ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「雇用」最新記事一覧

高まる企業向けAI需要に応える:
パーソルテクノロジースタッフ、富士通総研と提携し「AIエンジニア育成プログラム」を開始
パーソルテクノロジースタッフは、富士通総研に技術系社員を派遣し、AIエンジニアとして育成した上で就業経験を積ませる「AIエンジニア育成プログラム」を開始する。(2017/12/5)

キャリアニュース:
雇用主からの支援と自己負担によるスキルアップ――日本はともに最下位
ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーが、世界33の国と地域の労働者を対象にしたワークモニターの調査結果を発表。スキルアップについて、雇用主からの支援と自己負担での実施意欲が、日本はともに最下位だった。(2017/12/4)

パートタイマーの給与、正社員と同水準に パナソニック子会社
パートタイマーが無期雇用で、正社員(月給制)と同水準の時給を受け取れるようにする制度を、パナソニック エイジフリーが2018年4月に導入。(2017/11/22)

キャリアニュース:
雇用延長制度――35歳以上の48%が70代以上まで働くことを想定
転職サイト「ミドルの転職」が「雇用延長制度」についてのアンケート調査結果を発表した。雇用延長制度について、ミドル層の89%が「賛成」しており、48%が「70代以上」まで働くことを想定していた。(2017/11/21)

再発防止策を発表:
日産、今期中に検査員85人純増 年内に期間従業員の正規雇用促進
日産は、無資格者が新車出荷前に安全性などを最終確認する完成検査を行っていた問題で、第三者の弁護士らを交えた調査報告と再発防止策を発表した。(2017/11/17)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(4):
「紹介予定派遣」を活用した技術者転職は“就職の近道”にもなり得る
社員雇用を前提に、“派遣”という形態で就業する「紹介予定派遣」をご存じだろうか? 「派遣」という言葉から転職の選択肢として考えていない方も多いようだが、紹介予定派遣ならではの利点がある。今回は、紹介予定派遣のメリット/デメリット、そしてどのような人が紹介予定派遣に適しているのかを取り上げる。(2017/11/6)

自然エネルギー:
戦略特区でふん尿発電、植物工場も併設して地域活性化を目指す
ブランド牛「但馬牛」などで知られる、畜産業や農業が盛んな兵庫県養父市。ここで家畜のふん尿などを活用するメタン発酵発電所の建設が始まった。その排熱を活用する最新鋭の植物工場も建設し、地域ブランド野菜の確立や雇用創出など、地域活性化を目指すプロジェクトだ。(2017/11/2)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ1 聞き手の能力に頼りすぎるリーダー
グローバル化、中途採用の増加、女性活用や再雇用の促進などで組織の多様化が進み、聞き手よりも、話し手の能力が問われる時代になってきている。(2017/10/4)

ドトールが“非正規雇用者向け退職金制度”を導入 飲食業界初
長期勤続のメリットを増やす施策。(2017/9/26)

iPS細胞研究所の「ご支援のお願い」が話題に “9割以上が非正規雇用”の現状に「もっと優遇されるべき」の声
ポストドクターのキャリアパスは厳しい。(2017/9/15)

消費者が取り残される懸念も:
フランクフルト自動車ショーで見えたEV移行の現実
フランクフルト国際自動車ショーに集まった欧州自動車メーカーの経営者たちは、ガソリン車から電気自動車への世界的な移行という現実、そしてそれが雇用や収益に及ぼす影響に目を向け始めようとしている。(2017/9/13)

Amazon、北米に第2本社建設で5万人の雇用創出へ
Amazonがシアトルの本社キャンパスと同等規模の第2キャンパスを北米に建設する計画を発表。建設地は来年に決定する。このプロジェクトに50億ドル以上を投じ、新たな5万人の雇用創出を見込む。(2017/9/8)

Apple、米アイオワ州に大規模データセンター建設へ
Appleが米国で6つ目になるデータセンターを、アイオワ州ウォーキーに建設する。13億ドルを投じ、広さは約3万7000平方メートル。同地で550以上の雇用を創出する。(2017/8/25)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

セゾンが社員区分を撤廃し全員と正社員契約 無期雇用で福利厚生や賃金を統一し賞与も年2回
テレワークや短時間勤務など働き方改革も実施。(2017/8/14)

雇用期限も撤廃、月給制に:
クレディセゾン、全従業員を正社員扱いに
クレディセゾンが9月16日から新しい人事制度を導入すると発表。パートタイマー扱いの「メイト社員」など複数の社員区分を設けている現行の人事制度を撤廃し、アルバイトを除く全従業員を「正社員」として雇用する。(2017/8/14)

クレディセゾン、全従業員を正社員化 背景に「AIやFinTechの興隆」
クレディセゾンが全従業員を正社員に。時給制のパート社員など2200人を、月給制・無期雇用の正社員にする。(2017/8/14)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

Pepper活用事例:
ロボットが障害者の雇用を増やす?
「ロボットが仕事を奪う」とよく言われているが、ロボットの力を借りることで障害者の可能性が広がるかもしれない――。パーソルチャレンジがPepperを活用した障害者雇用の実証実験を始めた。(2017/7/26)

コンサルタントが語る組織活性化のポイント:
働き方改革を支える「4種の神器」とは?
働き方改革によって働き方や雇用の在り方が変化する中、これからの人財管理に求められるものとは? 経営や人事の目線から考察します。(2017/7/14)

インタビュー:
新産業生まれず、危機発生ならヘリマネ懸念=金子教授
慶応大経済学部の金子勝教授は、アベノミクスでは古い産業の救済に比重がかかり、新しい産業や雇用があまり生み出されていないため、新たな世界的ショックが発生すると痛手が大きくなるとの見解を示した。(2017/7/12)

ドバイ警察、年内に自動運転ロボットパトカー運転開始
ロボット警察官の雇用で話題を呼んだドバイ警察が、今度は無人でパトロールする小型自動運転パトカーを年内に導入すると発表した。(動画あり)(2017/6/30)

五輪で東京ビッグサイトが利用できない問題、展示会関係者がデモ実施
「展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会」を結成し、東京都庁周辺でデモを行います。(2017/6/20)

イオン銀行でPepperが働く実証実験スタート 2年後には“無人店舗”も実現?
イオンカードの入会、窓口の接客担当者は「Pepper」――イオン銀行がそんな実証実験を開始する。将来的には無人店舗の導入も検討しているが、既存の業務や雇用をなくすものではないそうだ。(2017/6/13)

キーマンの雇用や新製品の発表で:
AppleとIntel、それぞれの競合をけん制する動き
AppleとIntelが、それぞれのライバルをけん制する動きを見せている。Appleは、Qualcommの元エンジニアリング担当バイスプレジデントを雇用したことが明らかになった。そしてIntelは、AMDの新製品の性能を上回る「Core i9」を投入する。(2017/6/1)

ロボット警察官「Robocop」、ドバイ警察が正式雇用
アラブ首長国連邦のドバイ警察が、ロボット警察官「Robocop」を雇用したと発表した。パトロールや道案内、駐車違反取り締まりで活躍し、搭載カメラの映像を警察にライブストリームする。(2017/5/23)

ホワイトペーパー:
犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?
セキュリティ関連の人材不足が深刻化する中、企業は十分なスキルを持った人材をどう探し、どう確保すべきか。一見極端に見える“元犯罪者”の雇用も含め、取り得る選択肢を検証する。(2017/5/17)

Appleがネバダ州のデータセンターに10億ドルを追加投資
Appleは米国内への投資と雇用の拡大を発表した。いつものようにクリーンエネルギー仕様だ。(2017/5/15)

アクティブシニア社員:
65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル
ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。(2017/4/11)

情報化施工:
シロアリ対策にロボット活用、積水ハウスが実戦投入
積水ハウスは賃貸就業住宅のシロアリ対策にロボットを導入する。床下に薬剤を散布する処理を、遠隔からロボットで行えるようにする。立ち会いなど住民の負担も減る他、従来の作業者が床下に入る方法よりコストを1割削減できるメリットもあるという。(2017/3/15)

企業間格差も減少:
「正社員を採用予定」の企業、17年は過去10年間で最多
帝国データバンクが、企業の雇用に関する意識調査の結果を発表。(2017/3/14)

鳥取県、富士通のIoTサービス「ユビキタスウェア」を採用、県内企業の工場で実証開始
鳥取県が「戦略産業雇用創造プロジェクト」の一環として、富士通の「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(ユビキタスウェア)」を採用。IoTの普及促進を目指し、県内企業の現場で実証を行う。(2017/3/9)

専門家の年収は「10万ドル以上」が約6割
DevOps環境構築、成功の鍵は「人を雇いつつ、育てる」
デジタル企業ではいつの間にかDevOpsが最良の手法ということになっているが、最高情報責任者(CIO)はどのようにDevOps環境の構築に取り組むべきか。ヒントは、人材を雇用するだけでは足りないということだ。(2017/2/27)

就業経験の有無は問わず:
カルビー、既卒5年以内が応募できる「既卒採用」実施
カルビーが2017年6月1日から、大学や大学院を卒業して5年以内であれば応募できる「既卒採用」を新たに実施。就業経験の有無、国籍、性別は問わない。卒業後の経験を強みにもつ人材を獲得し、社内の多様性を生み出す狙い。(2017/2/21)

禁止の会社は77.2%:
社員の副業を認めている企業は2割、ダメな理由は?
就業規則で社員の副業・兼業を認めている企業はどのくらいあるのだろうか。リクルートキャリアの調査によると、「容認している」と答えたのは22.6%だった。(2017/2/15)

ロボット開発ニュース:
ロボティクス世界市場、2020年までに起こる10のこと
2020年に向けて、高速動作が可能な協働ロボットが新規導入されるロボットの30%を占め、物流や医療などの非製造業の主要企業の35%がロボットの活用を検証し始める。一方で、人材不足や雇用維持をにらんだロボットの導入規制も導入されそうだ。(2017/2/13)

キャリアニュース:
企業人材ニーズ調査――「人材の雇用意欲がある」と98.1%が回答
マイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果を発表した。対象企業の98.1%が「人材の雇用意欲がある」と回答。また、選考の際は新卒、中途採用ともに「主体性」が重視され、中途採用では「実行力」も求められていることが分かった。(2017/2/13)

IntelのCEO、トランプ大統領を訪問し、米国での工場建設と雇用創出を約束
ドナルド・トランプ大統領による移民規制令に反対する助言書に署名したIntelが、ホワイトハウスのトランプ大統領を訪問し、70億ドルを投じてアリゾナ州の半導体工場を完成させ、1万人以上の雇用を創出すると説明した。(2017/2/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?
セキュリティ人材不足が深刻化する中、企業は十分なスキルを持った人材をどう探し、どう確保すべきか。一見極端に見える“元犯罪者”の雇用も含め、取り得る選択肢を検証する。(2017/2/3)

Amazon、米ケンタッキー州に自社空輸拠点を建設、2000人の雇用創出へ
ドナルド・トランプ米大統領から米国内で雇用を創出していないと非難された米Amazon.comが、1月に発表した10万人雇用計画に続けて、ケンタッキー州に自社専用空輸拠点を建設し、2000人以上を雇用すると発表した。(2017/2/2)

スターバックス、1万人の難民雇用とメキシコとの交流強化を宣言
Starbucksのハワード・シュルツ会長兼CEOが、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制大統領令署名を受け、世界75カ国の店舗での1万人の難民雇用と“メキシコとの国境に壁ではなく橋をかける”ことを発表した。(2017/1/30)

トランプ氏に応じる形に:
トヨタ、米工場に追加投資 400人新規雇用
トヨタ自動車は、米インディアナ州の工場に約6億ドルを投資し、新たに400人を雇用すると発表。(2017/1/25)

Amazon、米国で10万人の雇用創出を発表
ドナルド・トランプ次期大統領から「米国での雇用を創出していない」と批判された米Amazon.comが、米国内で向こう18カ月に10万人以上を雇用する計画を発表した。(2017/1/13)

トランプ氏、Twitterでトヨタ批判 トヨタは反論「メキシコ工場で米国の雇用減らない」
トランプ次期米大統領がトヨタ自動車の工場建設計画をTwitterで批判。トヨタが反論に追われている。(2017/1/6)

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も
編集部では12月上旬から情報を収集、12月中旬にはDMM.comおよびはちま起稿、清水鉄平氏に取材を試みていました。(2016/12/28)

自然エネルギー:
農林業を発展させるメガソーラー、町が認定して3万8000世帯分の電力
岩手県の農山村で巨大なメガソーラーの建設プロジェクトが始まった。2019年に運転を開始して年間に3万8000世帯分の電力を供給する計画だ。農林業を健全に発展させるため、自治体が再生可能エネルギーの導入区域を決めて発電事業を認定した。売電収入の一部をCO2削減と雇用創出に生かす。(2016/12/21)

ソフトバンク孫社長、トランプ氏と会談 「米国に5.7兆円投資」
ソフトバンクの孫社長がトランプ米次期大統領が会談。ソフトバンクが米国に5兆円投資し、5万人の雇用を創出することを約束したという。(2016/12/7)

蓄電・発電機器:
1基で800億円の経済効果、福島に世界最新鋭の石炭火力を建設
東京電力ホールディングスと三菱商事パワーなどは、福島県内2カ所に設置予定の石炭ガス化複合発電(IGCC)式発電所の建設、運営を担う新会社2社を設立した。総事業費は3000億円で、建設に伴い1日最大2000人規模の雇用を創出し、発電所1基当たり800億円の経済波及効果を見込んでいる。(2016/10/24)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(14):
島根編:就業も支援! コミュニティーも支援! 呑み会も支援! ――八面六臂の“おせっかい”ぶりを発揮する、松江のスーパー公務員トリオ座談会
「本気」と書いて「マジ」と読む――U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。島根編第3回は、U&Iターンエンジニアたちに大人気のスーパー公務員たちをお招きして座談会を開催しました。(2016/10/7)

電力供給サービス:
石炭火力で発電効率50%に向上、福島復興のガス化発電所が10月に着工
福島県内の2カ所で計画を進めてきた「石炭ガス化複合発電」による火力発電所の新設工事が10月に始まる。発電能力が1基で54万kWに達する世界最先端の石炭火力発電設備を建設する計画で、2020年から2021年にかけて順次運転を開始する予定だ。福島の復興に向けて地域の雇用も生み出す。(2016/9/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。