ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「うどん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「うどん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セブンの“ジェネリック二郎”こと「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン」がリニューアル! 麺のモチモチ感はそのままに歯ごたえアップ
早速買ってきた。(2019/6/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ココカラスギモトキヨシ」は誕生するか? コスモスの“東上作戦”で深まる混迷
ドラッグストア業界の再編が加速している。ココカラを巡りマツキヨとスギが争う形になっている。“東上作戦”進めるコスモスとイオンの存在も無視できない。(2019/6/11)

ディズニーの七夕、何食べる? 「ディズニー七夕Days2019」パークフードとホテルメニューを紹介します
大人の楽しみビアカクテルも。(2019/6/10)

うれしそうに踊る「母」の文字が好評 →リプライに「父」や「兄」が続々登場、にぎやかな擬人化家族に
華麗なる連係プレー。(2019/6/7)

カロリーの暴力じゃないか! かつや、まさかの「カレーうどんカツ丼」を6月21日から期間限定発売
衝撃の「炭水化物 on the 炭水化物」。(2019/6/6)

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

もうすぐ2歳だよー 上野動物園でジャイアントパンダ「シャンシャン」の誕生記念企画を実施
シャンシャンの「おとしもの」のにおいを嗅げるチャンスも。(2019/6/6)

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

かわいい×かわいい ポムポムプリンとメイドカフェのコラボ 6月4日から秋葉原で開催
メルヘンなお屋敷でおもてなしされるポムポムプリン。(2019/5/28)

売れないモノを売る:
神戸「焼酎パフェ」ってなに? “地域ブランド”誕生のヒント
 (2019/5/23)

熱湯のいらないペヤング「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」5月20日発売 中華あんを麺にかけるだけ
備蓄用にも。(2019/5/19)

どこが違うの? 「サイダーとソーダ」「そうめんとひやむぎ」「アイスクリームとアイスミルク」【漫画版】
知ってるとドヤれる。(2019/5/17)

脇役の薬味からメインの具材へ:
え、多すぎ…… ローソンが「ネギ主役」のパスタや弁当を発売
脇役の薬味として使われることが多い刻みネギ。ローソンはネギを脇役ではなくメインの具材に昇格させた弁当などを発売する。パクチーのように受け入れられるか。(2019/5/16)

「三太郎」CMで話題の親指姫、過去作にもこっそり出演していた!? 1年以上前にインスタを開設する仕込みっぷり
え、あ、いたあああ!(2019/5/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

まんが王国と『月刊コミックバンチ』が新レーベル「ウツツ」創刊へ
売春、不倫、性差別、児童虐待などを扱った作品がズラり。(2019/5/12)

あ〜かいきつね♪ じゃない「赤いたぬき」が新発売?
きつねがたぬきを取り込んだ……???(2019/5/7)

現代社会に必要な“肯定”はここにある 「世話やきキツネの仙狐さん」が楽園(エデン)すぎる
今からロスが怖い。(2019/4/25)

PR:高橋名人の激辛好きが異常なレベルなので丸亀製麺の100辛級「うま辛MAX担々うどん」を食べてもらった結果
連射は16回でも辛さは100辛以上いける名人。(提供:株式会社トリドールホールディングス)(2019/4/25)

キティさん45周年記念 ピンクのカレーうどんや焼きりんごがかわいい「ハローキティカフェ」池袋西武で開催
期間が長いのもうれしいです。(2019/4/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ::
「変」の哲学で成長 名古屋発「世界の山ちゃん」の絶妙な名付けと看板の戦略
名古屋生まれの居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」。屋号だけでなく「幻の手羽先」や「鳥男」の看板などもユニーク。飛躍した背景にある「変」の哲学とは?(2019/4/16)

ソフトバンク、5月の「SUPER FRIDAY」は丸亀製麺でうどんが1杯もらえる
ソフトバンクは、5月にスマートフォン利用者へ毎週お得なクーポンを配信する「SUPER FRIDAY」を実施。讃岐うどん専門店「丸亀製麺」で「ぶっかけうどん(冷・温)」または「かけうどん(温)」の並サイズが1杯無料になる。(2019/4/15)

丸亀製麺の30分飲み放題はホントに「すべてのせんべろを過去にした」のか? 聞いて飲んでわかったヒットの秘訣
30分でイクところまでイケる。(2019/4/16)

上司がもらった「イカれた香川土産」がシュールすぎる うどんを吸引する姿が強烈なインパクト
だんだん愛らしく思えてくるかも……?(2019/4/7)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

吉野家HDが下方修正、赤字が拡大 客数伸び悩み
吉野家の客数は前年比マイナスが続いています。(2019/3/29)

史上初のコラボ:
ガンダムvsハローキティ!? 国民的キャラクターがガチンコで“殴り合う”理由とは
「ガンダム」が今年で40周年、「ハローキティ」が45周年を迎える節目の年を記念して、コラボ企画「ガンダムvsハローキティ」が始まる――。(2019/3/29)

え、戦うの……!? 「ガンダム」と「ハローキティ」が史上初コラボ、「ガンダムvsハローキティ」4月からスタート
世界観違いすぎない……?(2019/3/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「スガキヤ」は中京圏で繁栄した? 「だし」の哲学と強固なビジネスモデル
中京圏で熱烈に愛される「スガキヤ」。ラーメンとソフトクリームの2枚看板で成長してきた。地元で熱烈に支持される理由とは?(2019/3/19)

売れないモノを売る極意:
「デジタルデトックス」に“商機”あり? 「禁煙プログラム」から学ぶ脱スマホ
今、スマートフォンから距離を置く「デジタルデトックス」がちょっとしたブームです。「スマホ依存症」が心身へ及ぼす弊害が明らかになり「少し距離を置こう」と思う人が増えたのです。(2019/3/18)

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

SNS依存からの脱却:
ミクシィの木村社長が語る「モンスト」と「Facebook」
SNS依存からの脱却に成功したミクシィ――。2013年にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」が記録的な大ヒット作品に成長。なぜモンストだけがこれほどまでに人気を得ることができたのか。同社の木村弘毅社長に話を聞いた。(2019/3/14)

店内丸ごと怪盗キッド! キッドづくしの「怪盗キッドカフェ」 東京・原宿と大阪・梅田で開催
青山先生命名のメニューも登場します。(2019/3/13)

悪意なく広める人も:
中高生の3割がフェイクニュース見破れず 「地震で京セラドームに穴」「フラッシュでマグロ死亡」など信用
中高生の26.3%が「フェイクニュース」にだまされた経験があることが、MMD研究所の調査で判明。「タレントのスマイリーキクチさんは凶悪殺人事件の犯人である」「沖縄・美ら海水族館で、カメラのフラッシュのせいでマグロが死亡した」などを信じた人もいた。(2019/3/13)

クルマだけじゃない「安心・安全」:
杖にIoT? オートバックスが「見守り」を新事業にするワケ
カー用品大手のオートバックスセブンが独自のIoTプラットフォームを構築。高齢者や視覚障害者が使う杖にIoT機器を取り付ける見守りサービスなどを展開する。なぜ自動車分野を超えた新事業に挑むのか。そこには将来を見据えた構想があった。(2019/3/13)

はなまるうどん、かけうどん(小)を130円→162円に 3月19日から多数の商品が値上げ
庶民のお助けメニュー、ついに大幅値上げ。(2019/3/12)

新事業を選ぶ“2つの条件”:
「本業と無関係」「10年かかる」 キャビア養殖に挑む電線メーカーの生き残り術
ケーブル・電線メーカーの金子コードは、本業から懸け離れた、事業化に10年かかる「キャビア養殖」に参入した。なぜ畑違いの新事業に挑むのか。その背景には、10年かけて育てた新事業に救われた経験があった。金子智樹社長に、新事業の考え方を聞いた。(2019/3/11)

「親になって初めて感じる怖さ」 クワバタオハラ小原正子&マック鈴木夫婦、2歳次男が手術控え不安な心境吐露
良くなるといいな。(2019/3/9)

海外に100店超:
海外で増え続ける「一風堂」 運営会社に聞いた進出の苦労とラーメンの味
「一風堂」を運営する力の源(HD)が海外展開を進めている。海外の店舗数が国内を抜きそうな勢いだ。現地でラーメンをどのようにつくって売っているのか?(2019/3/8)

「初めてのラーメン二郎」を描いた奇妙なレポ漫画が話題ッ! 「食レポしてるだけなのに面白すぎる……」
ヴァニラ・アイスが二郎を食う話。(2019/3/8)

丸亀製麺で有名:
焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ
セルフうどん店の「丸亀製麺」で急成長したトリドールHD。実はもともと焼き鳥チェーンを経営していた。どうして畑違いともいえる別業態でも成功できたのか。(2019/3/6)

IoTのイノベーションは問題解決から(8):
「応用型演繹法」で広がるアイデア、見つかる最適な解決策
今回は分類されたグループごとに「そうならないようにするには、どうすればよいか?」を見つける手法をご紹介します。(2019/3/4)

生マヨネーズ作り専用ミキサー「究極のMYO」登場 黄身と白身を別々にかくはんしフワッフワに
TKG(たまごかけごはん)、NTO(納豆)に続く、タカラトミーアーツの「究極シリーズ」最新作。(2019/2/26)

都内でも残っている:
380円の“高級”牛めしを推す松屋が320円の牛めしをあえて温存するワケ
松屋は380円のプレミアム牛めしを推進している。320円の牛めしを販売する店舗は首都圏を中心に減りつつある。しかし、松屋は320円の牛めしを販売する店舗をあえて残している。なぜなのか。(2019/2/26)

原材料コスト上昇で:
「マルちゃん」6月から値上げ、「赤いきつね」「緑のたぬき」など即席麺対象に 東洋水産
東洋水産は、「マルちゃん」「赤いきつね」「緑のたぬき」などの即席麺商品を6月1日出荷分から値上げすると発表。希望小売価格を5〜8%引き上げる。(2019/2/20)

「マルちゃん」即席麺など値上げへ 「赤いきつね」「緑のたぬき」も対象
総じて5〜8%の値上げに。(2019/2/19)

「にんにくガツン」「これがジェネリック二郎か」 セブン‐イレブン「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン」実食レビュー
コンビニラーメン史上、もっともヤバイラーメンを食べてみました。(2019/2/19)

「ロンギヌスの槍型スプーン」も:
なか卯とエヴァがコラボ 「シンジ・ゲンドウの親子どんぶり」などが登場
なか卯がエヴァとコラボキャンペーンをする。キャンペーン期間を細かく区切り、リピーター客を狙う。幅広いファンがいる作品とのコラボで来店増を目指す。(2019/2/7)

首都圏の工場を取材:
恵方巻があっという間に豚の飼料へ 食品廃棄とリサイクルの現場を歩く
食品廃棄の観点から恵方巻のイベントが批判されている。首都圏のある工場では廃棄された恵方巻が豚の飼料になっていた。どのような仕組みになっているのだろうか。(2019/2/5)

日清食品、6月1日から値上げ 「カップヌードル」「チキンラーメン」などに影響
原材料費の高騰などが理由。(2019/2/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。