ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウイグル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウイグル」に関する情報が集まったページです。

米商務省、中国ドローンメーカーDJIと半導体受託生産最大手のSMICを輸出規制エンティティリストに追加
米商務省は、中国のドローンメーカーDJIを含む77企業を輸出規制の「エンティティリスト」に追加すると発表。同日、噂されていた半導体受託生産最大手の中国SMICも追加すると発表した。(2020/12/19)

Huawei、中国当局向けウイグル族検出顔認識システムを開発か──公式サイトに関連文書
中国Huaweiが中国の顔認識企業と共同で、被写体の年齢、性別、民族を検出でき、ウイグル族を検出すると報告する顔認識システムを開発していると、ビデオ監視メディアIPVMが報じた。Huaweiはこの報道の基になった文書を公式サイトから既に削除している。(2020/12/9)

“差別、いじめ”を描いたナイキのCMに反響 日本で差別を描くことは「日本人を貶める印象操作」なのか
称賛の声も多い一方で、猛反発する声も多くあがっています。(2020/12/3)

在英中国大使がポルノや反中国的な投稿に「いいね」 大使館側が攻撃を受けたとしてTwitterに調査要請
大使による操作ではないと表明。(2020/9/11)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
TikTokがトランプ政権を訴えた理由
トランプ政権がTikTokを追い詰めるのに用いたツール、TikTok側の反撃、そして過去にTikTokの「悪さ」とされてきた出来事などを検討していく。しかしトランプ政権のやり方は「ずさん」であり、TikTok側に反論、反撃の余地を与えている。さらに、トランプ政権が出した命令には合衆国憲法違反の疑惑も出てきた。TikTokが米国資本に買収されることが、既定路線となっているように報じている記事も見かけるが、それはどうだろう。現時点で先はまだ読めないと筆者は考えている。(2020/8/25)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
「顔認識技術を禁止せよ」 黒人差別を受けハイテク大手の対応は?
米国で顔認識技術への批判が強まっている。IBM、Amazon、Microsoftが相次いで、警察など法執行機関への顔認識技術の提供を中止すると発表した。以前から顔認識技術は「人種差別、性差別を助長する」との批判があった。事件を機に大手テクノロジー企業が顔認識技術の提供中止に追い込まれた形だ。(2020/6/17)

Google翻訳にウイグル語など5カ国語追加で108言語対応に
Google翻訳に4年ぶりに新言語が5つ追加され、対応言語が108になった。ウイグル語、トルクメン語、ルワンダ語、タタール語、オリヤー語で、一部は仮想キーボードも利用可能だ。(2020/2/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(後編)
今回の米中摩擦は一時的な問題ではなさそうだ。おそらくは中国の統治体制に何らか異変があるまで、この経済戦争は終わらないだろう。世界の自動車メーカーはどうなるのだろうか? やはり中国依存度が高いところが危ない。筆頭は欧州だ。これは自動車産業のみならず金融なども含めて中国と蜜月を深めすぎている。(2020/1/7)

まつげメイクを装って中国を批判する動画の削除、TikTokがミスだったと謝罪
中国批判を理由に規制していないとTikTokは説明しています。(2019/11/29)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話
TNGAの最後のひと駒であるGA-Bプラットフォームが、今回、ヴィッツの後継車となるヤリスに導入される。筆者は15年のTNGA発表まで、トヨタのクルマをほとんど信用していなかった。TNGA以前と以後ではもう別の会社の製品だと思えるくらいに違う。いまやTNGA世代でないトヨタ車を買うのは止めるべきというのが筆者の偽らざる感想だ。(2019/10/21)

「GoogleがiPhoneユーザーの不安あおった」、iOSの脆弱性悪用報告にAppleが反論
Googleは修正前のiOSの脆弱性が攻撃に利用されていた実態を報告し、Appleはその報告に対して「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難している。(2019/9/10)

Apple、iPhoneエクスプロイトを詳解したGoogleを非難「標的はウイグルコミュニティだけ」
Appleが、8月末にGoogleがiPhoneへのエクスプロイト攻撃について解説したことが、ユーザーに誤った印象を与えたとして反論した。(2019/9/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
アクセスしたら乗っ取られる? 香港デモ“妨害”の中国サイバー攻撃「巧妙な手口」
「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした香港の抗議活動が続いている。デモ隊が使うメッセージングアプリを中国当局がサイバー攻撃したことも判明。こういった中国の手口には、私たちも無関係ではない。国をまたいだデジタル戦に注意しておく必要がある。(2019/9/5)

iPhoneエクスプロイトのターゲットはウイグルのイスラム教徒?──TechCrunch報道
Google Project Zeroが解説するiPhoneを狙う無差別攻撃は、新疆(しんきょう)ウイグル自治区のコミュニティを標的とするよう設計された国家(おそらく中国)支援攻撃の一環だと米TechCrunchが情報筋の話として報じた。米ForbesはWindowsおよびAndroidも攻撃されていたと指摘した。(2019/9/2)

EE Exclusive:
顔認識技術の不都合な真実
監視カメラが導入される分野は、顔認識を行うAI(人工知能)技術の進化に伴い、幅広くなっている。一方で、防犯が目的だとしても、プライバシー保護に対する懸念の声や、使用について規制を求める声は高まるばかりだ。先進国の中でも、カメラを使った“監視”が最も厳しい国の一つとされる英国の例を取り上げ、顔認識活用の現状と課題に触れる。(2019/7/31)

中国国境で当局が旅行者のスマートフォンに情報収集アプリを密かにインストール──Guardian報道
新疆(しんきょう)ウイグル自治区のイスラム教徒監視を強化している中国当局が、キルギス共和国からの国境で旅行者のスマートフォンにデータ収集アプリをインストールしていると、Guardianが報じた。(2019/7/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの次に狙われる? 中国の「監視」を支えるあの企業
ファーウェイに続いて、中国の監視カメラ大手のハイクビジョンが米商務省の“ブラックリスト”入りするのではないかとうわさされている。世界トップシェアを誇る同社の監視技術の裏に何があるのか。そこにはファーウェイとの共通点もあって……(2019/6/6)

タイムアウト東京のオススメ:
世界基準でもてなす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/5/16)

写真展:
横井健治 写真展「O'zbeklar」
(2016/2/8)

単行本発売記念:
人生を味わう極上の一杯『ラーメン食いてぇ!』の林明輝に聞く
講談社のWebコミックサイト「モアイ」に掲載されるや、またたく間に話題となったマンガ『ラーメン食いてぇ!』。ラーメンマンガとひとくくりにできない同作の魅力をお届けする。(2015/4/23)

専門家が語る「対イスラム国」本当の戦況
イスラム国については、その戦況や今後についてなど、報道だけでは分らない部分が多い。現代イスラム研究センター理事長の宮田律さんにイスラム国や「テロ」にまつわる疑問や不安をぶつけてみた。(2015/4/2)

写真展:
徳田暁彦写真展「カシュガルの空の下で」
(2014/12/9)

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
学生や市民が民主化を求めて続いている香港デモ。中国本土では中国政府に都合のいい報道ばかりが流れ、中国のネットユーザーが香港の実情を知ることは難しいという。今年は中国政府がネット規制を強めている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/31)

藤田正美の時事日想:
中国はどこまでベトナムと争うのか――米国、日本も他人事ではない理由
中国とベトナムが南シナ海の権益をめぐって争っている。ASEAN首脳会議でも自制を求める宣言が採択されたが、中国はこれを無視する方針だ。このまま中国が南シナ海の覇権を奪取すれば、次は尖閣諸島に手を伸ばすだろう。(2014/5/14)

藤田正美の時事日想:
中国が抱える最大の国内問題とは?
中国の習近平政権が重要視していた3中全会が終了した。習主席が意気込むほど“改革的”であるように見えなかったものの、外国メディアは総じてこの3中全会に好意的だ。そこで、現在中国が抱える問題を整理してみる。(2013/11/20)

藤田正美の時事日想:
北方領土問題を抱える日本とロシアが仲良くなるカギ
2プラス2会談が開催された日本とロシア。北方領土問題など懸案は多いが、共通の利害を上手く使えばこうした問題も解決に向かうかもしれない。今、戦後初めてと言っていいほどの大きなチャンスが訪れている。(2013/11/6)

Javaの脆弱性悪用攻撃がまたまた発生、「最新版に更新を」
Javaの既知の脆弱性を突く攻撃がまた新たに発生した。Java 7の最新版に更新すれば問題は解決されるが、Java 6の場合、修正パッチは存在しない。(2013/9/4)

中国の「非ネット世代の中年」と「微信」(WeChat)で伝播する市民デモを追った
中国南部の雲南省・昆明で化学工場建設に反対するデモが起きた。デモの様子は中国版Twitter「微博」のほか、ユーザーが4億人を超えるLINEのライバル「微信」(WeChat)でも広がっていった。そんなデモの主役は反日デモの場合とは異なり……山谷氏による現地からのリポート。(2013/5/27)

ニッポンの紛争地帯をゆく・新連載スタート:
なぜ中国大使館前の抗議は「定員5名」なのか
いま「抗議デモ」がアツい。ウォール街の暴動は世界に広がり、日本にも上陸した。これは「内乱の前兆」なのか、それとも「一時的な流行」なのか。そこでマスコミが報道しない“怒りの現場”ではナニが起こっているのかを確かめるべく、中華人民共和国の大使館へ行ってみた。(2011/10/19)

「Twitterは中国に100%自由な言論空間を与えた」――トップツイーター安替氏の視点
「国内での言論活動が制限されている」と言われる中国だが、一方でTwitterなどのメディアを駆使して、自由に情報発信しているネットユーザーたちが存在していることはあまり知られていない。国際大学GLOCOMが行ったシンポジウムでは、そんな先駆的ネットユーザーの1人である安替氏が中国のネット言論空間の実情について語った。(2010/10/26)

伊予銀行、CO2排出権を1000トン単位で購入できる小口取引を仲介開始
伊予銀行は2月4日、住友信託銀行との信託契約代理店委託契約に基づき、中国新彊ウイグル地区の風力発電プロジェクトから発生するCO2排出権の募集を開始すると発表した。(2010/2/10)

おれの名をいってみろ!――「北斗無双」ケンシロウ編後半を紹介
コーエーより発売予定のPS3/Xbox 360用ソフト「北斗無双」。伝説編の「ケンシロウ」パートで原作を追う。(2010/1/22)

ウイグル問題? 支援組織狙いの攻撃が急増
F-Secureによると、ウイグル族の支援団体を標的にして、不正ファイルを添付した電子メールが送りつけられている。(2009/8/25)

中国ビジネス最前線:
北京上海高速鉄道、2010年末に完成
京滬(北京・上海)高速鉄道は2010年末までに全線が完成する見込みだ。2011年のメーデー前までにレール敷設を完了し、システムの調節と試行の段階に入る予定。(2009/8/6)

藤田正美の時事日想:
「働くことしか才能がない」……。“共感なき政治家”は去るのみ
「(高齢者の人たちは)働くことしか才能がない」――。もともと失言の多い麻生総理から、また失言が飛び出した。うっかり言ってしまった……では済まされない立場であるはずなのに、なぜ彼の口から失言が出てくるのだろうか?(2009/7/27)

藤田正美の時事日想:
「ドルの罠」に翻弄される中国……それでも“したたか”に
イタリアで開かれたG8で日本の麻生首相より存在感を示したのは、会合を欠席した中国の胡錦涛国家主席。新彊ウイグル自治区での争乱事件などの問題を抱えているのに、なぜ中国はここまで存在感を示すことができたのだろうか? その理由は……。(2009/7/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。