コラム
» 2009年12月31日 17時30分 公開

“iPhone旋風”の中で、頭角を現した実力派たちITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター神尾編)(2/2 ページ)

[神尾寿,ITmedia]
前のページへ 1|2       

2009年、注目した端末は?

 では最後に、2009年に筆者が注目した端末をいくつかあげていきたい。今年の端末販売市場は逆風のさなかであったが、その一方で、各メーカーのたゆまぬ努力により、魅力的なモデルが多数登場した。

Photo

 もはや言わずもがなであるが、iPhone 3GSは今年を代表する1台だ。とりわけ筆者が高く評価するのが、これまでのケータイと違うモデルでありながら、女性層など新しいユーザー層を取り込んだこと。そして、1つのファッションであり、ブランドとして成長していることだ。また、iPhone向けアプリは新しいモバイルインターネットの世界観と市場を創出しており、モバイルIT業界全体に大きく貢献している。


Photo

 3G内蔵モバイルWi-Fiルータはそれほどめずらしいコンセプトではないが、Pocket WiFiはデザインや小型軽量化に注力し、一般ユーザーが手に取りやすい商品になっているところを評価したい。また初期設定済みで出荷されるため、ユーザーは買ってきてすぐに使える。データ通信端末というと、ドライバのインストールなど、とかく難しくなりがちだが、これから必要なのは「誰でも簡単に使えること」だ。その点でPocket WiFiはとても優れた内容になっている。


Photo

 今年、小学一年生になった子どもに買ってあげたのが「F-05A」だ。そして実際に使ったところF-05Aの子ども向けに考え抜かれた操作体系や機能、さらに子どもが使って楽しいと感じる工夫の多さに舌を巻いた。富士通の強さを実感した1台である。


Photo

 今年iPhoneと並んで注目だったのが、「オートGPS対応iコンシェル」だ。N-01BはドコモのSTYLEシリーズの中でこのサービスに対応した数少ないモデルの1つである。

 N-01Bのデザインはかつてのiμの流れをくむ薄型・折りたたみタイプで、オーソドックスであるが使い勝手はよい。ダイヤルキーは押しやすく、本体左側面にページ送りのボタンが配置されているので、右手に持ってメールや携帯サイトを見るのに適している。UIデザインには不満はあるものの、総合力は高く、筆者自身も今期の新モデルとして常用している。

 最後に今年話題になったAndroid端末「HT-03A」については、筆者はコンシューマー向けの製品としてまだ未成熟だと感じた。Windows Phoneも同様だ。しかし、AndroidやWindows Phoneは2010年には魅力的なコンシューマー向けのモデルが登場しそうであり、そちらには強く期待している。


 端末市場は2010年、従来型の携帯電話とスマートフォン、データ通信端末や新コンセプト端末などが入り交じるモザイク模様になるだろう。しかし、そのような混沌とした中でも、多くのユーザーが「使いたい」と感じる商品企画とデザイン、そして「誰でも分かりやすい」UIの洗練に注力してもらいたい。モバイルでこれから起きるイノベーションや最新トレンドに、多くの人が参加できるように裾野を広げていく。それこそがモバイル端末に求められる役割ではないだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー