ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「定期券」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「定期券」に関する情報が集まったページです。

JR各社が導入 「みどりの窓口」に代わる近い将来の話せる窓口「アシストマルス」とは
廃止が進む「みどりの窓口」ですが、代わりに……。「QR乗車票」にも期待です。(2021/11/26)

究極の囲い込み:
“愛線心”が生まれそう! 小田急の「子ども一律50円」戦略
関東圏の私鉄各社が、子育て世代をターゲットにした施策を打ち出している。小田急電鉄が発表した「小どもIC運賃一律50円」をはじめ、各社の戦略を見てみよう。(2021/11/22)

鉄道のポイント経済圏:
なぜ「JRE POINT」はここまで普及したのか、JR東日本のポイント戦略
かつては複雑な印象があったJR東日本のポイントサービスだが、2016年に「JRE POINT」が登場したことで、状況が一変した。なぜ、JRE POINTは現在ここまで普及し、ポイントがたまりやすくなったのか。(2021/11/15)

小田急、子ども運賃を50円に 22年春からICカード利用で 「子育て応援トレイン」の常設化も検討
小田急電鉄は、2022年春からICカード利用時の子ども運賃を一律50円に値下げする。「子育て応援トレイン」の常設化も検討。小田急線を「子育てしやすい沿線にする」。(2021/11/8)

「実証実験」の結果:
ベックスコーヒーに「月27.7回」も! JR東日本のサブスクは、どのように使われたのか
7月から8月にかけて、JR東日本がサブスクを展開していた。カフェを利用できたり、そばのトッピングができたり、シェアオフィスを使えたり。結果、消費者はどのように使っていたのだろうか。データを見ると、おもしろい結果がでていて……。(2021/11/6)

渋谷駅の大規模工事で:
山手線内回り、池袋〜大崎が週末運休 経路検索サービスも臨時ダイヤに対応
JR東日本は渋谷駅の工事に伴い、10月23日から24日にかけて山手線内回りの池袋〜渋谷〜大崎間を終日運休する。このため、東京メトロや都営地下鉄などで振り替え輸送を実施する他、「Yahoo!乗換案内」など経路検索サービスも臨時ダイヤに対応した。(2021/10/22)

定期券の20%相当額:
京王グループ、通勤定期券の利用でオフィス賃料を割引き 定期券の付加価値向上
京王電鉄と京王不動産が通勤定期券の利用でオフィス賃料の初期入居費を割引くキャンペーンを開始すると発表した。(2021/10/22)

ふぉーんなハナシ:
モバイルSuicaアプリから突然消えた「Google Payチャージ」
アプリのリニューアルで「Google Pay」を使ったチャージに対応した「モバイルSuicaアプリ」。ところがある日、この機能が突然削除されてしまいました……。代替手段があるとはいえ、突然のことに驚きを隠せない筆者です……。(2021/10/11)

みずほ銀行のサービスにも波及:
「モバイルSuica・PASMO」のチャージできない障害が解消 JR東は一部返金対応へ
「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」で、Apple Payを使ったチャージができなかった問題で、JR東日本などは障害が解消したと発表した。詳細な原因や影響範囲については「引き続き調査中」としている。(2021/10/5)

Apple PayのSuicaとPASMOでチャージできない障害
Apple PayのSuicaとPASMOでチャージができない障害が発生している。Appleのネットワークで障害が発生している模様。チャージした残高は利用できる。(2021/10/5)

復旧めど立たず:
「モバイルSuica」「モバイルPASMO」、Apple Payでチャージできない障害 Appleのネットワーク障害が原因か
JR東日本はモバイルSuicaのiOS版でアプリ経由のチャージや定期券の購入ができない障害が発生していると発表した。同社は「復旧を急いでいる」とし、券売機でのチャージを呼び掛けている。(2021/10/5)

モバイルSuica・モバイルPASMOでチャージできない障害 通勤・通学時間に発生し混乱広がる ※追記あり
16時ごろに復旧が発表されました。(2021/10/5)

「モバイルSuica」iOS版で障害、アプリで残高チャージできず 通勤時間を直撃【復旧済み】
JR東日本が提供する「モバイルSuica」のiOS版で障害が発生し、10月5日朝からApple Payで残高をチャージできない状態になっている。原因は調査中で、復旧のめどは立っていないという。(2021/10/5)

正式決定する見込み:
千葉県の北総鉄道、来年秋ごろ運賃値下げへ
北総鉄道は、他社と比べて割高とされる運賃を来年秋ごろにも値下げする方針を示した。(2021/9/26)

「Suica」など交通系ICカードが累計2億枚を突破 発行開始から21年目で
「Suica」で使われている交通系ICカードの累計発行枚数が2億枚に到達したと、JR東日本子会社のJR東日本メカトロニクスが発表した。2000年の発行開始から21年目で達成した。(2021/9/17)

「Visaのタッチ決済」で市営バスに乗車する実証実験 横浜市交通局の新設ルートで
ビザ・ワールドワイド・ジャパンなど4社は、横浜市交通局、横浜銀行との共同実験として、「Visaのタッチ決済」で市営バスに乗車する実証実験を始める。2021年冬には「あかいくつ」などの観光路線にも広げる予定。(2021/9/17)

横浜市営バス、Visaのタッチ決済の実証実験
Visaのタッチ決済を利用した運賃徴収実験を、横浜市の市営バス一部路線で行う。高速バスを除き、首都圏を運行するバスでの試みは初めて。(2021/9/17)

千葉・ユーカリが丘線にハイテク「顔認証改札」導入 顔パスで利用可能、9月15日から実証実験
鉄道ファンも気になるユーカリが丘線、将来、列車もバスも「顔パス」で乗れるようになりそうです。(2021/9/14)

都営交通のポイントサービス「ToKoPo」10月1日に刷新、バス乗車のみでもポイント付与対象に 都営バス・都電の「バス特」は終了
バス乗車のみでもポイント付与+乗り継ぎボーナスポイント増量! ……ですが、ネットではバス特終了に悲しみの声も……。(2021/9/2)

東武トップツアーズ、LINEを活用した「モバイル定期券」運用開始 日本初
 東武トップツアーズ(東京都墨田区)と栃木県小山市は8月31日、小山市コミュニティバス「おーバス」の全線共通定期券(noroca)を電子化し、「モバイル定期券」の運用を開始すると発表した。(2021/9/1)

「Visa LINE Payプリペイドカード」利用金額の1% LINEポイント還元開始
LINE Payは8月1日より、Visa LINE Payプリペイドカードの利用金額に対し1%のLINEポイントの還元を開始すると発表した。また新規発行の場合には、特典としてカード発行月の翌月1日から末日までの利用額の5%分を加算して還元する。終了期限はない。(2021/7/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

区間外の鉄道利用を促進:
東武、定期区間外の運賃を「全額還元」する社会実証を実施へ
東武鉄道は、通勤・通学PASMO定期券を持つ乗客を対象に、定期区間外利用時の運賃相当額をグループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」で還元する「定期区間外おでかけ社会実証」を実施すると発表した。(2021/7/13)

「電車とバスの博物館」でも展開:
東急、旧定期券うりばをシェアオフィスに 駅の空きスペース活用で機能拡充を図る
東急は7月12日、武蔵小杉駅と長津田駅の旧定期券うりばを活用した個人向けシェアオフィスの暫定活用を開始する。(2021/7/12)

Suicaのサブスク「JREパスポート」トライアルスタート 駅ナカのコーヒーやシェアオフィスなどが割引に
期間は9月30日まで。さらなるサービスの拡充の可能性も。(2021/7/8)

JRE パスポート:
月額1000円で、定期券に「そばのトッピング」が付いてくる JR東がサブスクサービスのトライアル開始
JR東日本が、通勤定期券を持つ乗客を対象に、飲食やシェアオフィス利用のサブスクリプションチケット「JRE パスポート」の実証実験を開始すると発表した。(2021/7/6)

9月:
カルビー、本社オフィスを半減 個人ワークや報告型会議は“リモート前提”
(2021/6/27)

月刊乗り鉄話題(2021年6月版)リニア中央新幹線の「列車名」大予想(3):
新幹線列車名のルーツを探る 伝統の列車名「つばめ」、悲しい歴史「あさひ」
復活して消えてまた復活する、列車名にも楽しく興味深い歴史があります。(2021/6/20)

「総務」から会社を変える:
今、あらためて考える「福利厚生」 総務が押さえるべき3つのポイントとは?
コロナ禍により、従来型の福利厚生の見直しが始まっている。総務としてはどう対応すべきなのだろうか。『月刊総務』編集長の豊田氏は、3つのポイントを押さえるべきだと主張する。(2021/5/19)

「モバイルSuica」「Suica」アプリのチャージとチケット購入に仕様変更 3Dセキュア対応カードが必要に(代替手段あり)
Android端末の「モバイルSuica」アプリとiPhone(iOS)の「Suica」アプリにおいて、会員情報とひも付ける決済用カードに「3Dセキュア」が必須となった。3Dセキュアの利用できないカードをひも付けている場合は、そのカードでGoogle PayやApple Payを利用できれば問題を回避できる可能性がある。(2021/5/18)

Microsoft Focus:
JR東日本がTeams導入 “無線中心”だった緊急連絡をデジタルで高速化した方法
2021年4月に開催されたオンラインイベント「Microsoft 365 Day & Happy Birthday Teams!」は、自治体や企業がMicrosoft 365やTeamsといったツールを使って業務の効率化や変革を進める様子を紹介した。その中から、大胆な変革を実現した企業の事例を取り上げる。(2021/5/18)

6つのサービスを提供:
東急電鉄、定期券に花や傘などがついてくる サブスク「TuyTuy」スタート
東急電鉄は、定期券保有者を対象にした月額制のサービス「TuyTuy(ツイツイ)」の実証実験を行う。(2021/5/11)

サンリオキャラクターのぬいぐるみ風ネックポーチとヘアバンドがどーんと登場 身につけて応援できる「キャラクター大賞」グッズ第3弾
もこもこした質感がキュート!(2021/5/11)

【緊急事態宣言に伴い】GW期間、首都圏鉄道各社の減便対応まとめ
平日ダイヤの朝・夕時間帯が対象です。【更新】JR東日本、5月7日分の減便予定を取りやめ、通常の平日ダイヤで運行(2021/4/27)

東急電鉄の定期券利用者限定サブスク「TuyTuy」発表 レンタルバッテリーや全線一日乗車券など利用可能に
5月12日より実証実験をスタート。(2021/4/15)

リニューアルした「モバイルSuica」は何が変わった?
長時間に渡るメンテナンスを経て、3月21日に「モバイルSuica」のアプリとサービスがリニューアルされた。その特徴を簡単に紹介する。【更新】(2021/3/22)

モバイルSuica、リニューアル後に不具合 定期券登録などでエラー、原因はアクセス集中
JR東日本のスマホアプリ「モバイルSuica」で、3月21日午前7時半〜午後10時半に不具合が発生。定期券の登録や機種変更の手続きといった各種操作が完了できない状態だった。原因はメンテナンス終了に伴うアクセス集中という。(2021/3/22)

モバイルSuica、3月20日朝〜21日朝までサービス一時停止 アプリのリニューアルで
JR東日本が「モバイルSuica」のサービスを3月20日午前11時から21日午前7時にかけて一時停止する。アプリのリニューアルに伴うもので、期間中はアプリからのチャージなどが行えなくなる。すでにチャージしてある残高の利用などは行える。(2021/3/18)

Suica対応のウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」発売
フィットビットは、交通系ICカード「Suica」に対応したフィットネスウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」を発売。端末上のアプリにSuicaと最大6枚のクレジットカードまたはデビットカードを登録できる。(2021/3/3)

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」を試す 実用性向上も、Bluetooth接続は改善の余地あり
ソニーのバックル型スマートウォッチ「wena 3」。ソニーの社内スタートアップ発の製品として登場したwenaシリーズの新製品だ。アナログ時計と組み合わせて使えるコンセプトはそのままに。第三世代になって連携アプリを一新。ディスプレイを拡大してスマホの通知表示が快適になった。このwena 3を試してみたのでご紹介しよう。(2021/2/25)

モバイルSuicaが3月21日リニューアル Android版はモバイルPASMOと併用可能に
Android版を中心にリニューアル。(2021/2/11)

「モバイルSuica」リニューアル OS間の移行に完全対応、AndroidならモバイルPASMOと共存可能に
JR東日本が、スマートフォン向けサービス 「モバイルSuica」 を3月21日にリニューアルすると発表。iOS端末からAndroid端末へSuicaを移行できるようにするなど機能を増やす。(2021/2/10)

「モバイルSuica」が3月21日に刷新 PASMOの使い分け、iOSからAndroidへのデータ移行が可能に
JR東日本の「モバイルSuica」が3月21日にリニューアル。Androidでは「おサイフケータイアプリ」との連携により、複数枚のSuicaを設定可能となる。リニューアルに伴い、3月20日11時〜21日7時頃までサービスを一時停止する。(2021/2/10)

Satellite Biz Liner:
東急バスが「シェアオフィスバス」の実証運行開始 移動しながら働きたい人向け
東急バスは2月8日、車内で仕事をしながら目的地まで移動するシェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」の実証運行を開始すると発表した。2月16日から、市が尾駅・たまプラーザ駅〜渋谷駅・東京駅間で運行する。(2021/2/8)

PR:旅行に備えてマイルをためたい! それなら普段のお買い物でも「JALカード」がおすすめ
(2021/2/24)

SuicaなどICカード乗車券が入場券代わりに JR東日本が「タッチでエキナカ」を3月13日スタート
ダイヤ改正に合わせて、JR東日本がICカード乗車券で駅に入場できるサービスを開始する。Suicaなどのチャージ残高さえあれば、送迎やエキナカの利用で「入場券」を買う必要がなくなる。(2021/1/19)

運行への影響:
「緊急事態宣言」再発令! 鉄道会社はどうなる?
2度目の「緊急事態宣言」が1月8日に発出された。1度目の宣言でも大きなダメージがあった鉄道各社だが、2度目の宣言が与える影響はどのようなものだろうか。利用者減少や夜間帯の外出自粛、終電繰り上げなど、新型コロナ対策に比例して困難の増す、東京圏の鉄道を中心に考える。(2021/1/10)

TAMa-GO(タマ・ゴー):
京王電鉄、多摩エリアでMaaS実験 デジタルチケットで移動から買い物まで
京王電鉄は12月25日、東京多摩エリアでの次世代移動サービス(MaaS)の実証実験を、2021年1月13日から開始すると発表した。サービス名は「TAMa-GO」(タマ・ゴー)。検証期間は2月28日まで。多摩エリアに住む住民を対象に、サービスの利便性や需要などを検証するという。(2020/12/25)

JR東が特急「湘南」を運行開始:
なぜ? 首都圏で「通勤向け特急」が増えている背景
JR東日本が、通勤向けの特急に力を入れている。すでに常磐線の「ときわ」、高崎線方面「スワローあかぎ」、中央・青梅線方面の「はちおうじ」「おうめ」が運行されているが、来春のダイヤ改正では、特急「湘南」が東海道本線方面にデビューする。これら通勤向け特急が運行される背景を考えてみたい。(2020/12/24)

PR:使い切れない「楽天ポイント」は「楽天ペイのSuica」にチャージすべし! 2人に1人、必ず当たる! 1000ポイントゲットのチャンスも見逃すな
「楽天ペイのSuica」は、「楽天ペイアプリ」から簡単に発行でき、楽天カードからチャージをするたびに楽天ポイントが貯まるサービス。12月9日から、貯まった楽天ポイントからSuicaにチャージをすることが可能になった。その便利さや、どんな人にピッタリなのかを解説しよう。(2020/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。