ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自己啓発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自己啓発」に関する情報が集まったページです。

オンライン学習を学んでいるのは誰? モバイル社会研究所が調査
その他受講経験のあるオンライン学習のジャンル、メリットとデメリットなどを尋ねた。(2024/2/22)

年収・学歴が高いほど「本を読む」真実
(2024/1/26)

愛することは人間が最も輝く生き方ですわ!:
お悩みその23 何のために働いているのか、分からなくなった(38歳 男性 システムエンジニア)
10万ボルトの閃光で、あなたの闇を切り裂いて差し上げますわ♪(2024/1/22)

Marketing Dive:
Z世代の親たち(X世代)をスルーしてしまう残念ブランドの末路
Z世代に売り込むことばかり考えて彼らの親の世代であるX世代を無視すれば、マーケターはみすみす金儲けのチャンスを逃すことになる。Wavemakerの最近の調査で明らかになった事実を紹介する。(2023/11/27)

キャリアニュース:
学び直しの重要性をミドル/シニア層の70%が認識するも、実践者は14%
パーソル総合研究所は、産業能率大学と共同で実施した「ミドル・シニアの学びと職業生活に関する定量調査」の結果を発表した。「学び直し」の重要性を70%が認識していたが、実際に学び直しをしている層は14%にとどまった。(2023/9/7)

希望就業終了年齢が高いほど学び直している人の割合が高い:
若いときに学び直しの経験がある人は現在の年収も高い パーソル総合研究所
パーソル総合研究所は、「ミドル・シニアの学びと職業生活についての定量調査」の結果を発表した。現在学び直しを実施している人は14.4%。3年以上学び直しを実施していた場合は個人年収が30万円高いという推計結果が出た。(2023/9/4)

金融系から産業系、品質保証からデータサイエンティスト、国内からグローバルへ:
PR:オリジナルなキャリアを紡ぐ、日立ソリューションズ 産業イノベーション事業部のエンジニアたち
金融系から産業系へ、品質保証からデータサイエンティストへ、国内からグローバルへ――チャレンジしたい分野の受け皿があり、支援する社風がある。勇気を奮って一歩踏み出すことで、可能性が広がり、新たなやりがいをつかめる。それが日立ソリューションズ 産業イノベーション事業部のエンジニアのキャリア構築法だ。(2023/9/4)

会社全体で考える「人的資本」:
人的資本開示、企業価値は何で決まる? 投資家が見る「3つのポイント」
23年1月31日に改正された「企業内容等の開示に関する内閣府令」などが公布・施行され、今後は大手上場企業約4000社を対象に人的資本に関する情報開示が義務化されることとなっている。投資家は今後、開示情報に注目をして投資判断を行うこととなるが、どのような観点で開示情報に注目すればよいのだろうか?(2023/8/23)

自己啓発にも支援金:
ハイハイン休暇にハッピーリターン制度 亀田製菓が人事改革を加速させたワケ
亀田製菓が組織・人材改革を急ピッチで進めている。「ハイハイン休暇」や「ハッピーリターン制度」といった制度をこの数年で矢継ぎ早に創出。常務執行役員で、管理本部 総務部長の金子浩之氏に狙いを聞いた。(2023/8/16)

傷害で「BreakingDown」追放の醤油ニキ、初の留置場生活は「めちゃくちゃ長く感じました」 “自称インフルエンサー”として再始動も
お水を飲みながらトーク。(2023/7/26)

「学ばない社員」が大半の日本で、企業がリスキリングを進める方法
多くの企業が「リスキリング」を重要視する一方で、「従業員のモチベーションがなかなか上がらない」「研修を提供しても、実践的な学びにつながらない」という声もよく聞かれます。リスキリング推進のために、企業はどう取り組めばよいのでしょうか。(2023/7/14)

40〜50代の中途入社者が評価する「育成環境が優れた企業」 2位「中外製薬」、1位は?
オープンワークは、40〜50代の中途入社者が評価する「育成環境が優れた企業ランキング」を発表。(2023/7/8)

やりがいは心の中にあるとお思いかの?:
お悩みその9 仕事にやりがいを感じたい(29歳 男性 組み込みエンジニア)
自分のやりがいを完全に理解しているとうぬぼれるんじゃないぞい。(2023/6/12)

DX 365 Life(6):
「学ばない日本人、人材に投資しない日本企業」とはもう言わせない(Microsoftのビジネスアプリケーション ラーニング・コミュニティー編)
DXを成功させるために、企業はそれぞれのツールに対する理解を深める必要があります。本稿はMicrosoftのビジネスアプリケーションを効率的に学ぶ方法を解説します。(2023/5/26)

IT経営者の本棚:
SaaS経営者の本棚を覗き見 チームスピリット経営メンバーはどんな本を読んでいる?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。今回はチームスピリットの経営に携わるメンバーの本棚や愛読書をチェックする。(2023/5/18)

特集:おもしろ人事制度:
旅行もキャンプも何でもあり! 5年に1度「1カ月」取れる「浮世離れ休暇」とは?
各企業の、面白い人事制度を紹介する「特集:おもしろ人事制度」。第4回はトライバルメディアハウスの「浮世離れ休暇」について取材した。(2023/5/12)

18カ国・地域で調査:
日本人の“働く幸福度”、世界最低に 調査で分かった「3つの理由」
パーソル総合研究所(東京都港区)は、18カ国・地域を対象に実施した「グローバル就業実態・成長意識調査−はたらくWell-beingの国際比較」の結果を発表した。日本は、調査対象国の中で、“働く幸福度”が最下位だった。(2023/4/25)

壊れてしまった自分を再起動するための“ログイン”志向と“閉じること”の意義:
「トラウマ(発達性トラウマ)」は、PCならば「ハード」と「ソフト」のそれぞれにダメージを受けた状態が人間に起こっているという驚き
「発達性トラウマ」あるいは「トラウマ」という概念から生きづらさを眺めてみると、多くのことが了解でき、適切なケアにつながっていくことが分かる。(2023/4/25)

Gartner Insights Pickup(298):
CIOが2023年に取り組むべき7つの抱負
年の初めに、職業人としての目標を設定する人が少なくない。本稿では、CIOが2023年に取り組むべき7つの抱負を紹介する。(2023/4/14)

タイパも意識:
何を学べばいいか分からない 社員3万人に「気付かせる」日立の大規模リスキリング
リスキリングの注目が高まる中、いったい何を学ぶべきなのか、分からない社員も少なくないはず。ジョブ型を導入する日立は、社員3万人を対象に、大規模なリスキリングに取り組んでいる。社員に「気付かせる」仕組みとは?(2023/3/30)

DXビジネスをけん引するデジタルマーケティング事業:
PR:自らの意思で行動し、新たな価値を創造して提供できるエンジニアを育成する、日立ソリューションズの人財育成理念
エンジニア一人一人の意見、提案を尊重し、チームで共有してより良い判断につなげていく。指示よりもアドバイスやヒントをくれるエンジニア出身の上司の下、チームで最善を模索していく。それが、日立ソリューションズの“らしさ”だ。(2023/2/21)

1100人に調査:
自己啓発「取り組み意向なし」初の6割超え、実施している人の割合は?
日本生産性本部は「第12回『働く人の意識調査』」を実施した。自己啓発について「特に取り組む意向は無い」という回答は同団体の調査で初めて6割を超えた。自己啓発を実施している人の割合は?(2023/2/1)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(97):
「実現したい100のリスト」を作ったら、人生が楽しくなった
50代で書き出した「実現したい100のリスト」は、「これを絶対実現するぜ!」というよりも、「そうそう、こういうことを実現したいし、こういう気持ちでいたいんだよな」みたいな「人生で大切にしたい100のリスト」になりました。(2023/1/18)

悩みは「誰かに相談する」人が4割 相談相手で圧倒的1位になったのは?
占いカウンセラーの養成を手掛けるインフルスターラボ(大阪市)は、「人生に悩んだ時に取る行動」に関する調査を実施した。(2022/12/7)

30代ITエンジニアが企業に求める福利厚生 2位は「休暇」、1位は?
30代のITエンジニアは、企業にどんな福利厚生を求めるのか。派遣事業などを手掛けるアクサスが調査結果を発表した。3位は「健康・医療関連」、2位は「休暇関連」。1位は?(2022/11/9)

世帯年収で読書の関係:
高年収は平均年収の1.3倍本を読む 年収1000万円以上がよく読む本のジャンルは?
オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンク(東京都文京区)は、世帯年収1000万円以上の高世帯年収層と、500〜600万円未満の平均世帯年収層を対象に、読書事情の比較調査を実施した。(2022/10/31)

被害相談件数は増加傾向に:
投資や仮想通貨などで広がる「モノなしマルチ商法」 ハマった社員が社内勧誘、会社はどう対応すべき?
消費者庁は、日本アムウェイ合同会社に対して勧誘などの一部業務を6カ月間停止するように命じました。若年層を中心にマルチ商法にハマる人が増えていることが背景にありそうです。社員がマルチ商法にハマり社内で勧誘行為をしていたら、会社はどのように対応すべきでしょうか?(2022/11/1)

「強み」は誰が決める?:
「私の強みは〇〇です」は誤差の範囲でしかない 社会人が知るべき、強みの本質とは
就職活動や転職活動をする上で避けては通れないのが、自分自身の「強み」をアピールすることだが、うまく強みを見つけられない、ライバルとどう差別化すればいいのか分からない、といったことで悩む人も多い。そもそも「強み」とは何か、企業から選ばれる「強み」とはどういうものなのか。人事・戦略コンサルタントの松本利明さんに聞く。(2022/10/27)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(7):
老後を生き残る戦略として「教祖(仮)」になってみた
前回に続き、老後の生き残り戦略の一つとしての信仰を考えてみます。今回、私は「教祖(仮)」となり、「教祖ビジネス」についてさまざまな角度から検討してみました。(2022/9/30)

人気YouTuber 3位「はじめしゃちょー」、2位「ハラミちゃん」、1位は?
調査対象は、一都三県在住の10〜50代男女を5歳刻みで各50人、60代男女を各50人、サンプル総数1100人。(2022/9/28)

3種類のカバー、ステッカー特典で付加価値:
YouTuberヒカル、初の著作を発売 「思考術」「勝ち方」の全てを語る
徳間書店は、人気YouTuberヒカルさんによる初の著書であるビジネス・自己啓発書『心配すんな。全部上手くいく。』を発売する。(2022/9/12)

SaaS企業デスクツアー:
「大人の秘密基地」多数? ウイングアーク1stで働くみんなのデスク環境 写真でチェック
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はウイングアーク1stで働く人のデスク周り。(2022/8/17)

「データスキル」を巡り、経営者と従業員の認識に隔たり Tableauの調査で判明
Tableauは、事業成果を引き出すデータスキルの役割についての調査結果を発表した。日本では他国に比べてデータスキルに対する需要が高まる一方でトレーニングの遅れが目立つ。Tableauは「トレーニングの遅れは業績全体をリスクにさらす」と警告する。(2022/6/3)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

連載「情報戦を制す人事」:
「会社も社員もWin-Winな福利厚生」とは? 福利厚生の最新トレンドを知る
「従業員が欲しがる福利厚生」と「企業側が実施したがる福利厚生」は、必ずしも一致しません。コロナ禍、テレワークの浸透、賃金の低下傾向、物価上昇──社会状況に伴い、福利厚生のトレンドにも変化が起きています。「企業も従業員も、双方がメリットを享受できる福利厚生」とはどういうものか、探っていきます。(2022/4/15)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
終身雇用の保証より、どれだけ変化しても活躍できる人材の育成が人を活かす経営の新常識
雇用を守るということは、本当に人を大切にしているのだろうか。雇用を守る経営を、何十年も続けていくと、ボディーブローのように効いてきて、内向き志向で村社会になり、キャリア意識が低下する。そこで求められているのがキャリア自律、自律型人材である。(2022/2/21)

「会社が社員を守る時代」の終焉:
OJT頼みな企業が多い中、メルカリが「博士課程進学支援制度」を発表した意義
社員の教育に関してOJT頼みの企業が多い中、メルカリが発表した新制度が話題を呼んだ。人生100年時代の今、重要性が高まる「リスキリング」だが、多くの企業ではなかなかそうした仕組みができていないのが現状だ。(2022/2/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(86):
プログラミングに自信はある でも、飯は食えなかった人の話
エンジニアは「手に職がある仕事」です。「手に職があると、一生食いぱっぐれない」と思っていませんか? でも、技術力を磨いているだけでは、そうでもないのかもしれません。(2022/2/16)

会員プランに「聴き放題」を追加:
Audibleが月額1500円を維持しつつビジネスモデルを転換する訳
「オーディオエンターテインメント」を掲げ、オーディオブックや音声コンテンツの制作/配信サービスを手がけるAudible(オーディブル)が発表会を開き、新たな取り組みを明らかにした。(2022/1/28)

2000人強に聞いた:
「ビジネス系YouTuber」の動画を見たことがある人は19.6% どんなジャンルが人気なのか
NEXERが運営する日本トレンドリサーチとfilmentsが「ビジネス系YouTuber」に関する調査を実施した。ビジネス系YouTuberの動画やライブ配信を見たことがある人で、役に立ったと考えている人の割合は73.0%だった。(2022/1/24)

Audibleが2021年の利用動向調査を発表 「自宅」利用がトップに
Audibleは、同社が提供するAmazon オーディオブック配信サービス「Audible」の2021年利用動向調査の結果を発表した。(2021/11/22)

コロナ禍で3割が「オーディオブックの利用増えた」と回答 最もオススメしたい作品1位は?
オーディオブックで最もオススメしたい作品1位は?(2021/11/2)

コロナ禍前と比較:
「読書の習慣がある」8割、よく読むジャンルは?
キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは10月18日、「2021年 秋の読書実態調査」の結果を発表した。(2021/10/19)

仕事の休憩時間にしていること 3位は「昼寝・仮眠」、2位と1位は?
ビズヒッツは、働く男女を対象に「仕事の休憩時間に関する意識調査」を行った。休憩時間に行っていることや、休憩時間を有意義に過ごせているか聞いた。(2021/10/1)

ものづくり白書2021を読み解く(3):
製造業DX推進のコツは、経営トップと現場に精通するリーダー社員の2段階で
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/9/27)

テレワークのためのサービスも:
福利厚生、コロナ禍では? トレンド変化と注目の最新サービス
リモートワークや時短勤務、週4日勤務などを導入し、ワークライフバランスの向上を目指す企業が増えています。そこで、従業員の満足度を考えるときに欠かせない福利厚生の新しいタイプのサービスを紹介します。(2021/8/12)

定年延長のリアル:
想定以上に「組織が高年齢化」 シニア層の“新しい仕事”を創出し、意識を変える方法
将来的なシニア層の増加が、会社が当初想定した以上に深刻な問題を引き起こすケースがあります。具体的にどんな問題が生じ得るのか、過去に筆者が見聞きしたことのある事例をベースに考えていきましょう。(2021/7/28)

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

ウィズコロナ時代の健康経営:
テレワークで従業員の健康課題に変化? 2020年度の健康経営を振り返る
(2021/6/1)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
社員の挑戦的な目標設定を促すために……OKRを導入した「だけ」では失敗する理由
前回はパフォーマンス・マネジメントの基盤となる評価制度の基本的な枠組みについてお伝えしました。今回は前回お伝えしきれなかった、目標の達成度(アウトプット)の評価について、MBOとOKRの違いを整理しながら解説します。(2021/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。