ニュース
» 2011年09月15日 10時00分 公開

「Windows 7+WinRT=Windows 8」──明らかになるARMが動く“仕掛け”BUILD(4/4 ページ)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Windows Liveとの連携が強化。使いやすくなるSkyDrive

 サービス面では、Windows Liveとの連携が強調された。Windows 8のDeveloper Previewでは、MailやCalendarといったアプリケーションを実装されていないものの、基調講演のデモで紹介されたアプリケーションでは、Metroスタイルに対応したフルスクリーン表示や複数アカウントに対応したデザインに変更したことがうかがえた。なお、Developer Previewでは確認できない機能だったが、基調講演では、SkyDriveとの連携がさらに強化されたことも紹介している。具体的には、ファイルブラウザから直接SkyDriveのファイルにアクセスできたり、SkyDriveを介してリモートPCのファイルを操作、あるいは、SkyDrive上のファイルを添付してメール送信やSNSへの投稿が行えるなど、ファイルの位置を意識しないファイル利用が可能になっているようだ。

Windows Liveの各サービスや対応アプリケーションも、Metroスタイルで書き直している。Mailでは複数アカウントの管理が行えるようだ。また、SkyDriveとの連携が強化され、ファイルブラウザからSkyDriveの中身を閲覧できたり、SkyDriveを介してリモートPCのファイルにアクセスしたり、SkyDrive上のファイルを添付ファイルとしてメール送信したりなど、運用に柔軟性を持たせている

Windows 8 Developer Previewを一般ユーザーにもダウンロードで提供

 今回、BUILDの参加者にはWindows 8のDeveloper PreviewがプリインストールされたSamsungのCore i5搭載タブレットデバイスが(報道関係者を除く)全員に配布された。前述のセンサー機能はすべて実装したほか、1カ月あたり2Gバイト上限で1年間無料のAT&Tの3G回線が使えるサービスサブスクリプションも付属するなど、Windows 8世代の基本ハードウェアを体現したものとなっている。

 このようにBUILD参加者への配布のほか、Windows 8 Developer Previewについては、専用のWebページからダウンロードできる。誰でもアクティベーションなしで利用可能だ。Microsoftによれば、このDeveloper Previewはβ版のさらに前段階にあるとのことで、一部機能は実装されていない。今後、β版、RC版、RTM版と開発が進むなかで必要なフィードバックを得るための最初の一般向けリリースとなる。

 Developer Previewには、開発ツール(Visual Studio+Expression Blend)やSDK、ゲームを含むMetroスタイルの標準アプリがいくつか用意されている。なお、配布されているのはx86用の32ビット版と64ビット版のみで、ARM版は提供されていない。

シノフスキー氏の説明では、Developer Previewは「βの前段階」にあたるという。ただ、β版にさえ達していないOSにしては安定している(写真=左)。BUILD参加者に配布されたWindows 8のDeveloper Previewは、Webページからダウンロードできる。アクティベーション不要だがサポートなし。Developer Previewを“制限なし”で配布する目的の1つは、多くのユーザーからフィードバックを得ることだ。トラブル情報や要望など、こうした情報をMicrosoftやほかのユーザーと積極的に共有してほしいという(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.