ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームアプリ」最新記事一覧

スマホアプリ「はねろ!コイキング」日本でも配信開始 iOSとAndroid共に
世界一高く跳ねるコイキングを育てよう。(2017/5/23)

ポケモン新作アプリ「はねろ!コイキング」きょう公開 のんびり育成ゲーム
コイキングが、より高く「はねる」ように育成するゲーム。(2017/5/23)

銀魂もるろ剣もぬ〜べ〜も幽白も! ジャンプの名作で戦うカードゲームアプリが事前登録スタート
お気に入りのジャンプ作品で、ドリームチームを組んでみたい!(2017/5/22)

ITライフch:
サービス開始から半年 LINEモバイルの通信速度は?
開始から半年以上が経過したLINEモバイル。ユーザー数の増加で、通信速度に影響は出ているのか? LINEモバイルのデータSIMをZenFone 3で使用し、都内や東北地方で速度を調べました。(2017/5/19)

コイキングの時代まもなく到来か? 育成ポケモンゲーム「はねろ!コイキング」がイタリアで配信スタート
2017年春に公開されることが発表されていました。(2017/5/18)

「ビジネスパートナーに」:
Facebook、企業向けSNS「Workplace」国内導入
Facebookが企業向けSNS「Workplace by Facebook」を日本市場に導入。社内の情報共有やコミュニケーションを促進する。国内では既にコロプラやビズリーチなどが導入し、社内交流が活発に。(2017/5/18)

組み込み開発ニュース:
サウンドミドルウェアの提供に合わせ、ソフトウェアIP/製品の名称を統一
アクセルは、ゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA」の提供を開始するとともに、ソフトウェアIPやミドルウェア製品の名称を「AXIP」と総称して提供していくと発表した。(2017/5/18)

女性や子どもでも親しみやすいMMORPG:
PCオンラインゲーム「ECO」終了 「品質の維持困難」
PC向けオンラインゲーム「エミル・クロニクル・オンライン」(ECO)が8月31日でサービス終了。運営のガンホーは「今後も永続的に皆様に満足していただくサービスクオリティーを維持した運営を行っていくことが難しくなってきた」と発表。(2017/5/15)

日本人のアプリ所持数は100本以上で“世界一” App Annie調査
「日本のユーザーのアプリ所持数は平均100本以上で、世界で最も多い」という調査結果を、米App Annieが公開した。(2017/5/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
きっぷをカプセルトイで売ってはいけない、なぜ?
JR北海道の新十津川駅で、地元有志が鉄道ファン向けにきっぷを販売した。JR北海道から正式に購入し、「ガチャガチャ」などと呼ばれるカプセルトイの自販機できっぷを販売するというユニークな手法で話題になったが、JR北海道から中止を求められた。これは観光ビジネスにとって教訓になりそうな事例だ。(2017/5/12)

「白猫」依存から脱却なるか:
コロプラ、年初来高値 「新システム」「他社IP」期待
コロプラ(東証1部)が5月10日発表した決算に、株式市場が年初来高値の好反応を示している。新しい課金システムを取り入れた新規タイトルと、他社IP活用の新作に期待が寄せられた。コロプラは市場の期待に応えられるか。(2017/5/11)

Unite 2017 Tokyo:
「個人開発者は“孤独な開発者”になってはいけない」――ヒットアプリ作者が語る“レッドオーシャンの泳ぎ方”
ヒットアプリを生み出している個人ゲーム制作者のいたのくまんぼうさん(和尚さん)が「Unite 2017 Tokyo」に登壇。レッドオーシャンといわれるスマホゲーム市場を生き抜くための方法を語った。(2017/5/11)

ミクシィ減収減益 海外苦戦「モンスト」の“次の一手”は
ミクシィの森田社長が決算発表会でスマホゲーム「モンスターストライク」の今後の展開について話した。(2017/5/10)

ポケモンGO、アプリを0.63.1にアップデート メダルの進捗確認に対応
(2017/5/10)

ポケモンGOに「プロモコード」を使ったプレゼント機能が登場
プロモコードは提携企業のキャンペーンやイベントなどで配布されるとみられる。(2017/5/4)

中国版、韓国版に続き:
北米版「モンスト」終了 海外展開苦戦
ミクシィが5月1日(現地時間)、北米版「モンスターストライク」を8月1日にサービス終了すると発表。日本ではトップを走る「モンスト」だが、中国版、韓国版は撤退するなど、海外展開で苦戦している。(2017/5/2)

週刊「調査のチカラ」:
「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタイルまで。「あなたの知らない世界」へ調査データがいざないます。(2017/4/29)

世界観を再現:
ハウステンボスがスマホゲーム開発 来場者増狙う
ハウステンボスがスマートフォン向けゲームアプリ事業に参入すると発表。テーマパークの世界観を融合したRPGゲーム「エアリアルレジェンズ」を近日中に配信する。(2017/4/26)

ハウステンボス、スマホゲーム参入 リアル園内企画と連動「来園者増につなげる」
ハウステンボスが、スマホ向けゲームアプリ「エアリアルレジェンズ」を2017年春に公開する。実際に園内企画やイベントと連動し、来園者の増加につなげる狙い。(2017/4/26)

「パズドラ」伸び悩むも……:
国内スマホゲーム市場成熟 海外進出の動きも
国内スマホゲーム市場は成熟し、安定的な成長へ。小規模事業者の淘汰や海外進出などが見られるように――矢野経済研究所調べ。(2017/4/24)

「けものフレンズ」再始動 今夏新作ゲーム ブシロードが開発
人気アニメ「けものフレンズ」を題材にしたスマホ向けアプリを、ブシロードが今夏公開。過去に登場した「けものフレンズ」のアプリとは異なる完全新作という。(2017/4/24)

Android版「スーパーマリオラン」、20代の約4割が有料版を購入 iOS版より高い比率
テスティーは、同社運営のスマホ向けアンケートアプリ「TesTee」でAndroid版ゲームアプリ「スーパーマリオラン」に関する調査を実施。10〜20代のダウンロード率は23%で、20代の約4割は有料のステージ開放を行っている。(2017/4/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
4月11日に配信開始 「Windows 10 Creators Update」でPCはこう変わる
いよいよ一般ユーザー向けの配信が始まる「Windows 10 Creators Update」。主な変更点をまとめた。(2017/4/11)

東武動物公園が「けものフレンズ」とコラボ 「アライさん」声優が園内放送
アニメに東武動物公園の飼育員が出演したことがきっかけで、コラボが実現したという。(2017/4/10)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第8回】
従業員がうっかり「不正アプリ」をダウンロード、どう防げばいい?
近年ではスマホの「不正アプリ」によるセキュリティ被害が問題視されています。従業員がそれを有名アプリと勘違いしてインストールしてしまう、という事態を防ぐには、どのような対策が必要なのでしょうか。(2017/4/3)

ポケモンGO、手持ちポケモン画面のスクロールバー表示を変更するアップデート
(2017/4/7)

豪華ニャスト総出演! 映画「ねこあつめの家」ヒロイン・忽那汐里に猫の魅力を聞いてみた
日本に来て猫にはまったという忽那さん。(2017/4/6)

ポケモンGO、福島県・京都府・宮城県へポケストップ&ジムを増設
ゲームアプリ「Pokemon GO(ポケモンGO)」のポケストップ・ジムが増設。今回は福島県の4村町、京都府の2市、宮城県の3市町が対象となる。(2017/4/4)

初心者のためのAndroid&Javaで始めるプログラミング入門(1):
プログラミングとビルド、Androidアプリ開発、Javaの基礎知識
初心者が、Java言語を使ったAndroidのスマホアプリ開発を通じてプログラミングとは何かを学ぶ連載。初回は、プログラミングとビルド、Androidアプリ開発、Javaに関する基礎知識を解説する。(2017/4/3)

「けものフレンズ」アプリ再開「可能性はある」 運営元ネクソンに聞く
28日にアニメが最終回を迎えた「けものフレンズ」。放送終了直後、ネット上では「サービス終了したアプリ版で『Now Loading』と出るようになった」「アプリが復活するのでは」と話題に。その真相は。(2017/3/30)

わーい! アニメ「けものフレンズ」新作映像の制作が決定したよ! 新たなフレンズのイラストも
かもめのフレンズ……かな?(2017/3/29)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

カギは「スピード感」「ライセンス意識」:
「君の名は。」飛騨市に学ぶアニメツーリズム
大ヒット映画を活用したインバウンド事業は、どのような効果があるのか。成功するアニメツーリズムとはどんなものなのだろうか。「君の名は。」の聖地として観光客を国内外から集めた岐阜県飛騨市の例から学ぶ。(2017/3/24)

「ゲーム課金でマイルがたまる」 ANAマイレージが「ガチャに優しい」と話題に その狙いは
ゲームに200円使うごとに1マイルがたまる……そんなサービス誕生のきっかけは、あのゲームアプリだった。(2017/3/22)

ソフトバンク・Y!mobileショップで「Pokemon GO Plus」販売開始 最大500円分のクーポンプレゼント
全国のソフトバンクショップとY!mobileショップで、ゲームアプリ「ポケモンGO」の専用アクセサリー「Pokemon GO Plus」を販売開始。購入した先着1万人に最大500円分のデジタルクーポンをプレゼントするキャンペーンも行う。(2017/3/10)

App Annie、2016年アプリ収益額ランキングTOP52を発表 mixiやLINEがランクイン
App Annieは、3月7日に2016年のアプリ収益額ランキング上位52社を発表した。1位は中国のTencentで、日本からはmixi、LINEほか17社がランクインした。(2017/3/8)

格安スマホに満足していた私がその満足度に疑問を抱いた理由
(2017/3/8)

PR:これぞエンタメスマホの極み――FREETELの「KIWAMI 2」で動画やゲームを遊び尽くす!
FREETELのSIMロックフリースマホ「KIWAMI 2」は、高いスペックを備えながら、4万円台という価格を実現。これだけでも十分魅力的だが、実際の性能が伴わなければ宝の持ち腐れ。実際に1週間ほどKIWAMI 2を使い、使い勝手をレビューした。(2017/3/8)

「もう働きたくないニャ」 PCケースで涼む猫がやる気なさすぎる
(2017/3/4)

Cygames、プロゲーマーの梅原大吾さんとスポンサー契約 プロチーム発足へ
Cygamesが“格闘ゲームのカリスマ”梅原大吾さんらとスポンサー契約を締結。プロチーム「Cygames Beast」を発足する。(2017/3/2)

Yahoo!カーナビで「きせかえボイス」提供開始 第1弾は「アイドルマスター」
“デレマス”で利用料は無料。PSPのカーナビシステム「MAPLUS」から技術協力を受けたという。(2017/3/2)

「LINEスタンプは買っちゃう」のに「ソシャゲには絶対課金しない」のはなぜか
(2017/2/25)

太田智美がなんかやる:
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー
「今のゲームは若い人が作っている。だから、若い人が勝ってしまう。デイサービスなんかでも、真面目にやったら介護士さんが勝っちゃうんですよ。年寄りにはつまらない。だから年寄りが勝てるゲームを作るんです。そうですね〜このあとは、このゲームに音を付けたいですね」(マーちゃん)。(2017/2/24)

PR:映像サービスがモバイル回線で見放題!――「J:COM MOBILE」は単なる格安スマホじゃない
J:COMが提供しているMVNOサービス「J:COM MOBILE」は、いわゆる“格安スマホ”とはひと味違う。ケーブルテレビ事業者として提供している映像配信サービスが、通信料なしで視聴できるのだ。これはどういうことなのか? 確認していこう。(2017/2/17)

コイキング、まさかの主役抜擢 ポケモン新作スマホアプリ「はねろ!コイキング」今春登場
コピーライトには、「生きろ!マンボウ!」開発元の名が。(2017/2/16)

ポケモン新作アプリ「はねろ!コイキング!」今春公開 「生きろ!マンボウ!」開発元が協力
ポケモンのスマートフォン向けアプリ「はねろ!コイキング!」が今春公開。(2017/2/16)

「ひとりぼっち惑星」作者の新作「からっぽのいえ」リリース 人がいなくなった家を機械が守り続ける物語
こんかい も せつない ふんいき。(2017/2/14)

ニコ動「けもフレ」1話が100万再生突破 しかし漫画版終了→アプリ版再開予定なし→ラジオは毎週から隔週へ
アニメ以外のフレンズはどこへ。(2017/2/13)

ポケモンGO、バレンタインデーイベントを実施 ラッキー出現率アップやルアーモジュール6時間など
(2017/2/8)

ユーザー情報反映したプッシュ通知が可能に:
TUNE、アプリマーケティングツール「In-App Marketing」の機能を拡充
TUNEは、アプリマーケティングツール「In-App Marketing(インアップ・マーケティング)」において、機能を拡充したと発表した。(2017/2/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。