ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Activision Blizzard」最新記事一覧

関連キーワード

「ThinkPad」と「Yoga」双方の良さを兼備
徹底レビュー:新「ThinkPad X1 Yoga」はThinkPadファン納得の出来、ネックは高価格?
Lenovoの「ThinkPad X1 Yoga」は、使い勝手も性能も高レベルの2-in-1デバイスに仕上がっている。だが「最高の2-in-1デバイス」と呼ぶことにはためらってしまう、わずかな理由がある。(2017/8/19)

基礎がしっかりとした手堅い2-in-1デバイス
徹底レビュー:「Lenovo ThinkPad X1 Tablet」はノートPC代わりになる?
Lenovoの「ThinkPad X1 Tablet」は優れた2-in-1デバイスだが、価格の高さとバッテリー持続時間には物足りなさも残る。ノートPC分野市場のトップ争いに食い込めるだろうか。(2017/8/6)

「クラッシュ・バンディクー」リマスター版、日本でも発売決定 旧版と比べるとハードの進化スゲェってなる
ハードが3世代も進むと、同じゲームとは思えなくなってくる。(2017/6/7)

NVIDIA、Overwatch大会「GeForce CUP」を開催――賞金は総額60万円
NVIDIAは、FPSゲーム「Overwatch」の腕前を競うeスポーツトーナメント「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」の開催を発表した。(2017/5/15)

Oculus創業者が一番好きなVRゲームは?──来日中のパルマー・ラッキーさん、“ぶっちゃけ話”を披露
来日中のOculus創業者パルマーさんが、ゲーム関係者向けイベントでVRの将来や自身の“ぶっちゃけ話”などを披露。実は「○○」が好き……?(2017/5/12)

Yahoo!ゲームでeスポーツの情報サイトを新設
「Yahoo!ゲーム」において、eスポーツ情報に特化した新サイトが開設された。(2017/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜中尾容子編:
パパはシングルダディ?――「MARVEL オールスターバトル」がヒット中の「Kabam」女性COOが考える「仕事の面白さ」とは
変われないと続けていけない――プラットフォームが次々と変わりゲーム業界が進化し続けたこの10年、業界や会社の変化に合わせ、仕事内容を変え、自らも進化し続けている日本人女性COOのキャリア観とは。(2016/12/9)

ゲームガチ勢・山田孝之、「CoD」シリーズ新CMで男臭さ120%のキメ顔「よいしゃオラァー!」
これぞ山田孝之。(2016/10/26)

正式名称は「Nintendo Switch」 任天堂、据え置きとしても携帯型としても遊べる新型ゲーム機発表
任天堂が来年3月に発売する次世代ゲーム機「Nintendo Switch」を公開した。(2016/10/20)

東京ゲームショウ2016 日本ゲーム大賞:
大賞は「Splatoon」に 最も売れたゲームは330万本「モンスターハンタークロス」
日本ゲーム大賞2016の結果が9月15日、東京ゲームショウ2016で発表された。年間作品部門の受賞作、経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞の受賞作とコメントをご紹介しよう。(2016/9/16)

「Overwatch」煽りチャットを“痛い文章”に自動変換する新機能を実装、「お願いママに言わないで」
負けチームへの煽り文句を、自分自身を卑下するような痛々しいメッセージに自動変換。(2016/8/19)

夏だ、ゲームしよう!:
夏休みに遊び倒したいPCゲームは? 達人が語るオススメ3選
世界中で数千万人のゲーマーが熱狂するタイトルはコレだ!(2016/8/19)

スマートシティーと深い関係
「Pokemon GO」は楽しいだけではなく街の姿も変える 始まったARの社会実験
「Pokemon GO」で拡張現実(AR)が身近になった。このARがスマートシティーのさまざまな取り組みを変える可能性がある。(2016/8/9)

最高級ミッドレンジクライアント
徹底比較:Windows 10最強ノートPCはどちら? ThinkPad X1 Carbon vs. Dell XPS 13
よく似た製品があふれるクライアントPC市場。その中で最高級ミッドレンジクライアントPC市場に属する「ThinkPad X1 Carbon」と「XPS 13」を比較してみた。どちらが優れているのだろう。(2016/7/10)

ゲーム「Overwatch」の二次創作ポルノが大盛況 → Blizzard公式が対応に乗り出し、次々と動画を削除する事態に
「特定のジャンルだけを恣意的に削除している」として、一部のファンから批判も。(2016/6/3)

ThinkPadの弱点も改善なるか
徹底レビュー:いろんな意味でMacBookに対抗できる唯一のWindowsノート「ThinkPad X1 Carbon」(2016)に迫る
強力なスペック、美しいビジュアル、丈夫なデザインを兼ね備えたLenovoの「ThinkPad X1 Carbon」は、市場に出回っている中でも最高のビジネス向け薄型軽量クライアントノートPCの1つだ。 (2016/5/29)

ディズニー、ゲームパブリッシング事業から史上三度目の撤退へ 今後はライセンス貸与に専念
「Disney Infinity」生産中止が契機に。(2016/5/13)

カッサンドラを愛するアポロンと4人の男たち
NoSQLデータベース「Cassandra」を愛した4つの事例
ビッグデータ時代になり注目を集めるNoSQLデータベース。その中の1つ、Apache Cassandraの支持が高まっている。4つの事例を通してCassandraの魅力に迫る。(2015/11/26)

ゲームソフト大手のActivision Blizzard、「キャンディークラッシュ」のKingを59億ドルで買収
「Call of Duty」や「World of Warcraft」で知られるゲームソフト大手の米Activision Blizzardが、大ヒットモバイルゲーム「キャンディークラッシュ」の英King Digital Entertainmentを約59億ドルで買収すると発表した。(2015/11/3)

「キャンディークラッシュ」開発のKingをActivision Blizzardが買収
「コールオブデューティ」シリーズで知られるゲームメーカーActivision BlizzardがKingを買収する。(2015/11/3)

E3 2015:
任天堂が発表したことまとめ──「Mario Maker」や帰ってきた「Star Fox」など
Microsoft、ソニー・コンピュータエンタテインメントに続き、任天堂も「E3 2015」でイベントを開催し、スーパーマリオでオリジナルステージを作れる「Mario Maker」やWii U向けにゼロから開発したという「Star Fox 零」などを発表した。(2015/6/17)

ゲーム好きだったロビン・ウィリアムズさんを「World of Warcraft」のキャラに――ネットで署名活動
どうやら実現しそうですよ!(2014/8/13)

迷彩色DUALSHOCK 4も:
PS4初のカラバリ「グレイシャー・ホワイト」、本体と専用ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 4」を今秋発売
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は6月10日、PS4初のカラバリとして「グレイシャー・ホワイト」の本体および専用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)、迷彩色「アーバン・カモフラージュ」のDUALSHOCK 4を今秋より世界各地で順次発売すると発表した。(2014/6/10)

Microsoft、E3で「Halo 5」などXbox Oneの新ゲームを一挙紹介(動画あり)
ロサンゼルスで始まったE3で、Xbox One向け新作ゲームが20本以上紹介された。「Halo 5」や次期「Call of Duty」の動画も公開された。(2014/6/10)

「World of Warcraft」で危険なマルウェアが流通
World of Warcraftのアカウント情報やパスワードを盗み出すマルウェアが出回っている。2段階認証で保護されたアカウントにも感染するという。(2014/1/8)

TGS2013:
日本ゲーム大賞は「とびだせ どうぶつの森」 「パズドラ」に経済産業大臣賞
パズドラは「特別賞」「経済産業大臣賞」のダブル受賞となった。(2013/9/20)

「DIABLO III」日本語版、来年発売 PS3向け
スクウェア・エニックスは、RPG「DIABLO III」日本語版をPS3向けに2014年に発売すると発表した。(2013/9/3)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「プレイステーション 4」の成功に必要なもの
PS4の発表で強調されたのはハードウェア性能ではなく、ゲーム開発の容易さ、楽しく簡単にゲームが遊べる環境を作る仕組みだった。それらはPS4を成功に導くだろうか。数々の名作ゲームを生み出した稲船敬二氏にヒットするゲーム機の条件を聞く。(2013/2/28)

NY州で「ゲームオーバー作戦」、オンラインゲームから性犯罪者の一掃目指す
作戦にはMicrosoft、Apple、ソニーなどが協力。性犯罪の前科がある人物のアカウントを閉鎖させた。(2012/12/28)

フルHD液晶×2台、JBLスピーカーセット、カラマネ液晶が当たるかも:
PR:2012年秋冬のEIZOディスプレイ注目モデル対決!――人気投票&豪華プレゼント
疲れ目に効く「FlexScan EV2336W-FS」、ゲームに強い「FORIS FS2333」、正確な色表現の「ColorEdge CX240-CNX」。果たして、どの液晶ディスプレイが最もナイスな選択か、なぜか骨肉の争いが始まるのでした。 ※記事の最後に実機が抽選で当たるプレゼント企画があります!(プレゼントの応募は終了しました/2013年1月6日) → 読者の皆さまからいただいたコメントと投票結果を発表しました!(2013年1月28日)(2012/12/7)

Xbox 360、米国ブラックフライデーの販売台数でWii Uに圧勝
Microsoftの「Xbox 360」の11月18日〜23日の米国での販売台数が75万台を超えた。特に新モデルになったわけではないが、「Halo 4」など新ゲームの発売が奏功したようだ。同期間の「Wii U」の販売台数は40万台だった。(2012/11/28)

抽選で200名を招待!――「コール オブ デューティ ブラックオプスII」発売直前パーティを11月19日に開催
11月22日の字幕版発売を前に、吹き替え版の声優陣も登場する発売直前イベントが東京・品川で開催される。(2012/11/2)

この秋登場のタイトルでオンラインプレイを満喫――Xbox Live ゴールドメンバーシップ、4タイトルの限定パッケージを発売
発売となるのは「鉄拳タッグトーナメント2」「DEAD OR ALIVE 5」「Halo 4」「コール オブ デューティ ブラックオプスII」の4タイトル。いずれも1カ月分お得な価格設定となっている。(2012/8/24)

E3 2012総括(後編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。後編ではソニー、任天堂のカンファレンスと、E3 2012全体のまとめをしてみた。(2012/6/27)

E3 2012総括(前編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。前編ではE3前日午前中に行われたマイクロソフトのカンファレンスまでをまとめてみた。(2012/6/27)

暗部が浮かび上がる新技術“Smart Insight”の開発者に聞く:
PR:新世代EIZOディスプレイ「FORIS FS2333」が“超見える”理由
EIZOのエンターテインメント液晶ディスプレイ「FORIS」は、ラテン語で「扉」を意味するが、そのニューモデル「FORIS FS2333」はまさにディスプレイの新しい扉を開くかのような新技術「Smart Insight」を搭載してきた。今まで暗くて見えなかった情報が自然に浮かび上がってくる新しい映像体験はどのように生まれてきたのか? Smart Insightを作り出した開発者にうかがった。(2012/6/18)

週間ゲームソフト販売ランキング:
世界的記録ホルダー、さて日本では?
海外で軒並み記録を更新した怪物タイトル「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」が日本でも発売。さて、その結果は?(2011/11/24)

抽選で150名をご招待!――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」、発売直前パーティを11月14日開催
世界中で注目されるFPS「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の発売直前パーティが開催決定。「スクウェアー・エニックス メンバーズ」限定で150名が招待される。(2011/10/24)

2カ月分お得!――Xbox LIVE ゴールドメンバーシップに「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 エディション」を11月17日発売
Xbox 360版タイトルのマルチプレイに欠かせない、Xbox Live ゴールドメンバーシップに、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」発売にあわせ、2カ月お得な限定パッケージが11月17日より発売される。(2011/10/18)

字幕版の発売日は11月17日――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」字幕版、吹き替え版の両方の発売が決定
「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」で好評だったオリジナル英語音声を収録した字幕版が、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」でも発売が決定。吹き替え版より一足早い11月17日に発売される。(2011/9/2)

150人をご招待!――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」、プレミアムパーティを9月17日開催
当日は開発者によるプレゼンテーションのほか、豪華ゲストとのデモプレイなども開催。スクウェア・エニックス メンバーズ限定で150人の招待を予定しており、応募受付締切は9月1日まで。(2011/8/24)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その41):
E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフト
6月第2週に米国ロサンゼルスLAコンベンションセンターで行われた世界最大のゲームビジネスショー「E3 2011」に行ってきた! 新ハードとそれに伴うタイトルの発表ラッシュを総括してみますのでよろしこ。(2011/6/28)

シッポもぜひ実用化してほしい:
「脳波で会話」が当たり前になる?――「脳波で動くネコミミ」仕掛け人が語る、脳波デバイスの未来
日本人がまたよく分からないものを作ったぞ――。YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の動画に、世界中のメディアが注目した。一体どんな人が作ったのか?(2011/6/17)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

日々是遊戯:
あの人気FPSにそっくりなフリーゲーム「Duty Calls」が公開に。その正体は……
どこかで見たようなオープニングに、どこかで見たような画面構成……。どこからどう見ても「Call of Duty」そっくりな無料ゲームが海外で話題となっています。(2011/2/3)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その39):
2010年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
くねくねハニィが年末にドカンとお送りする「2010年Top10ニュースランキング!」。ええ、ハニィの独断と偏見ですが、何か? 1年を振り返って今年をしみじみと振り返りたい方必見。来年もよろしく特集ってことでよろしこ。(2010/12/29)

加藤夏希さん、曙太郎さん、神田うのさんが軍服で登場!?――「コール オブ デューティ ブラックオプス」記者発表会
11月16日、「コール オブ デューティ ブラックオプス」の記者発表会が開催された。新要素についても改めて紹介する。(2010/11/17)

「コール オブ デューティ ブラックオプス」のテレビCMに「ROCK U feat. 安室奈美恵」を起用
スクウェア・エニックスのPS3/Xbox 360/Windows向けFPSのテレビCMが11月11日より放映される。(2010/11/11)

ステルス派?それとも肉体派?――PS3/Xbox 360版「007/ブラッドストーン」2010年1月13日発売
映画「カジノロワイヤル」以来、肉体派のジェームス・ボンドが活躍するようになった「007」シリーズ。来年1月に発売される新ゲームタイトル「007/ブラッドストーン」では、肉体派ボンドだけでなく、敵を欺くステルスアクションも楽しめるよう進化を遂げている。(2010/10/28)

一般参加者50名を招待――「コール オブ デューティ ブラックオプス プレミアムパーティ」を11月16日に東京・渋谷で開催
11月18日の「コール オブ デューティ ブラックオプス」字幕版発売を記念したプレミアムパーティを東京・渋谷で開催。スクウェア・エニックスメンバーズ会員向けに50人の一般招待枠も用意される。(2010/10/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。