ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「東京商工リサーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人手不足」関連の倒産が過去最多 「運輸業」「建設業」を抑え一番苦しんだ業界は……?
2023年度(23年4月〜24年3月)の「人手不足」関連による倒産は191件(前年度比141.7%増)と前年度の2.4倍に急増。2019年度の160件を大幅に上回り最多を更新したことが東京商工リサーチ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。「運輸業」「建設業」を抑え一番「人手不足」に苦しんだ業界とは。(2024/4/18)

エステサロンの倒産が過去最悪に 23年度は前年比1.7倍の95件が発生
コロナ禍の支援策により、20年度以降は倒産数が落ち着いていたが、23年度は大幅に増加した。(2024/4/12)

「パン屋」の倒産が急増、前年度の2倍で過去最多を更新 物価高も利益を圧迫
「パン屋」の倒産が急増している。東京商工リサーチの調査によると、2023年度の「パン製造小売」の倒産件数は37件で、前年度の約2倍に急増し、年度では過去最多を記録した。(2024/4/11)

ラーメン店の倒産が過去最悪に 値上げラッシュで「1000円の壁」が足かせ?
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/4/11)

新聞販売店の倒産が過去30年で最多に ネット広告へのシフトや人件費増加が原因
東京商工リサーチの調査で、23年度の新聞販売店の倒産は39件と前年度と比べ56.0%も増加し、過去30年間で最多を記録したことが分かった。(2024/4/9)

パン店の倒産過去最多 一方、出店が増えたのは?
「パンからおにぎりへ」と食のトレンドのシフトが顕著になっている。(2024/4/6)

「転職エージェントの倒産」が急増 人手不足なのに“4年で4倍”に、なぜ?
コロナ禍前の2019年と比べ、23年の転職エージェントの倒産数は4倍に跳ね上がりました。各社、人手不足を嘆いているのに、なぜなのでしょうか?(2024/4/4)

今さら聞けない「PPAP」のリスクと、今すぐできるセキュリティ対策
データ送信を巡り「PPAP」が一時期話題になったが、いまだ対策を講じていない企業は数多い。なぜPPAPが問題なのかとともに、今すぐとるべき対策を解説する。(2024/3/29)

「牛乳販売店」、今後は倒産ラッシュのリスクも 原乳価格の上昇も逆風
東京商工リサーチが調査結果を発表し、2023年は、過去最多だった2017年を超える休廃業・解散があったと分かった。(2024/3/25)

経産省も動き出した「書店危機」 10年で764社が倒産・休廃業
東京商工リサーチが書店運営会社を対象に実施した調査結果を発表し、ここ10年間で、764社が市場から退出したことが分かった。(2024/3/16)

「健康ブーム」なのに、フィットネスクラブの倒産が過去最悪なワケ
東京商工リサーチが調査結果を発表し、2023年度は2月までで過去最悪の件数となっていることが分かった。背景に何があるのか。(2024/3/14)

生ガキ5個4000円、1泊10万円超 高額な「インバウンド価格」続々
新型コロナウイルス禍の際に打撃を受けた国内観光地で飲食などの価格が高騰している。(2024/3/10)

「2024年問題」が迫る運送業者、業績は回復も23年の倒産・休廃業件数が過去最多に
東京商工リサーチの調査で、宅配を担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産と休廃業・解散の合計が過去最多の123件に達したことが分かった。(2024/3/2)

ブランドを傷付けないために知るべき、ダイナミックプライシング「9つのポイント」
消費者の価格に対する視線が厳しくなっている昨今、値下げしようにもなかなか取り組みにくい環境に企業が直面している。その中で注目を集めるのがダイナミックプライシングだ。今回の記事では、その注意点や効果を高めるための9つのポイントを解説する。(2024/2/28)

万博で世界へ羽ばたく「金の卵」探しが活発化 スタートアップ後押しも見え隠れする閉幕後の課題
2025年大阪・関西万博に向けて、万博のテーマと合致した健康・医療分野を中心に、スタートアップ(新興企業)や中小企業の参画を促す動きが活発化している。(2024/2/26)

「賃上げを予定している」企業は85.6%、2016年度以降で最高を更新
東京商工リサーチは「賃上げに関するアンケート」調査の結果を発表した。2024年度に賃上げを予定している企業は85.6%で、定期的な調査を開始した16年度以降の最高を更新したことが分かった。(2024/2/23)

調査レポート:
2024年の賃上げ予定企業、建設業では87.8%に 大企業と中小企業で実施率の差が拡大
東京商工リサーチによると、2024年度に賃上げを予定している企業は85%を超え、建設業では87.8%に達していることが分かった。一方で賃上げ率の中央値は前年度を下回り、建設業でも同1ポイント減の3%にとどまった。(2024/2/22)

「ゾンビ企業」が業界に悪影響、3社に1社が「感じる」 最も多い理由は?
不健全な経営にもかかわらず政府や銀行などの支援で延命する「ゾンビ企業」が市場に「悪影響を与えている」と、3社に1社が考えている。そんな結果が、東京商工リサーチが実施した調査で分かった。(2024/2/21)

学習塾の倒産件数、直近20年で最悪に コロナ関連も増加
東京商工リサーチが学習塾の倒産に関する調査結果を発表した。ニーズの変化にも直面する中で、特に中小・零細の学習塾は厳しい時代にあるようだ。(2024/2/20)

社長の平均年齢が過去最高の63.76歳、70代以上35%超える 高齢化トップは?
東京商工リサーチが19日までに発表した令和5年の全国社長の年齢調査によると、社長の平均年齢は63.76歳(前年63.02歳)となり、調査を開始した平成21年以降、過去最高となった。(2024/2/19)

脱毛サロンや貸衣装で話題の「前受金ビジネス」 業種別の依存度合いを東京商工リサーチが調査
東京商工リサーチが、前受金に関する調査結果を発表した。財務諸表に前受金を計上している企業の割合や、総負債に対する前受金の割合が高い業種が明らかになっている。(2024/2/19)

仲介の「トケマッチ」が突如解散 “高級品シェアリング”サービスに潜む罠
ロレックスなど高級時計の個人間の貸し借りを仲介するサービス「トケマッチ」を運営する「ネオリバース」が1月31日に解散すると突然発表し、SNSでは利用者から不安の声が上がっている。個人の保有資産を貸し借りするシェアリングも注目されているが、高級品には罠も潜んでいるようだ。(2024/2/10)

ラーメン店の倒産件数、09年以降で最悪に 23年は45件、最多の地域は?
東京商工リサーチがラーメン店の倒産を調査した結果を発表した。2023年は09年以降で最悪となる45件を記録した。(2024/1/30)

自動車部品メーカー、倒産件数が過去10年で最多 負債総額は100億円越え
2023年の自動車部品メーカーの倒産件数は35件で、前年の1.6倍に急増。そんな結果が、東京商工リサーチの調査で分かった。17年の30件を上回り、過去10年で最多を更新した。負債総額は100億8200万円だった。(2024/1/26)

産業動向:
能登半島地震、被災地企業は9.6万社超 建設業1.8万社以上に影響
東京商工リサーチは、「令和6年能登半島地震」の被災地となった4県27市6町1村に本社を置く建設業は1万8256社と発表した。(2024/1/15)

日立造船、カナデビアへ カタカナ・アルファベットへの社名変更が増加中
社名をカタカナやアルファベットに変える企業が増え続けている。実態とかけ離れた社名を変更し、新たな一歩を踏み出す。(2024/1/5)

カタカナ・アルファベットへの社名変更が増加中、理由は?
社名をカタカナやアルファベットに変える企業が増え続けている。海外展開の強化や事業内容との整合性が主な理由だ。(2023/12/31)

製造マネジメントフォーラム 年間ランキング2023:
不正発生の構造を考えさせられた“島津タイマー”、生成AIの導入事例も大注目
2023年に公開したMONOist 製造マネジメントフォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2023年1月1日〜12月26日)をご紹介します。(2023/12/27)

2024年の賃上げ「実施」が8割 一方で企業規模による格差も
2024年の賃上げ動向を、各企業はどう考えているのか。東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2023/12/25)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの取引先は全国に6084社、出荷停止長期化で資金繰りに影響も
東京商工リサーチは、出荷を停止したダイハツ工業グループの取引先調査の結果を発表した。(2023/12/22)

各局の制作費が激減:
テレビ制作会社「倒産地獄」の理由、過去10年間で最悪
テレビ番組の制作会社が倒産するケースが増えている。東京商工リサーチによると、今年1〜9月で14社が倒産しており、これは前年同期(6件)の2.3倍のペースで、過去10年間で最悪の事態に陥っているという。いったい現場では何が起きているのか。(2023/12/21)

脱毛サロン「銀座カラー」運営会社が破産 利用者「お金返して」「まだ回数が残っているのに」
「銀座カラー」は全店舗を閉店しています。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
福島原発のALPS処理水放出の影響を調査、「影響ある」企業は2.9%
東京商工リサーチは、東京電力が2023年8月に福島第一原子力発電所のALPS処理水を海に放出したことで、中国など一部の国や地域が日本の水産物の輸入規制を強化した影響に関する調査結果を発表した。(2023/12/18)

コンサルの倒産が急増 企業の「公金依存」で選別進む
コンサル会社の倒産が増えている。2023年1〜10月期は、前年同期と比較して、1.5倍のペースだった。コロナ禍を経て、各社の「公金依存」が進んだことも影響していそうだ。(2023/12/8)

住宅リフォーム会社の倒産、過去最悪ペース 初の「年間100件」に現実味
住宅リフォーム会社の倒産が増えている。1〜10月期間で最多だった2018年の81件を上回った。年間で100件もあり得るペースとなっている。(2023/12/8)

社長を最も輩出している大学、1位は「日大」 上場企業の社長が多いのは?
社長を数多く輩出している大学はどこか。東京商工リサーチが、13回目となる調査結果を発表した。どんな結果になっているのだろうか。(2023/12/7)

新しい「音楽の聖地」になれるか 横浜みなとみらいに“規格外”のアリーナが生まれたワケ
9月29日、みなとみらい21地区に2万席超、世界最大級の音楽に特化した「Kアリーナ横浜」が開業した。音響の良さ、どの席からもアーティストを正面から見られる扇形、千鳥配置の客席設定、座っていて疲れないファブリックシートなどについては報道されている。しかし、Kアリーナにはそれ以外にもいくつか画期的な点がある。(2023/11/30)

パチンコのガイア倒産で業界に広がる波紋と変化の兆し 連鎖倒産の懸念も
パチンコホール大手のガイアが10月30日に民事再生法の適用を申請したことが、パチンコ業界に波紋を広げている。ガイアは現在も全国約80のホールで営業を続けているが、遊技台の支払いの滞りから、新台購入ができない状況だ。(2023/11/29)

産業動向:
新型コロナ関連で「建設業は915件が破綻」、東京商工リサーチ
新型コロナウイルス関連の経営破綻は、負債1000万円以上で、2023年10月に259件となり、全国では累計7531件となった。業種別では、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が2番目に多い915件。(2023/11/24)

TV番組制作会社の倒産、過去10年で最悪ペース 小規模企業に集中
テレビ番組の制作会社で倒産が増えている。特に中小・零細企業で増加傾向にあり、過去10年で最悪のペースを更新中だ。東京商工リサーチが発表した。(2023/11/17)

渋谷井の頭通り店:
鳥貴族の「トリキバーガー」閉店、理由は?
焼き鳥チェーン「鳥貴族」を展開する鳥貴族ホールディングスのチキンバーガー新業態「トリキバーガー渋谷井の頭通り店」が20日の営業を最後に閉店することがわかった。(2023/11/14)

企業の「忘・新年会」、22年の実施予定は38.6% 23年は?
東京商工リサーチの調査によると、今シーズンの忘・新年会の実施予定率は54.4%にとどまることが分かった。(2023/11/14)

「社長輩出率」が高い都道府県 3位「香川県」、2位「山形県」、1位は?
社長を数多く輩出している都道府県はどこか。東京商工リサーチの調査で明らかになった。(2023/11/9)

パチンコチェーン運営のガイアが民事再生申請 グループで約1600億円の負債
パチンコホールの営業は継続の意向。(2023/10/31)

東京商工リサーチ調べ:
「粉もん」文化の危機 お好み焼き・焼きそば・たこ焼店の倒産が急増、前年同期の6倍に
「お好み焼き・焼きそば・たこ焼店」の倒産が急増している。東京商工リサーチの調査によると、 2023年度上半期の倒産は12件と、前年同期の6倍に急増した。(2023/10/27)

パチンコホール、冬の時代続く 人気機種登場も、導入費が負担に
東京商工リサーチが、パチンコホールに関する調査結果を発表した。23年1〜9月の倒産件数は、過去2番目のペースで、厳しい状況が続く。(2023/10/20)

居酒屋の倒産、23年度上半期は一転増加 アフターコロナなのになぜ?
居酒屋の倒産件数が増えている。東京商工リサーチによると、23年度上半期は81件の倒産が発生。年度上半期としては過去2番目の高水準だ。(2023/10/19)

インボイスは「追い風」 マネフォ・Sansan好決算、気になるナカミは……?
10月から始まったインボイス制度。企業が対応に追われる裏側で、インボイス制度対応をサポートするSaaSは絶好調だ。マネフォ・Sansan好決算、気になるナカミは……?(2023/10/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日高屋が「390円そば」価格を死守したのに、史上最高売上を叩き出したワケ
日高屋を運営するハイデイ日高は過去最高売上を達成するなど絶好調だ。看板メニューである390円の「中華そば」は価格を据え置くなど、値上げが相次ぐ外食業界においては価格転嫁に消極的な部類の企業だが、なぜ好調なのか。(2023/10/13)

「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?
東京商工リサーチが、約400万社の企業データベースから社長(個人企業を含む)の居住地を抽出し、ランキング化。その結果を発表した。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。