ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワタミ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワタミ」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円超の“高級のり弁”に行列、外食大手も注目 昔懐かしい国民食がなぜブームに?
「のり弁」ブームが起きている。1000円超の高級弁当を売る店には行列ができており、大手外食チェーンも注目している。消費者に支持される背景を探った。(2022/4/29)

「生娘をシャブ漬け戦略」が生まれた背景は:
吉野家元常務の舌禍事件から考える マーケティング業界の病巣とシニア権力を持ち続けるリスク
「生娘をシャブ漬け戦略」という破廉恥ワードはなぜ生まれたのか。背景にはマーケティング業界の問題と、シニア世代の価値観があると筆者は指摘する。(2022/4/22)

下げた客単価を客数でカバー:
“値上げの春”に逆張り ワタミが「焼肉の和民」で仕掛けた「薄利多売」戦略
外食チェーンのワタミは3月、「焼肉の和民」の商品価格を全商品429円以下での販売を始めた。同社は値下げをすることで客足を増やし、“薄利多売”の戦略を取ることによって売り上げの拡大を狙おうとしている。(2022/4/13)

東京商工リサーチ調べ:
2021年度の焼肉店の倒産数 過去最少だった前年の1.5倍に
焼肉店の倒産件数は昨年比1.5倍、大手の参入や生活様式の変化で業界の先行きは不透明に。(2022/4/12)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

povo2.0が「#ギガ活」の対象店舗/サービスを追加 松屋や三代目鳥メロなど14ブランド
KDDIは、povo2.0の「#ギガ活」の対象店舗/サービスを順次追加。松屋や三代目鳥メロなど14ブランドが対象となる。(2022/4/1)

ワタミが展開する「焼肉の和民」、全品429円以下に 狙いは?
ワタミは、まん延防止等重点措置が全面解除されたことを受け、「焼肉の和民」の商品価格を全商品429円以下で販売すると発表した。全国の店舗で4月19日までに順次、導入する。(2022/3/31)

値上げの条件がそろっているのに:
なぜ焼肉の和民は「値下げ」戦略をとるのか
世界的なインフレ傾向は続くだろう。背景にコロナ禍の財政支出による通貨の供給過剰や、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー価格の上昇がある。さらに日米の政策金利差と、日本の経常収支の赤字で円安危機も加速するだろう。外食産業は、値上げの条件がすべてそろっているのが現実だ。(2022/3/30)

市場は1300億円にまで成長:
から揚げの天才、弁当メニューが好調 3カ月間で12万食を販売
ワタミが展開する「から揚げの天才」の弁当メニューが好調だ。1月に販売を本格的に開始し、3カ月間で12万食を販売した。(2022/3/29)

人事総務部長にインタビュー:
経産省が太鼓判! あのワタミが「健康経営優良法人」に認定されたワケ
さまざまな逆風に直面してきたワタミが、経済産業省が認定する「健康経営優良法人」に選ばれた。同社の総務人事部長に、同社での取り組みを聞いた。(2022/3/28)

大手居酒屋チェーン14社 コロナ禍の2年間で1356店減少
「大手居酒屋チェーン」店舗数調査。その結果、2021年末の運営店舗数は、コロナ前(19年12月)に比べて1356店(18.8%)減ったことが分かった。(2022/2/17)

働き方の「今」を知る:
謎マナー? ベンチャー人事の「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」発言がここまで炎上したワケ
ベンチャー人事が「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」と発言したツイートが話題に。いまだに給与や待遇など労働環境に関する質問はタブーとする風潮もあるが、それにしてもこのツイートはなぜここまで炎上したのか。(2022/2/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ドバイの「スシロー」は1時間待ちの日も! 海外進出を続ける外食大手が狙う“コロナ後”の世界
コロナ禍でも積極的に海外進出する外食企業がある。海外の成長を取り込んでいく狙いがある。各社の戦略を追った。(2022/2/2)

宅食サービスを充実:
ワタミ、子ども向けミールキットを発表 主婦層の負担を軽減
ワタミが子ども向けミールキットで新ブランド発表した。短時間で調理できるようにしている。子育て層の社会進出を支援する。(2022/2/1)

働き方の「今」を知る:
日立、富士通、NTT……名門企業がこぞって乗り出す「ジョブ型」、成功と失敗の分かれ目は?
何かと話題になることの多い「ジョブ型」を前後編で解説。後編記事となる今回では、そもそもなぜ、名門企業がここにきてジョブ型への対応に急ぐのか、そして定着・成功のカギは何なのかを解説していく。(2022/1/21)

富士通、NTTも導入:
すぐにクビ? 休暇が充実? 日立も本格導入の「ジョブ型」 よくある誤解を「採用」「異動」「解雇」で整理する
何かと話題に上がるジョブ型雇用。過日、日立製作所が本格導入をぶち上げニュースとなった。さまざまなイメージが語られ、「すぐクビになる」といった悪評や、一方で「過重労働から解放される」「ワークライフバランスが充実する」といった声も聞く。いまいち実態のつかめないジョブ型を、よくある誤解とともに解説していく。(2022/1/21)

いよいよ「週休3日」の波が来る?:
単なる賃金カットに終わるのか? パナソニック「週休3日」で広がる期待と懸念
パナソニックが選択的週休3日制の導入方針を発表し、大きな話題を呼んだ。これまで既に週休3日制を導入した企業もあり、働き手の多くが導入に賛成する一方で、「賃金カットで終わるのでは」などといった懸念も尽きないが……(2022/1/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
2022年の外食産業はどうなる? 「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目すべき“合理的”な理由
2021年の外食産業はコロナに翻弄され続けた。22年にはどのような業態が流行するのだろうか。筆者が「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目する理由とは?(2022/1/3)

年末ルーティンは「日記」と「手帳」:
ワタミ「早期退職はしない」 「SDGs経営で1兆円企業」を目指す
2021年もあと3日を残した。外食産業は厳しい経営を強いられたが年末は必ず、「今年もいい1年だった」と口にする。「すべきことはできた」と思っている。何よりも元気で楽しく仕事ができて、家族と毎日明るく過ごせた。これ以上の幸せはない。(2021/12/29)

「学歴不問」は「実力不問」ではない:
そんなに学歴フィルターは「悪」なのか マイナビ「大東亜」騒動で見落としがちな視点
マイナビの失態で話題になった「学歴フィルター」。なんだかんだいって存在する「必要悪」ともいえる存在だが、筆者は今回の騒動で見落とされている視点があると指摘する。(2021/12/20)

回転ずしを意識:
ワタミ「すし事業」に参入! 「すしの和」握り96円で勝負
ワタミはこのたび創業37年ではじめて「すし事業」への参入を発表した。コロナ後の外食は焼肉とすしが圧倒的に好調だ。昨年の「焼肉の和民」に続き、9日に東京・錦糸町に「すしの和」をオープンさせた。(2021/12/15)

「酒頼み」のコミュニケーションでいいのか:
いい忘年会・悪い忘年会 まだまだ「忘年会賛成派」がいなくならない理由
忘年会シーズンとなったが、コロナ禍では大々的に実施する企業も少なさそうだ。行きたくない人はホッとする一方、「行きたかったなあ」と嘆く人も一部いるのでは。今回は、そんな双方の意見を見つつ、忘年会の今や、今後あるべき組織コミュニケーションを探る。(2021/12/9)

新業態を開発:
居酒屋で苦戦するワタミが「寿司」に初参入 逆転の一手となるか?
ワタミは12月9日に、新ブランドとなる寿司と焼き鳥を主力とした「すしの和」1号店を東京都内にオープンする。コロナ禍で苦戦する居酒屋業態を、焼き肉や寿司を提供する店に変えていく。新しい試みは支持されるか。(2021/12/8)

厳しい状況が続きそう:
「忘年会なし」企業7割 居酒屋の年末年始はどうなる?
新型コロナウイルス下の行動制限緩和策が、各都道府県の手続きを経て月内にも実施される。緊急事態宣言下でも条件付きで店利用の人数制限がなくなり、外食業界からは歓迎の声が上がる。(2021/11/23)

ワタミが「衆院選投票でドリンク1杯無料」キャンペーン 「選挙への関心を高めていただきたい」
対象期間は10月25日〜11月7日。(2021/10/22)

居酒屋復活を推進:
ワタミ、約150店舗で営業再開 接客する従業員には抗原検査を実施
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された。ワタミは10月1日、休業していた450店舗のうち約350店舗で営業を再開する。再開にあたって、店舗で接客を担当する従業員を対象に抗原検査を実施する。(2021/10/1)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

働き方の「今」を知る:
日本柔道メダルラッシュに学ぶ、「努力・気合・根性」の日本企業が“オワコン”な理由
東京五輪でメダルラッシュとなった日本柔道。その裏には、過度な「努力・気合・根性」からの脱却があった。一方、日本企業はといえば……。(2021/9/1)

働き方の「今」を知る:
「ツイートを理由に退職処分」は適切だった? ホビージャパン問題から考える、社員の不適切SNS問題
転売を肯定するツイートが炎上した社員を退職処分としたホビージャパン。果たしてその処分は適切だったのか。また、社員のSNSを、企業はどのように管理すればよいのか。(2021/8/18)

コロナ禍で加盟店増やす:
ワタミ、キッチンカーで「から揚げの天才」 出店ペースを加速
ワタミはから揚げ専門店「から揚げの天才」の出店数を増やしている。8月1日、初めてとなるキッチンカータイプの店舗をオープンした。(2021/8/3)

拡大は3年ぶり:
ワタミ、中途採用を拡大し新たに100人採用へ 焼肉店の展開推進
外食大手のワタミが、2021年度の中途採用を拡大し、新たに100人を採用する方針を明らかにした。(2021/7/30)

働き方の「今」を知る:
それ、本当にブラック企業? 日本社会に誤って広がる「ホワイト企業信仰」が迎える末路
「ブラック企業」というワードの一般化に伴い、あれもこれもブラックだと指弾されることも。筆者は、そんな風潮に警鐘を鳴らす。そもそも「いい会社」って何だろう。(2021/7/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「はま寿司」のデータを欲しがった? 「かっぱ寿司」転落の背景は“伝統の否定”
「かっぱ寿司」の運営会社が不正競争防止法違反の容疑で刑事告訴された。「はま寿司」の日次売り上げデータを受け取っていた。かつてイケイケだったかっぱ寿司はなぜ追い込まれたのか。(2021/7/13)

コロナ禍で生き残る:
ワタミの「から揚げの天才」100店舗達成 「いきなり!ステーキ」とほぼ同じ出店ペース
ワタミが展開するから揚げ専門店「から揚げの天才」が100店舗を達成した。FC加盟店を増やすため、低コストで出店できるモデルを開発した。中国にも出店する。(2021/7/8)

働き方の「今」を知る:
20〜30代若手社員に人気、企業は戦々恐々 最近よく聞く「退職代行サービス」に潜む危険なワナとは
昨今よく見る退職代行サービスだが、本当に安全に退職できるのか。利用者増加の裏に潜むリスクを解説する。(2021/7/5)

働き方の「今」を知る:
技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える
夕張メロンの減産がニュースになり、その理由が「技能実習生不足」ということから大きな話題を呼んだ。「低賃金・重労働」を押し付けられ、過酷な事情を耳にすることも多い同制度だが、実情はどうなっているのか。(2021/6/10)

政府の方針には従う:
ワタミ、ワクチン2回接種で生ビール1杯無料キャンペーン 規制解除後に実施店舗を徐々に拡大
緊急事態宣言が延長される見込みとなった。ワタミは対象地域における居酒屋の休業を延長する。一方、ワクチンを接種した人を対象に生ビールを無料にするキャンペーンを実施する。(2021/5/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「レジ袋有料化」は“天下の悪法”か 次は「プラ製スプーン有料化」で、経済に大打撃
レジ袋有料化からもうすぐ1年が経過しようとしている。どういう理屈で「エコ」になるとしているのか? プラ製のスプーンやフォークが有料化されると、経済に深刻なダメージを与える可能性もある。(2021/5/18)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか
ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。(2021/4/27)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

FamiPay、半額還元キャンペーン開始 ただしファミマは対象外
ファミリーマートは4月20日から、コード決済サービス「FamiPay」の利用で利用額の半額が戻ってくるキャンペーンを開始する。ただし、ファミリーマートでの利用は対象外。(2021/4/19)

働き方の「今」を知る:
育休判明でローン融資拒否! 高飛車な銀行は、これから滅ぶと思えるワケ
男性が育休であることが判明し、ローンを断られた事例が話題に。いまだに金融機関の審査では、硬直的な審査が続いている。しかし、今後はこうした高飛車な銀行は、滅んでいくのではないだろうか。(2021/4/7)

攻めの姿勢:
ワタミ渡邉美樹会長が見据える“コロナ後のマーケティング戦略”
外食チェーンのワタミ渡邉美樹会長兼グループCEOが語る“コロナ後のマーケティング戦略”とは?(2021/3/31)

「ワタミの宅食」で弁当容器を回収、リサイクルする取り組みを開始 狙いは?
ワタミは食事宅配サービスの「ワタミの宅食」で、自社の弁当容器を回収し、新たな容器に再生してリサイクルする取り組みを全国で開始した。その狙いは?(2021/3/25)

CAEニュース:
焼肉店チェーンが3D飛沫可視化システムを導入、感染症対策の課題を明確化
ワタミは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、テックレボリューションが提供する「3D飛沫可視化システム」を導入した。建物内に浮遊する飛沫粒子の経路を可視化することで、感染症対策の課題を明確化する。(2021/3/19)

感染リスク低減:
焼肉きんぐ、幸楽苑、ワタミに「配膳ロボット」が続々登場 変わる従業員の働き方
大手外食チェーンで配膳ロボの導入が進んでいる。人手不足解消や、感染リスクの低減が目的。働き方はどう変わるのか。(2021/3/17)

働き方の「今」を知る:
結局バレる! 企業のトラブル対応は「2次被害」こそが重要なワケ
後を絶たない企業の不祥事・炎上だが、対応一つで影響を大きく変えることも可能だ。具体的に、どのように対応するのがよいのか、あるいは悪いのか。過去の有名企業での事例とともに解説する。(2021/3/15)

働き方の「今」を知る:
不祥事・炎上はなぜ絶えない? スタートアップ企業のトラブル事案から考える、危機管理広報の在り方
企業の不祥事や炎上は、後を絶たない。最近でも、スタートアップ企業で薬機法や景表法に関するトラブルが起こった。どうすれば、こうしたトラブルをなくせるのか。今の時代に、あるべき危機管理の姿を探る。(2021/3/12)

上場企業の短期借入金は3656億円以上:
飲食チェーンの閉店は数千店 「売り上げ、どこまで下がるか分からない」
業界団体が新型コロナの影響で閉店した飲食チェーンの店舗数を試算した結果、数千店舗が閉店したとみられることが分かった。各社は短期借入金も膨らみ、経営的に厳しい状況が続いている。緊急事態宣言再延長について、飲食業界の悲痛な声を聞いた。(2021/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。