ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「参入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参入」に関する情報が集まったページです。

大手コンサル会社も参入:
優勝賞金1億円超えも eスポーツの市場拡大は本物か
コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」。大手コンサルティング会社も事業に参入し、ゲーム業界の外へとビジネスチャンスの広がりも見せ始めた。国内でも優勝賞金が1億円を超える大会が開催されるなど話題性も手伝って、認知度も高まりつつある。果たして市場拡大の勢いは本物なのか? 普及元年になる1年の幕が上がった。(2019/1/17)

3Dプリンタニュース:
2017年の3Dプリンタ世界市場の調査結果を発表、前年比18.4%増に
矢野経済研究所は、世界の3Dプリンタ市場の調査を実施し、需要分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。世界の3Dプリンタ市場規模は、2021年には48万台になると予測している。(2019/1/16)

訪日客集客へ、個性競うホテル コンセプト強調、泊まれる本屋、ゲーム機の設置も
政府による訪日プロモーション活動や、格安航空会社の国内線参入が進んでいることなどでインバウンドが増加、ホテル業界にも追い風が吹いている。(2019/1/16)

自然エネルギー:
奥村組が再エネ事業に参入、北海道でバイオマス専焼発電
ゼネコンの奥村組が再生可能エネルギー事業に参入。発電プラントコンサルタントのシンエネルギー開発が北海道で開発を進めている「石狩バイオマス発電事業」に参画する。(2019/1/16)

Vicor グローバルオートモーティブビジネスデベロップメントVP Patrick Wadden氏:
PR:Vicorが自動車市場に参入、12Vから48V給電時代へ
Vicor(バイコー)は、48V電源ソリューションやモジュール型パワーソリューションなどの製品を開発し、パワーコンポーネントの専業メーカーとして着実な成長を続けている。そのVicorは2019年から、自動車市場への参入を本格化させる。VicorでオートモーティブビジネスのVP(統括責任)を務めるPatrick Wadden氏に、自動車市場参入における戦略やキープロダクトについて聞いた。(2019/1/16)

ZOZO前澤氏に便乗、クロちゃん「お年玉ツイート」でまた炎上
年始早々、世間を騒がせたZOZOの前澤友作社長による総額1億円のお年玉企画。そこにお騒がせ芸人が参入したら、案の定の結果となった。(2019/1/11)

カシオ、医療用カメラ参入 皮膚科向け、撤退のデジカメ技術活用
撤退したコンパクトデジタルカメラの技術資産を活用し、接写機能が高く、皮膚疾患の臨床診断に特化した「ダーモカメラ」を展開する。(2019/1/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
「いきなり!ステーキ」は相次ぐ競合の参入を振り切れるか?
これまで破竹の勢いで成長してきた「いきなり!ステーキ」。ここへ来て競合となる店舗が次々と登場している。今後の展開はどうなるのだろうか?(2019/1/10)

5G、楽天、ドコモ値下げ――2019年のモバイル業界注目トピック
2019年は、モバイル業界にとってターニングポイントの一つといわれる年になりそうだ。特に注目すべき3つのトピックを紹介したい。9月に「5G」のプレサービスが始まり、10月には楽天がMNOとして参入予定。ドコモが料金プランを変えることも見逃せない。(2019/1/9)

「イオンモバイル」のユーザーが変わった理由 今後はポイントや金融サービスとの連携も視野に
イオンリテールが「イオンモバイル」としてMVNO事業に参入してから間もなく3年になる。サービス開始当初の2016年と比べ、ユーザーの利用動向が変わってきているという。その理由をイオンリテール 商品管理本部 モバイル事業部 事業部長の井関定直氏が説明した。(2019/1/7)

「5G元年」「楽天参入」の2019年 携帯キャリアが年頭所感で決意表明
2019年が明け、通信キャリア各社のトップが年頭所感を発表。2019年は「5G」と「楽天参入」がキーワードといえる。各社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか。(2019/1/7)

カシオ、医療カメラ参入 皮膚科向け、撤退のデジカメ技術活用
カシオ計算機が春に医療用カメラ事業に参入する。厚生労働省が昨年12月末に、腕時計などの生産拠点である山形カシオでの製造を認可した。同年に撤退したコンパクトデジタルカメラの技術資産を活用する。(2019/1/7)

石野純也のMobile Eye:
行政からのメスで「料金」が焦点に/苦戦を強いられるMVNO――2018年のモバイル業界を振り返る
2018年は、モバイル業界に行政からのメスが入った1年だったと総括できる。2017年から徐々に勢いを落としていたMVNOについては、LINEモバイルがソフトバンク傘下に入るなど、合従連衡の動きがさらに強まった。端末を見ると、Huaweiの躍進やOPPOの新規参入に沸いた1年だった。(2018/12/29)

太陽光:
卒FIT太陽光の買い取り、昭和シェルとソーラーフロンティアも参入を表明
昭和シェル石油とソーラーフロンティアは、2019年秋から登場する住宅の「卒FIT太陽光」の余剰電力買い取りサービスを提供すると発表。調達した電力を活用した低CO2電力プランの販売についても検討を進める方針だ。(2018/12/28)

電子マネー決済でアフリカビジネスに新たな商機
電子マネー決済の普及でアフリカビジネスが変貌している。銀行口座を持っていないことがビジネス展開のネックになっていたためだ。新たな決済機能の浸透を背景に大手商社などの参入も相次ぐ一方で、現地でもベンチャーが続々と誕生している。(2018/12/26)

太陽光:
太陽光で無電化地域の生活を支援、住友商事が自家消費サービスに出資
住友商事が途上国向けに太陽光発電や蓄電池などを設置する自家消費サービスに参入。太陽光パネルと蓄電池を組み合わせた自家消費システムを提供するケニアの企業に出資参画したと発表した。(2018/12/25)

ベンチャーが続々誕生:
電子マネー決済でアフリカビジネスに新たな商機 
電子マネー決済の普及でアフリカビジネスが変貌している。銀行口座を持っていないことがビジネス展開のネックになっていたためだ。SOMPOホールディングス(HD)は11月、仮想通貨を使ってケニアを拠点に海外送金を展開するBTCアフリカ(通称ビットペサ)に出資した。新たな決済機能の浸透を背景に大手商社などの参入も相次ぐ一方で、現地でもベンチャーが続々と誕生している。(2018/12/25)

Mobile Monthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(4月編):3キャリアがRCSベースの「+メッセージ」導入へ/楽天のキャリア参入決定
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。4月は大手キャリアの「+メッセージ」導入や、楽天のキャリア参入決定が大きな話題となりました。(2018/12/22)

MVNOに聞く:
キャリア参入まで1年を切った楽天 MVNO「楽天モバイル」の現状は? 大尾嘉氏に聞く
MNO(通信キャリア)として自ら設備を持ち、通信事業に新規参入する楽天だが、MVNOの楽天モバイルも、着実にユーザーを増やし、規模を拡大している。料金プラン「スーパーホーダイ」やau回線の導入、店舗開拓などを中心に話を聞いた。(2018/12/21)

FAニュース:
3Mと愛知産業、溶接分野向けのロボット研磨市場に参入
スリーエム ジャパンは、愛知産業と提携し、溶接分野向けのロボット研磨市場に参入すると発表した。これまで特に人的依存度が高かった研磨工程において、熟練工の加工品質に匹敵するロボット研磨のプログラミングが可能になる。(2018/12/20)

スマートシティ:
積水化学が“タウンマネジメント”に本格参入、初弾に朝霞市の分譲住宅で最新IoT技術を導入した街づくり
積水化学工業は、タウンマネジメント事業に本格参入する。新会社「セキスイタウンマネジメント」を2019年1月4日に設立し、第一弾として朝霞市根岸台の分譲地でIoTやセンシング技術を導入したタウンマネジメントを実施し、その後順次全国に展開して2021年度までに1000戸の管理を目指す。(2018/12/19)

0.5歩先の未来を作る医療IT
クラウド事業への参入が進む医療ITベンダー、普及期に入った医療クラウドサービス
医療業界で普及が進むクラウド技術のうち、地域連携ネットワークやクラウド診療予約システム、Web問診システム、オンライン診療システムの活用状況について解説します。(2018/12/12)

世界の大規模サイトが利用:
オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。(2018/12/14)

市場は拡大し大手企業が続々参入:
スタートアップと巨人が衝突 2019年のフィンテック業界を占う
フィンテック業界は大手が続々参入したことで、2019年は大競争時代へ。スタートアップと超巨大企業がぶつかる年になりそうだ。(2018/12/12)

家計簿アプリからクーポンアプリに展開:
マネーフォワードがクーポンアプリ「tock pop」スタート
マネーフォワードがクーポンアプリに参入。当初は12社のクーポンを取り扱う。マネーフォワード MEのIDとパスワードからログインが可能。(2018/12/11)

幾度の転職・挫折にも負けず:
日本女性の胸「苦しめない」高級下着を 女性起業家、裸一貫からの挑戦
高級ランジェリーにある女性起業家が参入。大手が寡占する業界を「日本女性向け」のコンセプトで切り開き、高級百貨店での販売にこぎつけた。(2018/12/10)

製造業IoT:
日立アプライアンスが再生医療市場に参入「ソリューション事業の第1弾」
日立アプライアンスは、東京・日本橋に開設した「再生医療技術支援施設」を報道陣に公開。大学や研究機関、製薬メーカーなど向けに、iPS細胞に代表される再生医療に用いられる細胞加工を行うためのクリーンルームを提案する他、それらの顧客や、再生医療に用いる機器メーカーとの協創の場として活用する方針だ。(2018/12/7)

KDDI、VTuber育成へ 誰でもVTuber体験できるスタジオ整備へ
KDDIがVTuberの育成事業への参入を検討していることが4日、分かった。人気VTuberを育てることで、動画配信を拡大し通信料の増加を見込む。(2018/12/6)

より完成度高く:
KDDI、Vチューバー育成へ 事業参入を検討、一般向け体験施設も整備
KDDIが3次元(3D)や2Dのキャラクターを使って動画配信を行うバーチャルユーチューバー(Vチューバー)の育成事業への参入を検討していることが4日、分かった。人気Vチューバーを育てることで、動画配信を拡大し通信料の増加を見込む。誰でもVチューバーを体験できるように専門機材をそろえた施設を近く整備し、Vチューバーの裾野を広げる。(2018/12/6)

楽天、基地局整備300億円圧縮見通し 分離プランは「追い風」
楽天の広瀬CFOは3日、産経新聞のインタビューに応じ、来年10月に参入する携帯電話事業に関し、基地局の整備費用について「5千億円以下でできる見通しが立った」と述べた。当初の計画より投資負担を約300億円圧縮する。(2018/12/4)

政府がGoogleなど巨大IT企業規制へ、独禁法の課徴金を引き上げ検討
政府が米Googleなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化に乗り出すのは、データの寡占が進めば他の企業の参入機会が失われ、競争環境の悪化につながると懸念するからだ。(2018/12/3)

DNP、情報銀行に本格参入 中部電、JTBと協業 実証事業展開へ
報銀行を巡っては、個人データの安心・安全な管理、流通方法、データ提供を受けた企業がどのようなサービスができるかなどが課題となっている。(2018/11/30)

顧客ニーズは高まりつつあるが……:
ゴールドマン・サックス、「仮想通貨事業に参入する準備はまだ整っていない」
ゴールドマン・サックスのデジタル資産市場の責任者であるジャスティン・シュミット氏は、ニューヨークで開催されたカンファレンスに登壇。同社がいまだに仮想通貨事業に参入する準備を整えられていないことを明かした。(2018/11/29)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の余剰電力でVPP構築、リミックスポイントとIBM
リミックスポイントが住宅の“卒FIT太陽光”のアグリゲート事業に参入。日本IBMの支援を受け、新しい再生可能エネルギー取り引きのスキームの構築を目指すという。(2018/11/29)

LINE、信用スコア事業に参入 第1弾は個人向けローン
LINEが、ユーザーの信用を数値化する「信用スコア」事業に参入する。(2018/11/27)

「LINE BANK」開業へ みずほFGと銀行業参入 正式発表
LINEは、みずほフィナンシャルグループと共同で銀行業に参入する。「LINE BANK」設立に向け、2019年春に準備会社を設立する方針だ。20年の開業を目指す。(2018/11/27)

総務省、BS放送への新規参入を公募
総務省が、BS放送へ新規参入する事業者を公募する。事業者は2020年夏〜秋ごろに放送を始める予定だ。(2018/11/22)

PR:先進的な指紋認証ディスプレイ搭載 OPPOの新スマホ「R17 Neo」がお買い得の理由
2018年に日本市場へ参入したOPPOが、UQ mobile独占販売で新型スマートフォン「R17 Neo」を投入する。先進的な“ディスプレイ内蔵の指紋センサー”やデュアルカメラを搭載しながら、本体代金3万円台という価格を実現。その特徴をチェックしていこう。(2018/11/22)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
OPPOはなぜ矢継ぎ早に日本でSIMフリースマホを投入するのか? トウ代表に聞く
2018年に「R11s」で日本市場に参入したOPPO。11月にはハイエンドモデルの「Find X」を、そしてUQ mobile向けに「R17 Neo」を投入した。新規参入のメーカーとして、この発売ラッシュは異例のことだ。OPPOは日本市場をどう攻略しようとしているのか。(2018/11/20)

「リアル店舗の強み生かす」 中古車売買のガリバー、個人間カーシェアに参入
中古車売買のガリバーが、個人間カーシェアに参入。全国550超の店舗を生かし、利用者が安心してカーシェアを利用できるようサポートするという。(2018/11/16)

自然エネルギー:
“卒FIT太陽光”事業に参入のNTTスマイル、蓄電用「エコめがね」も新開発
太陽光発電の遠隔監視サービス「エコめがね」などを展開するNTTスマイルエナジーは、卒FIT太陽光の余剰電力買い取り事業に参入。この他、蓄電池向けのエコめがねなど、複数の新事業の開発に取り組む計画だ。(2018/11/14)

ドローン×インフラ点検:
ソフトバンクが2019年春にインフラ構造物のドローン点検に本格参入、米・5×5の技術をベースに
ソフトバンクは、インフラの老朽化対策として、ドローンによる社会インフラの保全を行う新サービスを開発し、2019年春から提供を開始する。(2018/11/14)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜオンラインだけでなくリアル店舗も? 「Amazon Pay」コード決済導入の狙い
アマゾンジャパンが「Amazon Pay」でリアル店舗決済に参入した。もはやオンラインコマースの世界では同社抜きでは語れないというほど存在感を増したAmazonだが、なぜリアル店舗まで決済を広げたのか。Amazon Pay事業本部 本部長の井野川拓也氏に話をうかがった。(2018/11/13)

電力供給サービス:
東電の支援でニチガスも電力販売へ、東京ガスへの対抗鮮明に
ガス販売大手の日本瓦斯(ニチガス)が電力小売事業への参入を発表。東京電力エナジーパートナーの支援を受け、電力とガスを組み合わせた料金プランを展開する。関東圏において“東電・ニチガス連合”の大きなライバルである東京ガスのプランより割安な料金設定をアピールした。(2018/11/13)

DMMが終活サービスに参入 終活情報サイト「終活ねっと」買収で
DMMが終活情報サイト「終活ねっと」を運営するスタートアップ企業を買収。終活サービスに参入する(2018/11/12)

「サイバーエージェントビットコイン」解散 コインチェック事件などで参入断念
仮想通貨取引事業を行うサイバーエージェントの子会社「サイバーエージェントビットコイン」が解散していたことが分かった。(2018/11/12)

ネットワークベンダーも公表:
“グループを挙げて”基地局設置交渉――楽天がキャリア事業の進捗を説明
子会社を通して2019年10月に携帯キャリア事業に参入する予定の楽天。その進捗(しんちょく)が明らかとなった。料金については未確定要素が多いものの、ネットワーク回りについてはある程度順調に進んでいるようだ。(2018/11/8)

駐車場シェア、異業種から続々参入 用地確保に苦戦で撤退例も
都市部を中心に駐車場不足が深刻化するなか、需要の拡大が期待される駐車場シェアリングサービスには異業種の参入が相次いでいる。(2018/11/8)

太陽光:
丸紅も“卒FIT太陽光”の買い取り参入、「再エネのプラットフォーマーを目指す」
丸紅新電力がベンチャー企業のパネイルと新会社「丸紅ソーラートレーディング」を設立。“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電の余剰電力買い取りサービスを開始した。(2018/11/8)

エネルギー管理:
ローソンが「仮想発電所」に、電力コストを削減して需要家に還元
三菱商事とローソンが、コンビニの店舗を活用したバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)事業への参入を発表。店舗の設備を遠隔制御して電力コストを削減し、こうしたコストメリットの一部を需要家に還元するという。(2018/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。