ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経費」に関する情報が集まったページです。

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

東急グループ、経費管理をペーパーレス化 年10万時間の業務削減目指す コンカーの経費精算クラウド導入
東急グループが経費管理の効率化に向け、コンカーのクラウドサービスを採用。一般社員による経費精算では年4万8000時間、管理職や出張手配なども行う経理部門では年5万2000時間の業務削減を目指す。(2020/12/23)

経費精算システム導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/12/17)

「経費精算システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/7)

18駅を廃止、18駅を自治体管理に JR北海道、2021年春ダイヤ改正で約6.2億円の経費削減を狙う 普通・特急の本数カットも
経費削減を狙う春のダイヤ改正案が発表されました。(2020/12/10)

「うまくなじめない……」:
「オフィス縮小」即断、電話や掃除もオンライン化──“用意周到”だった企業が直面した盲点
人材系ベンチャーのLAPRASが、11月にオフィスを縮小移転した。これからはリモートワークをメインとし、「オフィスはおまけ」の位置付けだ。また、経費精算から電話まで業務に関わるあらゆるものをオンライン化している。その方向性は緊急事態宣言下の5月には決まっていたという。決断のスピードを支えたのは社員の役割が明確化されている組織体制や、ITツールに強い社員たち。しかし、課題がなかったわけではない。コミュニケーション量の低下による一体感が損なわれる事態も経験した。それらを乗り越えて、LAPRASが確立した新しいオフィスや総務の在り方とは。(2020/11/30)

IoT&5Gソリューション展:
通信基地の鉛蓄電池を遠隔監視、保守経費の削減につながるIoTソリューション
アドテックは2020年11月、通信基地局などで使われる鉛蓄電池用のセンシングデバイスと、それを用いて開発を進めているバッテリーの遠隔モニタリング用IoTソリューションを展示した。鉛蓄電池の内部温度や電圧などを測定し、遠隔地のPCから電池の稼働状況などを把握できるようにする。(2020/11/12)

経費精算システム導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/11/17)

アフターコロナはキャッシュレスが新常識?
立て替えは一切不要、“アナログ経費精算”をペーパーレス化する方法
コロナ禍以前も、紙を使用する経費精算業務は課題だと考えられてきた。テレワークが推奨される時勢で「はんこ出社」と同じくこれまでの課題が顕在化したのが「経費精算出社」だろう。今見直したい、経費精算効率化の手法を紹介する。(2020/11/18)

交通費も自動取込して精算 NTTコム、モバイルSuica連動の経費精算サービス「SmartGo Staple」開始
NTTコミュニケーションズは、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、紐付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。(2020/9/30)

慶應大、経費管理のペーパーレス化を推進 コンカーの経費精算クラウド導入
慶應大が、コンカーの経費精算用クラウドサービスの採用を決定。段階的に導入を進め、2021年12月に完了する予定。経費精算や請求書処理の効率化を目指す。(2020/9/25)

サイバー戦の精鋭隊員養成 防衛省、予算概算要求に経費計上 
防衛省が来年度末、サイバー防衛でトップガンと呼ばれるような高度な技術を持つ隊員を養成する教育専門部隊を自衛隊に新設することが分かった。(2020/9/23)

三井住友カードとコンカーが業務提携 デジタル経費精算で連携
三井住友カード(東京都港区)と経費精算SaaSなどを提供するコンカー(東京都中央区)は9月8日、戦略的業務提携を発表した。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する。(2020/9/8)

モビリティサービス:
過疎地の移動手段確保にも、国交省が地域課題解決に貢献するMaaS事業を支援
国土交通省は2020年7月31日、「日本版MaaS(Mobility as a Service)推進・支援事業」として、地域課題の解決に貢献し得るMaaS事業として38事業を選定したと発表。該当する事業に対しては、事業化に向けた実証実験を実施した際に、その経費の一部が補助金として交付される。(2020/8/12)

ソフトバンクグループ、400億円の申告漏れ 「経費の計上時期がずれたため」
ソフトバンクグループが、東京国税局から400億円の申告漏れを指摘されていたことを明らかにした。申告漏れの原因は経費の計上タイミングずれで、修正済みという。(2020/8/4)

三鷹市、請求書のペーパーレス化を実験 コンカーの経費精算クラウドなど使用
東京都三鷹市が、請求書のペーパーレス化に向けた実証実験を実施。請求書の管理や処理などの業務をオンラインに移行し、会計担当者の負担軽減を目指す。コンカーとインフォマートが協力し、経費精算ツールを提供する。(2020/7/30)

PayPay、LINE Payと提携し紙の領収書を不要に 経費精算クラウドのコンカーは何を目指すのか?
経費精算クラウドサービスのコンカーは、経費精算を楽にするのではなく「なくしてしまう」ことを目指すと話す。そのためのステップの1つが、各種キャッシュレス決済システムとの連携だ。今回、PayPay、LINE Payと提携し、紙の領収書を不要にする第一歩を踏み出した。(2020/5/20)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

経費精算をLINE Payで可能に マネーフォワードに狙いを聞く
企業の経費精算クラウドサービスを提供するマネーフォワードが、従業員の立替経費の精算金を、銀行振り込みの代わりに電子マネーで送金できるサービスの提供を始める。企業側にとっては、振り込み手数料を削減でき、従業員側には精算の頻度が増すメリットがある。(2020/3/27)

製造ITニュース:
食品製造業向け原価管理ソリューションで、レシピや経費情報を取り込み可能に
富士通九州システムズは、食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」の機能を強化した。外部システムとの連携が可能になり、レシピ情報、生産実績情報、経費情報の取り込みができるようになった。(2020/3/26)

東京都、テレワーク導入の中小企業に助成金 新型コロナ対策、上限は250万円
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都が中小企業を対象に、テレワーク導入の経費を助成する。上限は250万円で、5月12日まで申請を受け付ける。(2020/3/6)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(1):
元国税専門官が明かす確定申告の極意 「『領収書』と『レシート』もらうべきはどっち?」
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。初回は「領収書」と「レシート」のどちらがいいのかについて。フリーランスや個人事業主の多くが迷う、「必要経費」の問題を、証拠書類の観点から解説する。(2020/2/22)

経費精算・管理クラウド「Concur Expense」が「PayPay」と連携 直接の経費精算が可能に
コンカーの経費精算・管理クラウドサービス「Concur Expense」が、4月をめどに「PayPay」と連携できる機能を追加する。PayPayアプリ上から決済データをConcur Expenseに直接転送し、そのまま経費精算を行えるようになった。(2020/1/29)

PayPayで会社の経費精算が可能に 経費管理クラウドサービスのコンカーと連携
経費管理のクラウドサービスを手掛けるコンカー日本法人が、スマートフォン決済アプリ「PayPay」との連携を4月に始めると発表。PayPayの決済データがクラウドへ転送され、経費データを手入力しなくても経費精算が可能になる。(2020/1/29)

製品の機能比較では見えてこない?
情シス視点で考える、経費精算システムに必要な6つの条件
経費精算業務を効率化したい企業の選択肢となる、クラウド型経費精算システムの採用。だが、効率化を目的として導入したのに月末にまとめて処理をする悪弊から抜け出せなかったり、外部サービスとの連携で苦労したりするケースがある。(2020/1/31)

笑顔で月末を乗り切るために
マンガで解説:これで月末も安心 「ルール違反の経費申請」を一掃するには
「ここにも間違いがある……」。毎月、月末になると経理部門は経費申請の入力漏れやミスの確認に追われる。申請者に訂正を依頼してもなかなか返事が来ないこともしばしばだ。こうした状況を打開する解決策とは。(2020/1/17)

ERP連携のAI-OCRで経理精算を効率化 SCSKが提供開始
SCSKは、自社のERP「ProActive」とAI-OCRを組み合わせた「ProActive AI-OCRソリューション」の提供を開始した。スマホで撮影した領収書の「日付」「金額」「支払先」などを高精度に読み取ってデータ化し、経理システムに転記する。経費精算業務の負荷低減と生産性向上を支援する。(2019/12/4)

「経費精算システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で20名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/11/6)

東京五輪のマラソン・競歩、札幌市で開催決定
会場の変更によって生じる新たな経費は東京都に負担させないとのこと。(2019/11/1)

日本人の半数以上が「出張後」にストレス 予約の個人手配や経費精算が原因か
昔のままの社内制度が多いのかも。(2019/11/1)

経費精算ソフトの成長が著しい:
2023年度には1兆7550億円に拡大 富士キメラ総研が国内ソフトウェア市場調査
富士キメラ総研は、国内ソフトウェア市場の調査結果をまとめた。2019年度の市場規模は1兆3961億円の見込みで、2023年度には1兆7550億円に拡大すると予測する。中でも経費精算ソフトの成長が著しく、2023年度の市場規模は、2018年度比3倍に拡大する見込みだ。(2019/10/28)

くしゃくしゃな領収書も、透かし文字も正しくテキスト化:
PR:経費精算業務が働き方改革の命運を握る――RPA×AIで3時間の重作業をどこまで短縮できたか
UiPathとファーストアカウンティングが、経費精算業務の自動化ソリューションを打ち出した。RPAと、くしゃくしゃの領収書も読み取れるという高度なAI OCRが組み合わさることで、経費申請のシーンや経理担当者の業務をどれほど変えられるのか。(2019/10/28)

法人キャッシュレスで「働き方改革」 法人プリカ「Stapleカード」で何が変わるのか
キャッシュレス化が遅れているのが法人の決済、特に従業員の経費精算だ。Fintech企業のクラウドキャストは、Kyash Directの仕組みを使い、法人向けのプリペイドカード「Stapleカード」を提供する。経費精算サービスと組み合わせ、非効率な法人の経費精算を効率化する。(2019/10/4)

決済プラットフォーム「Kyash Direct」開始 法人Visaカードが短期間で発行可能に
Kyashは、10月4日に法人Visaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供開始。まずは経費精算サービス一体型法人プリペイドカード「Stapleカード」を発行する。(2019/10/4)

「Amazon Forecast」が正式リリース 過去の時系列データを与えるだけで機械学習による予測をしてくれる、専門知識不要のサービス
AWSが「Amazon Forecast」を正式リリースした。履歴データなどをもとに時系列予測を行ってくれるサービス。売上、利益、経費などのビジネス指標などさまざまな分野に対応可能だとしている。(2019/9/6)

マウス、法人向け「買い替え応援キャンペーン」を開催 9月19日まで
マウスコンピューターは、消耗品費で経費処理できる10万円未満のPCを用意した「買い替え応援キャンペーン」を開始した。(2019/8/29)

年間数千件の海外出張、手配と経費精算を効率化へ――国際協力機構、コンカーの出張・経費管理クラウド活用で実証実験
国際協力機構(JICA)は、出張・経費管理業務の効率化とコスト削減に向けた実証実験を開始。コンカーの出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入し、海外出張の手配から経費精算までの効率化と経費削減を図る。(2019/8/13)

中小企業向け、出張手配から経費精算まで統合型のクラウドサービスをコンカーが開始
経費精算クラウドサービス「Concur Expense Standard」を、ボーダーの「BORDER」や、エボラブルアジアの「エアトリBTM」、リクルートライフスタイルの「じゃらんコーポレートサービス」と連携させる。出張の予約手配や経費精算時の手入力をなくし、間違いや不正を防ぐ。(2019/8/1)

BAS:
AIでビル設備を最適化するクラウドプラットフォーム「JEM2.0」、テナントへの課金機能も
ジョンソンコントロールズ インターナショナルは、クラウドベースのビル設備データ解析プラットフォーム「JEM2.0」を発表した。JEM2.0は、エネルギー、資産、利用者、テナントなど、あらゆるビルにまつわるデータを一元的に管理するシステム。ビルに関するエネルギーや室内環境、光熱費などのあらゆるデータをAIで予測分析し、経費削減やオペレーションの効率化につなげる。(2019/6/12)

「今どきモバイルに対応していないなんて」
「働き方改革の足を引っ張る経費精算システム」はいらない
働き方改革の機運は高まっているが、意外なことに経費精算システムがネックになっていることがあるという。外出先から申請や承認ができないシステムがあるためだ。だがむやみにシステムを刷新しても利便性やセキュリティなど懸念点は多い。(2019/6/12)

「経費を自腹で払ったことがある」会社員の6割以上 「経理担当が不機嫌で渡しづらい」といった声も
理由はいろいろですが……。(2019/5/22)

自治体や大学のペーパーレス化を後押し クラウド経費精算のコンカー、公共機関にサービスを無償提供
コンカーが、経費管理の効率化やペーパーレス化を進めたい国内の公共機関を対象に、同社サービスを無償提供する。先着10団体。(2019/4/19)

DMS2019:
PC-9801で制御する古い生産設備のソフトをバックアップ、経費で落とせる価格帯で
Zion(ザイオン)は、「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS2019)」において、工場などで長年稼働してきた生産設備を制御するNECの「PC/FC-9800シリーズ」のエミュレータとなる「Neo」と「Neo Lite」、フロッピーディスクなどレガシーメディアのデータをバックアップするサービス「Link」などを展示した。(2019/2/19)

UiPathForward Japan2019:
石原伸晃議員、ロボットを作っていた――「3時間のRPA猛特訓」で経費精算を自動化と明かす
RPAソリューションを手掛けるUiPath(ユーアイパス)のイベントに石原伸晃自由民主党衆議院議員が登壇し、自ら同社に出向いて経費を処理するロボットを作った経験を明かした。(2019/1/31)

2万時間の削減を目指す:
紙の帳票にシステム入力……多重業務だった経費精算を自動化したアサヒグループ 目指す“新たな出張のかたち”とは?
アサヒグループでは、交通費の入力、伝票の提出など、業務の工数が多い経費精算業務を自動化しようとしている。予算をゼロから見直す「ゼロベース予算」の取り組みから始まった自動化は、どれほどの効果を生もうとしているのか。(2018/12/7)

「捜査の関係」で詳細は見えず:
ゴーン氏逮捕の日産、西川社長が緊急会見 不正の要因は「1人に権力が集中しすぎた」
日産自動車のカルロス・ゴーン会長が11月19日逮捕された。報酬を過少申告していたほか、社内経費・投資資金を不正流用していたという。同社の西川廣人社長が会見を開き、事態の一部と今後の動向を明らかにした。(2018/11/19)

コミケ、2019年開催のC96・97を有料化 4日間2会場で経費増
有料のリストバンドによる参加者の識別を予定しています。(2018/11/6)

77%が「レビューは有益」、93%が「レビューしてもよい」:
PR:「SIerに丸投げ」にできない時代、ビジネス向けITレビューサイトが企業ITにおける製品選択になくてはならない理由
SaaSを中心としたクラウドサービスが企業で広く用いられるようになった。10年ほど前から営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)、経費精算、請求書管理などの分野でSaaSの提供が始まり、今では基幹システムを含めてありとあらゆるサービスがクラウド上で提供されるようになった。営業支援一つとっても数え切れないサービスが存在する。選択肢が増えるのはいい。だが、自社に合った製品やサービスをどう見つければいいのか。そのような中、米国で急速に人気を集めているのがビジネス向けITレビューサイトだ。(2018/10/15)

PCモニターとビジネスチャットが必須か:
経費精算や勤怠管理の導入進む、IDCが働き方改革関連ツールを調査
IDC Japanは、働き方改革関連ツールの利用動向に関する調査結果を発表した。今後も使用したいツールではノートPCに接続するモニターがトップ。テレワークの企業導入率は上がっているものの、実際の利用率は低い。(2018/7/27)

三菱電機、タブレットPC導入で全従業員にモバイル環境を配備 ペーパーレス化と遠隔会議で業務効率化
三菱電機は、タブレットPC約2万台を導入し、全従業員が持ち運び可能なデバイスを所有するモバイル環境を整備する。会議のペーパーレス化や遠隔会議を推進し、1人当たり月7時間程度の業務効率化を図るとともに、印刷費や出張費などの経費削減を見込む。(2018/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。