KDDIが18カ月ぶりのMNP転入超 「iPhone 4S」併売でどうなるソフトバンク――2011年9月契約数

» 2011年10月07日 17時58分 公開
[平賀洋一,ITmedia]
グループ名 2011年9月純増数 累計
NTTドコモ 20万800
 2in1:−6300
5899万3200
 2in1:34万8500
KDDI 12万5300 3365万8600
ソフトバンクモバイル 27万5700
 DN:−600
2689万8400
 DN:2万8900
イー・アクセス 7万8000 357万9000
携帯総計 67万9800 1億2312万9400

 電気通信事業者協会(TCA)は10月7日、2011年9月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。9月の契約純増数は56万9200件。総契約数は1億2312万9200件と、前月比では0.6%、前年同月比では6.7%の増加となった。

 9月度の純増トップは、27万5700契約を獲得したソフトバンクモバイル。同社の純増トップは連続18カ月まで伸びた。好調な純増を支える柱がiPhone 4であることに変化はなく、一部で報道されたau版登場による買い控えについて同社広報部によると「数字上には影響は現れていない」という。また、9月30日までだったのりかえキャンペーン for iPhone 4の効果も最後まで続いたようだ。そのほか、モバイルWi-FiルーターのULTRA WiFi 007Zや、みまもりケータイPhotoVisionも好調で、純増数の下支えになっている。

 NTTドコモは20万800契約を獲得し、ソフトバンクに次ぐ結果となった。同社が月間20万契約以上を獲得するのは3月以来で、本年度に入ってからは初。新製品の多くを占めるスマートフォンのほか、LTEサービスのXiが好調で、計画通りの伸びを示しているという。こちらもフォトパネルなどのモジュール系や、キッズケータイなどの子供向け端末が一定の売り上げを占めているという。

 KDDIは純増12万3000回線と、対前月比で171%の伸び。また、昨年同月比でも137%とこの時期では高水準の結果となった。夏モデルとして発表されたスマートフォンが9月にすべて出そろい、ラインアップが増強された。また、販売店や商業施設単位で実施した体験イベントなどの効果も着実に現れているという。10月以降はauからもiPhone 4Sが販売されるが、これにあわせた追加のキャンペーンやMNP優遇策は「まだ何もきまっていない」(KDDI広報)とのことだ。

 純増4位となったイー・アクセスだが、純増数は7万8000件と先月から微増しており、同社広報によると「4月以降は7万契約以上を確保しており、計画通り推移している」という。音声端末へのシフトも順調で、ケータイを3台まで実質無料で契約できるキャンペーンとともに、新発売のsmart bar(S42HW)PocketWiFi S II(S41HW)の売り上げが好調だ。データ端末では下り最大42Mbpsの高速通信に対応するPocket WiFi(GP02)の人気も続いている。タブレット端末のGALAPAGOS(A01SH)は7インチというディスプレイサイズが好評で、同時にPocket WiFiを購入するユーザーも多いという。

Photo 純増数の推移
Photo 純増シェアの推移

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −4万5000
KDDI 8700
ソフトバンクモバイル 3万5800
イー・モバイル 500

 番号ポータビリティ(MNP)制度の利用実績は、NTTドコモの転出超過が−4万5000件と前月から転出が増加している。ほか3社が転入超過となっており、MNP市場に関してはドコモの苦戦が見て取れる。

 KDDIは8700件の転入超過を記録した。同社がMNPの転入超になるのは、2010年3月以来18カ月ぶり。ラインアップの増強や、地道な販促活動が純増数が寄与したかっこうだ。ソフトバンクモバイルは3万5800件の転入超過だが、先月からの下落傾向が続いている。この2者はともにiPhone 4Sを販売するため、10月以降のMNPがどういった動きをみせるのか非常に注目だ。イー・アクセスも500件のプラスと、4カ月連続でMNPの転入超過を記録している。

Photo MNP利用状況の推移
2011年8月純増 累計
・システム別
NTTドコモ(LTE) 9万2400 38万8600
NTTドコモ(W-CDMA) 18万6400 5786万2000
NTTドコモ(PDC) −7万8000 74万2600
au(CDMA2000 1x) 13万1200 3355万7900
au(cdmaOne) −5900 10万700
ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 27万5700 2689万8400
イー・モバイル(W-CDMA) 7万8000 357万9000
合計 67万9800 1億2312万9200
・プリペイド契約
NTTドコモ −1600 1万1600
au −5600 26万7800
ソフトバンクモバイル 3100 89万7400
イー・モバイル 400 9万4400
合計 −3700 127万1200
・通信モジュール
NTTドコモ 2万4100 212万4900
KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 4万9500 170万8400
ソフトバンクモバイル 5万7200 168万2700
合計 13万800 5516万
・IP接続サービス
iモード/spモード(NTTドコモ) 18万7800 5155万8300
EZweb/IS NET(KDDI) 3万7400 2777万6800
Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 18万3800 2067万3000
EMnet(イー・モバイル) 20100 9万6100
合計 42万9100 1億10万4200

ウィルコムの総契約数が430万を突破、UQも123万契約に

 ウィルコムの契約者数は純増6万1400件と、前月からの6万超の純増を維持。PHSのみでは415万1800となった。また、3G回線を使うWILLCOM CORE 3Gは、純増4700件で累計では17万2600回線に到達した。ウィルコムが9カ月ぶりに行なった新製品発表会では10機種が登場し、10月以降に順次発売される。同社の純増トレンドが今後どうなるのか、大いに期待される。

 WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズは、7万6500回線の純増となり、累計契約数は123万7400件となった。

ウィルコム 2011年9月純増 累計
PHS 5万6700 415万1800
WILLCOM CORE 3G 4700 17万7300
6万1400 432万9100

UQコミュニケーションズ 2011年8月純増 累計
UQ WiMAX 7万6500 123万7400

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー