ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Ryzen 3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ryzen 3」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

15.6型ノート「FMV LIFEBOOK AH」に新モデル 最上位「AH-X」は有機ELディスプレイに
富士通クライアントコンピューティングの個人向け15.6型ノートPCがモデルチェンジ。注目は、「UH」(モバイルノート)と「FH」(ディスプレイ一体型デスクトップ)に次ぐフラグシップモデル“X”(テン)を用意したことだ。(2019/10/15)

TDP 65Wで最大12コア24スレッド:
AMDがビジネス向けのZen 2コア採用「Ryzen PRO 3000」を投入――「Zen+」コアのAPUも
AMDが9月30日(現地時間)、ビジネス向けデスクトップPCのCPU「Ryzen PRO 3000」シリーズとAPUを発表した。(2019/10/1)

サードウェーブ、APU搭載のコンパクトデスクトップPC「mini Regulus」
サードウェーブは、AMD製APUを標準搭載したコンパクトデスクトップPC「mini Regulus」シリーズの販売を開始した。(2019/8/2)

頭脳放談:
第230回 AMD Ryzenが高コストパフォーマンスを実現した3つの理由
久しぶりにAMDのCPUに注目が集まっている。第3世代のAMD Ryzenが性能の高い上に、価格がリーズナブルであると、特に自作PCユーザーに人気だ。AMD Ryzenが高コストパフォーマンスを実現できた理由を考えてみた。(2019/7/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
第3世代Ryzen販売スタート! 遅れた3800Xは12日頃登場か
7月7日に販売スタートとなったRyzen Desktop 3000シリーズやAMD X570チップセット搭載マザーボード、Radeon RX 5700シリーズ採用グラフィックスカード。いずれも好調だが、人気が過熱したモデルはすでに取り合いの空気になっている。(2019/7/9)

Ryzen 3000シリーズ搭載PCが各社から一斉に発売
AMD製最新CPUのRyzen 3000シリーズを搭載したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2019/7/8)

第3世代Ryzenがついに:
AMDがRyzen 3000シリーズの国内価格を発表 8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xは税別3万9800円
日本AMDが、Zen 2アーキテクチャベースを採用した第3世代Ryzen(Ryzen Desktop 3000)シリーズの発売を前に、国内価格を発表した。(2019/7/5)

週末アキバ速報:
Core i9-9900KとROG STRIXのセットがお得! 税込み7万5599円
DeskMini A300などのRyzen系セット特価が目立つ中で、Intel系セットの特価も光るものが見つかる週末。Lexarの512GB microSDXCカードが7980円となるなど、フラッシュ系も相変わらず狙い目だ。(2019/6/16)

13型台モバイルノートパソコンおすすめ“3選” 12万円以下の良コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも13型台モデルは持ち運びがしやすいことから人気です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格12万円以下の機種を3つご紹介します。(2019/4/25)

15型台Windowsノートパソコンおすすめ“4選” 10万円前後の高コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも15型台モデルは“激戦区”です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格10万円前後の機種を4つご紹介します。(2019/4/20)

AMD、モバイル向けの第2世代「Ryzen PRO」を発表
AMDは、同社製モバイルプロセッサの最新モデル「Ryzen PRO 3000」シリーズの発表を行った。(2019/4/9)

PR:Ryzen搭載でコスパも高い! 弁当箱サイズのデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」
容積が約2LというMini-STXフォームファクターのボディーにAMD Ryzenを搭載したコンパクトデスクトップPCが登場。人気の高い「DeskMini A300」をベースにサイコムらしいカスタマイズを加えた製品だ。(2019/3/15)

サイコム、Ryzen APUを搭載した省スペースデスクトップPC
サイコムは、ASRock製小型ベアボーンキットをベースにした省スペースデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」を発売した。(2019/2/14)

ヘキサコアCPUやRyzenノートPCも選べる富士通「WEB MART」の春モデル
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、個人向けPCの春モデルを発表した。直販の「WEB MART」では新たに4シリーズ7モデルが投入され、一部のモデルを除いてすでに注文が可能だ。(2019/2/12)

CES 2019:
AMDが第2世代「Ryzen Mobile」を発表 Chromebook向け「AMD A4/A6」も登場
AMDが第2世代「Ryzen Mobile Processors with Radeon Vega Graphics」を発表。合わせて、Chromebookにターゲットを絞り込んだエントリープロセッサも披露した。(2019/1/7)

2018年アキバまとめ前編:
マイニング最終波にまさかのCore i枯渇……波乱の2018年アキバを振り返る
2018年のアキバ自作街はマイニングブームや全般的な買い換え需要などで好調に幕を開けた。春先から第2世代Ryzenが順調に人気を得る一方、長らく主流を担ってきた第8世代Core iが秋以降に枯渇するなど、波乱含みの1年だったといえる。(2018/12/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とにかく在庫が少なくて……」――RTX 2080 Tiは好評&品薄に
GeForce RTX 2080に引き続き、上位のRTX 2080 Ti搭載カードも売り出された。税込み17万円半ばから19万円弱で、どこのショップも強めの品薄傾向となっている。(2018/10/1)

Ryzen Pro搭載の12.5型「ThinkPad A285」 ハイパフォーマンスモバイルPC
「Radeon Vega」グラフィックスを統合したAPU「Ryzen Pro」を搭載する。価格は17万8000円(税別)から。(2018/9/19)

レノボ、Ryzen Pro搭載の14型ビジネスノート「ThinkPad A485」 台数限定で9万円台から
レノボ・ジャパンは、プロセッサとしてRyzen Proを採用した14型ビジネスノートPC「ThinkPad A485」の販売を開始した。(2018/7/23)

サイコム、スリムデスクトップ「SBX」シリーズにRaven Ridge搭載モデルを追加
サイコムは、AMD製APU“Raven Ridge”を採用したスリム型デスクトップPC「SBX2600B350AG」の販売を開始する。(2018/7/5)

AMD、Vegaグラフィックス機能を内蔵したビジネスPC向けの新「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、ビジネス向けAPU「Ryzen PRO」新モデルの発表を行った。(2018/5/15)

マウス、税別5万円台から買えるRyzen APU搭載エントリーPC計2製品
マウスコンピューターは、ミニタワーPC「LUV MACHINES」およびスリムPC「LUV MACHINES Slim」にRyzen APU搭載モデルを追加した。(2018/4/26)

“地味子”じゃなかった第2世代Ryzen ベンチマークテストで徹底検証
第2世代のRyzen 7 2700XとRyzen 5 2600Xをベンチマークテストで評価する。(2018/4/20)

デル、Ryzen搭載のスタンダード15.6型ノート「New Inspiron 15 5000(AMD)」など2製品
デルは、プロセッサとしてRyzen Mobileを採用したスタンダード15.6型ノートPC「New Inspiron 15 5000(AMD)」など2製品を発表した。【画像差し替え】(2018/4/6)

サードウェーブ、イラストレーター向けのRyzen APU採用デスクトップPCを発売
サードウェーブは、同社製クリエイター向けPC「raytrek debut!」シリーズのラインアップにRyzen APU採用ミニタワー型モデルを追加した。(2018/3/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
海外特需は去っても、なお根強いマイニングブーム
一時の熱狂ぶりが一段落したマイニングブームだが、関連パーツの売れ行きと品薄傾向は相変わらずだ。ブームが去って定番化したとの声も聞かれるようになっている。(2018/2/19)

「Raven Ridge」の実力は? Core i5と徹底比較
AMDのRyzenがデスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」は、Ryzenによって従来から大幅に引き上げられたCPU性能と、Radeon VEGA世代のGPU性能によって、IntelのメインストリームCPUに対抗していく製品だ。(2018/2/16)

アーク、ゲーミングPC「CROYDON」など2シリーズにRyzen 3 2200G搭載モデルを追加
タワーヒルは、AMD製最新APUのRyzen 3 2200Gを採用したデスクトップPC計2製品を発売した。(2018/2/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
仮想通貨マイニング需要に陰り
2017年末から右肩上がりの盛り上がりを見せていたマイニングブームだが、ここに来て勢いが落ち着いていた感がある。また、GPU内蔵Ryzenも連休明けから売り出されている。(2018/2/14)

インバースネット、Raven Ridge搭載デスクトップPCの販売を開始
インバースネットは、AMD製最新APUを搭載したBTOデスクトップPCの販売を開始した。(2018/2/14)

サードウェーブが「Raven Ridge」APU搭載ミニタワーPCを発売
サードウェーブは、“Raven Ridge”世代の最新APUを採用したミニタワー型デスクトップPCを発売した。(2018/2/14)

サイコム、「Raven Ridge」採用のスタンダードデスクトップPC計2機種 
サイコムは、AMD製最新APUを搭載したスタンダードデスクトップPC計2製品の販売を開始する。(2018/2/13)

週末アキバ特価リポート:
4TB HDDが再び税込み8480円に
3連休となる今週末は普段以上に目玉の特価品が多い。大容量HDDのほか、グラフィックスカード特価も先週より充実している。(2018/2/10)

TSUKUMO、Ryzen APU採用のBTOデスクトップPC2製品を発表
Project Whiteは、最新世代APUのRyzen 3 2200G/Ryzen 5 2400Gを採用したBTOデスクトップPCを発表した。(2018/2/9)

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー
っていうか箱でけーよ!(2018/2/8)

CES 2018:
AMDが第2世代Ryzenを4月に投入 長期ロードマップも公開
CES 2018にあわせてAMDが「AMD Tech Day」を開催。2018年第1四半期に投入する製品群の概要を公開した。(2018/1/8)

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編)
2017年は自作マシンの根幹であるCPUやチップセットのシェアバランスの変化も見逃せない。「10年に1度の逸材」と言われるだけあり、AMD「Ryzen」が自作市場に与えた影響はやはり大きかった。(2017/12/31)

PR:PC市場の未来を作る若きリーダーたち AMD×Lenovo日本担当者トップ対談
国内PC市場のトップシェアを占めるレノボ・ジャパンの留目社長と、AMDでアジア地域を統括するデビッド氏の対談が実現。(2017/12/11)

サードウェーブデジノス、Ryzen搭載ゲーミングPCのラインアップを改定
サードウェーブデジノスは、BTOゲーミングPC「GALLERIA」Ryzen搭載モデルのラインアップをリニューアルしたと発表した。(2017/11/24)

サードウェーブデジノス、クリエイターPC「raytrek」にRyzen 3搭載のエントリー構成モデル
サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けPC「raytrek」シリーズにRyzen 3を採用したミニタワー型モデルを追加した。(2017/11/15)

サイコム、Ryzenを搭載した水冷ミドルタワーPC「Aqua-Master X370A」
サイコムは、最新のRyzenプロセッサを搭載した水冷構成のデスクトップPC「Aqua-Master X370A」の販売を開始した。(2017/8/17)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)

AMD、メインストリーム向け4コアCPU「Ryzen 3」を販売開始
米AMDは、メインストリーム向けの最新4コアCPU「Ryzen 3」の販売開始をアナウンスした。(2017/7/27)

16コアの「Ryzen Threadripper 1950X」は999ドル 8月初旬発売
AMDが最新デスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」および「Ryzen 3」の発売時期と価格を発表した。(2017/7/14)

AMD、エンタープライズ向けデスクトップCPU「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、企業導入向けとなるデスクトップCPU「Ryzen PRO」の発表を行った。(2017/6/30)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
「Ryzen」搭載のメーカー製PCが順次発売 第3四半期には「Ryzen 3」も登場
自作市場で人気を集めたAMDのプロセッサ「Ryzen」。2017年第2四半期からメーカー製PCへの搭載が順次始まり、第4四半期にはエントリーラインに相当する「Ryzen 3」が登場する。(2017/5/31)

AMD、Intel「Core i5」対抗の「Ryzen 5」を4月11日に169〜249ドルで発売へ
「Ryzen 7」を発売したばかりのAMDが、ミッドレンジの「Ryzen 5」シリーズを4月11日に発売する。ベンチマークでは、最上位モデルの1600Xは「Core i5 7600K」より69%高性能だったとしている。(2017/3/16)

自作PC市場における期待の新星:
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。(2017/3/11)

「Core」ファミリーを意識:
AMDが「Ryzen」ファミリーを拡充、Intelに対抗
AMDは、デスクトップ向けx86 CPU「Ryzen」ファミリーのラインアップを拡充する。「Ryzen 7/5/3」がそろうことになり、Intelの「iCore i7/i5/i3」ファミリーに対抗した製品群をそろえるとみられる。(2017/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。