ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材サービス」に関する情報が集まったページです。

60歳以上の転職者が希望する年収 2位は「500〜599万円」、1位は?
エン・ジャパンは、人材紹介サービスの転職コンサルタントを対象に「ミドルの就業継続意向」について調査を行った。60歳以上の転職希望者が希望する年収帯で最も比率が高かったのは「600〜699万円」だった。(2024/2/2)

導入事例:
デジタルツール活用で橋梁補修工事を効率化、作業時間を1時間以上短縮
建設に特化した人材派遣業のワールドコーポレーションは、デジタルツールの活用支援を通じた建設現場の生産性向上に取り組んでいる。今回、構造物のメンテナンスを手掛けるショーボンド建設とともに、施工管理システムによる橋梁補修工事現場の作業効率化に取り組み、1工種に対して作業員1人分と作業時間約1時間を削減した。(2024/2/1)

建設業の人材動向レポート(52):
「手持ち工事高は豊富も、受注工事は減少。中長期で伸び悩む懸念」建設市場を独自調査
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、2022年度と2023年度上半期の出来高と手持ち工事高の状況から、建設市場の動向を探った。(2024/1/11)

世界109カ国のITエンジニア数は2680.5万人 増加数2位は「米国」、1位は?
総合人材サービス会社のヒューマンリソシアは、2023年版の「データで見る世界のITエンジニアレポート」を発表した。(2023/12/31)

人材派遣業界が「人手不足」に直面 倒産が増加し、2015年以降最悪に
人材派遣業界が、人手不足による人件費高騰に直面している。倒産もハイペースで増加中だ。(2023/12/15)

新卒「3年以内に転職」が約2割 その理由は?
新卒入社後、3年以内に転職した人は約2割──総合人材サービスのマンパワーグループがこんな調査結果を発表した。(2023/12/2)

建設業の人材動向レポート(51):
建設業の転職動向「転職による全入職者は減少も、20代は大幅増」【独自調査】
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省「雇用動向調査」をもとに、建設業の転職市場を調査した。(2023/11/8)

使いこなす:
就活に「生成AIを利用した」3割 志望動機の作成も
就活において、新卒の3割がChat GPTなどのAIツールを利用している――そんな結果が、人材紹介事業のUZUZ(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/11/7)

新社会人が「給与」以外で重視したこと 「福利厚生」超えた1位は?
現在、社会人1〜3年目の若手は、企業に応募する際にどのような項目を重視したのだろうか。総合人材サービスのマンパワーグループ(東京都港区)は男女400人の新社会人を対象に調査を実施。「給与」以外で上位に挙がったのは、どのような項目なのか。(2023/10/13)

2024年問題:
ヒューマンリソシアが考察「建設業界の2030年未来予測」 建設業を悩ます技術者確保やRPA/AI活用も伝授
少子高齢化や働き方改革など、建設業界には解決しなければならない問題が山積している。2024年には残業規制も適用されるなど懸念点は多く、解決までの時間は限られている。そうした中で関係各社が最も頭を悩ませているのが、人材確保に関する悩みだ。技術者の減少が深刻化する中で、建設業界向けの転職支援を手掛けるヒューマンリソシアが、業界の未来予測や企業が取るべき採用アプローチをレクチャーする。(2023/10/6)

建設業の人材動向レポート(50):
【独自調査】平均年収は増加傾向で全産業平均を上回るも、男女間の格差は広がる
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、建設業で就業している正社員の給与動向と推移についてリサーチした。(2023/9/14)

2024年問題:
「建設業の2024年問題」で派遣需要が急増、コプロ・エンジニアードが2100人超を採用 未経験から建設DX人財を育成
建設やプラントの分野で人材派遣サービスを提供するコプロ・エンジニアードは、未経験者の採用拡大と建設DX人材の育成強化で、2024年問題に伴い派遣需要の急増が見込まれる建設業のニーズに応えていく方針を打ち出した。(2023/8/28)

建設業の人材動向レポート(49):
【独自分析】「有効求人倍率は上昇傾向、人材不足感は高止まり」建設技術者/建設技能工の人材需給動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、建設技術者と建設技能工の人材需給動向をリサーチした。(2023/7/7)

年収1000万円以上が思う「プロ」の条件 2位「仕事を成果で考える」、1位は?
人材サービス事業を展開するみらいワークス(東京都港区)は、年収1000万円以上のビジネスパーソンを対象にビジネスのプロに関する調査を実施した。(2023/5/25)

転職希望者211人に調査:
年収1000万プレイヤーがキャリアのためにやっていること 2位「キャリアSNSの登録」、1位は?
ハイクラス転職支援を行うクライス&カンパニー(東京都港区)は、平均年収1014万円、平均年齢35歳の転職希望者211人を対象に「志あるハイクラス人材のキャリア意識調査」を実施した。(2023/5/25)

エン転職調べ:
1万人に聞く、残業時間が増加している業界 「商社」「マスコミ」を抑えた1位は?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは、「残業についてのアンケート」を実施した。(2023/5/19)

Netskope Japan株式会社 提供Webキャスト
個人情報を扱う環境でのセキュアなクラウド利用、パーソルキャリアの実現法は?
転職サイトdoda(デューダ)をはじめ、さまざまな人材サービスを提供するパーソルキャリア。個人情報を取り扱う企業として、クラウド利用をセキュアにする必要があった同社は、どのような取り組みを行ったのか。詳細を解説する。(2023/5/16)

361社に調査:
新卒採用でも強まる”ジョブ型雇用” 配属先はいつ決まる?
人材サービス事業を展開するヒューマネージ(東京都千代田区)は、新卒採用における職種別採用に関する調査を実施した。新卒採用で職種別採用を実施する企業は60.6%だった。(2023/5/15)

社会人エンジニア300人に聞いた:
習得したいプログラミング言語 3位「JavaScript」、2位「Java」、1位は?
ITエンジニアの転職支援エージェントを提供するレバテック(東京都渋谷区)は、社会人エンジニア300人を対象に「プログラミング言語・開発環境」に関する調査を実施した。(2023/5/12)

建設業の人材動向レポート(48):
【独自分析】「建設業の平均給与は541万円、全産業平均を上回る」建設業の給与動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、建設業における給与動向の2022年の実績と過去5年間の推移をまとめた。(2023/4/26)

ITとジェンダーギャップ:
IT業の女性割合が高い国、47カ国中1位は「台湾」 日本は何位?
総合人材サービスを手掛けるヒューマンリソシア(東京都新宿区)は、IT分野におけるジェンダーギャップに関するグローバル調査を実施した。(2023/4/6)

転職コンサルタント126人に聞く:
「転職すべきでない人」ってどんな人? 「現職の待遇が良い」を上回る1位は
転職を希望していても、「現職にとどまるべき人」はどれほどいるのか? 人材紹介サービス「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、同サービスを利用する転職コンサルタントに「転職すべき人・現職にとどまるべき人」についてアンケートを実施した。その結果、転職コンサルタントの54%が「面談した3人に1人は現職にとどまるべき人」と回答した。(2023/3/30)

建設業の人材動向レポート(47):
【独自分析】「建設技術者は増加も高齢化は深刻」国勢調査にみる建設技術者/技能工の動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、2022年末に公表された国勢調査の集計結果をもとに、建設技術者/建設技能工の動向を分析していく。(2023/3/8)

最短20秒で完成?:
「ChatGPT」で職務経歴書を自動作成 エンジニア転職支援の新サービス
転職サービスなどを手掛けるファインディが、職務経歴書の自動作成サービスをリリースした。(2023/3/7)

300人に聞いた:
女性エンジニアが転職先に求めること 3位「ワークライフバランス」、2位「リモートワーク」、1位は?
人材紹介事業のレバテック(東京都渋谷区)は、女性エンジニア300人を対象に、転職意識について調査した。現在転職活動中、または転職を検討中と回答したのは4割に上った。また、女性エンジニアの7割以上が「家庭と仕事を両立し、働き続けたい」と回答した。(2023/3/1)

既卒・第二新卒700人に聞いた:
「ゆるい職場」Z世代の6割が希望 「仕事よりプライベート」「やりがいより働きやすさ」……その他の理由は?
Z世代の6割が、仕事の負荷が少ない「ゆるい職場」で働きたいと思っている――。そんな結果が、人材紹介事業のUZUZ(ウズウズ、東京都新宿区)の調査で分かった。理由としては、趣味やプライベートを重視する意見が多く挙がった。(2023/3/1)

ITエンジニア、男女の平均年収はいくら?
ITエンジニアのための転職支援プラットフォーム「Forkwell」を運営するgroovesは、「ITエンジニアの男女間賃金格差」を調査した。(2023/2/27)

ITエンジニア 女性の平均年収490万円、男女間賃金格差は?
 転職支援プラットフォーム「Forkwell(フォークウェル)」を運営するgrooves(東京都港区)は、「ITエンジニアの男女間賃金格差」の調査を実施し、結果を発表した。エンジニアの平均年収(全世代)は、男性600万円、女性490万円となり、男女間賃金格差は81.7ポイントだった。(2023/2/18)

建設業の人材動向レポート(46):
「2022年度建設投資見通し」からみる建設市場の動向、2022年度は伸び悩み政府の建設工事投資は大幅減
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、国土交通省の「2022年度建設投資見通し」をもとに、2022年度の建設市場を予測していく。(2022/12/19)

世界109カ国のIT技術者数ランキング 1位は米国、2位は中国 日本は何位? 人材紹介会社が調査
人材紹介事業などを手掛けるヒューマンリソシアは、世界109カ国のIT技術者数ランキングを発表した。各国の統計データなどを独自分析した。(2022/12/13)

人的資本経営に「取り組んでいる」企業は7割超 課題は?
総合人材サービスのパーソルホールディングス(東京都港区)が、人的資本経営(人材ポートフォリオ)に関する企業の取り組み実態調査を実施した。(2022/12/8)

リテール&ロジスティクス:
千葉県習志野市で延べ2万m2の物流施設が竣工し満床で稼働、東京建物
東京建物は、千葉県習志野市で開発を進める物流施設「T-LOGI習志野II」が2022年6月30日に竣工したことを公表した。T-LOGI習志野IIは、国内メーリングサービスや物流サービス、人材サービス会社大手のアドレス通商と信濃運輸が入居し、満床で稼働する。(2022/8/17)

ライズ・スクウェア調べ:
スキマ時間にできる「おすすめの副業」 経験者500人に聞いた1位は?
人材派遣業を展開するライズ・スクウェアが、本業の隙間時間に副業した経験がある500人を対象に「副業に関する調査」を実施した。(2022/8/9)

「中堅・中小企業は伴走型SIにおいて自社人材派遣も検討の価値あり」 ノークリサーチ調査【修正あり】
ノークリサーチは「伴走型SI/サービス」に関連する分析結果を発表した。同社は、販社/SIerとユーザー企業が「伴走型SI/サービス」で共創関係を築くには、従来とは異なる斬新な取り組みを検討すべきだとしている。(2022/7/5)

Webデザイナーら400人に聞いた平均年収 「満足している」は約4割 クリエイター専門人材紹介会社が調査
Web/グラフィック系クリエイターの平均年収はどれくらいか。クリエイター専門の人材紹介会社のユウクリはそのような調査結果を発表した。「正社員、契約社員」では「300〜400万円未満」と「400〜500万円未満」で、同率25.3%を占めた。(2022/6/27)

転職市場で平均年収が高いIT職種 2位は「セキュリティエンジニア」 1位は?
平均年収が最も高いIT職種は?──パーソルキャリアが転職支援サービス「doda」の情報を基に実施した調査によれば、2位は「セキュリティエンジニア」、3位は「プリセールス」だった。1位の職種は。(2022/6/23)

外資または日系グローバル企業で働く人:
転職を考える理由ランキング、2位は「給与を上げたい」、1位は?
人材紹介会社エンワールド・ジャパンは、外資系企業または日系グローバル企業で働く人を対象に、「転職理由調査」を実施。その結果……。(2022/6/10)

1万420人に聞く:
退職を伝えるタイミング 未経験者と経験者で大きな違いあり
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、「退職を伝えるタイミング」についてアンケートを実施した。上司・同僚・部下の困った辞め方は、「退職日が急すぎる」(50%)が最多となった。(2022/5/23)

管理職など1000人に調査:
1on1、パフォーマンスが高い職場ほど実施多く パーソル調査で判明
仕事の目標達成度が高い組織ほど1on1の実施頻度が高く、低い組織ほど実施していない率が高い――。そんな実態が、総合人材サービスのパーソルホールディングスの調査で分かった。(2022/3/23)

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

10の予測:
デジタルマーケターの求人ニーズはなお高い ヘイズが2022年の転職市場におけるトレンドを発表
外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2022年の転職市場における10の求人トレンドを発表。(2021/12/23)

人事担当者300人に調査:
リモートワーク導入企業の4割超「人事評価の問題が発生」 どんな問題?
リモートワーク導入によって、新たな問題が発生・拡大した企業は47%――人材サービスを展開するビズリーチは、10月にビズリーチを利用する人事担当者316人を対象にアンケートを実施し、こうした結果が判明した。(2021/12/8)

PR:各社を悩ます再エネ業界の「人材問題」、最適な人材と出会う方法とは?
第6次エネルギー基本計画において、「最優先の原則」で取り組むこととなった再生可能エネルギー。いっそうの導入拡大が求められる再エネ業界だが、課題となりつつあるのが有能な人材の確保だ。再エネ業界の人材動向に詳しい、地球温暖化対策分野に特化した転職支援サービス(Beluga Career)を提供するLeaf Ring(リーフリング)に、人材視点で見る今後の再エネ業界の展望を聞いた。(2021/12/3)

55%は「3年以上」継続:
最も長く続けたバイト1位は「接客・販売」 続けられた理由は?
求人情報メディア・人材紹介サービスを運営するエン・ジャパンが、3049人を対象に「アルバイトの継続期間」に関するアンケートを実施した。(2021/10/21)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県相模原市で延べ約33万m2の多機能物流施設が竣工、日本GLP
日本GLPは、神奈川県相模原市で開発を進めていた物流施設「GLP ALFALINK 相模原1」と共用棟「リング」が竣工したことを公表した。共用棟を含むGLP ALFALINK 相模原1の延べ床面積は33万1348平方メートルで、施設内には人材派遣会社や物流機器のレンタル会社が入居している他、配送会社のターミナルも設置されるなど、従来の物流施設とは一線を画す企業が入居している。(2021/10/6)

人材派遣や教育は減収:
パソナの純利益11倍、21年5月期通期 BPOや再就職支援が好調
パソナグループが2021年5月期通期の連結業績を発表。純利益が前期比約11倍の67億円だった。人材派遣や研修などのサービスは減収だったが、BPOや再就職支援事業が好調だった。(2021/7/15)

写真SNS「Dispo」、日本で副業人材を募集 支社立ち上げに向け
写真SNS「Dispo」(iOS、無料)を運営する米Dispoは、副業人材の募集を人材サービス「YOUTRUST」で始めた。日本支社立ち上げに向けての施策といい、Z世代(1990年半ば以降生まれの若者)向けマーケティングの経験がある人材を募る。(2021/7/14)

情報共有が遅い:
コロナ禍の社内コミュニケーション 課題だと思う相手は?
人材紹介事業を展開するエイトシークエンスは、「コロナ禍の社内コミュニケーション課題に関する調査」の結果を発表した。課題だと感じるものの1位は……。(2021/7/7)

アパレル業界、ボーナスの平均は年60.7万円 コロナ禍でも増えた理由は?
2020年におけるアパレル・ファッション業界の「平均年間賞与額」は60.7万円で、前年から2.2万円増――。パーソルキャリアが昨年、自社の転職支援サービス「クリーデンス」に登録した人のデータを元に算出した結果で分かった。(2021/7/6)

クリーデンス調べ:
アパレル業界の転職理由 前年より増加した「会社都合」より多い理由は?
パーソルキャリアが運営するアパレル・ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が、アパレル・ファッション業界の「転職理由ランキング」を発表した。(2021/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。