所属していた研究者らは、国内有数の研究拠点であった霊長研が2021年度末に事実上解体されるに至った経緯を、裁判記録や公的資料を精査して分析した報告書を発表した。(2024/5/10)

「新婚さん」に81歳&53歳の年の差カップル、夫には5人の孫にひ孫まで 結婚ためらう夫に妻は「慌ててせんと死んでしまう」
友人からは「お金があるん?」と聞かれたもよう。(2024/4/21)

素材/化学メルマガ 編集後記:
日経平均株価が4万円台を突破、そんなことより老後の生活と年金を考える
日経平均株価が好調みたいですね。そんなことより老後の生活と年金について考えてみました。(2024/3/11)

FX詐欺に巻き込まれるシニア増加 SNS投資グループに注意
国民生活センターは、シニア層からのFX取引に関する相談が寄せられいると注意を呼び掛けている。(2024/1/29)

判例を基に解説:
「退職金の廃止」を会社が勝手に決定 入社時の説明と違うが、会社の責任は?
入社時に説明を受けていた「退職金の支給」を会社が勝手に廃止にしていたことが判明した。入社時の説明と異なる場合、会社はどのような責任に問われるのか?(2024/1/15)

「職務給」の社員は「異動したら給与が下がる」のか?
業務内容を給与にひも付ける「職務給」を導入する企業が増えていますが、まずは管理職層からという流れになっており、一般社員層はこれまで通り職能給のままという企業が少なくありません。一般社員層の職務給はどのような状況になっているのでしょうか。(2023/12/28)

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

「デイリーポータルZ」独立 編集長・林雄司さんの新会社に譲渡 屋根はなくなるが、より自由に
「デイリーポータルZ」が独立。編集長の林雄司氏が代表を務める「デイリーポータルZ株式会社」に譲渡へ。現状、月100万円の赤字だが、運営は大丈夫か!?(2023/12/20)

定年って65歳? 法律で決まっていることQ&A
多くの会社員が迎える定年。定年前の準備や定年後の暮らしについて、労務管理とキャリアプランの専門家に聞いた。(2023/12/3)

フルタイムのパート社員という矛盾:
中小・零細を支える謎の「フルタイムパート」 就業規則の規定に合致しない存在だが、問題は?
正社員と同じ時間働いているのに扱いは「パートタイマー」という働き手がいます。彼らの問題移転と企業側の対応策について解説します。(2023/11/30)

MdN、イカロス出版、天夢人で希望退職募集 インプレスHD
インプレスホールディングスは、出版子会社であるエムディエヌコーポレーション、イカロス出版、天夢人でそれぞれ、希望退職を募集すると発表した。(2023/11/28)

労働市場の今とミライ:
政府による「転職のススメ」 失業給付のタイムラグ解消で何が起きる?
政府が「雇用の流動化」つまり転職の推進に熱心だ。これにより日本の賃金を上げることを狙っているが、転職の推進によって本当に賃上げが実現できるのだろうか。失業給付のタイムラグ解消やキャリアコンサルタントの支援などの具体的な施策で見込める効果と懸念点について言及する。(2023/11/9)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

50代なら早期退職には「手を挙げるべき」なのか? ベテラン層が狙われる理由を考える
勤め先で早期退職の募集が行われた際、労働者はどのような選択を取るのが賢明なのでしょうか。これを考えるには、企業が人材を採用・育成していく上での「後払い賃金」の存在が欠かせません。また、早期退職の募集は、なぜシニア層が対象なのでしょうか。2つの問題を考えていきます。(2023/10/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

広がる疑惑の目:
「被害者はお客さま」「不正見抜けず道義的責任」──損保ジャパンが“ビッグモーター問題”で示した見解と今後
ビッグモーターによる不正請求問題で、損保ジャパンが「被害者はお客さま」などの見解を示した。当初、報道陣へのコメントがSNSで「被害者ヅラ」などと批判を浴びたが、会見では自社の非を認め、契約者などに謝罪した。(2023/9/15)

CFO Dive:
環境対策をめぐる「極端すぎる」株主提案 企業はどう対応する?
異常気象の発生や災害の激甚化が続く中、企業の環境対策への株主の関心は上昇している。「気候変動対策を強化すべき」という株主提案がある一方でそれに反対する株主提案もあり、賛成派・反対派ともに提案内容は先鋭化している。「極端すぎる」提案に企業はどう対処しているのか。(2023/9/14)

労働市場の今とミライ:
ウワサの「サラリーマン増税」の真意 政府はなぜ、転職の活性化に期待するのか
政府税制調査会が検討を打ち出した、退職金増税を含むいわゆる「サラリーマン増税」が国民の不安を招き、大きな注目を集めた。政府はこうした増税案も含む「三位一体の労働市場改革」で、どんな社会を目指しているのか。その真意を人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2023/9/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
早期退職=福利厚生!? 中高年社員の大リストラ時代に備えるべきこと
シャープが早期退職制度を拡大、管理職だけでなく、55歳以上であれば一般社員まで対象として早期退職を募ることが報道されました。「早期退職制度=キャリア支援の福利厚生」との説明もありましたが、その真意は何なのか。中高年社員の大リストラ時代、何を備えるべきなのか。河合薫氏が解説します。(2023/8/25)

CIO Dive:
Microsoft、2023年初めの大幅人員削減からさらなるレイオフへ
2023年はテック企業で多くの人員削減が行われている。Microsoftも例外ではないが、同社によると人員削減は経営戦略の1つだ。(2023/8/9)

なぜ、「退職代行サービス」を利用したのか
(2023/6/16)

不満の内容:
退職代行サービスを使ってみたい、使ってみたくない理由
女性向けの転職サイトを運営するキャリアデザインセンターは、「退職代行に関するアンケート」を実施した。(2023/6/16)

専門家に聞く:
苦境「クックパッド」、年内3度目の人員削減 背景に競合台頭とタイパ重視
料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」運営元が110人の人員削減を発表。2月と3月の希望退職者の募集に続く、年内3度目の人員削減となる。(2023/6/8)

クックパッドがまた人員削減 今年3回目
クックパッドが人員削減を発表した。海外子会社を含むグループ全体で110人を削減するという。(2023/6/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
カンブリア宮殿で話題、7割が業務委託の旅行業ベンチャー 結局なにが問題なのか?
テレビ東京の番組で4月に特集されたベンチャー企業が、特殊な人事構成を採用していると話題になった。新進気鋭の成長企業であるが、「従業員の7割が業務委託契約」という特殊な雇用形態が議論を呼んだのだ。(2023/5/12)

つみたてNISAとiDeCo「どちらも利用していない」が約8割 税制優遇があるのになぜ?
つみたてNISAとiDeCoを「どちらも利用していない」人が76.2%。そんな結果が、退職金制度の導入・設計をサポートするベター・プレイス(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/5/11)

Microsoft、自社ブランドハードウェアは「Surface」のみに
Microsoftが「Microsoft」ブランドのハードウェア製造を終了する。「今後はSurfaceブランドのポートフォリオに注力する」としている。同社の直近の業績発表で、ハードウェアの売上高は前年同期比で30%減だった。(2023/4/28)

Q&A:
賞与、退職金はデジタル払いできる? 100万円を超える場合は?
賞与や退職金はデジタル払いできるのか? 100万円を超える場合の措置はどのようにすべきなのか? 就業規則、労使協定、個別同意書の変更は必要か否か? デジタル給与払いに関する疑問にQ&A形式で回答します。(2023/4/13)

聞いたら不採用になりそう:
「聞きたいけれど、聞けないなあ」 就活中に聞けなかった質問ランキング
就活中に、面接官に聞きたいことがあるけれど、聞くことができない。そんな経験をしたことがある人は、どんなことを聞きたいと思っていたのだろうか。就活経験者に聞いた。(2023/4/11)

Transport Dive:
自動運転業界の「明るいばかりではない」未来 予約殺到だったのに購入契約「ゼロ」の衝撃
自動運転ソフトウェアの開発企業が解散危機にひんしている。予約が殺到したにもかかわらず、実際の受注件数は「ゼロ」。従業員の70%が解雇に追い込まれたのはなぜか。(2023/4/6)

新連載「教えて! 労務のギモン」:
定年延長は「雇い止めがカンタン」「退職金の支払いが遅くなる」──本当か?
「雇い止めがカンタン」「退職金の支払いが遅くなる」「労働時間は原則そのまま」──本当でしょうか? 定年延長をめぐってはさまざまな言説があります。法改正から10年が経過し、状況は変わっています。あなたの認識は、もう古いかもしれません。(2023/3/30)

注力事業を再検討:
クックパッド、80人の希望退職者を募集 海外レシピサービス事業が対象
クックパッドは、海外レシピサービス事業に従事する社員を対象に希望退職者を募集すると発表した。(2023/3/13)

「ギグワーク」の明と暗【前編】
会社にしがみつかない働き方「ギグワーク」が“老後に不安”でも続けたくなる訳
単発や短期の仕事を請け負う「ギグワーク」。調査によると、ギグワーカーは非正規雇用ならではの不安を抱えつつも、半数以上がギグワークの継続を希望している。ギグワークの魅力とは。(2023/3/16)

セガ、平均給与を3割アップ 大卒初任給は30万円に
セガは17日、社員の給与を平均で30%程度アップさせる報酬制度の改定を発表した。大卒初任給は従来の22万2000円から約35%上がり約30万円となる。(2023/2/17)

Metaは減収、リストラコスト42億ドルなどで大幅減益 「2023年は効率化の年」とCEO
InstagramやFacebookを運営するMetaの2022年10〜12月期の決算は、前四半期に続けての減収大幅減益。メタバース部門の赤字増加に加え、1万人以上をレイオフしたリストラコストが響いた。「ジェネレーティブAIのリーダーになる」とザッカーバーグCEO。(2023/2/2)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「同業他社への転職禁止」を破った元社員は、賠償金1000万を払え! 誓約書は有効?
当社では機密を守るため、同業他社への転職を禁じており、入社時には誓約書を交わしています。しかし、先日退職した元社員が、同業他社に就職していたことが発覚しました。誓約書に違反したわけなので、1000万円の賠償金を請求する裁判を起こそうと考えていますが、問題ないでしょうか。(2023/1/31)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11 22H2でMSIXアプリが起動できないトラブル Microsoftが1万人/Alphabetも1.2万人の従業員を削減
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月15日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/1/22)

Microsoft、1万人の削減を正式発表
Microsoftは全従業員の5%に当たる約1万人を削減すると発表した。2014年の1万8000人に次ぐ大規模リストラだ。重要な戦略分野では引き続き雇用を行うとしている。(2023/1/19)

「スーパー勤務の82歳おじいちゃんに退職金を寄付しませんか?」 米TikTokerの呼びかけで約1900万円が集まり話題
たくさんの人に支持されました。(2023/1/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(104):
「パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました」の追い解説
パワハラにより退職に追い込まれた元社員vs.あることないことWebに書かれた企業。真実はどこにあるのか――。(2023/1/10)

社労士・井口勝己の労務Q&A:
どちらが得? 「ボーナスはあるが月給は低い」と「月給は高いがボーナスはない」
年間の収入が同額でも、給与と賞与の割合が違うことで、所得税や社会保険料の総額に差異はあるのでしょうか。所得税や社会保険料、保険給付にどのような影響があるかシミュレーションします。(2022/12/27)

7割が不満:
「ボーナスに不満な社員」に対し、経営者がやるべきたった1つのこと
今年も多くの会社で年末ボーナスが支給されましたが、会社員の中には支給額に対して不満を持つ人も多いようです。こうした社員の不満を抑える方法について考えます。(2022/12/23)

マスク氏はTwitter従業員の心をつかめるか【前編】
「ハードコアなTwitter」に残った従業員は“イーロン・マスク信奉者”なのか?
Twitter社を買収し、レイオフを進めるイーロン・マスク氏に対して、人材マネジメントの専門家は苦言を呈する。「レイオフ後に残った従業員」の心理と、マスク氏のリーダーシップに関して、専門家はどう見るのか。(2022/12/20)

キャリアニュース:
75%が定年退職後に不安を感じ、約半数が年金以外に「資産形成している」
ライボが「2022年 定年退職に関する調査」の結果を発表した。定年退職後の生活に不安を感じる人は75.6%で、不安内容の1位は「自分の年金で生活できるか」だった。また、定年退職後のため、年金以外に「資産形成している」と54.7%が回答した。(2022/12/8)

働き方の「今」を知る:
クビは4種類ある──ツイッター社の大量解雇から学ぶ、日本の「クビ論」
ツイッター社が社員を大量解雇していると報じられた。外資系企業とはいえ、「解雇規制が厳しい」と言われる日本でいわゆる「クビ」を言い渡すことは法的に問題ないのか? そもそも「クビ」とは何か? 解雇を巡るさまざまな疑問を、ブラック企業アナリストの新田龍氏が解説する。(2022/11/30)

社会人600人にアンケート:
職場の退職金「ない」47% 平均金額はいくら?
キャリア調査機関のJob総研は社会人約600人を対象に「定年退職に関する調査」を実施した。現在の職場で退職金が「ある」と答えた人の割合は全体の52.6%で、平均金額は1005.3万円だった。「ない」と答えた割合は47.4%だった。(2022/11/29)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
転職先は「退職金がない会社」だった 不安だが、大丈夫なのか?
転職活動で内定をもらった企業には、退職金がないそうです。私は新卒以降同じ大企業に勤めてきたので、退職金がないことに驚きました。しっかりした企業なのか不安を覚えますが、大丈夫なのでしょうか。(2022/11/29)

TwitterのマスクCEO、「ハードコアか退社か」決断を迫る全社宛書簡
Twitterのイーロン・マスク氏は11月16日の深夜に送った全社宛メモで、翌日午後5時までに書式に署名しなければ解雇だと通達した。「画期的なTwitter 2.0を構築する」には「超ハードコア」でなければならないとしている。(2022/11/17)

キャリアニュース:
会社員が明日仕事を辞めたらいつ「詰む」か、51%が10カ月以内
gokeは、会社員385人を対象に実施した「明日仕事やめたらいつ詰む?診断」の結果を発表した。明日仕事を辞めた場合、「10カ月以内」に経済的に立ち行かなくなる人が51.2%いることが分かった。(2022/11/17)

迷走? マスク氏買収のTwitterはどこに向かうのか 今、起きていること
テスラCEOのイーロン・マスク氏は10月27日(現地時間)、米Twitterを買収し自らCEOに就任しました。マスク氏が最初に行ったことは、Twitter取締役9人の一斉解雇。マスク氏は「今後数カ月、多くのバカげたことを行うので注意してほしい」とツイートしています。(2022/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。