ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームアプリ」最新記事一覧

「ポケモンGOの業績への影響は限定的」 任天堂がコメント発表
ポケモンGOが任天堂の業績に与える影響は「限定的」だという。(2016/7/22)

強盗事件やウイルス感染も――マカフィーが「Pokemon GO」に関する注意喚起
マカフィーは、スマートフォン向けゲームアプリ「Pokemon GO」の注意点をブログで紹介。現実世界での危険やマルウェアへの感染などについて解説している。(2016/7/22)

普段ゲームをしない層の2割が「ポケモンGO」に関心――クリエイティブジャパンの調査
クリエイティブジャパンは、20〜60代の男女750人にスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」に関するアンケート調査を実施。普段ゲームをしない層でも2割が関心を持っていることが分かった。(2016/7/22)

週末エンプラこぼれ話:
「Pokemon Go」をBIで分析すると……?
ついに日本でもプレイ可能となったスマートフォンアプリ「Pokemon GO」。先行リリースした米国では、Power BIのコミュニティーメンバーが役立つデータをダッシュボードでまとめている。ゲームの攻略サイトがダッシュボード化する時代も近いかも。(2016/7/22)

マクドナルドと「ポケモンGO」のコラボ詳細が明らかに 約2900店舗が「ジム」「ポケストップ」として登場
アイテムをゲットしたり、他のプレイヤーと「ジムバトル」したりすることが可能。(2016/7/22)

業界関係者が「ポケモンGO」の世界的大ヒットを“予測できなかった”ワケ
「ポケモンGO」が世界的な大ヒットとなっている。しかしアプリ業界の関係者は、ここまでのヒットになるとは誰も予想できていなかった。“アプリのプロ”がヒットを見抜けなかった理由とは。(2016/7/21)

「ポケモンGO」にも脅威が?:
IoT時代のセキュリティはライフサイクル全体で
マカフィーは2016年7月20日、同年5月30日付でマカフィー社長になった山野修氏の就任に伴い、新体制における戦略説明会を開催した。山野氏は、「デバイスやデータの増加や、クラウドの活用といったデジタル世界の変化により、サイバー上の脅威が増大している」と語る。(2016/7/21)

日本マクドナルドが「Pokemon Go」とコラボ――詳細は「環境が整い次第報告」
日本マクドナルドが「Pokemon Go」とコラボレーションを進めていることが正式に案内された。詳細は後日案内される。(2016/7/20)

にほんばれ:
「Pokemon GO」日本公開間近か “Japan”が稼働サーバーの一覧に登場
日本での配信開始が待たれる話題の「Pokemon GO」ですが、まもなく日本のユーザーもポケモントレーナーとして旅立つことができそうです。待ちぼうけにサヨナラバイバイ。(2016/7/20)

「Pokemon GO」のデータ通信料が1年間無料になる「DTI SIM ノーカウント」予約受付開始
DTIは、特定アプリでのデータ通信量が1年間無料になる新プラン「DTI SIM ノーカウント」を発表。月額1220円(税別)から利用でき、リリースは「Pokemon GO」の日本配信開始後を予定している。(2016/7/19)

「ポケモンGO」のデータ通信を1年間無料に DTIが格安SIMに新プラン
ポケモンGOのデータ通信を1年間無料にする格安SIM「DTI SIM」の新プラン。(2016/7/19)

「夢の時代」が終わった今、ゲームアプリを作る意味 「ひとりぼっち惑星」開発者に聞く
宇宙から届く「こえ」を探すゲーム「ひとりぼっち惑星」。いつでも連絡がとれるのが当たり前の時代に、なぜ流行したのだろうか? 開発者に聞いてみた。(2016/7/18)

「ポケモンGO」の国内配信は「7月中」? 今週中にも配信との報道もあったが
サーバ増強がカギを握るようです。(2016/7/16)

「ポケモンGO」 日本国内での配信を開始
ついに……!(2016/7/22)

「ポケモンGO」のデイリーユーザー数が北米ゲームアプリの歴代首位に アプリ全体でもGoogle Mapsに迫る勢い
デイリーユーザー数が2100万人弱に達し、「キャンディークラッシュ」の記録を更新。(2016/7/14)

らいらの“キレイ”になれるかな:
歯みがきを見直して歯を美しく! スマホと連動する歯ブラシアタッチメント「G・U・M PLAY」
注目の美容家電を実際に使って効果を体験してみる「らいらの“キレイ”になれるかな」。今回は「みがき方をみがく」というコピーが印象的な歯ブラシアタッチメント「G・U・M PLAY」を試してみます。(2016/7/10)

格安SIM端末の選び方 スペックで注目すべき点は?
(2016/7/8)

問題作「ようじょあつめ」が「ようせいあつめ」にリニューアルする苦肉の策でついに配信……ってコレ羽根生えただけだあ!
Android版が7月7日より配信開始。なお、iOS版の審査は難航しているもよう。(2016/7/6)

「iOS安全神話」はもはや崩壊?:
PR:iOSアプリをリバースエンジニアリングから守る「難読化技術」とは
ビジネスでもプライベートでも、モバイル、スマートデバイスの利用は一般的になった。その結果、スマートデバイスを狙うサイバー犯罪も増加の一途をたどっている。特に脅威なのは「リバースエンジニアリング」を悪用し、機密情報の窃取などを行う攻撃だ。本稿では、これを防ぐ手法の1つとして、開発者にもユーザーにも負担の少ない「難読化」について解説しよう。(2016/7/5)

ディスプレイに貼り付けて使える――「android/iOS対応 スマホ・タブレット用ジョイスティック」
上海問屋が、スマートフォンやタブレットに装着可能なジョイスティックを発売した。価格は599円。(2016/6/29)

ぶじ ふっきゅう しました 人気すぎてダウンしていた「ひとりぼっち惑星」無事に復旧果たす
開発者に「お疲れ様」の声相次ぐ。(2016/6/28)

話題アプリ「ひとりぼっち惑星」の開発者、ひとりぼっちで不具合対応中
ふっきゅう いつまでも おまち しています(2016/6/27)

バットマン仕様の「Galaxy S7 edge」、7月4日12時予約開始 限定100台
バットマンを連想させるブラックな「Gear VR」と、オリジナルスマホカバー、ゲーム用クーポンが付属する。(2016/6/27)

往年の名作「ゼビウス」の新作がスマホ向けに登場 って開発ドリームファクトリーだとおおお!
「ギャラクシアン」や「ギャラガ」の自機でも遊べるパワーアップモードを搭載。(2016/6/24)

子どもも大人も楽しめる「ピタゴラスイッチ」なパズルゲーム「ピタゴラパブロフ」が登場
やってみたら意外と難しい……。(2016/6/24)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「Head Soccer」
初めまして、SHOWCASEを運営しておりますKODAWARI代表取締役の田村です。実は私、ゲーム大好きで(仕事中も)暇さえあれば対戦相手を募集しています。そんな私のイチオシの対戦ゲームが「Head Soccer」です。(2016/6/24)

“ダメ男を見抜くゲーム”はなぜ生まれた? 恋愛アプリで売上106億円・ボルテージの新機軸
ターゲットを女性に絞った“恋愛ドラマアプリ”で成長を続け、売上高100億円を突破したボルテージ。そんな同社をけん引する一風変わったゲーム「ダウト〜嘘つき男は誰?〜」は、証拠を集めて“ダメ男”のうそを暴くゲームだ。本作は何を目指して生まれたのか、担当者に聞いた。(2016/6/24)

「テレビの未来はアプリケーション」――この秋、Apple TVが進化する
「WWDC2016」で新しいtvOSの概要が発表された。一般ユーザーは、今秋からApple TVの無料ソフトウェアアップデートとして新しいtvOSを利用できるようになる。(2016/6/14)

アプリ利用時間、SnapchatがFacebookに続き2位に 米国調査
アプリの利用時間、米国ではSnapchatがFacebookに続き2位に――米App Annieが日米英のアプリ利用動向を発表した。(2016/6/10)

Google Playに「スーパーマリオブラザーズ」なるド直球のパクリアプリが登場して物議
説明文も別ゲームのコピーという大胆さ。(2016/6/9)

WWDC直前の重大独占ニュース!:
App Storeに加えられる3つの改善――林信行がフィル・シラーにインタビュー
WWDCの開催に先駆けて実施した電話インタビューで、AppleはApp Storeに関する重要な取り組みを明かした。Apple幹部のフィル・シラー氏が語るアプリ開発者にとっての重要なトピックとは?(2016/6/9)

PR:これ聞いちゃって大丈夫? Simejiユーザーが気になる広告への疑問 10問10答
バナー広告が表示されるようになった「Simeji」。無料アプリの多くが広告収入に頼っているが、Simejiもそうなのか。ホントはもうかっていてウハウハなんじゃないのか? 矢野氏に聞いた。(2016/6/9)

ユーザー向けキャンペーンをマーケティング担当者がセルフサービスで運用:
ドリコム、ゲームアプリに特化した無料マーケティングプラットフォーム「アソビフェス」を提供
ドリコムは、ゲーム開発企業に向けて、利用料無料のマーケティングプラットフォーム「アソビフェス」を提供開始した。(2016/6/7)

最新スマートフォン徹底比較:
1万円台の低価格SIMフリースマホを徹底比較――スタミナ&ベンチマークテスト編
市場価格が1万円台のAndroidスマホ6機種を比較する。後編ではバッテリーの持ちや処理性能に関するベンチマークテスト、対応する周波数帯について見ていく。コスパの高いモデルはどれだ?(2016/6/7)

PR:メタルフレームのスリム形状にリニューアル!――高速・高画質の新「AQUOS」スマホ
シャープの「AQUOSスマートフォン」が、新デザインを採用して生まれ変わった。丸みを帯びたボディーにアルミフレームを採用して高級感と持ちやすさがアップ。秒間120コマを表示できる「ハイスピードIGZO」も健在。カメラは約2260万画素にパワーアップした。(2016/6/3)

Cygames、背景美術専門会社「草薙」を子会社化
Cygamesがアニメやゲームの背景美術・デザインの専門会社「草薙」を子会社化した。(2016/6/2)

動きが何かキモい! 物理演算でリアルなソーセージ同士をぶつけて戦う謎のゲームが登場
みんなの熱いソーセージをぶつけよう!(2016/6/1)

セキュリティ・アディッショナルタイム(7):
「IoT機器のセキュリティ」実現に向けた各社のアプローチとは
先日開催された「Japan IT Week」の中で大きな比重を占めたテーマが「セキュリティ」、それもさまざまなものがつながるIoTの世界のセキュリティだ。IoTをめぐる脅威が指摘されるようになって久しいが、具体的にどのような対策が可能なのだろうか? セミナーや展示からそのヒントを探る。(2016/6/1)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
正しい歯磨きが楽しく身につくスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」
スマート家電の可能性を語る上で「ヘルスケア」分野の製品を検証しないわけにはいかない。ということで、今回は日本を代表するオーラルケアブランドのサンスターから発売された“スマート歯ブラシ”「G・U・M PLAY」(ガム プレイ)に体当たりしてみよう。(2016/5/27)

「漫画を見た」で割引:
勝間和代さんプロデュース! ボドゲカフェで真剣ゲーム対決
無謀にも勝間さんにゲーム対決を挑む漫画家のサダタロー氏。(2016/5/27)

就活のトリセツ(8):
文系でもエンジニアになれますか?――続 いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT業界は求人多いの? 文系出身でも大丈夫?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい就活生の疑問に、就活のプロがお答えします。(2016/5/27)

アプリ上での適切なコミュニケーションで離脱防止:
マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始したことを発表した。(2016/5/25)

「デジモン」の系譜を継ぐ大型プロジェクト「デジモンユニバース アプリモンスターズ」が2016年秋に起動!
バンダイ・バンダイナムコエンターテインメント・東映アニメーションの3社でマルチに展開。(2016/5/20)

セキュリティ企業がAndroidの攻撃手法を公開、「95.4%に通用」と主張
全Android端末の95.4%に対して通用するという攻撃手法について、セキュリティ企業が実証動画などを公開した。(2016/5/19)

ワギャンランドの「しりとり」アプリが配信! 懐かしい「裏読み」勝負が熱い
1月に行われたクラウドファンディングで目標金額を達成していました。(2016/5/18)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第22回 Dockerで3Dゲームを動かす――稼働編
ここまでDocker環境で3Dゲームを稼働させるための準備や方法などをみてきました。それでは実際に自動車や飛行機、鉄道のシミュレータを稼働させてみます。(2016/5/18)

JR西日本の実在車両と全駅が登場する鉄道ゲームアプリ「PLATINUM TRAIN」
JR西日本エリアを舞台に、実在の車両と駅が登場するスマホゲーム「PLATINUM TRAIN」が公開された。(2016/5/17)

駅や車両が実名で登場 すごろくでJR西日本管轄エリアをめぐる鉄道ボードゲームアプリ「プラチナ・トレイン」配信開始
JR西日本で運行している、おなじみの車両が多数登場。(2016/5/17)

一番くじに「ねこあつめ」が帰ってきた 夏を意識した「一番くじ ねこあつめ〜るんるんサマー〜」
マリンルックのまんぞくさんかわいい。(2016/5/16)

「うたプリ」新スマホゲームはリズムアクション 開発はKLab
ブロッコリーがうたプリシリーズの新しいスマホゲームアプリについて、タイトル名を発表。(2016/5/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。