ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「失業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失業」に関する情報が集まったページです。

急速に進むEV化:
ボッシュのクラウス・メーダー社長を直撃 ソフトウェアエンジニアを増やし「AIoT先進プロバイダー」へ
ドイツに本社のある世界的なテクノロジー企業であり、自動車部品サプライヤー大手のロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長にインタビューした。(2021/11/30)

増える業種、減る業種:
中小企業の冬のボーナスはいくら? 支給相場を予測する
年末賞与の季節が近づいてきました。長引くコロナ禍のなか、ワクチン接種が進んでいます。とはいえ、いまだ先行きは不透明です。そんな今冬の支給相場を予測します。(2021/11/29)

AWSが無料オンライン講座を拡充、対面のクラウド学習スペースも開設へ
AWSは、ユーザー向けにオンラインで最新の技術を学べる500種類以上のオンデマンドコースや対面でのクラウド学習専用スペースなどを無料で提供する。(2021/11/24)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【前編】
「ワクチン接種義務化」が医療従事者の離職を招く?
米国ニューヨーク州は医療従事者へのワクチン接種を義務化した。ニューヨーク州知事は、医療人材不足をしのぐ施策の一つに移民活用を挙げるが、効果を疑問視する専門家もいる。(2021/11/23)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米景気回復が続くとの楽観が根強く、ハイテク株に買いが続く
経済正常化による米景気回復が続くとの楽観が根強く、米株に資金流入しやすい地合いが続くとの見方が買いを誘った。(2021/11/16)

どうなるインフレ? 流動性相場はまだまだ続く
昨今インフレが話題だ。米国ではインフレ率が急上昇し、国内でも原油高資源高の影響やガソリンや日常食品などで値上げが続いている。コロナ禍からの経済回復がまだ完全ではないなか、インフレが襲うと、不況下で物価上昇が起きる「スタグフレーション」の声さえ聞かれる。(2021/11/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
京王線“ジョーカー男”から相次ぐ「無敵の人」はなぜ生まれる? 経済的観点から読み解く
ハロウィンに現れた京王線の「ジョーカー男」事件から、電車を舞台としたいわゆる「無敵の人」の事件が後を絶たない。ここにきて罪を犯しても失うものがない「無敵の人」の犯行が大きな社会問題になりつつある。(2021/11/12)

“大退職時代”の人材維持・獲得策【中編】
9割の米国企業が支払う「有能人材“引き留め金”」とは?
米国企業は採用難解決のために、さまざまな金銭的インセンティブを用意し始めた。普及しつつある取り組みとは何か。企業の採用における競争力を高める取り組みを探る。(2021/11/11)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】NYダウが5週連続で上昇
NYダウが5週連続で上昇、5週連続は19年2月にかけての9週連続以来の長さとなりました。10月の米国雇用統計で雇用者数の増加が市場予想を上回り、米国の経済活動正常化への期待が高まり、景気敏感株を中心に買いが入りました。(2021/11/9)

“大退職時代”の人材維持・獲得策【前編】
新入社員への「入社祝いボーナス」がもたらす“侮れない効果”
組織は人材雇用の難しさと、従業員の定着を課題としている。そうした中、従業員に入社時一時金であるサインオンボーナスの支払いをする自治体や企業が現れ始めた。その効果は。(2021/11/3)

100人が退職の意向:
沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ閉館 会長が説明した理由とは?
沖縄県那覇市前島の複合ビル「とまりん」内に入居するホテル「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」が10月31日、閉館した。経営する沖縄県内ホテル大手「かりゆし」の平良朝敬会長は……。(2021/11/2)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国企業、好決算の銘柄が相場の支えに/今週は注目のFOMC雇用統計
米国での決算発表が相次ぎ、好決算を発表した銘柄が買われ相場の支えになりました。主要3指数は最高値を更新しました。(2021/11/2)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

副業の容認は朗報か:
ビジネスマンの給料の減少が止まらない。副業に走るしかないのか?
先日、国税庁から2020年の給与所得の統計が公表されたが、2年連続のマイナスだという。ビジネスマンの給料の減少が止まらない。(2021/10/25)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】決算シーズンがスタート、今後はスタグフレーションがマーケットの焦点に?
主要金融大手を皮切りに決算シーズンがスタートし、決算の内容や米国の小売売上高が好感され、景気減速懸念が後退し投資家心理が上向きました。(2021/10/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)

石油価格上昇 インフレによるスタグフレーションの心配はない?
昨今、原油価格の高騰などから、景気後退とインフレ(物価上昇)が同時に起こるスタグフレーションを警戒する声が聞かれる。1970年代のオイルショックの際には、景気後退で給料が上がらないにもかかわらず物価が上昇し、生活者にとって極めて厳しい状況となった。(2021/10/13)

スピン経済の歩き方:
「今日の仕事は、楽しみですか」に、なぜイラっとしたのか 「仕事が苦痛」な日本人の病
「今日の仕事は、楽しみですか」――。JR品川駅内のコンコースに表示された広告が、批判を受けて1日で終了した。なぜ多くのビジネスパーソンはこの文言にイラっとしたのか。筆者の窪田氏がその背景を分析したところ……。(2021/10/13)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

表向きの多様化で済ませるな:
“誤差”か“氷山の一角”か 女性自殺者増加から透けて見える、日本企業の深刻な「勤務問題」
20年、女性自殺者が増加した。前年比の増加率は4.5%と、見方によれば「誤差」ともとれる数値だが、筆者はこの現象を「氷山の一角」として、日本企業の「表向きの多様化」に警鐘を鳴らす。自殺の原因として増える「勤務問題」とは、いったい何なのか。(2021/10/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
パナソニックの優秀人材流出、早期退職制度は人材の“焼畑農業”だ
パナソニックは10月1日、9月末で1000人以上の従業員が早期退職制度を利用して退職したことを発表した。“特別キャリアデザイン”というキレイな名称も、結局は対象の社員に「給与を下げるか、お金をもらって辞めるか」という選択を強いているものに過ぎない。この制度で、活躍が期待されていた優秀人材まで退職してしまったという寓話のような顛末となっていることも気がかりだ。(2021/10/8)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米長期金利は上昇、米債務上限問題や供給網の混乱が重荷。インフレの長期化も懸念事項に
債務上限問題やサプライチェーンの混乱が重荷となり、ダウは月間で昨年10月以来の下落率となりました。先週のFOMCで量的緩和縮小の前倒しが示唆されてから、1週間を通じて米長期金利の急ピッチな上昇が目立ちました。(2021/10/5)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】
現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方
「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。(2021/9/22)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【後編】
「タレントアクイジション」をスムーズに進めるための7つのヒント
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」は、人事戦略において重要な要素になる可能性がある。スムーズに進めるためのヒントを紹介する。(2021/9/21)

PR:自分に向いている職業を探せるサイト「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」で全く知らなかった仕事に出会えた日
ライターのみくのしんが職業検索で見つけた未知の仕事「運用・管理(IT)」について調べました。(2021/9/27)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】
「マイクロラーニング」とは? 短時間でトピックごとに学べる研修方法
「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。(2021/9/15)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国、新型コロナ感染再拡大懸念とテーパリング時期後づれ期待の剥落
米国の新型コロナ感染者数が累計4000万人を突破し、感染拡大で経済活動の正常化が遅れるとの懸念が根強く、ダウは軟調に推移しました。(2021/9/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
サントリー社長の「45歳定年発言」が炎上 会社員が“準備”しなければいけないこと
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、45歳定年制が必要という趣旨の発言が波紋を呼んでいる。経営者としての本音がポロっと出たわけだが、彼の発言からビジネスパーソンは何を学ぶべきなのだろうか。筆者の加谷氏は……。(2021/9/14)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】
「人材採用」と「タレントアクイジション」はいつやる必要があるのか
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。(2021/9/14)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】日経平均は菅総理不出馬で大きく上昇、米雇用統計は予想を大きく下回る
3日に自民党総裁選に菅総理大臣が出馬しないと表明したことで、日本に新たな首相が誕生する見通しが市場を活気づけ、日経平均は大きく上昇しました。(2021/9/7)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】
「人材採用」と「人材獲得」の違いとは? ビジネスリーダーの基礎知識
「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。(2021/9/7)

20代前半と後半の転職意識の違いを調査 給料、やりがい、将来のどれが大事?
転職を考えている20代前半と、20代後半の会社員を対象にした「若手社員の転職意識」に関する調査。その結果、「転職を考えている理由」の1位は、20代前半と後半共に「給料が少ない」だった。(2021/9/3)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(2):
リーマンショックに翻弄され、エンジニア派遣会社へ
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第2回は、リーマンショックを契機に大手メーカーを退職した後、派遣エンジニアとしてVSNに就職したいきさつを紹介する。(2021/9/1)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】
コロナ禍による失業者に痛手 「失業手当上乗せ給付」終了問題とは
コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。(2021/8/27)

「デジタルバッジ」基本の基【後編】
「デジタルバッジ」市場は活況なのに人事部門が導入に消極的な理由
調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。(2021/8/26)

コロナも影響、消えゆく企業向け電話システム
「電話」はもう使われずに消えてしまうのか?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックでテレワーク移行した企業が、電話に代わるコミュニケーション手段を模索し始めている。その背景には何があるのか。このまま電話はオフィスから消えるのか。(2021/8/21)

「デジタルバッジ」基本の基【中編】
「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?
労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。(2021/8/19)

「2030年、ロボットに仕事を奪われる現役世代は19%」 理系の大学教授ら112人が予測
「2030年、ロボットに業務を奪われ、失業する人は現役世代の19%」──理系研究者たちのそんな予測を日経BPコンサルティングが発表。(2021/8/12)

「デジタルバッジ」基本の基【前編】
最近見掛ける「デジタルバッジ」とは何か? メリットとデメリットは?
資格認定の証しとして「デジタルバッジ」を付与する動きが広がっている。デジタルバッジとはそもそも何なのか。採用や研修において企業がデジタルバッジを活用するメリットやデメリットは何か。(2021/8/12)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】労働市場の改善が示され、テーパリング圧力高まる
先週発表された雇用統計で雇用者数が予想を大きく上回り、ダウは約2週間ぶりに最高値を更新、長期金利は1.3%台まで上昇しました。力強い雇用の回復がテーパリング圧力を高めており、市場では想定よりも早い段階での量的緩和の縮小が意識されています。(2021/8/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レアメタル戦争の背景 EVの行く手に待ち受ける試練(中編)
コバルトの問題が難問過ぎるので、今注目を集めているのが、従来のハイコバルト系リチウムイオン電池に代わる方式だ。最も早く話題になったのがリン酸鉄電池である。ついでナトリウム電池、そしてニッケル水素のバイポーラ型電池。長らく次期エースと目されている全固体電池もある。(2021/8/9)

Apple、IBMも「ハイブリッドワーク」の導入拡大か
“脱テレワーク”強行ならストも辞さず 「オフィス出勤再開」に複雑な従業員
米国企業は、テレワークを主体とする勤務態勢からオフィスへの復帰を目指す動きを加速させている。一方で“複雑な思い”を抱える従業員もいる。その思いとは。(2021/8/5)

プレミアムコンテンツ:
「Chromebookはやっぱり安全だ」と納得できる6大機能
「Chromebookは安全に使えるデバイスだ」という声がある。本当にそうなのか。判断を下すにはそのセキュリティ機能を正しく理解することが重要だ。Chromebookが搭載する6つのセキュリティ機能を解説しよう。(2021/7/30)

“どこでもできる仕事”は海外へ
「テレワーク」普及で“高給取り”ほど失業の危機に? その理由とは
英国の非営利組織が発表した報告書は、企業のテレワーク導入が進むことで、一部の仕事に従事する人が失業の危機にさらされると指摘する。どのような仕事が該当するのか。なぜ失業の可能性があるのか。(2021/7/29)

ものづくり白書2021を読み解く(1):
COVID-19は日本のモノづくりに何をもたらしたのか、マクロ指標から読み解く
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第1回ではCOVID-19の影響を色濃く受けた日本のモノづくりの現状についてまとめる。(2021/7/26)

賃金引き上げ、コロナ禍では失業増加の副作用も
中央最低賃金審議会の小委員会が14日、令和3年度の地域別最低賃金(最賃)を大幅に引き上げる目安を示した。しかし……。(2021/7/14)

株価3指数いずれも最高値はバブルか? コロナ前を超えてきた経済の読み解き方
米国の株価が絶好調だ。7月13日の終値では、S&P500、ダウ工業株平均、ナスダック総合指数と主要株価3指数がいずれも最高値を更新した。これは果たしてバブルなのだろうか?(2021/7/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「ジョブ型」雇用に恐れる必要はあるのか 「賃金」が上がるかもしれない理由
コロナ危機をきっかけに、日本型雇用の見直しが進もうとしている。終身雇用が保障されて、会社の中は「管理職だらけ」といったケースが多いかもしれないが、ジョブ型雇用になればどのような働き方が増えるのか。不安を感じるかもしれないが……。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。