ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「男女差」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「男女差」に関する情報が集まったページです。

結婚への意思は男女で差:
20〜30代男女の約半数が「恋人アリ」 出会いのきっかけは……?
20〜30代の男女が、恋人と出会ったきっかけは?――オーネット調べ。(2018/8/13)

昔とは違う従業員ニーズ:
中小企業が見直すべき福利厚生とは?
深刻な人手不足の中、従業員の確保や定着を考える際に、第一義的に企業は賃金政策を重視する。しかし人々は賃金だけで勤め先を決めているわけではない。本稿では企業の福利厚生に着目し、近年の働き手の多様化やライフスタイルの変化に対応した制度を目指すことの重要性を指摘する。(2018/8/8)

海外旅行時のインターネット利用上位は「ホテルのWi-Fi」「Wi-Fiレンタル」、男女に差
MMD研究所は、6月21日に「海外旅行時のインターネット利用に関する調査」の結果を発表。 過去1年の海外旅行経験は13.1%で、海外旅行時のインターネット利用上位は女性最多が「ホテルのWi-Fi」、男性最多が「Wi-Fiレンタル」と男女差が見られた。(2018/6/23)

こっそり熟年離婚の準備? 調査で判明:
ためた「へそくり」は1000万円近く! 夫と仲悪いシニア妻の実態
夫と不仲な女性は平均898万円もへそくりをためているという調査結果が出た。妻と不仲な男性と比べても「不仲妻」は多くへそくりをためる傾向となった。(2018/6/13)

よくわかる「標準時間」のはなし(6):
標準時間の設定手順
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第6回は、少し複雑な標準時間の設定を理解するのに役立つ“標準時間の設定手順”について説明する。(2018/6/12)

拾ったサイフ、きちんと返す? 米国の実験で多くの人が正直であることが判明
みんなやさしい。(2018/5/20)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
女性が活躍する組織では、男性も昇進の可能性が高まる――アクセンチュア調査
一億総活躍社会ということで採用環境も大きく変化する中、企業においては性別にとらわれない人材登用やメンバー全員のキャリアアップが成長のカギを握るようです。(2018/5/2)

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る
監督に語っていただきました。(2018/4/30)

休み方改革、半数が「知らない」 「誰と過ごしたいか」で男女差 DeNAトラベル調べ
休暇の在り方を見直す「休み方改革」が国の政策として進められているが、DeNAトラベルの調査では半数近くが「知らない」と回答。休暇を「パートナーと過ごしたい」という意識には男女で大きな差が見られたという。(2018/4/16)

「キャッシュレス男性」はモテる? モテない? 女性の意見が真っ二つ KDDI調査
KDDIがキャッシュレスに対する意識調査を実施。デート時のキャッシュレス決済に好感を持つ声が上がる一方で、現金を持たない完全キャッシュレス派には否定的な意見も。(2018/4/4)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
30〜40代の約6割が「SNS映え消費」を経験──SMBCコンシューマーファイナンス調査
今日のお題は、30〜40代の「SNS映え消費」。実は20代より積極的?(2018/3/16)

モノづくり、女性の力:
いまこそ“メカジョ”を経営戦略に、国家GDPを8%引き上げる女性の力
モノづくり現場において女性の力を効果的に生かしていくためには何が必要となるだろうか――。オートメーションと計測の先端技術総合展「SCF2017/計測展2017 TOKYO」では、「モノづくりの最前線で輝く女性たち」をテーマに日本機械学会会長の大島まり氏が講演した。(2018/2/20)

“家事代行のイマ”を聞く:
家事代行サービスは「家事をしすぎている日本女性」を救えるか?
家事をしすぎている日本女性。家事の負担は社会進出が進む女性の“重石”となっている。対応策として期待されている「家事代行サービス」のイマをCaSyの加茂雄一CEOに聞いた。(2018/2/14)

キャリアニュース:
「働き方改革」――約8割が「実感していない」と回答
日本能率協会が「働き方改革」についての意識調査の結果を発表。約8割が「働き方改革」を実感しておらず、理由として「有給休暇が取りにくい」「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならない」「残業が減らない」などを挙げた人が多かった。(2017/12/18)

キャッシュレス社会、男女で意見が真っ二つ 博報堂調査
博報堂が行った「お金に関する生活者意識調査」でキャッシュレス社会への意見が真っ二つに割れた。男性は賛成が多く、女性は反対が多いという。(2017/12/15)

キャリアニュース:
雇用主からの支援と自己負担によるスキルアップ――日本はともに最下位
ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーが、世界33の国と地域の労働者を対象にしたワークモニターの調査結果を発表。スキルアップについて、雇用主からの支援と自己負担での実施意欲が、日本はともに最下位だった。(2017/12/4)

定年バカ:
「定年後いくら必要なのか」 考えてもムダだった
定年後、ゆとりを感じられる生活を送るためには、どのくらいの預貯金が必要なのか。多くの専門家がいろいろな意見を述べているが、結局のところ本人の生活によってその金額は大きく変わってくる。(2017/11/27)

キャリアニュース:
20代が仕事に求めること――1位は「プライベートを大切に働けること」
20代の男女を対象とした「仕事の価値観」についてのアンケート調査結果を総合求人・転職支援サービス「エン転職」が発表。仕事に求めることの1位は「プライベートを大切に働けること」で、59%が回答した。(2017/10/10)

えんやの銭湯イラストめぐり:
都内最大級の露天風呂は開放感満点! 下町の銭湯好きが集まる名店「寿湯」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第5回は銭湯好きの間でも有名な上野(稲荷町)の銭湯「寿湯」です。(2017/8/12)

「エアコンを28度に」は間違い? 7割以上がクールビズを勘違い――三菱電機ビルテクノ調査
「ビジネスパーソンの7割以上がクールビズを勘違いしている」――そんな調査結果が発表された。(2017/8/7)

「職場に休める空気がない」 有給休暇に関するアンケート調査結果をBIGLOBEが発表
社会人男女1000人に有給休暇事情について質問しています。(2017/7/31)

医療機器ニュース:
「睡眠は7〜8時間がよい」「中高年は眠りが浅い」、定説を活動量計で実証
フィットビット・ジャパンは、同社のリストバンドが浅い睡眠/深い睡眠/レム睡眠の各睡眠ステージの時間を正確に記録する能力を備えていることを確認し、7時間以上の睡眠が健康に良い影響を与えるという科学的理論を裏付けた。(2017/6/28)

江梨佳、28歳の場合:
PR:仕事だってプライベートだって楽しみたい――現代型キャリア女子の華麗なる溜池ライフ!
やりがいのある仕事に充実した研修制度、長期休暇を利用して海外旅行――仕事もプライベートも100%満喫する、そんなエンジニアライフなんて夢物語でしょ?(2017/6/20)

「負担と不安の裏返しとしての爆発」:
「自分爆発レディ」? 命名の意図、博報堂に聞く
「自分爆発レディ」という言葉が物議を醸している。子育てを終えて自分の時間を楽しむ40〜60代女性について博報堂が命名したもので、ネットで話題に。反発の声も大きいこの言葉には、どのような意図があるのか? 博報堂の担当者に話を聞いた。(2017/6/9)

ITライフch:
中古携帯端末購入に対しての抵抗感は男女で差 利用率は1.7%
MMD研究所は、「2017年中古端末に関する購買動向調査」の結果を発表した。中古端末の利用率は1.7%で、中古端末購入に対しての抵抗感には男女で差があるという結果になっている。(2017/5/17)

「名もなき家事」の負担も大:
共働き夫婦の家事負担、妻「自分が9割」一方夫の認識は……
共働き夫婦の家事負担は、男女で意識の差がある――大和ハウス工業調べ。(2017/5/12)

昔のスマホを中古に出したくない理由は? 中古端末の購買動向調査
MMD研究所の「2017年中古端末に関する購買動向調査」によると、中古端末の利用率は1.7%と前年から1ポイント減。中古端末購入に対しては8割弱が抵抗があるという結果になり、男女で差が見られた。(2017/4/27)

北大図書館が女性専用席を設置 「不公平」の声に即日撤去
痴漢被害に対応するためだったそうです。(2017/1/26)

PR:スマホの画面がバキバキなまま使ってるのは「若い女性」が多いってホント? → 確かめてみた
アンケート、インタビューを実施してデータから分析してみました。(2016/12/26)

報酬差やキャリアサポートにギャップ:
職場の男女平等意識調査 「報酬差ある」世界最下位
職場における男女平等について、ビジネスパーソンはどのように感じているのだろうか――ランスタッド調べ。(2016/11/29)

女子学生に月額3万円支給、男女差別では? の批判に東大「女子寮老朽化につき当面の措置」と説明
女子学生にだけ支給するのは不公平なのではという批判が出ていました。(2016/11/17)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「プリンセスメゾン」3話 おひとりさま女性・要さん(37)部屋でめっちゃ飛び跳ねる
自分以外の、誰の心もいらないんですから【やわスピ×ねとらぼ】※更新あり(2016/11/9)

Over the AI ――AIの向こう側に:
困惑する人工知能 〜1秒間の演算の説明に100年かかる!?
コンピュータは、入力値から出力値に至る演算のプロセスを、順番通りに説明できます。ところが、「なぜ、その結果になったのか」と尋ねると、途端に説明できなくなってしまいます。困惑し、黙りこくったり、自分が行った演算を“言い訳”のごとく延々と説明したりと、迷走を始めるのです。(2016/10/28)

人脈を科学する――つながる人、引き上げる人、できる人の法則:
仕事ができる人の人脈形成
多くの人と一緒に修羅場を乗り越え「お互いにひと肌脱ぐことができる関係」から人脈が生まれる。その維持方法は?(2016/9/26)

医療技術ニュース:
DNAメチル化の個体差、染色体によって男女で個体差の開き方が異なると解明
大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンターの研究グループは、DNAメチル化の個体差は常染色体上のDNAでは男性が大きく、X染色体上のDNAでは女性が大きいことを明らかにした。(2016/9/23)

太田智美がなんかやる:
「ペットボトルを見ればどの工場で作られたか分かる」――気付けばペットボトルエンジニア歴30年 コカ・コーラの秘密基地で会った“職人”のこだわり
社員でも限られた人しか入れない、コカ・コーラの研究開発を行う「コカ・コーラ東京研究開発センター」に潜入してきた。(2016/8/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそ「小説」を読もう!!
経営者やリーダーの職についている人は読書をする機会も多いだろうが、先日『アクションリーディング』を上梓した赤羽雄二さんは、リーダーこそ「小説を読んだほうがよい」と提案する。また、コミュニケーションに関する本についても勧めている。その理由はどこにあるのだろうか?(2016/7/28)

自宅の温水洗浄便座、使う理由と使わない理由
ご自宅のトイレで、あなたは温水洗浄便座を使っていますか? 全国の男女に聞いたところ「使用している」と答えたのは80.5%。インターワイヤード調べ。(2016/7/14)

ワイヤレスジャパン 2016:
「HLR/HSSの開放は必要」「競争から協創へ」――ビッグローブのMVNO戦略
「ワイヤレスジャパン2016」で開催されたMVNOビジネスフォーラムの基調講演で、ビッグローブ 執行役員常務 佐藤 博氏が登壇。MVNO市場の課題とビッグローブの取り組みについて講演した。(2016/5/26)

課金したアプリの削除、男女に差――スマホゲーム課金の実態調査
課金するゲームは「1つ」というユーザーが最多。複数アプリに課金する場合、7割が「別ジャンルで」と答えた。(2016/4/26)

1つも乗れねぇ! うろ覚えで描いてもらった自転車を実際に作るプロジェクトでかっこいいガラクタが量産される
現代アート感。(※追記あり)(2016/4/23)

本田雅一のTV Style:
世界的な“独り身世帯の急増”で市場が変わる?――GPC&CE Chinaレポート(1)
メッセ・ベルリン主催の「Global Press Conference」(GPC)が今年も開催され、GfKなどからいくつかの市場トレンドが示された。中でも興味深かったのが、中産階級人口のグローバル市場における”シフト”である。(2016/4/22)

楽天とイオンモバイルが人気:
「音声SIM」を「端末セット」で――女性の「格安SIM」ユーザーの傾向
MVNOが提供する、いわゆる「格安SIM」は男性ユーザーの割合が高い傾向にある。だが、少しずつではあるが女性ユーザーも増えてきている。購入の傾向には、有意な男女差が見られるようだ。(2016/3/3)

えんじにあ解体新書(6):
「彼氏できない」「結婚できない」って本当?〜女性SEの「りある」
SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は女性SEの実情を解説します。SEは男女の差がなく働ける職種である一方、ハードワークさも男女平等だというウワサがありますが、本当でしょうか?(2016/3/3)

R25スマホ情報局:
「SNSで恋人できた」25%超が経験
FacebookやTwitterの普及でネット上での出会いに抵抗がなくなりつつある昨今。実際にSNSを通じて恋人ができた経験のある人がどれくらいいるのか、20〜30代のSNS利用者にアンケートしてみました。(2016/2/13)

R25スマホ情報局:
永久保存…秘密の夫婦メールの内容は?
いつもメールのやりとりをしている夫婦でも、大切な記念のメールなどは残したくなるもの。今回は、永久保存した秘密のメールについてアンケートしてみました。(2015/11/4)

キャリアニュース:
女性活躍推進への取り組み、4割以上が「不十分」
ビズリーチが平均年収923.2万円の男女1395人を対象に調査したところ、4割以上が勤務先では女性活躍推進への取り組みが不十分だと回答した。(2015/10/21)

きれいなトイレで女性が輝く? 迷走する女性活躍政策
「すべての女性が輝く社会づくり」政策の一環として行われた「日本トイレ大賞」。呪いのようなジェンダーコンプレックスを平気で取り上げる勘違い政策。「日本トイレ大賞」の内容が良かっただけに二重に残念でした。(2015/9/24)

女性が働きやすいランキング
就職・転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは8月26日、「女性が強い会社ランキング」を発表した。(2015/8/26)

「働きたくない」若者3割、「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉を知らない――電通総研の就労意識調査
現代の働く若者は「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉を知らない――電通総研は8月13日、働く若者の就労への意識を調べた「若者×働く」調査の結果を発表した。(2015/8/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。