ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AQUOSブルーレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOSブルーレイ」に関する情報が集まったページです。

シャープが“4KテレビのためのBDレコーダー”を発売――UHD BD再生に4K解像度の番組表
(2017/2/23)

字幕やスタンプでもっと手軽に番組チェック――シャープの新“AQUOSブルーレイ”
シャープがBlu-ray Discレコーダーの新製品5機種を発表した。自動録画機能「ドラ丸」はバラエティー番組に対応したほか、新たに字幕やスタンプを活用して効率的に番組を視聴できるようになった。(2016/11/8)

おすすめ番組をささやく「AQUOSココロビジョンプレーヤー」の気になるトコロ
シャープが4Kテレビの新製品とともに専用のネットワークプレーヤー「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を発表した。人が近づくとテレビの電源を入れ、見逃し配信などの情報を声で教えてくれるスマートなセットトップボックスだ。しかし気になるところも……。(2016/4/21)

AQUOSで視聴中の番組を最大90分間さかのぼって視聴――シャープが“AQUOSブルーレイ”新製品
シャープは、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品8機種を5月末に発売する。。AQUOSとの連携を強化。対応するAQUOSと組みあわせると、新機能の「タイムシフト」が利用できる。(2016/4/21)

番組WebサイトをQRコードで表示してくれるBDレコーダー、シャープから
シャープは視聴しているテレビ番組のWebサイト(URL)をQRコードに自動変換して表示するBDレコーダーを発売する。スマートフォンなどで読み取れば、番組のWebサイトへすぐにアクセスできる。(2015/10/13)

シャープ、テレビ機能付き16インチ防水Androidタブレット「AQUOSファミレド」
シャープは、専用チューナーとワイヤレス接続してテレビ番組を視聴できるAndroidタブレット「AQUOSファミレド HC-16TT1」を発売する。(2015/9/28)

水洗いできます:
テレビを見ながらアプリが使える、シャープのホームタブレット「AQUOSファミレド♪」
シャープは、ホームタブレット「AQUOSファミレド♪」を11月に発売する。無線LAN内蔵テレビチューナーをセットにして煩雑な設定を省いた家庭向けのワイヤレステレビだ。しかも防水仕様。(2015/9/25)

番組再生中にも録画予約、シャープが“AQUOSブルーレイ”「BD-T1650」を発表
シャープは、“AQUOSブルーレイ”の新製品として、トリプルチューナー搭載の「BD-T1650」を発表した。録画番組を再生しながらでも録画予約や編集操作が行える「2画面見ながら操作」をサポート。(2014/10/23)

レコーダーならではの2画面機能? シャープからBDレコーダー新製品
シャープは、Blu-ray Discレコーダー“アクオスブルーレイ”の新製品6機種7モデルを6月に発売する。テレビにはできない2画面機能を搭載したという。(2014/5/15)

iOSデバイスとの親和性も向上、シャープが“AQUOSブルーレイ”の新製品5機種
シャープがBlu-ray Discレコーダーの新製品5機種を発表した。新開発のBDドライブで読み込み速度をアップしたほか、DLNA/DTCP-IPを使ってiOS端末への動画ストリームが可能になっている。(2013/10/16)

シャープ、スカパー!プレミアムチューナー内蔵の“AQUOSブルーレイ”「BD-SP1000」を発表
シャープは、スカパー!プレミアムチューナーを内蔵したBlu-ray Discレコーダー「BD-SP1000」を6月末に発売する。今回から“専用機”と位置づけ、スカパー!ユーザーをターゲットに訴求する構えだ。(2013/6/5)

シャープ、アルミフレームを採用した“AQUOS クアトロン”「Gシリーズ」4機種を発表
シャープから、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「“AQUOS クアトロン”Gシリーズ」4機種が登場。色表現を高める「4原色技術」採用の液晶パネルを搭載している。(2013/5/28)

大きな文字とイラストで操作項目を表示、シャープが“AQUOSブルーレイ”2機種を発表
シャープは、ダブルチューナーを搭載したBlu-ray Discレコーダー2機種を5月29日に発売する。(2013/5/10)

1チャンネルだけの“全録”? シャープが「AQUOSブルーレイ」2機種を発表
シャープは、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品2機種を発表した。お気に入りのチャンネル1つだけを最大8日分、自動で録画し続ける「1チャンネル自動録画」を搭載。(2013/3/1)

長時間モードも高画質再生、シャープの“AQUOSブルーレイ”「BD-W515」
シャープから、長時間モードで録画した際のノイズを低減し、より高画質で再生するというBDレコーダーが登場。(2013/2/15)

IGZO、軽量、防水だから利用シーンが広い:
PR:“遊べる”お手軽タブレット「AQUOS PAD SHT21」はこう使え!
7インチの「IGZO」ディスプレイを採用した防水タブレット「AQUOS PAD SHT21」は、タブレットならではの大画面と細身で薄いボディを両立させ製品だ。その魅力を詳しく解説しよう。(2012/12/7)

目的のシーンに素早くアクセス:
録画リストでもダイジェスト表示、シャープが新“AQUOSブルーレイ”3機種
シャープは、“AQUOSブルーレイ”の新製品3機種を発表した。見たいシーンに素早くたどり着ける「見どころポップアップサーチ」などの新機能を搭載。AQUOSと組み合わせれば3番組同時録画も可能になる。(2012/10/30)

本田雅一のTV Style特別編:
PR:身につけるテレビ「AQUOS PHONE sv SH-10D」が実現したナチュラルな映画画質
動画を見るデバイスとして台頭してきたスマートフォン。中でも「AQUOS」ブランドを冠したシャープ「SH-10D」は、「NOTTV」などのコンテンツも楽しめる注目機だ。その実力を本田雅一氏がAV評論家の目線でチェック!(2012/8/31)

写真で解説する「AQUOS PHONE si SH-01E」
「AQUOS PHONE si SH-01E」は、高級感あふれるデザインと上位機種に劣らないハイスペックを両立したシャープ製のAndroid端末。ほぼすべての主要機能・サービスに対応する“一般ユーザーでも手に取りやすい”ハイエンドモデルだ。(2012/8/28)

シャープ、Wireless HD対応の無線HDMI送受信ユニット「VR-WH1」
シャープは、「AQUOSブルーレイ」のオプションとして、無線HDMI送受信ユニット「VR-WH1」を8月下旬に発売する。(2012/8/28)

PR:アプリソムリエが選ぶ、「AQUOSPHONE Xx SoftBank 106SH」で使いたいアプリ特集
機能充実のハイスペックモデルでありながら、省エネ性もバッチリという、シャープの「AQUOSPHONE Xx SoftBank 106SH」。この使いでのあるスマホを活用できるアプリを、「アプリソムリエ」にセレクトしてもらった。(2012/7/24)

大画面との“出会い”を演出、シャープ「AQUOS GL7/G7ライン」の販売戦略
テレビ販売の不振が伝えられて久しいが、家電メーカー各社はそれぞれのアプローチで切り抜けようとしている。70V型や80V型といった大画面液晶テレビに注力するシャープの“売り場戦略”とは?(2012/7/6)

PR:いま「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」を買うべき10の理由
au向けのAndroidスマートフォン最上位モデル「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」は、今考えうる最高のスペックと機能を盛り込んだ先進の機能が魅力の端末だ。現在最も使いやすいのはもちろん、数年後も色あせない魅力を持つ。その魅力を10の理由からひも解いていこう。(2012/6/29)

制約の少ないHDD増設:
スロットインHDDに対応した“AQUOSブルーレイ”上位モデルが登場
シャープは、トリプルチューナー搭載の“AQUOSブルーレイ”新製品3機種を5月下旬に発売する。「SHDD」と呼ばれる独自のカセットHDDで録画容量を手軽に増設できる。(2012/4/17)

シャープ、“長時間録画ハードディスク”対応のシンプル“AQUOS”「LC-32H7」
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品「LC-32H7」を3月中に発売する。USB外付けHDD対応のシンプルモデルだ。(2012/3/9)

パイオニアロゴ入り:
大画面テレビを壁寄せできる“薄型シアター”、シャープから登場
シャープから“薄型”シアターシステムが登場する。パイオニアのHVT技術を採用し、スピーカー部を95ミリ(最薄部)にまで薄型化。スタイリッシュな“壁寄せ”設置を可能にした。(2012/3/8)

気になったらポチっ:
シャープ、放送中の番組を“ちょっと戻れる”「AQUOSブルーレイ」新製品
シャープは、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品4機種を3月下旬に発売する。視聴中の番組で気になるシーンがあったら最大90分さかのぼって見ることができる「ちょっと戻っテレビ」搭載。(2012/2/28)

PR:Android™ 4.0とシャープが出会うとどうなる?――「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」の使い勝手を徹底解剖する
最新のAndroid 4.0を採用した国産スマートフォン「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」がついに登場。最新プラットフォームでスマートフォンがどのように進化し、シャープのカスタマイズによってどんな利便性が提供されるのか――。気になる新ユーザーインタフェースを徹底検証する。(2012/2/20)

NEXTシリーズ:
モバキャス「NOTTV」対応のAndroidスマホ――「AQUOS PHONE SH-06D」
ドコモが4月1日から放送を開始するモバキャス(携帯端末向けマルチメディア放送)に対応したAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」を発表した。デュアルコアCPUを搭載したシャープ製のハイエンドモデルだ。(2012/2/16)

Android 4.0で最高のパフォーマンスを――シャープが「AQUOS PHONE 104SH」で目指したもの
Android 4.0を搭載する「AQUOS PHONE 104SH」が間もなく発売される。シャープのスマートフォンにはこれまで日本のサービスを盛り込んできたが、104SHではそのスタンスを変え、パフォーマンスや使い勝手を特に重視した。(2012/2/9)

大画面が増えた:
“フリースタイルAQUOS”「F5シリーズ」に52V型と46V型が登場
シャープは、“フリースタイルAQUOS”「F5シリーズ」に52V型の「LC-52F5-B/W」と42V型の「LC-46F5-B/W」を追加する。どちらもブラックとホワイトを用意した。(2012/1/23)

PR:漫画も動画もサックサク! “一人の夜”も最高に楽しめる「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」
約4.5インチの大画面に高精細HD表示ディスプレイを搭載し、デュアルコアCPUとULTRA SPEEDで処理も通信も高速な最新スマートフォン「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」――“一人の夜”をガジェットで楽しみつくしたいなら、この1台をチェックしない手はない。(2011/12/26)

PR:高機能なケータイこそが使いやすい そんな人に贈る“AQUOS SHOT”「SH-03D」
スマートフォンが多くのユーザーに受け入れられ、周りの人も徐々にスマートフォンに乗り換え始めたとはいえ、やはり慣れ親しんだiモードサービスからは離れがたい――。そんな人は、やはり次の買い替えでもケータイを選びたいだろう。もちろんそんなユーザーのために、機能満載のハイエンドケータイは引き続き開発されている。その1つがAQUOS SHOTの名を受け継ぐ「SH-03D」だ。(2011/12/12)

シャープ、AQUOSブルーレイ3機種を外付けHDD対応にアップグレード
シャープは、BDレコーダー3機種のファームウェアアップデートを12月5日から順次実施する。USB外付けHDDを接続して、内蔵HDDとの相互のダビングが可能になる。(2011/12/2)

PR:ディスプレイ、デュアルコア、カメラ――「AQUOS PHONE SH-01D」の魅力を解剖する
豊富な機能・サービスと優れた使い勝手に定評のあるシャープの「AQUOS PHONE」が、さらに進化して登場する。ドコモの冬モデルとして発売される「AQUOS PHONE SH-01D」は、4.5インチHD液晶や1210万画素カメラを備えるなど高いスペックが目を引く。その特長を紹介しよう。(2011/12/2)

エレコム、“フリースタイルAQUOS”用の壁付けラックと壁掛け用スイベル金具
エレコムは、シャープ“フリースタイルAQUOS”用の壁付けタイプのラック「PDR-SWK2020BK」および壁掛け用スイベル金具「PDR-AR2020WH」を発売する。AQUOS「F5シリーズ」の40V型と32V型に対応する。(2011/11/29)

4.5インチHD液晶搭載の防水スマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」、12月2日発売
ドコモのwithシリーズに属する冬モデル「AQUOS PHONE SH-01D」が12月2日に発売される。4.5インチHD液晶やデュアルコアCPU、光学手ブレ補正付きカメラなど、高いスペックが特長だ。(2011/11/25)

シャープ、USB録画に対応した60V型スタンダードAQUOS「LC-60B5」
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、60V型の「LC-60B5」を12月10日に発売する。USB外付けHDD録画に対応したスタンダードモデルだ。(2011/11/18)

PR:疑問を解決!――「AQUOS PHONE IS13SH」に乗り換えるべき17の理由
シャープのAndroid™ 搭載スマートフォン「IS13SH」は、ケータイからスマートフォンに乗り換えを考えている人たちにオススメできるモデルだ。サイズ感やバッテリーの持ち、メールの使い勝手など、乗り換え時に気になる部分を1つ1つチェックしてみた。(2011/11/18)

写真で解説するWiMAX内蔵タブレット「GALAPAGOS」
WiMAXを内蔵したシャープ製のAndroid 3.2搭載タブレット「GALAPAGOS EB-A71GJ-B」。イー・モバイルの「GALAPAGOS A01SH」との違いも含め、外観、通信機能、内蔵アプリ、UIなど主な見どころをチェックした。(2011/11/16)

赤いF5も登場:
シャープ、“フリースタイルAQUOS”のスタンダード機「F3シリーズ」発売
シャープは、“フリースタイルAQUOS”の新製品「F3シリーズ」を12月1日に発売する。既発売の上位モデル「F5シリーズ」には新色の“レッド系”を追加。(2011/11/14)

withシリーズ:
4.5インチHD液晶+デュアルコアCPU搭載、省エネ機能も進化――「AQUOS PHONE SH-01D」
シャープのドコモ向けAQUOS PHONEが、さらに進化して登場。「AQUOS PHONE SH-01D」は、高精細で大きな4.5インチHD液晶を搭載するほか、デュアルコアCPUやシャープ独自の省エネ機能も取り入れ、使い勝手も向上している。(2011/10/18)

本田雅一のTV Style:
“全録時代”におけるテレビとネットワークの楽しみ方
日本における映像制作の主流はまだまだテレビ。テレビ局がインターネットに対して、ゆっくりとしか歩みを進めることができないのであれば、”自分でテレビ放送をネットワーク化”する手もある。(2011/9/30)

折原一也が語る:
PR:フリースタイルAQUOS「F5シリーズ」、ぼくが見つけた3つの先進性
「フリースタイルAQUOS」の第2弾「F5シリーズ」には、先進的な3つの要素があった。薄さに代表される「スタイル」、軽量化を実現した「テクノロジー」、そしてワイヤレス化のみならず、テレビの将来を示唆する「ネットワーク」だ。(2011/9/8)

太陽の“輝き”も表現するメガブライトネス技術、“AQUOS”に70V型「LC-70X5」登場
シャープは9月1日、“AQUOS”の新製品として、70V型の「LC-70X5」を発表した。従来は不可能だった“きらめき”を表現する新技術を搭載。3D表示や外付けHDD録画にも対応する。(2011/9/1)

賢いテレビを使ってみよう!:
PR:“AQUOS”のスマート技術でテレビの未来に触れる(L5編)
シャープ“AQUOS”(アクオス)のL5シリーズや、25日に発表して話題を呼んだフリースタイルAQUOS F5シリーズでは、意欲的に“デジタル後”のテレビの在り方が提示されており、テレビは映像コンテンツを楽しむもので、それをいかに心地よく体験できるかが重要だ、ということを改めて実感させられた。この、テレビの“本質”をシャープがどう捉えているのか、AQUOSのL5とF5、それぞれを題材に考察してみたい。今回はまず、L5の“スマート化”についてチェックしてみる。(2011/8/29)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第1回 最強の全部入りは? 本当に“持ちやすい”機種は?――Android18機種を横並び比較
この夏は、過去最大数となる20以上のAndroid搭載スマートフォンが発表、発売された。これだけの数だと、どれを選ぶべきか悩ましい。比較レビューの第1回では基本スペックを総ざらいしたほか、「持ち心地」を比べてみた。(2011/8/26)

「一枚のテレビ」という新提案、シャープが“フリースタイルAQUOS”に新シリーズ
シャープは、AQUOSの新製品「F5シリーズ」を9月から順次発売する。「かつて液晶テレビに期待した“夢の壁掛けテレビ”や“どこでもテレビ”を実現してくれる」という。(2011/8/25)

写真で解説する:
スカパー!HD&無線AP内蔵の新“AQUOSブルーレイ”
新しい“AQUOSブルーレイ”は、スカパー!HDチューナーを内蔵したことで、110を超えるチャンネルを受信/録画できるようになった。またDLNAの放送転送機能を使えば別室で専門チャンネルも楽しめるという。(2011/8/24)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を8月26日から販売
上質なデザインが特徴のソフトバンクのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」が、8月26日から販売される。(2011/8/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。