ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Home」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Home」に関する情報が集まったページです。

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
毎回の「アレクサ」が不要に 複数の音声コマンドを連続認識できる「会話継続モード」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、日本版でもついに実装されたAmazon Echoの「会話継続モード」を試してみた。(2019/1/16)

Google、「Chromecast Audio」販売終了へ
Googleが、手持ちのスピーカーをスマートフォンやスマートスピーカーとWi-Fi接続して音声をキャストする端末「Chomecast Audio」(4980円)の製造を終了し、在庫がなくなり次第販売も終了する。(2019/1/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
実売3000円台で2つの家電を同時に扱える2個口スマートプラグを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は2つの家電製品をまとめて制御できる、STYLEDの2個口スマートプラグを紹介する。(2019/1/11)

CES 2019:
GoogleアシスタントについてCESで発表された新機能まとめ マップサポートや通訳など
Googleアシスタントがモバイル版「Googleマップ」のナビ画面で使えるようになった。また、Google Homeおよびスマートディスプレイの「通訳モード」でリアルタイムの通訳機能が使えるようになる。その他、AmazonのACK対抗のサードパーティーを取り込むプラットフォームなども発表された。(2019/1/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
サーバトラブルにも負けないスマートリモコンの設定方法
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートリモコンを襲ったサーバトラブルを回避するためのユニークな設定方法を紹介しよう。(2019/1/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
XiaomiがMeituを飲み込みGioneeが破産した理由は? 2018年の中国スマホ市場を振り返る
2018年の中国市場では、中小メーカーにとっては苦しい展開となった。シェア拡大を目指すXiaomiとそれを提携の相手に選んだMeitu。この2社の動きは中国メーカーの統廃合の動きを加速させるかもしれない。(2018/12/31)

ITはみ出しコラム:
世界を席巻する「GAFA」 Google、Apple、Facebook、Amazonの2018年まとめ
昨今は「GAFA」とまとめて呼ばれることも多い、Google、Apple、Facebook、Amazon.com。世界を騒がせたこの4社の2018年を振り返ります。(2018/12/30)

AIがファッションデザイナーになる可能性も
アパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているか
ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。(2018/12/29)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2018年のパーソナルコンピューティング動向を冷静に振り返る
クラウドAIとエッジAIの世界において、「パーソナルコンピューティング」の定義は揺らぎつつある。2018年、ユーザーを取り巻くデバイスとサービスの環境はどう変化したのだろうか。(2018/12/28)

約60%が電子マネー決済を活用 今後にも期待――Zaimの2018年消費動向調査から
個人向け家計サービス「Zaim」を運営するZaimが2018年の消費動向に関する調査結果を発表。よく利用した決済方法のうち電子決済は約60%となり、約38%が今後とくに利用したい決済方法で「電子決済」と回答した。(2018/12/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマート化できない家電操作をスマスピで実現する唯一無二の製品を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は壁面埋め込みの電化製品をスマートスピーカーから操作できる「SwitchBot Hub Plus」を取り上げる。(2018/12/27)

スマホで遺失物を探せる厚さ1.28mmのカード型トラッカー「FINDORBIT CARD」販売開始
epiceがスマホの専用アプリで遺失物を探せるカード型トラッカーの販売を開始。カードのボタンを押せばマナーモードでもスマホのアラーム音を鳴らすことができ、それぞれが30m以上離れると両方からアラーム音が鳴る仕組みを搭載している。「Google Home」や「Amazon Alexa」にも対応する予定だ。(2018/12/25)

Googleさん:
Googleサンタにお願い Pixel 3使ってさらに欲しくなったものたち
クリスマスイブイブなので、Googleさんに今後出してほしい製品やサービスを考えてみました。米国では既に使えるものは来年には来日してほしいところ。(2018/12/23)

AIアシスタントIQテスト、「Googleアシスタント」がトップで「Siri」が2位
「Googleアシスタント」、Appleの「Siri」、Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」に800件の質問をした結果、正解率が最も高かったのはGoogleアシスタントだったと、Loup Venturesが調査の結果を報告した。(2018/12/21)

2018年に買って使ってグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2018年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つものベスト5をピックアップ。あなたのベスト5は何ですか?(2018/12/21)

「Googleアシスタント」の「ホーム・アローン」パロディCM 主演は38歳のマコーレー・カルキン
Googleが、1990年の大ヒットクリスマス映画「ホーム・アローン」で主役を演じたマコーレー・カルキン(当時10歳、現在は38歳)を主役に、この映画の名場面を再現しながらGoogleアシスタントの機能をアピールするCMを公開した。(2018/12/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Home Miniを目覚まし時計風に変身させるスタンドが意外に実用的だった
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Home Miniを、目覚まし時計のように変身させられるスタンドキットを試してみた。(2018/12/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Echo Show」を使う前に変更しておきたい安心・便利に使うための設定7選
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は購入したらまず設定を変更しておきたい、Echo Showを使いやすくする7つの項目を紹介しよう。(2018/12/18)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
画面付きスマートスピーカー「Echo Show」を使って感じたメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程をお届けする本連載。今回は、Amazonの画面付きスマートスピーカー「Echo Show」を実際に使って感じた、メリットとデメリットをまとめた。(2018/12/17)

Alexaスキル開発ツールも動画対応 ディスプレイ付き「Echo Show」発売で
プログラミング不要でスマートスピーカーのスキルを開発できる「NOID」に、動画をアップロードするだけでスキルに組み込める新機能が追加された。(2018/12/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーの聞き取り性能を徹底比較(第2世代Echo Plus編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は第2世代「Echo Plus」の聞き取り性能をチェックした。(2018/12/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーの聞き取り性能を徹底比較(第3世代Echo Dot編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は第3世代「Echo Dot」の聞き取り性能をチェックしよう。(2018/12/13)

モバイル決済おトク情報(Google Pay編):最大5000円のGoogle Playクレジットが当たるチャンス!
Googleの決済サービス「Google Pay」がいろいろなキャンペーンを実施しているのをご存じだろうか。この記事では、12月12日現在においてGoogleが主催して実施しているキャンペーンをまとめた。(2018/12/12)

洗濯物やごみ運ぶ、AI搭載「アイオロス・ロボット」日本上陸 介護施設に需要
モノを持ち運べるAI(人工知能)搭載ロボット「アイオロス・ロボット」が日本に上陸。介護領域での活用を見込む。(2018/12/11)

Amazonの「Alexa」、日本でも“スキル名言わずに命令”が一部可能に
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が、スキル名を指定しなくても忖度して目的のスキルを起動してくれるようになった。「Alexa、タクシーを呼んで」でタクシーを手配できる。(2018/12/10)

“PayPay祭り”で、わたしが得たものと失ったもの
「PayPay」で決済すると20%還元が受けられるキャンペーンが話題だ。早速、PayPayを使ってiPadを買った筆者。得たものと失ったものとは?(2018/12/7)

自由な発想でモノとネットをつなげば、可能性はもっと広がる:
PR:ネットで遊ぼう! IIJmioの“モノ専用”格安SIMでIoTをもっと身近に
IoT(モノのインターネット)はビジネスの現場に浸透しつつあるが、消費者にとって身近な存在になったとはいえない。そんな状況を変えるため、インターネットイニシアティブが手掛ける「IIJmio」からIoT専用の格安SIMが登場。年額税別2400円(月額200円相当)からと安価な料金プランを実現し、DIY感覚でモノとネットをつなげることが可能になった。(2018/12/7)

マーケターのためのスマートスピーカー入門:
スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイントを解説します。(2018/12/10)

ET2018レポート【東芝デバイス&ストレージ】:
PR:セキュア、省エネ、小型…… IoTに進化をもたらす東芝の最新ソリューションを一挙紹介
先端の組み込み技術やIoT(モノのインターネット)技術にフォーカスした総合技術展「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018」(ET2018)が11月に開催された。東芝デバイス&ストレージは、セキュアなIoTネットワークシステムを構築するためのプラットフォームや、省エネにつながるモータソリューションなどIoTの進化に欠かせないさまざまなソリューションを展示した。ここでは、ET2018で注目を集めた東芝デバイス&ストレージの展示を紹介していく。(2018/12/5)

なぜ作った Google Homeと魚ロボを組み合わせた結果がシュールでかわいい
インテリジェンスな魚さんです。(2018/12/4)

「Google Home Mini」の「アクア」発売 日本でも
Googleが10月末に発売する予定だった「Google Home Mini」のアクア(ミントブルー)モデルがオンラインで発売された。日本でも購入できる。(2018/11/29)

Googleアシスタント、日本語でもSiriショートカット対応 「ヘイSiri、Googleさん」で呼び出せる
Googleアシスタントを「ヘイSiri、Googleさん」で呼び出すこともできる。(2018/11/26)

マーケターのためのスマートスピーカー入門:
「スマホファースト」から「ボイスファースト」へ
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイントを解説します。(2018/11/26)

iPhoneで「ヘイSiri、ヘイGoogle」 GoogleアシスタントがSiriショートカット対応
SiriとGoogleアシスタントを連動させることが可能になった。(2018/11/21)

STYLED、専用アプリで電球のオン/オフや調光ができる低価格スマートLED電球&電源プラグを発売
STYLEDが専用アプリで電球の電球のオン/オフや調光・調色を操作できる「低価格スマートLED電球」と、接続機器の電源を操作できる「スマートプラグ」を発売する。温度や湿度などの気象条件を設定して自動的にデバイスを動作させたり、タイマーで電源のオン・オフを設定したりできる。それぞれGoogle Home/Amazon Echoに対応し、音声操作も可能だ。(2018/11/20)

ITはみ出しコラム:
クリスマスプレゼントを選ぶ前に知っておきたい Mozillaの「ネット接続が安全な製品ガイド」
Webブラウザ「Firefox」でおなじみのMozillaが、ネットに接続する家庭用製品の安全性ガイドを公開。日本で人気のゲーム機は安全?(2018/11/18)

Mozillaの「安全なネット接続おもちゃ 2018」ガイドで「Nintendo Switch」を高評価
Mozillaが、ゲーム機やスマートホームカメラなど、家庭向けのネットに接続する家庭用製品の安全度を評価した「privacy not included Buyer’s Guide(2018)」を公開した。「Nintendo Switch」を高く評価している。(2018/11/15)

「Googleアシスタント」に“ブロードキャストへの返事”や“ルーティンと「時計」の連携”機能
GoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」に、「ブロードキャスト」に返事をする機能や、再生中のポッドキャストの速度を変える機能、「ルーティン」を「時計」アプリと連携させる機能などが追加される。(2018/11/15)

「Google Play Music」有料会員は「YouTube Music Premium」もそのまま利用可能に
「YouTube Premium」が日本でもようやくスタートした。「Google Play Music」の有料会員は「YouTube Music」アプリをダウンロードすれば「YouTube Music Premium」も追加料金なしで使える。(2018/11/14)

「Google Home Mini」を目覚まし時計風にするアクセサリーなど3種 エレコムから
エレコムは、11月下旬にスマートスピーカー「Google Home Mini」に取り付けることでインテリアとして楽しめるスタンドアクセサリー3種を発売。デザインは目覚まし時計のようなクロックスタンド、スピーカーの向きを自由にセットできるフラワースタンド、壁に取り付けて使用できるウォールホルダーをラインアップする。(2018/11/13)

宅急便のお届け日時、「OK Google」で変更可能に クロネコメンバーズと連携
「Google Home」に話しかけるだけで、当日に宅急便が届くか確認したり、お届け日時の変更ができるようになった。(2018/11/13)

Googleさん:
「Pixel 3」を買って体験した、悲しいことと嬉しいこと
Googleストアで予約注文した「Pixel 3」(Not Pink)がようやく到着。遅まきながらのファーストインプレッションです。「Pixel Stand」も便利です。(2018/11/11)

声で操作するLED照明が「今後のスタンダードに」 アイリスオーヤマが本格展開
「Alexa、リビングの明かりを点けて」。アイリスオーヤマがスマートスピーカーによる音声操作に対応したLED電球とLEDシーリングライトを発表した。価格はLED電球の3980円(税別)から。(2018/11/8)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(前編):
人が“生命”を感じ、信頼できる対話AI 実現のヒントは掃除ロボット「ルンバ」にある
どんなAIなら人は受け入れられるのか。AIが社会に普及していく際には、避けられない議論だ。サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」では、大阪大学の石黒研と組み、実験を繰り返しながら、その答えを探しているという。(2018/11/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
新「Echo Dot」「Echo Plus」は何が変わった? 旧モデルと比較してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。新型の「Echo Dot」と「Echo Plus」は従来モデルとどう違うのか、外観および機能面を中心に実機で比較してみた。(2018/11/3)

「ギガ使い放題」に「いい買い物の日」――榛葉副社長が語るソフトバンクで「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を買うメリット
11月1日、Googleのスマートフォンがついに日本上陸を果たした。とりわけ、ソフトバンクは発売前からプロモーションなどの活動を積極的に行い、発売日には記念セレモニーを開催した。同社で買うメリットはどこにあるのだろうか。(2018/11/1)

『ピカッ』『ピカー』『ピカピーカ』の違いが分かるか?:
サーバレスとGoogle Cloud Platformで実現 「ピカチュウトーク」アプリ開発の裏側
「Google Cloud Next'18」において、ポケモン社 マネジャー プロダクトエンジニアの小川慧氏が「ピカチュウトーク」開発の背景や、サーバレスを活用したアーキテクチャについて説明した。(2018/10/31)

Google Homeにディズニー絵本の読み聞かせ用BGMサービスを英語版で開始
Google Homeに「ディズニー絵本を読むよ」と英語で言ってタイトルを指定すると、「Little Golden Book」のディズニー絵本の朗読に合わせた音楽を流すようになった。場面展開で音楽も切り替わる。(2018/10/30)

「Pixel 3/3 XL」のカメラ、セルフィーはイマイチ? “アラフィフセルフィスト”のすずまりが試した
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日に日本で発売します。この記事では“アラフィフセルフィスト”のすずまりさんがカメラ性能をチェック。期待のデュアルインカメラに対する意外な評価とは……。(2018/10/30)

広がるディスプレイ搭載スマートスピーカー Amazonが狙う市場拡大への道
Amazonは年末までに「Echo Show」や「Fire TV Stick 4K」などの新製品を相次いで投入する。ディスプレイ搭載のスマートスピーカーは根付くのか。Amazon.comのAlexaデバイス担当バイスプレジデント、ミリアム・ダニエル氏にAlexa対応製品やサービスの今後について話を聞いた。(2018/10/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。