ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームアプリ」最新記事一覧

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

カギは「スピード感」「ライセンス意識」:
「君の名は。」飛騨市に学ぶアニメツーリズム
大ヒット映画を活用したインバウンド事業は、どのような効果があるのか。成功するアニメツーリズムとはどんなものなのだろうか。「君の名は。」の聖地として観光客を国内外から集めた岐阜県飛騨市の例から学ぶ。(2017/3/24)

「ゲーム課金でマイルがたまる」 ANAマイレージが「ガチャに優しい」と話題に その狙いは
ゲームに200円使うごとに1マイルがたまる……そんなサービス誕生のきっかけは、あのゲームアプリだった。(2017/3/22)

ソフトバンク・Y!mobileショップで「Pokemon GO Plus」販売開始 最大500円分のクーポンプレゼント
全国のソフトバンクショップとY!mobileショップで、ゲームアプリ「ポケモンGO」の専用アクセサリー「Pokemon GO Plus」を販売開始。購入した先着1万人に最大500円分のデジタルクーポンをプレゼントするキャンペーンも行う。(2017/3/10)

App Annie、2016年アプリ収益額ランキングTOP52を発表 mixiやLINEがランクイン
App Annieは、3月7日に2016年のアプリ収益額ランキング上位52社を発表した。1位は中国のTencentで、日本からはmixi、LINEほか17社がランクインした。(2017/3/8)

格安スマホに満足していた私がその満足度に疑問を抱いた理由
(2017/3/8)

PR:これぞエンタメスマホの極み――FREETELの「KIWAMI 2」で動画やゲームを遊び尽くす!
FREETELのSIMロックフリースマホ「KIWAMI 2」は、高いスペックを備えながら、4万円台という価格を実現。これだけでも十分魅力的だが、実際の性能が伴わなければ宝の持ち腐れ。実際に1週間ほどKIWAMI 2を使い、使い勝手をレビューした。(2017/3/8)

「もう働きたくないニャ」 PCケースで涼む猫がやる気なさすぎる
(2017/3/4)

Cygames、プロゲーマーの梅原大吾さんとスポンサー契約 プロチーム発足へ
Cygamesが“格闘ゲームのカリスマ”梅原大吾さんらとスポンサー契約を締結。プロチーム「Cygames Beast」を発足する。(2017/3/2)

Yahoo!カーナビで「きせかえボイス」提供開始 第1弾は「アイドルマスター」
“デレマス”で利用料は無料。PSPのカーナビシステム「MAPLUS」から技術協力を受けたという。(2017/3/2)

「LINEスタンプは買っちゃう」のに「ソシャゲには絶対課金しない」のはなぜか
(2017/2/25)

太田智美がなんかやる:
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー
「今のゲームは若い人が作っている。だから、若い人が勝ってしまう。デイサービスなんかでも、真面目にやったら介護士さんが勝っちゃうんですよ。年寄りにはつまらない。だから年寄りが勝てるゲームを作るんです。そうですね〜このあとは、このゲームに音を付けたいですね」(マーちゃん)。(2017/2/24)

PR:映像サービスがモバイル回線で見放題!――「J:COM MOBILE」は単なる格安スマホじゃない
J:COMが提供しているMVNOサービス「J:COM MOBILE」は、いわゆる“格安スマホ”とはひと味違う。ケーブルテレビ事業者として提供している映像配信サービスが、通信料なしで視聴できるのだ。これはどういうことなのか? 確認していこう。(2017/2/17)

コイキング、まさかの主役抜擢 ポケモン新作スマホアプリ「はねろ!コイキング」今春登場
コピーライトには、「生きろ!マンボウ!」開発元の名が。(2017/2/16)

ポケモン新作アプリ「はねろ!コイキング!」今春公開 「生きろ!マンボウ!」開発元が協力
ポケモンのスマートフォン向けアプリ「はねろ!コイキング!」が今春公開。(2017/2/16)

「ひとりぼっち惑星」作者の新作「からっぽのいえ」リリース 人がいなくなった家を機械が守り続ける物語
こんかい も せつない ふんいき。(2017/2/14)

ニコ動「けもフレ」1話が100万再生突破 しかし漫画版終了→アプリ版再開予定なし→ラジオは毎週から隔週へ
アニメ以外のフレンズはどこへ。(2017/2/13)

ポケモンGO、バレンタインデーイベントを実施 ラッキー出現率アップやルアーモジュール6時間など
(2017/2/8)

ユーザー情報反映したプッシュ通知が可能に:
TUNE、アプリマーケティングツール「In-App Marketing」の機能を拡充
TUNEは、アプリマーケティングツール「In-App Marketing(インアップ・マーケティング)」において、機能を拡充したと発表した。(2017/2/8)

任天堂「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が配信初日で約3億円稼いだと調査会社が推定 配信日の勢いは「クラッシュ・ロワイヤル」以上
アメリカでも好調なようです。(2017/2/5)

”手強いシミュレーション”がついにスマホで 「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が配信開始でエムブレマー歓喜
聖戦のキャラクターも出して!(2017/2/2)

俳優・遠藤憲一が工作番組で大暴れする動画に「ベテランで遊びすぎ」「シュールすぎる」とネット民騒然
バンダイ……恐ろしい子!(2017/2/2)

Western Digital WD Black:
NVMe規格に対応するPCIe接続SSD
ウエスタンデジタルは、NVMe規格に対応するPCIe接続SSDを発表した。PCIe Gen3 ×4 NVMeをベースとし、従来のSATA SSDの3倍以上となるシーケンシャル読み取り速度を可能にした。(2017/2/2)

ポケモンGO、不具合修正アップデートを開始 Android版の起動時間やPokemon Go Plusとの接続問題を改善
(2017/1/30)

「ガチャより安心」だが……スマホ版「マリオ」は物足りない?
任天堂初の本格的なゲームアプリ「スーパーマリオラン」。ゲームの内容や課金方法については評価が分かれている。(2017/1/30)

物足りないファンも:
任天堂マリオ、スマホの世界でどこまで進めるか
任天堂初の本格的なスマートフォン向けゲームアプリ「スーパーマリオラン」。2016年12月の配信からダウンロード数は順調に伸びているものの、ゲームの内容や課金方法については評価が分かれている。(2017/1/27)

ヤンキーの伝説的聖典「チャンプロード」、ゲームアプリ「単車の虎」内コンテンツとして復活! 初回特集はド派手な成人式
暴走族やそのファッションなどにまつわる記事を、週3回無料で配信。(2017/1/25)

20周年:
ピンクのクマ「ポストペット」がVRに進出
ピンクのクマがメールを運んでくれる楽しさで人気となった電子メールソフト「ポストペット」がVRに“進出”する。生みの親でアーティストの八谷和彦氏が所属するペットワークスが開発に乗り出した。(2017/1/25)

キャリアとの戦いの行方は:
格安スマホ、17年は総務省ガイドライン改定が追い風に
MMD研究所が、MVNO市場の調査レポートを発表。2016年の“格安スマホ”のユーザーは、全体の約1割だった。17年にMVNOがさらなる発展を遂げるには、サービスの独自性が求められるという。総務省のガイドライン改定も追い風になりそうだ。(2017/1/25)

女子高生の約8割がiPhoneを所有、利用アプリは全世代でLINEが最多――MMDの調査
MMD研究所は「女性のスマートフォン利用実態調査」を実施。定期的に利用しているアプリ・サイトは全世代で「LINE」が最多回答となった。(2017/1/23)

「激レア! 琴奨菊★★★」がズドーン! 日本相撲協会公認「大相撲ごっつぁんバトル」がゲームアプリ界に土俵入り
現役だけでなく、歴代の大相撲力士が登場。もし「双葉山★★★★★」とか引けたらうれしい。(2017/1/23)

“松の木と恋する”恋愛ゲームも!? 盛り上がる「自作ゲーム」文化、投稿サイトで人気後押し ドワンゴ「RPGアツマール」公開
近年、じわじわとファンを獲得しつつある「自作ゲーム」。そんな自作ゲームの文化を盛り上げようと、ドワンゴが投稿サイト「RPGアツマール」をオープン。「クリエイターの社会的地位を高めたい」――担当者に自作ゲームへの思いを聞いた。(2017/1/20)

ポケモンGO、GPS精度向上のアップデート実施もiOS版でサインインできない不具合発生
(2017/1/19)

約2年ぶりの新モデル:
auのジュニアスマホ「miraie f」が1月20日発売 “子供っぽくないデザイン”でGoogle Playも利用可能【画像追加】
auのジュニア(小学校高学年〜中学生)向けスマートフォンに、約2年ぶりの新モデルが登場する。子供が成長しても使い続けられることを目指して、デザイン面に工夫を凝らし、「Google Play」にも対応した。もちろん、miraieならではの安心機能も強化している。(2017/1/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windowsユーザーにとって恐怖のブルースクリーンがグリーンになる?
2016年から2017年の年末年始に入って来たWindows 10アップデートに関する注目の情報をまとめて紹介しよう。(2017/1/6)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?
2015年12月から2016年11月までの期間に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。この記事では、いよいよ最優秀機種を発表します……!(2016/12/30)

スマホアプリ「グリモア」が「小林幸子抱きまくらカバー」というカオスを生み出す コラボイベントで
禁断の一品。(2016/12/27)

ブロッコリー、新「うたプリ」ゲームアプリを発表! 公開直後から長期サービス中断した前作のリベンジなるか
前作はリリース直後からアクセスが殺到して、半年間遊べない状態に……。(2016/12/26)

バンナム、日本最強の将棋AI「Ponanza」開発元と協業へ
バンダイナムコが、日本最強の将棋ソフト「Ponanza」を開発するHEROZと資本業務提携を発表。人工知能(AI)を活用したエンターテインメントの創出を目指す。(2016/12/26)

人工知能、FinTech、プログラミング教育:
2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2016年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップします。それらの記事を大きく3つのトピックでまとめますので、これを読んで2016年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2016/12/26)

ルービックキューブ1009個を使った「マリオ」ドットアート動画が圧巻! 京大卒大道芸パフォーマーが制作
人間大サイズのマリオをルービックキューブで表現。(2016/12/24)

Pokemon GO、Apple Watchでも遊べるように
スマートウォッチ「Apple Watch」にゲームアプリ「Pokemon GO」が対応。(2016/12/23)

これでできないゲームはほとんどない!:
映像と音にこだわったゲーマー向けPC「G-GEAR note N1584J-710/T」
ノートPCでもデスクトップPCに肩を並べる3D描画性能を備えたゲーミングPCが爆誕。「GTX 1070搭載」のフルHD解像度のゲーミングノートの実力を見てみよう。(2016/12/22)

タクシー会社が美少女ゲームアプリを出す時代 乗車してキャラを進化させる「GOJO WORLD」登場
むっちゃ新感覚でタクれそう。(2016/12/22)

VRニュース:
VRヘッドセットは2020年に6000万台市場へ、それでも「ARの方が重要性増す」
IDCジャパンは、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)ヘッドセットの市場予測を発表。世界全体の市場規模(出荷台数)は、2016年がVRヘッドセットを中心に急伸し年間1000万台に達する勢い。2020年にはARヘッドセットの成長も始まり、合計で年間7500万台を超えるとしている。(2016/12/22)

セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016レポート:
積雪を溶かす熱い講座で情報セキュリティを学んだ2日間
2016年11月5〜6日、札幌で「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016」が開催された。スマホゲームや法律、クラウド、ハードウェアなど、多角的な視点からサイバーセキュリティを考えるべく行われた講義の模様をレポートする。(2016/12/20)

「BLACK LAGOON」広江礼威&「Fate/Zero」あおきえい監督によるテレビアニメ「Re:CREATORS」が発表 2017年内に放送
制作は「アルドノア・ゼロ」「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のTROYCA。(2016/12/19)

若者が「ポケモンGO」から離れた理由
(2016/12/16)

マリオシリーズ、スマホへ 「スーパーマリオ ラン」いよいよ配信開始
待ってました。(2016/12/16)

Pokemon GO、新しいポケモンを追加 トゲピー、ピチューなど
Pokemon GOに、トゲピーやピチューなど「第2世代ポケモン」が追加。(2016/12/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。