ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自己啓発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自己啓発」に関する情報が集まったページです。

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

ウィズコロナ時代の健康経営:
テレワークで従業員の健康課題に変化? 2020年度の健康経営を振り返る
(2021/6/1)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
社員の挑戦的な目標設定を促すために……OKRを導入した「だけ」では失敗する理由
前回はパフォーマンス・マネジメントの基盤となる評価制度の基本的な枠組みについてお伝えしました。今回は前回お伝えしきれなかった、目標の達成度(アウトプット)の評価について、MBOとOKRの違いを整理しながら解説します。(2021/5/17)

テレワーク手当の実施率は3割 コロナ禍が福利厚生に与えた影響と課題とは?
月刊総務が福利厚生に関する調査を行い、結果を発表した。(2021/4/23)

Gartner Insights Pickup(204):
CIOが2021年に取り組むべき10の目標例
2021年を迎え、CIO(最高情報責任者)は目標をアップデートする必要がある。本稿では、2021年にCIOが組織を効果的に率いるためのソフトスキルに焦点を当てた、自己啓発のための目標例を紹介する。(2021/4/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(75):
新たな環境へ飛び込むの、不安だよね?
春は仕事の環境が変わりやすい季節です。入社や転職、役職変更など、新たな環境に身を置く人もいるでしょう。そんなとき、不安をはじめとしたネガティブな気持ちに引っ張られずに仕事をするためには、どうしたらいいのでしょうか?(2021/3/17)

自分磨き:
100万部突破も! 自己啓発本が売れている背景に何が
昨年から続く新型コロナウイルス禍で、自分磨きの本が売れている。背景に、在宅勤務などで自分自身と向き合う時間が増える中、スキルアップしてウイズ・コロナ、アフター・コロナに備えようという意識が高まっていることがあるようだ。(2021/2/15)

オープンな雑談の場を脅かす“迷惑系Clubhouser” Clubhouseのリスクを考える
(2021/2/12)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

ニッセイ基礎研究所の調査:
テレワークは若いほど積極的、高齢者ほど消極的 年代別の働き方
ニッセイ基礎研究所の調査によると、テレワークの利用は、デジタルネイティブ世代の多い若者ほど積極的で、デジタルイミグラント世代の多い高年齢ほど消極的という結果に。(2021/1/29)

狂気の読書会を書籍化した『闇の自己啓発』、発売翌日に重版決定 既存の自己啓発に対する防衛術を語る
noteで人気の読書会記事が本になりました。(2021/1/22)

「総務」から会社を変える:
「リモートワークでコミュニケーションが減った」 実際何が問題なのか? 調査データを基に解説
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。リモートワークの浸透でコミュニケーションが減ったことはよく課題に挙がる。では、コミュニケーションが減ると、実際にどんなデメリットが生まれるのか? 調査を基に解説していく(2021/1/6)

Audibleがオリジナルコンテンツを強化する理由
「オーディオエンターテインメント」を掲げ、オーディオブックや音声コンテンツの制作/配信サービスを手がけるAudible(オーディブル)が発表会を開き、新たな取り組みを明らかにした。国内で事業を取り仕切るマシュー・ゲイン氏に現状と今後を聞いた。(2020/12/22)

「転落しないため」に:
自己啓発セミナーは「くだらないだけ」なのか――神無き時代、「信者ごっこ」の真の意味
しばしば批判される自己啓発ビジネス。ただ筆者は自己啓発自体には切実な必要性があると指摘。「啓発し続けなければ転落する」困難とは。(2020/12/11)

交通政策白書2020を読み解く(後編):
超高齢社会の「移動の足」を支えるには? 生きがいになる外出の促進を
本稿では交通政策白書2020の「要旨」を基に、前編ではCOVID-19の影響も含めた交通の動向について確認した。後編では、テーマ章である第2部について、日本における高齢者の生活と生きがいづくり、外出の実態について考察した上で、超高齢社会の「足」を支える施策の最新動向や先進的な取り組みを紹介する。(2020/11/27)

雑誌は“冬の時代”:
コンビニの「雑誌棚」と「書籍棚」がコロナ禍で変化 大手3社の戦略は
コンビニにある雑誌・書籍棚。大手3社でその戦略は異なる。雑誌が売れなくなっている時代の位置付けとは。(2020/11/18)

意味がわかると怖い話:「潜入捜査」
教団の目的は……。(2020/11/8)

一律禁止はムリ:
離職を防ぐ! 中小企業の「副業・兼業」導入ガイド
企業が、これまで通り一律副業禁止とする扱いには無理が生じてきそうだ。副業のメリット・デメリット、実務上の留意点などをチェックしよう。(2020/10/26)

大企業で社員9割のテレワークを実施 KDDIの人事部門に聞く「これからの人事のシゴト」
(2020/10/22)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:先輩、そのセミナーは大丈夫なやつですか?
元気が出たなら……いいんですけど……。(2020/10/4)

労働者の「見捨てられ不安」:
「生産性という呪い」から逃れた先に待つ、新たな地獄とは
「生産性」に縛られる現代の労働者。そこには一種の「見捨てられ不安」があると筆者は指摘。この「呪い」から逃れた先に待つものとは。(2020/9/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(68):
「コーチングはウザい」と思われちゃった僕のしくじり体験
「コーチングをかじった人ってすぐに質問攻めにするよね」「威圧的だよな」「キラキラした理想ばかり語ってウザい」――困っている人を支援したいと思って勉強したのに、もし、周りから煙たがられていたら……そうならないために気を付けたいコーチングとの関わり方とは?(2020/8/19)

水野敬也さん著『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』、発売3週間で20万部突破
『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』(水野敬也さん著)が、発売3週間で発行部数20万部を突破した。(2020/7/30)

今日のリサーチ:
2020年における食生活の満足度が3年前よりなぜか上昇――ネオマーケティング調査
全国の20〜69歳の男女2000人を対象にした生活に対する価値観の調査です。2017年の結果と比較すると、特に世代ごとの変化が見えてきました。(2020/5/12)

孤独は「人生を豊か」にするのか?:
「おひとり様」礼賛ビジネスの巧妙な罠――“幻想の安心”を買った先の破滅とは
隆盛極める「おひとり様」向けビジネス。しかし筆者は自己啓発的な危うさをそこに指摘。「本来望まぬ孤独」への不安を無かったことにしていいのか?(2020/2/26)

キャリア形成にも影響
2020年に取るべき「無線LAN」資格はどれだ? CCNAかCWNPか、それとも……
無線LAN関連の認定資格の中で、目標とする価値があるのはどれなのか。ベンダーの専門資格、ベンダー中立の資格、専門性の高い資格について、専門家がアドバイスする。(2019/12/29)

翌朝まで続く「社長が怒鳴り散らす会議」、参加必須のセミナーで「母親の悪口を叫び合う」 パワハラで転職したら、次の職場もヤバかった話
スーパーの総菜部門→専門スーパーに転職したところ……。(2020/2/17)

日常に抵抗無く忍び込む“倫理”:
断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
息の長いブームが続く断捨離、「片付ければ人生も変わる」という言説が多い。筆者はそこに巧妙な「自己啓発」のメソッドをみる。(2019/12/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「3年で30万人」は絵空事か 就職氷河期世代の雇用対策に欠けた、深刻な視点
兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代対象の正規職員採用では、1635人が受験して4人が合格した。政府はこの世代を「3年で30万人」正規雇用することを掲げるが、どうやってそんなにも多くの人を救えるのか。最大の問題は低収入による“リソースの欠損”だ。(2019/11/22)

自己啓発やオンラインサロンと同じ商法:
『ジョーカー』が暴いた「アンチヒーロービジネス」―― 誰もが“都合の良い悪夢”に溺れる訳
大ヒット中の映画『ジョーカー』。筆者はそこに「アンチヒーロービジネス」の構図を見る。現状を変えずむしろガス抜きになっている点を指摘。(2019/11/7)

Weekly Memo:
なぜ週休3日で生産性4割も向上? 企業文化まで変えられる? 日本マイクロソフトの働き方改革にもの申す
日本マイクロソフトが今夏に実施した働き方改革の効果測定結果を公開した。本稿では、この取り組みが企業文化の変革にどう結び付くのか、考察したい。(2019/11/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
休日も“心”は疲弊 働きがいに影を落とす「休み方」の落とし穴
2019年版の労働経済白書では「働きがい」を数値化して分析。「休み方」と働きがいの関係も調査された。ただ休むだけでなく、仕事から心理的距離を置いたり、仕事以外の時間をチャレンジのきっかけにしたりできる休み方をしないと、“心の疲れ”は癒やせない。(2019/10/11)

世界基準の部下育成法とは?:
日本のダメ上司が部下のやる気を引き出せない“根本的理由”とは――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
日本企業で上司が部下のやる気を引き出せない理由を、GEで経営幹部育成に携わった筆者が解き明かす。部下の能力不足のせいにしていない?(2019/9/18)

ビジネスの世界にもはびこる:
N国とれいわ新選組が操る「不安マーケティング」の正体とは
「N国」や「れいわ新選組」が選挙で躍進した。筆者はその根本にあるのが「不安マーケティング」だと分析。ビジネスでもはびこる「不安な庶民の利用」手法を斬る。(2019/9/5)

スピン経済の歩き方:
「世界一真面目な労働者は日本人」と触れ回っては、いけない理由
またしても日本の「働き方」のクレイジーさを物語る残念なデータが出てきてしまった。日本を含むアジア太平洋地域14の国・地域を対象にした就労実態調査(パーソル総合研究所調べ)を見て、筆者の窪田氏はどのように感じたのかというと……。(2019/9/3)

日本人、「出世したい人」が14カ国・地域で最低 成長意欲も低い 「一人負け」の背景にある「日本型雇用」
現状への満足なのか、あきらめか。(2019/8/28)

「意識低すぎ」な日本のビジネスパーソン:
日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で「断トツの最下位」 国際調査で判明
日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で断トツの最下位に。パーソル総研の国際調査で判明した。日本のビジネスパーソンの国際競争力に不安も。(2019/8/27)

同じPJで同じ(ような)仕事をしているけれど:
システム開発プロジェクトに存在する複数種類の契約形態
受託、派遣、準委任???――IT業界解説シリーズ、第3弾はシステム開発プロジェクトに混在する複数の「契約形態」を解説します。(2019/8/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
組織の体幹=共通言語。探す、みつける、鍛えることがリーダーの仕事
皆さんの組織には「共通言語」はあるか。共通言語が無い組織では、どのようなことが起こるのだろうか。(2019/8/8)

「“好きを仕事に”など、けしからん!」という人が時代遅れになったわけ
時代は既に「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わりつつある。(2019/8/6)

「偽装不倫」宮沢氷魚・谷原章介の美しさを押し出しまくる1話 モテない女の自虐はアラサー女性の救いになるのか
だから、僕と不倫しませんか?(2019/7/17)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
なぜこれほど日本の会議はクソなのか? 「脱・ダメ会議」を実現する8つの基本動作
会議に集まったはいいが、“棒読み”な議案に集中できなかったり、参加者が内職や居眠りをしていたりしないだろうか。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「8つの基本動作」を紹介する。(2019/5/23)

専門家のイロメガネ:
トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか? そう考える4つの理由をまとめる。(2019/5/21)

飲み会の後、“答え合わせ”をする関係――コナリミサト×高野ひと深対談vol.1
お酒を楽しく飲む二人による飲酒対談を実施。全4回でお届けします!(2019/5/6)

日本マイクロソフト、今夏に週休3日制を試験導入
日本マイクロソフトは、今年8月の全ての金曜日を休業日とする週休3日制を試験的に導入すると発表した。(2019/4/22)

うらやましい? マイクロソフト、金曜日を休みにして「週休3日」にチャレンジ
家族旅行などの費用補助もあるそうです。(2019/4/22)

叶姉妹、堀江貴文の“言葉選び”に疑問 サンジャポでの発言に「誤解を招く失礼にもなりえる」
美香さん「悪意があるとも私達は思っておりません」。(2019/3/12)

働けど働けど報われない理由:
ブラック企業だけじゃない 「ワンオペ管理職激増」の深層
長時間労働、ワンオペ地獄、給料が上がらない、人材に投資しない……。「働き方の不条理」はなぜ生まれるのだろうか?(2019/3/7)

どう対処する?:
6%の企業に“社内失業中”の社員が存在 「やる気がない」「人格に難あり」などの声
出勤しているのに仕事がない“社内失業状態”の社員を抱えている企業は6%であることが、人材会社エン・ジャパンの調査で判明。雇用先からは、「仕事をしている風のまま定年を目指しているように感じる」「人格的に問題がある」などの厳しい声が挙がった。(2019/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。