ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Centrino 2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Centrino 2」に関する情報が集まったページです。

モバイルワーク温故知新:
【最終回】時代は「ポストモバイル」、そして「ノマド」へ
HSPAによる高速データ通信の普及で、モバイルワークはもはや特別なものではなくなった。今回は通信インフラの発展がもたらしたポストモバイルとも言える現在の状況と、今後の展望についてみていこう。(2012/10/23)

1キロを切る11.6型Ultrabook:
軽さへの挑戦――「LuvBook X」誕生秘話
マウスコンピューターが満を持して投入した「LuvBook X」は、アルミ外装のやや重いUltrabookが主流となるなか、3面カーボンファイバーを採用することで985グラムの軽量ボディを実現した注目の製品だ。製品担当者に開発の経緯やモバイルPCへの想いを聞いた。(2012/6/29)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

最新プラットフォームに一新した「TOUGHBOOK CF-52」新モデル発表
パナソニックは、5月11日に最新の“Calpella”プラットフォームを採用した大画面搭載TOUGHBOOKの新モデルを発表した。出荷開始は6月17日からの予定だ。(2010/5/11)

PR:もう迷わない──ビジネスPCを「限られた予算」で調達する方法
限られた予算内でPCを調達するのはかなり難しい。ただ、簡単な方法がある。エプソンダイレクトの“PC選びのプロ”に、想定シーン別ビジネス用PCを“ズバリ”選定してもらおう。(2010/3/16)

最高キーボードのThinkPad T400sはマルチタッチも最高?
「最高のキーボード」を搭載したThinkPad T400sにはタッチパネル搭載モデルもある。Windows 7で対応したマルチタッチの使い勝手はキーボードを超えるのか?(2010/2/18)

Windows 7搭載PCへの移行:
PR:クライアントPCの刷新でデータ処理時間の短縮、省エネ、業務スタイルの変革を実現
成長著しい企業では、業務の質的・量的な変化に合わせ、使用PCもステップアップすることが多い。マーケティング事業を手掛けるディーアールエムがデスクトップPCのリプレースに踏み切ったのも、より多くのデータをスピーディに処理する性能が求められたからだ。リプレースを決断した背景やリプレース後の成果について、同社に聞いた。(2010/1/26)

モバイルCPUの価値はコア数とクロックで決まらない
インテルのモバイル向けCPUはClarksfieldとArrandaleがCore i7に混在する。混乱しそうなこの状況はなぜ起きたのか?“CULV”のインテル的定義も含めて聞いてみた。(2010/1/22)

元麻布春男のWatchTower:
富士通「FMV-BIBLO MT」に見るWindows 7 マルチタッチの“実用度”
Windows 7で新たに実装された「Windowsタッチ」機能に対応したPCが続々登場しているが、その使い勝手はどうなのか。富士通のノートPCでチェックした。(2009/12/1)

「プロセッサについて語るのはやめよう」から始まるAMDの“VISION”ブランド
AMDは、9月10日に“Tigris”と呼ばれてきた新世代ノートPC向けプラットフォームを発表した。同時に新しいブランド「VISION」のプロモーションも展開する。(2009/9/10)

Microsoftは“怪物”Vistaを葬り去ろうとしている?
Microsoftは、Windows 7がいかに優れているかを示すことで、Vistaの心臓に杭を打ち込もうとしているのだと思う。(2009/9/7)

インテル筑波本社で夏期講習を受けてきた(ただしテストなし)
インテルは8月20日に、筑波本社において最新技術を“おさらい”する報道関係者向けのセミナーとラボの見学ツアーを行った。(2009/8/21)

Netbook+2万円でもっと快適:
SoloかDuoか、それが問題だ――6万円台の「Aspire Timeline」を試す
“Netbookの次”の市場を狙う製品として低価格スリムノートPCが注目されているが、日本エイサーの「Aspire Timeline」にもCULVプロセッサを搭載したモデルが登場した。Core 2 Soloの実力は?(2009/8/19)

ThinkPad T400sの「歴代最高」なキーボードを“ガシガシ”たたいてみた
標準電圧タイプのCPUとチップセットを搭載しながら薄型軽量ボディを実現したThinkPad T400s。しかし、このマシンの価値はキーボードにあるという。その真実に迫ってみた。(2009/8/3)

PR:企業が“生き残る”ために選ぶThinkPadの技術とノウハウ
厳しくなる一方のビジネスで現場に求められるのは、コストをかけずに利益を伸ばすこと。「体力勝負では負けてしまう」という中小企業が生き残る術がThinkPadにある。(2009/7/31)

普及のカギは“PC内蔵”:
レノボ・大和事業所エンジニアが説く、WiMAX内蔵ThinkPadの可能性
レノボ・ジャパンは「ThinkPad T400s WiMAX内蔵モデル」とモバイルWiMAXに関する技術説明会を実施。「WiMAX普及は、“内蔵”がカギ」と、モジュールを内蔵することによるメリットを説明した。(2009/7/29)

軽く薄く、そして、歴代最高のキーボードを──ThinkPad T400sで実現した究極のトレードオフ
レノボが発表したThinkPad T400sは、ThinkPad X300の携帯性とThinkPad T400の性能を1台に融合した。開発陣が不可能を可能にした“工夫”を説明した。(2009/6/25)

「Centrino」はどこに飛んでいく
インテルが6月の定例記者説明会を行い、LynfieldやIntel P55 Express、超薄型ノートPCの取り組みを紹介した。また、Centrinoの“行く末”も聞いた。(2009/6/23)

ついに発売!:
Netbookを完全に超えた? 「Aspire Timeline」を徹底チェック
前回に続き、Core 2 Duo+8時間駆動で実売8万円台を実現したモバイルノートPC「Aspire Timeline」をさまざまな角度から検証する。これはいいものだ……。(2009/6/5)

Netbookの次へ:
価格破壊の第2波になる? 新世代モバイルPC「Timeline」を速攻で試す
日本エイサーが満を持して投入した「Aspire Timeline」は、Netbookに続きノートPC市場に低価格化の波を作り出すのか。さっそく13.3型ワイドの「AS3810T」をチェックした。(2009/6/3)

新型SSDの実力:
世界初の512GバイトSSDを搭載した「dynabook SS RX2」を試す
東芝が開発した新型SSDは、512Gバイトの大容量だけでなく、最新コントローラによる性能の高さもポイントだ。その新型SSDを初めて採用したモバイルPC「dynabook SS RX2」をチェックした。(2009/5/28)

Lenovo、「NVIDIA ION」も選べる12インチミニノートを発表
Lenovo初の12インチミニノートPCはフルサイズキーボードを搭載し、顔認識技術を備える。オプションでNVIDIAのグラフィックスプラットフォーム「ION」も選べる。(2009/5/27)

Core 2 Duo+8時間+8万円台で「市場に革命を起こす」──エイサーの“本命”「Aspire Timeline」発表
日本エイサーは、Acerブランドの新シリーズ「Aspire Timeline」を発表。Core 2 Duoと8時間駆動、1キロ台、2Gバイトメモリ、1366×768ドットの13.3型ワイド液晶を搭載し、8万円台という低価格を実現した。6月5日に発売する。(2009/5/22)

ニフティは付加価値とともにモバイルWiMAXを提供する
UQコミュニケーションズの試験運用開始にあわせ、複数のISPがMVNOによるWiMAXサービスを発表した。全国区「ニフティ」はモバイルWiMAXをどう評価しているのだろうか。(2009/5/13)

2009年PC夏モデル:
WXGAのディスプレイに変更し、10時間駆動に強化──「Let'snote LIGHT F8」
キャリーハンドルを搭載する「Let'snote LIGHT CF-F8」は、CPUがほかのモデルと同一となり、14.1型の液晶ディスプレイは解像度がWXGAに変更された。(2009/4/23)

2009年PC夏モデル:
実売13万円から購入できる15.4型ワイドのエントリー機――「dynabook EX」
東芝がバリュー価格帯に投入する「dynabook EX」の2009年夏モデルは、CPUやHDDなどの基本機能を強化し、コストパフォーマンスを向上している。(2009/4/20)

Acerの野望 in 北京 2:
第3世代? 11.6型? 「Aspire one」の新モデルをチェック
北京で開催されたAcerのイベント「sign.of.the.time」では、初披露のモデルを含む数多くの新製品が展示された。新世代「Aspire one」はどうなる?(2009/4/10)

デル、SOHO向けノートPC「Vostro」3製品をスペックアップ――FeliCaポートなども対応可に
デルは、スモールオフィス向けブランド“Vostro”のノートPC新モデル計3製品「Vostro 1320」「Vostro 1520」「Vostro 1720」を発表した。(2009/4/6)

むきました:
NECの売れ筋“イタPC”「VALUESTAR N」を分解した
NECの液晶一体型PCで売れ筋は“板PC”こと「VALUESTAR N」シリーズだ。その最上位の新色モデルを分解してチェックした。(2009/3/24)

インテルのIT部門が貢献する“vPro”開発
3月17日に行われた「インテル・エンタープライズ・アップデート」では、インテルIT部門において自社技術で実現した効率向上のケーススタディが紹介された。(2009/3/17)

元麻布春男のWatchTower:
ThinkPad X200sを購入して見えてきたモノ
ThinkPad X200シリーズを3回にわたって述べてきたが、筆者が購入したX200sを通じて見えてきた問題とは?(2009/3/17)

クライアントPC管理 最前線リポート【後編】
「App-V」「vPro」の全社適用ケースに見るPC管理の近未来形
クライアントPC管理の根深い問題を解決するソリューションとして期待が集まる「アプリケーション仮想化」と「vPro」。早くも取り組みを開始している企業の先進事例や最新動向を紹介しよう。(2009/3/13)

CeBIT 2009:
まるで格闘技のようなPCゲーム対戦“ショー”
欧米人は、とにかくスポーツで盛り上がる。スタジアムで応援は当然、街のスポーツバーでも大騒ぎ、そして、PCゲームもサッカーのようにエキサイトしちゃうのだ。(2009/3/12)

元麻布春男のWatchTower:
シリーズ最軽量のプレミアムモバイルPC「ThinkPad X200s」を手に入れる方法
「ThinkPad X200」シリーズで最後に残った「X200s」。現行ThinkPadシリーズで最軽量のモバイルPCだが、そこには意外な落とし穴があった。(2009/3/6)

「32ナノ」と「WiMAX」でインテルは09年もイノベーションを加速する
インテルは3月3日、報道関係者向けの定例ミーティングを開催し、2009年に同社が注力する分野やコンシューマーPC市場における取り組みを紹介した。(2009/3/3)

事例公開を目的に:
インテル、業務にWiMAXカード200台を利用へ
インテルはノートPCとWiMAXを利用した業務環境を検証すべく、200台のデータ通信カードを導入した。(2009/3/3)

5分で分かる、先週のモバイル事情――2月21日〜2月27日
2月26日、下り最大40Mbpsのデータ通信サービス「UQ WiMAX」がスタート。KDDIはイリジウム衛星携帯「9555型」を発売した。ソフトバンクは8Gバイト版のiPhoneを実質負担額0円で提供するキャンペーンを開始。ドコモは国際事業の戦略を明らかにした。(2009/3/2)

MSI、本革張り天板モデルなど台数限定ノートPC計5モデルを販売
エムエスアイコンピュータージャパンは、本革天板装備のノートPC「MSI PX600 Prestige Collection」など計5モデルを発表。いずれも台数限定販売となる。(2009/3/2)

米国、そして世界での普及を阻むものは何なのか?:
「3Gワイヤレス」最新事情
長い間待ち望まれていた3Gワイヤレスの機能のうちいくつかが、米国内でも利用できるようになってきた。しかし、3Gの本格的な普及までにはまだ時間がかかりそうだ。本稿では、米国で3Gを普及させるために課題となっていることを整理するとともに、各社が行っている取り組みについてまとめる。(2009/3/1)

2つのディスプレイI/F規格、勝者はいずれに:
DisplayPort vs. HDMI
ディスプレイ用のインターフェース規格であるDisplayPort。これに対応したICが、パソコン、液晶モニター、グラフィックスカードなどの機器に搭載されるようになってきた。しかし、DisplayPort対応ICの生産量が増えて価格が低下し、民生電子機器における類似の規格であるHDMIの脅威となるまでには、少なくとも5年はかかるだろう。(2009/3/1)

リリースダイジェスト(2月26日)
エイチアイが3D描画エンジンをKDDIに提供、インテルがWiMAX普及に向け活動を加速、goo辞書のケータイ版登場など。(2009/2/26)

「UQ WiMAX」スタート、ノートPC内蔵型も7月登場
モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」が2月26日に開始。開通イベントには主要株主や総務副大臣が集い、“真のモバイルブロードバンド”の門出を祝った。WiMAX内蔵のノートPCも7月に登場する。(2009/2/26)

「UQ WiMAX」試験サービス開始 「真のモバイルブロードバンドを」
KDDI系のUQは、モバイルWiMAXの試験サービスを始めた。首都圏に500基地局を整備。5000人の無料モニターが利用する。(2009/2/26)

vProテクノロジと組み合わせ、共同で推進:
ヴイエムウェア、PC仮想化でインテルとの協業発表
(2009/2/25)

元麻布春男のWatchTower:
IBMの伝統を守る「ThinkPad X200 Tablet」は何が変わったのか
ThinkPadシリーズで異色の存在となる「ThinkPad X200 Tablet」。しかし、本機にはIBMからの連綿たる歴史が刻まれている。その最新モデルを試した。(2009/2/25)

賢いPCの選び方:
PR:新年度の準備はエプソンダイレクトで始めよう――ビジネスPC購入指南
財布の中身がさびしいこんな時期だからこそ、新しいPCはできるだけ“お得”に手に入れたいと思うもの。豊富なBTOメニューを持つエプソンダイレクトなら、自分にとって本当に必要なPCを、納得の価格で購入できるのだ。(2009/2/24)

元麻布春男のWatchTower:
ワイド液晶を搭載して生まれ変わった「ThinkPad X200」の実力を探る
ビジネスツールとして人気の高いレノボのThinkPadで、携帯性に優れたXシリーズ。今回はThinkPad X200をチェックした。(2009/2/18)

2009年PC春モデル:
最高なdynabook SS RX2を“すきま時間”で把握する
Netbookが注目されがちな最近のモバイル事情だが、パフォーマンスとサイズ、バッテリー駆動時間のバランスを考えると、やはりdynabook SS RXは外すことのできない選択肢だろう。(2009/2/18)

「UQ WiMAX」モジュールのプロパティを見る
UQコミュニケーションズは、2月26日からWiMAXサービスの提供を開始する。2月3日からは無料モニターの募集とWiMAXモジュールの販売を開始、7月からは有料サービスも始まる。(2009/2/4)

2009年PC春モデル:
「ハンドル」にゆるぎなし──Let'snote F8
パナソニックは、2008年秋モデルで登場した「Let'snote F8」の新製品を1月29日に発表した。価格はオープンで店頭モデルの実売予想価格は29万円前後。(2009/1/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。