ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「代行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「代行」に関する情報が集まったページです。

トヨタ正規ディーラーが中古車の個人間売買サービス 面倒な手続きも代行
トヨタの正規ディーラーである横浜トヨペットは、中古車個人間販売サービス「モビリコ」を始めると発表。会員登録や出品は無料で、売買が成立した際に車両価格に応じた販売成約手数料を支払う仕組み。(2021/9/28)

ペイミー、YOLO JAPANと業務提携 外国籍従業員への給与即日払いサービスの提供開始
 給与即日払いサービス「Payme」を提供するペイミー(東京都渋谷区)は2021年9月より、外国人従業員向け福利厚生代行サービス「YOLO LIFE」を提供するYOLO JAPANと業務提携した。(2021/9/16)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

ヤマト、返品受け付けのWebサイト開設を代行 EC事業者向けに 集荷も対応
ヤマト運輸が、オンラインで返品を受け付けられる窓口の作成を代行するサービスを始めた。集荷など、返品に必要な作業も代行する。オンラインで返品を受け付けられる環境が整っていないEC事業者の利用を見込む。(2021/8/26)

リアルにあってほしい職業! 精神の不調を他人に超能力で“伝える”「メンタル代行人」の漫画に注目集まる
分かってもらえてよかった。(2021/8/11)

新潟県警、Nintendo Switchのデータ改造業者を逮捕 「最強セーブデータ代行」称する中国籍男性
不正競争防止法違反の容疑。(2021/7/8)

働き方の「今」を知る:
20〜30代若手社員に人気、企業は戦々恐々 最近よく聞く「退職代行サービス」に潜む危険なワナとは
昨今よく見る退職代行サービスだが、本当に安全に退職できるのか。利用者増加の裏に潜むリスクを解説する。(2021/7/5)

製造マネジメントニュース:
マルチメディア機器の安全規格試験、認証取得を代行する新サービス
OKIエンジニアリングは2021年6月28日、マルチメディア機器の安全規格「IEC62368-1」の試験・認証取得を代行する「電気製品安全規格試験・認証取得サービス」を同年7月1日に開始すると発表した。(2021/6/29)

11万円で電子契約導入 “IT担当者不足”の会社向け「まるごとサポート」登場
情報コンサルティング会社であるリストアップ総合研究所、企業が電子契約システムを新規導入する際の必要準備を代行する「電子契約導入まるごとサポート」を開始する。基本料金11万円にて半月程度の短期間で電子契約システムの運用開始を可能とする。(2021/6/23)

不満の声:
中小の「職場接種」、活路は代行サービス?
新型コロナウイルスワクチンの職場接種が一部で始まるなど、大企業を中心に準備が進む中、接客業を中心に中小企業でも実施を模索する動きが強まっている。打ち手や会場の確保など課題は多いが、業界団体単位でまとまったり、民間業者の代行サービスを利用したりすることで活路を見いだす企業も少なくない。(2021/6/14)

マネーフォワード、三菱UFJ銀行と合弁会社設立へ オンラインファクタリング事業提供
マネーフォワード、マネーフォワードのグループ会社であるマネーフォワードケッサイ、三菱UFJ銀行は6月8日、中小企業向けオンラインファクタリング事業の提供に向け合弁契約を締結した。また、合弁会社では請求代行事業の提供も予定している。(2021/6/10)

「順位を優先」「ネット予約を代行」ワクチン接種で詐欺横行
高齢者への接種が本格化する新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り「優先順位を上げる」とうその優遇を持ちかけるなどし、金銭を要求する詐欺とみられる電話が全国で相次いでいる。警察当局や国民生活センターは「怪しい電話には絶対に応じないでほしい」などと注意を呼び掛けている。(2021/5/24)

調査で判明:
「退職代行サービス」の利用を検討する人は44.7% 実際に使った人は?
日本労働調査組合が、全国のビジネスパーソンを対象に「退職代行サービスに関するアンケート」を実施した。(2021/5/21)

接種予約電話不通、ネットは苦手……高齢者に静岡県内自治体「出張巡回」などサポート
高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種予約が本格化。静岡県内の自治体は、出先機関に出向く巡回予約や職員による予約代行など、ネットでの予約に戸惑う高齢者のサポートに努めている。(2021/5/14)

売りたい人と“売れる人”をマッチング フリマ出品代行「マカセル」アプリ公開
出品代行サービス「マカセル」のアプリが公開。手持ちの売りたい物を、フリマアプリに慣れたユーザーに売ってもらえる。(2021/5/11)

空き部屋があればテレワークスペースに 運用代行「テレスペ丸投げ」サービス開始
テレワークスペースのシェアリングを提供するテレワーク・テクノロジーズ(東京都中央区)は、5月10日、テレワークスペースの運用代行丸投げサービス「テレスペ丸投げ」を発表した。空きスペースなどの物件を用意するだけで、誰でも副業でテレワークスペース運営が可能になる。(2021/5/11)

【漫画】実在する面白バイトに夢が広がるギャルとJK 「パズル組み立て代行」「告白代行」……って頼んだ人は満足なの?
いろんな需要があるんだなあ。(2021/4/28)

半径300メートルのIT:
「SMS認証」の穴を突く“代行サービス”が流行中 問われる利用者のITリテラシー
本人確認の手段として近年採用が進む「SMS認証」ですが、この穴を突く“代行サービス”が流行しています。トラストを前提としたこの認証方法では、利用者のITリテラシーが大きく影響します。私たちは基本的な対策として何から始めればよいのでしょうか。(2021/4/27)

コロナで課題の「なりすまし受験」 AIで防止するWeb学力検査が登場
コロナ禍で企業の採用活動もオンラインにシフトしているが、オンラインならではの問題も生じている。基礎能力を測るために行う学力検査がそうだ。検査を知人や代行業者が代わりに受験する「なりすまし受験」が問題になりつつある。(2021/4/21)

FBI、「Exchange Server」攻撃を受けた未対策サーバのWebシェル削除を“代行”
米司法省は、1月ごろから拡散している「Microsoft Exchange Server」の脆弱性を悪用する大規模な攻撃で悪意あるWebシェルを仕込まれ、自ら対処できていない米国内の数百のサーバからリモートでWebシェルを削除したと発表した。(2021/4/14)

なぜ2年で100を超える業務自動化に成功したのか?
コロナ禍でも事業は拡大できる 社労士事務所のAI-OCR・RPAによるDX奮闘記
中小企業の業務はデジタル化が進んでいない。中小企業の行政手続きを代行する社労士事務所もアナログ業務から脱却できずにいた。悪循環を断ち切り、業務のDXに成功した社労士法人が存在する。同社はいかにしてデジタル化を成し遂げたのか。(2021/3/24)

家事代行ベアーズがJR東日本と連携 沿線子育て世帯の需要を狙う
ベアーズは、JR東日本グループと連携し、沿線に住む子育て世帯の暮らしを手助けするサービスを始める。同社は首都圏を中心とした駅型保育園の開設や親子イベントなど幅広く取り組んでいる。JR東日本グループの子育て支援事業と連携し、地域の人々の快適性や利便性を高め、豊かな暮らしの実現を目指していく。(2021/3/22)

組み込み採用事例:
スーパーの棚チェック代替AIロボットに自律移動走行制御システムが採用
村田機械の自律移動走行制御システム「It's Navi」が、日本ユニシスのAIロボットサービス「RASFOR」向け自律走行ロボットに採用された。狭い通路でも商品棚と一定距離を保って走行し、夜間閉店後の店舗内で棚チェック業務を代行できる。(2021/3/8)

お風呂掃除もサブスク 家事代行のベアーズが「一生汚くならないお風呂サブスクリプション」スタート
今後、サブスクリプションサービスの拡充を予定。(2021/2/26)

待ち時間は60分から12分に:
沖縄の長年の課題「飲酒運転撲滅」と「運転代行業の適正化」 劇的に改善しそうな新サービスとは
Alpaca.Lab(アルパカラボ)が琉球大学と連携して開発した運転代行配車アプリ「AIRCLE(エアクル)」が、2020年8月のリリースから現在までにダウンロード数が1万弱に迫るなど、コロナ禍においても着実に利用者を増やしている。(2021/2/16)

家事代行サービスに関する調査 直近1年間の利用者は5%
家事代行サービスを利用した人について調査したところ、直近1年間に利用した人は5%となった。そのうち、「定期的に利用」しているのは約66%で、「スポット・単発利用のみ」は3割に満たなかった。(2021/2/10)

取り扱う商品のカテゴリー拡大を狙う:
「ミカヅキモモコ」の一部店舗が運営を継続 アパレルの在庫処分を手掛ける「shoichi」が譲受
300円均一ショップ「ミカヅキモモコ」運営会社が破産開始手続きを開始した。大阪で在庫処分代行業を手掛けるshoichiは一部店舗を譲受すると発表した。(2021/2/9)

本のウーバーイーツ!? 注文から最短45分で届けるサービス、丸善ジュンク堂が開始
丸善ジュンク堂書店は、通販サイト「honto」で本を注文すると、配達員が指定場所に最短45分で届ける「本の買い物代行サービス」を都心で本格スタートした。商品代金に加えて、配送料が550円かかる。(2021/2/3)

都内3店舗からスタート:
書店から自宅やオフィスに本をお届け 丸善ジュンク堂書店が新サービス
丸善ジュンク堂書店が自宅やオフィスに本を届けるサービスを開始する。宅配代行サービスを運営するエニキャリと組んだ。都内の3店舗から実施する。(2021/2/2)

佃・月島エリア:
「ローソン」や「松屋」の商品をロボットが配送 ENEOSなどが自動デリバリー実験開始
ENEOSホールディングスとロボット開発のZMP、宅配代行サービスのエニキャリは、東京都中央区の佃・月島エリアで、自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を開始すると発表した。実施期間は2月8〜26日で、複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーするという。(2021/1/28)

中小企業にテレワーク環境を導入、運用代行も シスコとDISがパッケージを提供開始
ダイワボウ情報システム(DIS)とシスコシステムズは、中堅中小企業向けに「iPad × Cisco Meraki楽々テレワークパッケージ」を提供開始する。テレワークに必要なデバイスやWeb会議システム、リモートアクセス環境と併せ、導入支援/運用管理代行までトータルで支援する。(2021/1/22)

出前館、加盟店向けの配達手数料を値下げ 商品代金の30%→25%に 21年1月から
出前館が、料理の配達を代行する際に加盟店に課す手数料を値下げすると発表。これまでは商品代金の30%受け取っていた、2021年1月1日から25%に変更する。(2020/12/25)

ドコモらがクラウド型の「AI電話サービス」を提供開始 AIが電話業務を代行
NTTドコモとNTTデータは、ドコモのAI対話技術を活用した「AI電話サービス」の提供を開始した。RPAとの連携で、PC操作も含めた電話応対業務全体を自動化できる。サービスの予約や申し込みの自動受け付け、問い合わせへの自動応対、高齢者の見守り電話など、幅広い用途に対応できる。(2020/12/11)

ドコモ、会話で予約や問い合わせできるAI電話サービス RPAとの連携も
NTTドコモは12月10日から、AIが電話対応業務を代行する「AI電話サービス」を法人向けに提供する。予約や問い合わせ、会社の代表電話対応などをAIが代行する。選択肢からプッシュボタンを押してメニューを選ぶ従来の電話応答ではなく、AIと音声で会話しながら対応が進む。予約の場合など、AIから確認の電話をかけることも可能だ。(2020/12/10)

フリマ商品の保管・発送を代行「あとよろメルカリ便」正式スタート
「メルカリ」に出品した商品を提携倉庫に送れば、売れるまでの保管と、売れた後の梱包・発送を代行してもらえるサービス「あとよろメルカリ便」が正式にスタートする。(2020/12/7)

「ラクマ」が出品代行に対応 価格設定、撮影、出品、発送を丸ごと“外注”
楽天が「ラクマ」で、出品代行サービス「ラクまるっと」を開始。ユーザーが指定の集荷センターに商品を送ると、代行業者が査定して価格を決め、写真を撮って出品する。(2020/10/29)

定型作業を代行:
“RPAのサブスク”、パーソルが開始 月額5万円から
パーソルテンプスタッフは10月27日、定型業務を自動化するRPAのサブスクリプションサービス「Robot+(ロボプラ)」の提供を始めた。請求書の処理や営業レポート作成などの業務を効率化したい企業に対し、RPAを用いた業務代行を行う。料金は1ロボ(1日4時間かつ1カ月80時間以内の作業)月額5万円から。(2020/10/27)

ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え
自分の銀行口座からいつの間にか預金が引き出されてしまうという、金融セキュリティの根幹を揺るがした「ドコモ口座事件」。「口座振替という“裏口”ではなく、セキュリティが高い表玄関を利用すべきだった。ネットバンキングや銀行API接続の中で、電子マネーチャージをうながしていくべきだった」。そう話すのは、電子決済等代行事業者協会の代表理事であり、マネーフォワードの取締役を務める瀧俊雄氏だ。(2020/10/27)

特別定額給付金の詐欺メール、また出回る 今度は「申請手続き代行始めました」
特別定額給付金の通知を装う新たな詐欺メールを確認したとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。10月15日に「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」という件名の偽メールを確認していたが、別の文面を使ったメールが出回っているという。(2020/10/19)

フィンランド発の飲食宅配代行「Wolt」、東京でサービス開始 地域密着型と手厚いサポートで他社と差別化
フィンランド発の飲食宅配代行サービス「Wolt」の日本事業を運営するWolt Japanが10月22日から渋谷や新宿、港など都内6区でサービスを開始すると発表した。Woltは3月に日本初上陸。今後、同社は100億円を投資し、ユーザー獲得を強化する。(2020/10/16)

ケンタッキーでテイクアウト用「ピックアップロッカー」試験導入 ネットで注文して非接触で受け取れる
配達代行サービスでも利用可能。(2020/10/13)

口座悪用防止やペーパレス化を支援:
金融機関の本人確認を代行 LINE Payが2021年にサービス開始へ
LINE Payは、銀行口座保有者の本人確認を「LINE」で可能にするサービスを提供する。金融機関の継続的な顧客管理を目的とする。今後は、金融以外の領域におけるさまざまな認証や簡単な申請、来店予約などに応用する。(2020/10/7)

オンライン即売会「pictSQUARE」、スパム送信疑惑を否定 SMS送信代行会社の番号が誤解の種に
pictSQUAREが認証コードの送信に利用していたSMS送信代行会社が、スパム業者にも使われていたことから誤解が生じていました。(2020/8/18)

ジモティー、中古家具の個人間取引に配送代行サービスを追加 大型商品にも対応、5kmまで500円から
地域情報サイト「ジモティー」で配送代行サービスの実証実験が始まる。大型の家具や家電などを対象に、集荷地点と届け先の距離が20kmまでの配送に対応する。料金は5kmまで500円(税込)から。(2020/8/17)

「VR墓参り」サービス開始 スタッフが360度カメラで墓を撮影、お供えやお線香も代行
コロナ禍で行きたくても行けない人のために。(2020/7/21)

「毛髪転売などのトラブルでサロン経由のヘアドネーション停止に」投稿拡散 NPO「トラブルが原因ではない」
サロンの負担、ドナーの不安解消のため送付代行は停止に。(2020/6/30)

公取も動いた銀行APIの今後 神田潤一氏に聞く
いったんの節目を迎えた銀行オープンAPI。しかし4月に公正取引委員会は「取引上の地位が優越する銀行が、契約の見直しを行い、電子決済等代行事業者に正常な商慣行に照らして不当に不利益を与える場合には、独占禁止法上問題となるおそれ」というレポートを発表した。銀行APIの今後はどうなるのか?(2020/6/24)

自称“0.2発屋芸人”ですよ。の最近は謝罪代行が大人気! 全力の「あ〜いとぅいまて〜ん」にTwitterで依頼殺到
座右の銘は「さんずの川まで、あ〜いとぅいまて〜ん」だというですよ。さんを取材しましたYO!(2020/7/5)

日本IBM、金融業界のデジタル化に照準 認証・口座振替など共通APIを提供 金融機関向けクラウドやマネージドサービスも
日本IBMが、金融業界のデジタル化の支援に注力する方針を発表。認証、届け出の処理、口座の照会・振替などに対応したAPIをクラウド経由で提供するサービスを始めた。クラウドの運用を代行するマネージドサービスや、金融機関に特化したクラウドサービスの提供も行う予定。(2020/6/17)

「半世紀分の知見を集約」 富士通、IT基盤の構築サービスを本格化 ハイブリッド/マルチクラウドに対応 売上1兆円目指す
富士通がITインフラの構築・運用サービスを本格化。今夏から新サービス「FUJITSU Hybrid IT Service」を提供する。同社の製品群などから、顧客の要件に適したものを選定・構築する他、ITインフラの運用を代行するマネージドサービスも提供。2022年度に同サービスで売上高1兆円を目指す。(2020/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。