ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「参入」最新記事一覧

2016年の格安SIMを振り返る&2017年への期待
2016年は格安SIMが伸びた1年だった。大手企業の参入や、かけ放題、カウントフリー、コミコミプランなどが目立った。2017年への期待もまとめたい。(2017/1/16)

動画配信だけではない:
なぜフジテレビの「FOD」は急成長中なのか?
海外プレイヤーが参入するなど、競争が激化する日本の動画配信サービス市場。そうした中でフジテレビが運営する「FOD」が好調だ。その理由とは……。(2017/1/16)

2018年に4K/8K実用放送を始める事業者がほぼ決定
総務省は、2018年に始まるBS右旋/左旋および東経110度CS左旋を使用した4K/8K実用放送に参入を希望していた11事業者を認定する方針を明らかにした。申請を行った11事業者に日本放送協会(NHK)を加えた12者。(2017/1/11)

SIM通:
【2016年を振り返る】 MVNO業界の10大ニュース
2016年も多くのMVNOが参入したり、新しい戦略を打ち出したりして、1年を通して大きな盛り上がりを見せました。そんな2016年のMVNO市場に、大きな影響を与えた10のニュースを振り返ってみたいと思います。(2017/1/10)

月額数千円:
ソフトバンクのシェアサイクルを使ってみた
街中で気軽に借りて利用後に料金を支払って返却する自転車のシェア事業に、携帯電話大手が相次いで参入している。(2017/1/10)

ソニー、有機ELテレビに再参入 4K対応、画面が震えて音声出力
ソニーが「CES 2017」で、4K有機ELテレビを発表。日本を含む世界で年内に発売する。(2017/1/6)

3分で分かるこれからの電力業界(4):
電力×新規事業開発――大手異業種企業の新規参入
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回からは業界を読み解くカギをトレンド別に分け、それぞれの「概要」「事例紹介」「会社選びのチェックポイント」「こんな人におススメ!」という4項目に分けて図解も交えながら説明していく。(2017/1/5)

電力供給サービス:
東京電力、都市ガス自由化でシェア1割獲得へ
東京電力がついに2017年4月から自由化される家庭向けの都市ガス小売市場に参入すると発表した。既にLNGの卸供給で提携しているニチガスとの関係をさらに深め、両社合計で2019年度までに100万件の顧客獲得を目指す方針だ。(2016/12/27)

SIM通:
主要SNSが使い放題のLINEモバイル 他MVNOと違うところは?
LINEが、MVNO事業に参入してスタートさせた「LINEモバイル」。MVNOに今まで関心が無かった人からも注目を集めている。いったいどんな特徴や利用者メリットがあるのでしょうか?(2016/12/22)

【連載】よく分かる越境EC 第1回:
中国向け越境ECはなぜ「乗るしかないビッグウェーブ」なのか、3つのキーワードで考察する
良質な日本製商品を中国市場へ。今、中国向け越境ECがかつてないほど注目されている。その背景にある中国国内の事情から求められる商品のトレンド、越境EC参入のポイントまで、専門家が解説する。(2017/1/10)

人工知能ニュース:
NECがAIで創薬事業に参入できた理由は「20年以上の積み重ね」
NECは、独自の先進AI(人工知能)技術の成果を基に創薬事業に参入する。新会社「サイトリミック株式会社」を設立し、がん治療用ペプチドワクチンの開発と実用化を推進していく。今回の創薬事業への参入は、NECが20年以上積み重ねてきたAI技術やバイオIT事業の結晶ともいえるものだ。(2016/12/20)

がん治療用ワクチンの開発を推進する新会社を設立:
NEC、創薬事業に参入 先端AI技術群「NEC the WISE」を活用
NECが同社の先端AI技術を用いて創薬事業に参入する。がん治療用ペプチドワクチンの開発と実用化を推進する新会社「サイトリミック」を設立した。(2016/12/20)

NEC、創薬事業に本格参入 AI技術で発見した「がん治療薬」実用化へ
NECが創薬事業を手掛ける新会社を設立。同社の人工知能(AI)技術を使って発見した新薬候補の実験や、製薬会社と連携した実用化検討を行う。(2016/12/19)

石野純也のMobile Eye(12月5日〜16日):
日本のスマホシェア4位に――2016年にHuaweiが躍進した理由
2014年にSIMフリー市場への本格参入を果たし、徐々に存在感を高めてきたHuawei。スマートフォンメーカー全体の中で4位につけるなど、シェアも急上昇している。Huaweiはなぜここまで躍進できたのだろうか?(2016/12/17)

DMM、家事代行サービス参入 サービス名は「Okan」(おかん)
DMM.comがアプリを活用した家事代行サービスをスタートさせる。(2016/12/14)

高齢者は過去最の3461万人:
異業種参入相次ぐ介護ビジネス AIも戦力
介護事業への異業種参入が相次いでいる。人工知能(AI)技術や情報通信技術(ICT)などの進展を背景に、電機メーカーや警備会社など、異業種ならではの新しい視点が課題解決の糸口になるかもしれない。(2016/12/14)

ソニー、スマホゲームに本格参入 「みんなのGOLF」「パラッパラッパー」「ぼくのなつやすみ」など人気作リメイク
ソニーの子会社が、スマホ向けゲームを来春から順次公開すると発表。「みんなのGOLF」「パラッパラッパー」などPlayStationの人気作をリメイクする。(2016/12/8)

電子ブックレット/法制度・規制:
動き出す電力システム改革XV
日本では地域ごとに送配電ネットワークが分かれていて、地域間でやりとりできる電力の容量に制限がある。地域間をつなぐ連系線の容量を割り当てるルールは新規参入の事業者には不利な形になっている。各事業者が公平に連系線を利用できるように、有料のオークション方式に変更する方向だ。(2016/12/7)

ダイヤの次に硬い「タングステン印鑑」パナソニックが12月発売 蛍光灯製造技術を応用
パナソニックが蛍光灯などの製造技術を応用して冶金事業に本格参入。タングステン製の印鑑や手袋を12月から順次発売する。(2016/12/5)

PR:えっ、ニフティがレトロゲームに参入!? 異色すぎる問題作「出世街道珍道中!守ってデスクトップ」
(2016/12/6)

日中で展開:
ドコモ、「バーチャルアイドル」に参入
ドコモがバーチャルアイドルビジネスに参入。新キャラクターを日中で展開する。(2016/12/2)

宇宙開発に広がる民間参入 ANAとHISが共同出資 後発日本勢に追い風
宇宙へのビジネス展開で欧米勢の後塵(こうじん)を拝してきた日本勢だが、航空大手と旅行大手が参画することは、後発の日本勢にとって追い風となる。(2016/12/2)

GoPro、従業員の約15%(約200人)をリストラへ 「Karma」リコールが響いたか
アクションカメラのGoProが、従業員の約15%のリストラ計画を発表した。上場企業として、2017年通年の黒字確保を目指す。同社は10月に小型ドローン「Karma」発売でドローン市場に参入したが、Karmaは電源問題で自主リコールになった。(2016/12/1)

パチンコ業界でVR?:
「GANTZ:O」のVRコンテンツを産んだ京楽に聞く、映像表現のこれから
2016年はさまざまなコンテンツプロバイダーがVRに参入し始めている。「GANTZ:O_VR」を手がけた岩野氏に話を聞いた。(2016/12/16)

2017年から順次製品を発表:
MediaTek、自動車市場に本格参入へ
ファブレス半導体メーカーのMediaTekは、自動車市場へ参入することを発表した。ADAS(先進運転支援システム)やミリ波レーダーなどの4つの分野について、2017年から順次製品を展開する。(2016/11/30)

無線LAN最強メーカー、本格上陸:
PR:「Archer C9」に見る、TP-Linkが世界一売れている5つの理由
無線LAN機器の最大手、TP-Linkがティーピーリンクジャパンを立ち上げ、日本市場に本格参入した。同社の製品が世界的に売れている理由は何か?(2016/11/25)

プロサッカークラブが“ゲーム”に参入する理由は? 「東京ヴェルディeスポーツ部門」設立の狙い
Jリーグに加盟する「東京ヴェルディ1969フットボールクラブ」がeスポーツ部門を設立する。肉体派のプロサッカークラブがバーチャルな「eスポーツ」に参入するのはなぜか?(2016/11/22)

ビジネスチャットの地殻変動
Slack vs. Microsoft Teams以上に注目したい「働き方の劇的変化」
今、ビジネスチャットに注目しているユーザーたちは「Microsoft TeamsがSlackに仕掛けた戦い」に夢中だ。しかし、Microsoft参入はもっと大きな、「働き方の本質」を変えようとしている。(2016/11/18)

JIMTOF2016:
オークマが参入した金属3Dプリンタの複合機、工程集約の立役者は柔軟なスポット径
オークマは「JIMTOF2016」において、金属3Dプリンタ機能を備えた複合加工機を出展。ミーリングや旋削、研削加工、焼入れ、金属積層造形などの工程に1台で対応することで工程集約できる利点を訴えた。(2016/11/18)

パナソニック、「ミラーレス車」参入 車の視界すべて取り込む
バックミラーやサイドミラーの代わりに高性能カメラとモニターを取り付けた、「ミラーレス車」用の基幹部品の販売をパナソニックが始める。(2016/11/16)

電力自由化で勝者になるための条件(24):
電力の小売システムはコスト重視で、クラウドサービスの利用も
新たに電力の小売事業に参入する場合には、システムの構築方法がいろいろある。システムの投資を最小化できるように、安価なクラウドサービスを利用するケースが増えてきた。当初は顧客管理をExcelで簡易的にこなしながら、広域機関のWebシステムを利用する方法もある。(2016/11/16)

JBL、harman/kardonブランドも:
Samsung、Harman Internationalを80億ドルで買収──自動車IT参入へ
Samsungが、コネクテッドカー市場で大きなシェアを持つ米音響機器メーカーHarman Internationalを80億ドルで買収すると発表した。「Android Auto」のGoogleや「Car Play」のAppleに続いて自動車IT市場に参入する。(2016/11/15)

PR:製造業や自動車、公共などのIoT活用を支援 海外実績を引っ提げて日本市場に本格参入するHPE
IoTがいよいよ実用段階に突入した。センサーなどから収集した大量データを、多角的に分析できるメリットはあらゆる企業の競争力強化に大きく貢献する。ただし、IoTのビジネス活用について多くの企業はまだ手探り状態なのも現状だ。そうした中、IoTのビジネス活用に取り組み、着実に実績を積み重ねているのが日本ヒューレット・パッカード(HPE)だ。先行事例などとともに同社の取り組みを紹介しよう。(2016/11/15)

移動スーパー、全国に拡大 「買い物弱者」増加、コンビニや流通大手も参入
過疎地や郊外に住む高齢者が普段の買い物に困る「買い物弱者」の増加で、移動販売車が全国で拡大している。(2016/11/14)

「手書きアニメ制作は若手の参入障壁」――「攻殻機動隊」の神山監督が絵コンテ制作をフルデジタル化した理由
「攻殻機動隊 S.A.C.」や「東のエデン」を手掛けた神山健治監督が、アニメ制作現場にWindowsタブレットを導入した感想を語った。(2016/11/11)

ソフトバンク、自転車シェアリングに参入 IoT活用
ソフトバンクがIoTを活用し自転車シェアリングサービスに参入。(2016/11/10)

ソフトバンク、自転車シェアリング事業に参入 各地域の事業者と提携 スマホで簡単利用
既存事業者と提携し、IoTを活用した自転車シェアリングサービスに参入する。(2016/11/10)

Cloudian HyperStore/NexentaStor搭載アプライアンスを投入:
レノボ、SDS市場に参入 x86採用SDI製品のラインアップを拡充
レノボ・ジャパンが、SDI関連製品のラインアップを大幅に拡充する。SDSアプライアンスとハイパーコンバージインフラ製品を多数用意した。(2016/11/10)

トヨタ、環境技術全方位対応 20年までにEV本格参入 各社こぞって開発強化
トヨタ自動車が、2020年までに電気自動車へ本格参入し、量産を始める方向で検討していることが7日、分かった。(2016/11/8)

Adobeが人工知能「アドビ先生」発表 名前の由来は?
Adobe Systemsも人工知能に参入。その名はなんと「Adobe Sensei」だ。(2016/11/3)

資生堂、事業所内保育事業に参入 社内の支援ノウハウ活用
大手化粧品メーカーの資生堂は11月1日、保育事業への参入を発表。2017年2月をめどにJPホールディングスと合弁会社を設立する。“女性が働きやすい会社”で知られる同社がノウハウを生かし、女性活躍の支援を行う。(2016/11/1)

製造業IoT:
ノンプログラミングでIoTアプリを開発できる、DIY型のIoT開発も可能に
インフォテリアが、IoTソフトウェア基盤事業に参入する。第1弾製品となるIoTアプリをノンプログラマブルで開発/配布できる「Platio」を発表するとともに、Platioを用いた「DIY型IoT」開発環境の構築を目的にハードウェアベンチャーのCerevoとも協業した。(2016/10/31)

船井電機、国内テレビに再参入 ヤマダ電機で独占販売
船井電機が国内のテレビ販売に再参入。来春からヤマダ電機で独占販売を始める。(2016/10/28)

製造業がサービス業となる日:
オムロンがなぜセンシングデータの流通市場構築に動くのか
IoTによる製造業のビジネス革新の動きとして「サービス化」への関心が高まっている。その1つの基盤として、IoTによって得られたセンシングデータを流通させる「データマーケット」が注目されている。このデータ流通市場構築にオムロンが乗り出すことを表明。なぜ、オムロンはデータ取引市場に参入するのだろうか。(2016/10/26)

ルネサス エレクトロニクス R-Car スタータキット:
「1人1台」の自動運転開発環境、5万円から提供
ルネサス エレクトロニクスは、ADASなど車載ソフトウェア開発向けとして、5万円から購入できる開発キットを投入する。各種オンラインショップなどからも購入可能で、入手性を高めエンジニアの参入を促す狙いだ。(2016/10/25)

ローソン、銀行事業の準備会社設立 11月下旬にも
ローソンは銀行事業参入のための準備会社設立を決議した。11月下旬に設立予定。(2016/10/24)

NEC、製造業のデジタル化を支援へ CIO補佐官の派遣も
製造業のIT部門向けに、デジタルビジネス参入を視野に入れた「IT組織変革ソリューション」を発売し、1カ月の短期間で組織改革プラン作成や、CIO補佐官の派遣による直接支援を実施する。(2016/10/21)

車載ソフトウェア:
ルネサスから5万円の自動運転開発用SoCキット、ディープラーニングでの画像認識にも対応
ルネサス エレクトロニクスは、高度運転支援システム(ADAS)のソフトウェア開発向けに5万円から購入できる開発キットを発売する。ディープラーニングによる画像認識を使った運転支援や統合コックピットの開発に対応する。安価な開発キットを販売することで、エンジニアの新規参入を促す狙いだ。(2016/10/21)

産業用画像技術:
ヤマハ発動機がマシンビジョンへ参入へ、自社以外のロボットにも対応
ヤマハ発動機は画像処理機能一体型の産業用カメラを発売する。従来ヤマハ発動機は自社のロボット用の画像処理製品を提供してきたが、新製品は自社製品以外にも対応し、カメラ単体でのビジネス拡大にも取り組む方針である。(2016/10/20)

LINE、法人向けコミュニケーション市場に参入 来春サービス開始
LINEが法人向けコミュニケーション市場に参入へ。兄弟会社のワークスモバイルと提携し、新ツールを来春から国内で展開する。(2016/10/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。