ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームアプリ」最新記事一覧

ITはみ出しコラム:
iOS 11に別れを告げられた悲しき32bitアプリたち
新機能が満載の「iOS 11」ですが、やっぱり32bitアプリが動かなくなるのは残念です。(2017/9/24)

iOS 11では32bitアプリが動かず タイトーはゲームアプリ5つを配信終了に
iOS 11にアップデートすると32bitアプリは動作しなくなるので注意したい。タイトーは5つのゲームアプリの配信を終了する。よく使うアプリがiOS 11に対応しているかも確認したい。(2017/9/19)

これぞ未来のポケモンGO体験? 「相棒ポケモンと記念撮影」イベント開催
「平成29年度[第20回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」にて、実際のプレイヤーとCGのポケモンを一緒に撮影できるイベントを実施中だ。(2017/9/16)

「ときメモ」のアイドルゲーム「ときめきアイドル」誕生 キャラは一新も片桐さんぽい子がいてソーファン! うれしいわ
個人的には「『グラディウス』の続編を作るのが夢」の伊澄いずみも気になります!(2017/9/15)

「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに好影響――東大調査
「Pokemon GO」が労働者の心の健康の保持と増進に有効であると東京大学の研究グループが発表した。(2017/9/7)

PR:ソフトバンクが GCP の「プレミアサービスパートナー」に認定 どんなメリットが生まれる?
(2017/9/5)

ワタシがカレと乳眠する理由:
ワコール、初の恋愛“入眠”ゲーム「カレ眠」配信
ワコールが初の恋愛入眠シミュレーションゲーム「カレ眠★ワタシがカレと乳眠する理由」をリリース。睡眠に関する悩みを抱えている女性に「入眠儀式」と「乳眠」を提案するゲーム。これまで接点がなかった新たな層へのリーチを狙う。(2017/9/1)

ポケモンGOに伝説の三聖獣「エンテイ」「スイクン」「ライコウ」現る 「EXレイド」はフィールドテスト開始へ
9月1日にファイヤー、フリーザー、サンダーの三鳥が去った後は、あの三犬がやって来る。EXレイドはフィールドテストから行われる。(2017/9/1)

ポケモンGO、レイドバトル参加人数の事前確認が可能に ラスト1球の不具合修正も
今回のアップデートはレイドバトルの改善が中心だ。また「Pokemon GO Plus」でジムからの道具入手が可能になる。(2017/8/31)

iPadの上で動くロボットが付録になった「小学8年生」
小学館は、手のひらサイズの小型エデュケーションロボットを付録にした学習雑誌「小学8年生」特別号を発売する。2020年に小学校でプログラミング学習が必須化されることを受けて企画した。(2017/8/30)

現地に最適化したプロモのコツ:
「シャドウバース」が海外でスタートダッシュできたワケ
Cygamesのゲーム「シャドウバース」が、韓国・台湾展開でスタートダッシュに成功している。そのワケは、現地に最適化したプロモーション。スマホゲームの各国の流行やプロモのコツを聞いた。(2017/8/30)

“顔”で操作する斬新な音ゲーが話題に 「全顔が筋肉痛」「見てる方が笑いすぎて腹筋おかしくなる」
自分でプレイすると直視するのがつらい。(2017/8/24)

使い勝手で差別化図る:
楽天、低速時でも1Mbps通信可能な新プラン UQ、ワイモバに対抗
楽天モバイルが、新プラン「スーパーホーダイ」を9月1日から提供開始すると発表した。高速通信容量を使い切った場合でも約1Mbpsと比較的快適なデータ通信が可能な点が特徴だ。(2017/8/23)

「ファイナルファンタジーXV」のストーリーをスマホで 「ポケットエディション」秋に配信
FF15のストーリーをスマートフォンで体験できるゲームアプリ「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」が今秋配信へ。(2017/8/23)

「まどマギ」ゲームアプリ「マギアレコード」配信開始 延期という名の“円環の理”から無事抜け出す
当初は2017年春配信予定でした。(2017/8/22)

「けものフレンズ」復活は?:
スマホゲーム、次のトレンドは“輸入版”? 「自社開発しない」ネクソンの戦略
「国内スマホゲーム市場の次のトレンドは、海外輸入タイトルやオリジナルタイトルになるだろう」――。そんなトレンドを見据え、ネクソンは今後も海外タイトルのローカライズに注力するという。(2017/8/20)

ホットペッパーとコラボ、ゲーム配信:
ダイドー、スマホ連動型自販機に注力 若者呼び込み
ダイドードリンコが、スマホと連動する自動販売機「Smile STAND」を活用した情報配信サービス「Smile Town Portal」を始める。若年層を中心に普及が進むスマホと連動したキャンペーンを展開し、伸び悩んでいる若手顧客を獲得する狙いがある。(2017/8/17)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

不調タイトル終了で違約金:
スマホゲームのマイネット、赤字転落でストップ安
スマホ向けゲームアプリを運営するマイネットが、ユーザー数が伸び悩むゲームタイトルの運営を終了した影響などで特別損失を計上。純損益は1億7700万円の赤字となった。決算内容を受け、株価は年初来安値を更新した。(2017/8/14)

「けものフレンズ」新作ゲーム、その名は「ぱびりおん」
アニメ「けものフレンズ」の新作スマホゲーム「けものフレンズぱびりおん」が発表。スマホアプリ「けものフレンズあらーむ」も。(2017/8/14)

ダイドー、自販機と連動する「ザ キング オブ ファイターズ」アプリを開発 ガチャ演出まで自販機だあ!
飲み物の購入時にもらえるポイントをゲーム内のコインに交換し、アイテムやキャラクターを入手可能。(2017/8/10)

アニメ25周年を記念:
「幽白」蔵馬のトリートメント バンダイが発売のワケ
バンダイが、1990年代に人気を博した漫画「幽遊白書」の人気キャラクター・蔵馬をモチーフにしたアウトバストリートメントの予約受付を開始した。テレビアニメ化25周年などが開発の理由という。【訂正】(2017/8/2)

眼鏡店×人気ゲームのコラボ相次ぐ:
JINSと「アイナナ」コラボ キャラがモデルの眼鏡発売
眼鏡チェーンのJINSが、人気ゲームアプリ「アイドリッシュセブン」とコラボした眼鏡フレームを発売する。アイウェア業界では、アニメやゲームとコラボすることで、新たな顧客層を獲得する動きが相次いでいる。(2017/7/31)

ポケモンGOの黄色リーダーが復帰 レイドバトルや回復時のフリーズ解消も
失踪のうわさがあった黄色チームのリーダーが無事に復帰した。(2017/7/30)

「社員の要望は聞きすぎない」 V字回復ミクシィの「はたらく環境」づくり
V字回復を果たしたミクシィは、“社員のやる気を引き出し、コミュニケーションを創出し続けるため”にどんなオフィス環境を構築しているのか。(2017/7/28)

アプリ開発者の隠れた動機を見抜く
“個人情報を取り過ぎ”なAndroidアプリを機械学習で根絶できるか? Googleが挑戦
Googleはエンドユーザーを保護すべく、機械学習など新たな分析手法を用いて、「Google Play」に登録されるAndroidアプリの検査を強化しようとしている。この試みは成功するのか。(2017/7/28)

15.6型液晶にクアッドコア搭載で3万9800円 「乃木坂46 CM限定モデル」の実力は?
乃木坂46のCM記念モデルとして登場した「m-Book B503E」は非常に安いが実際のところどの程度使えるのか。(2017/7/26)

「全てのゲームはWebでやれ!」 Webブラウザで遊べる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」始動 「FFX」など39作
ヤフーが、ブラウザゲームプラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」をオープン。カドカワやスクエニなど52社が参加し、39タイトルが遊べる。(2017/7/18)

懐かしのケータイギャラリー:
BoAがCMキャラを担当 東芝初のWINケータイ「W21T」
(2017/7/16)

利用頻度は二極分化:
「ポケGO」利用者数、リリース時の半分以下に 高齢化も
リリースから1年が経過した現在、「Pokemon GO(ポケモンGO)」ユーザーはどの程度存在するのだろうか――ヴァリューズ調べ。(2017/7/14)

見た人が笑顔になってくれたら 映画「JKニンジャガールズ」主演の「こぶしファクトリー」に聞いた
ハマってるアプリなども教えてくれました。(2017/7/14)

ポケモンGO1周年「サトシ帽子のピカチュウ」発生! プレミアムレイドパス入り限定ボックスも
(2017/7/7)

PR:生まれ変わった「AQUOS R」は触れば分かる“ヌルサク”スマホだ
シャープのフラグシップスマートフォンが「AQUOS R」として生まれ変わった。最新のプロセッサやシャープならではのディスプレイ技術を搭載。カメラも広角レンズによってより楽しく使えるようになった。そんなAQUOS Rの実力を検証した。(2017/7/7)

純利益165億円:
アニプレックス、前期比2.24倍の好業績 「FGO」効果か
アニプレックスが官報に決算公告を掲載。2017年3月期の純利益は前期比2.24倍の165億6200万円に。「Fate/Grand Order」の好調が業績を後押しか。(2017/7/4)

任天堂、アプリの“課金”今後どうする? 君島社長がコメント
スマートフォンゲームの課金モデルについて、任天堂の君島達己社長が株主総会で言及。スマホ版「どうぶつの森」の課金モデルはどうなる?(2017/7/3)

「勉強しないと世界滅亡」 スマホゲームと連動した中学参考書が登場 人気声優起用、ゲームは課金なし
「勉強しないと、世界滅亡!?」――無料のスマートフォンゲームと連動した中学生向け参考書が学研から。参考書で勉強し、連携ゲームアプリで問題を解くと、ゲームのストーリーが進む。(2017/6/30)

ヘビーユーザーは韓国とメキシコに:
日本はゲームが1位、他の国は? スマホアプリ利用動向
世界各国のスマホユーザーはアプリの利用にどれほど時間をかけているのだろうか――米App Annie調べ。(2017/6/28)

「勉強しないと世界滅亡!?」:
ゲームも勉強も同時攻略 学研のスマホゲーム連動参考書
学研プラスがスマホゲームと連動して学習できる中学生向け参考書を発売。豪華声優陣を起用したゲームアプリ「エターナル・スターダスト」と連動し、勉強することでゲームのストーリーの続きが読める仕組みになっている。(2017/6/23)

ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも
(2017/6/21)

有識者に聞く:
デジタル変革に求められるアナログ力とは?
「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に成功している企業には、どのような特徴があるのだろうか。また、これからの時代でビジネスパーソンが活躍するためには、どのようなスキルが求められるのだろうか――。ガートナージャパンの有識者を取材した。(2017/6/19)

石川温のスマホ業界新聞:
ティム・クックCEOから直々にWWDCに招待された、82歳のマーちゃん――海外旅行が大好きで、サンノゼから帰国の翌日にはロシア旅行へ
6月5日〜9日(米国太平洋時間)に行われたApple主催の開発者向けイベント「WWDC 2017」。この会に、日本から82歳の女性プログラマーが招待された。(2017/6/16)

明日から使えるITトリビア:
若者はみんな使っている? 謎のワード「ギガが減る」とは
あなたのスマホ、“ギガ”減っていませんか?(2017/6/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleは今後も開発者に支持されて勝ち続けられるか WWDC 2017の着眼点
珍しくハードウェアの発表が目立ったWWDC 2017の基調講演。うわさされた新製品が続々と登場する中、筆者は別の視点から基調講演を見ていた。(2017/6/7)

【デレマス】「シンデレラガール総選挙」を数学的に分析して各アイドルの得票数を推定してみた
Pの本気をなめてはいけない。(2017/6/4)

FGO酒呑童子絶対引き当てたい先輩 英霊を祭る地でマシュにガチャを回してもらう
先輩、それ無茶ぶりっていうんですよ。(2017/6/3)

ポケモン新作アクションゲーム「ポケランド」、スマホ向けに登場 Android版は先行プレイ可能
おもちゃの姿をしたポケモンを操作するアクションゲーム。(2017/5/31)

「サン・ムーン」ヒットも寄与:
ポケモン、最終利益159億円超 「Pokemon GO」効果大
ポケモンの決算公告によると、2017年2月期の最終利益は前期比約26倍の159億円。「Pokemon GO」ヒットの影響が大きいと考えられる。(2017/5/29)

スマホアプリ「はねろ!コイキング」日本でも配信開始 iOSとAndroid共に
世界一高く跳ねるコイキングを育てよう。(2017/5/23)

ポケモン新作アプリ「はねろ!コイキング」きょう公開 のんびり育成ゲーム
コイキングが、より高く「はねる」ように育成するゲーム。(2017/5/23)

銀魂もるろ剣もぬ〜べ〜も幽白も! ジャンプの名作で戦うカードゲームアプリが事前登録スタート
お気に入りのジャンプ作品で、ドリームチームを組んでみたい!(2017/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。