ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google フォト」最新記事一覧

Nokiaブランドのハイエンド端末「Nokia 8」登場 Snapdragon 835搭載、2画面撮影可能
Nokiaブランドを保有するHMD Globalが、Snapdragon 835搭載でアルミユニボディのハイエンドAndroid端末「Nokia 8」を発表した。9月に欧州で発売する。ZEISSの背面/前面カメラで同時に撮影した画像/動画を2分割画面で録画できる。(2017/8/17)

GoogleのiPhoneアプリ「Motion Stills」のAndroid版、ついに登場
Googleが1年以上前にiPhone向けに公開した動画アプリ「Motion Stills」のAndroid版を公開した。1タップでiPhoneの「Live Photos」のような3秒動画を撮影でき、それを安定したループGIFに加工できる他、iPhone版にはない新機能も追加された。(2017/7/21)

半径300メートルのIT:
“絶対に失いたくない思い出”を守る方法
ランサムウェア騒ぎが絶えない中、絶対に失いたくないデータを守るためにできることは?(2017/7/19)

Googleさん:
「Google Playミュージック」の機械学習は何を学習しているんだろう
Google周辺のこぼれ話をゆるくご紹介する連載「Googleさん」。今回は音楽配信サービス「Google Playミュージック」の新ステーション「新作特集」を1日使ってみた感想です。(2017/7/17)

GoogleドライブへのPC/Macからの「バックアップと同期」アプリ、2週間遅れで公開
Googleが、WindowsおよびMacからGoogleドライブおよびGoogleフォトへのデータのバックアップと同期のためのアプリ「バックアップと同期」が公開された。(2017/7/13)

「Googleフォト」に機械学習採用の「共有ライブラリ」と「共有候補のお知らせ」
Googleのクラウド写真サービス「Googleフォト」に、機械学習の顔認識を使った2つの新機能が追加された。撮影した写真を共有する候補をサジェストする「共有候補のお知らせ」と、特定の人が写っている人を誰か1人と自動的に共有する「共有ライブラリ」だ。(2017/6/29)

気乗りしない林信行に無理矢理「Synology NAS」を送りつけた結果
もう原稿を待つのは限界です(編集G)。(2017/6/24)

iPhone 7 Plusユーザーが「iPad Pro(10.5型)」に触れてアリだと思った理由
Appleの最新タブレット「iPad Pro」が発売された。最新の「A10X Fusion」チップを搭載し、ディスプレイが120Hz駆動になって操作性も向上。久しぶりにタブレットをじっくり使ったが、このiPad Pro(10.5型)はアリだと思った。(2017/6/23)

「NuAns NEO [Reloaded]」にじっくりと触れて分かったこと(前編)――カバーやカメラをチェック
トリニティの「NuAns NEO [Reloaded]」が6月9日に発売された。2016年のWindows 10 Mobile版から約1年4カ月、待望のAndroid版だ。数日間試用する機会を得たので、実際に使って感じたことを述べたい。(2017/6/15)

Google、写真編集プラグイン集「Nik Collection」のサポートをひっそり終了
Googleが、「Googleフォト」強化目的で2012年に買収したNik Softwareの写真編集プラグインサービス「Nic Collection」のサポートを終了するとヘルプフォーラムで発表した。(2017/5/31)

機械学習向けプロセッサの新版:
Googleが第2世代TPUを発表、処理性能は180TFLOPS
Googleは、機械学習(マシンラーニング)向けのプロセッサ「TPU(Tensor Processing Unit)」の第2世代を発表した。トレーニングと推論の両方に最適化されたもので、処理性能は180TFLOPSになるという。(2017/5/30)

「Google アシスタント日本語版」きょうから提供
Googleの音声アシスタント機能が日本語で利用できるようになる。(2017/5/29)

Google検索で自分の写真やメールを検索できる「パーソナル」タブ登場
Google検索の「もっと見る」タブに「パーソナル」が追加され、Gmail、Googleカレンダー、Googleフォトの関連項目が検索結果として表示されるようになった。(2017/5/27)

「Googleフォト」に恥ずかしい写真を削除せずに非表示にできる「アーカイブ」機能
「Googleフォト」の新機能「アーカイブ」は、恥ずかしい写真などを削除せずに隠せる(フォトビューに表示させない)。(2017/5/26)

石川温のスマホ業界新聞:
Google Assistantが今夏に日本語に対応。スピーカーも発売決定――グーグルのフラグシップスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか
Google Assistantが近日中に「日本語」対応を果たす。Googleのスマホ「Pixel」が日本未発売だったのは「Google Assistantに対応していないから」という説があったが、日本でも次期モデルが出る可能性が浮上した。(2017/5/26)

新連載・ITりてらしぃのすゝめ:
ランサムウェアから大切なデータを守る鍵「レジリエンス」とは何か?
「身近な話題を例にITリテラシーを高める」連載がスタート。世界中で猛威をふるったランサムウェア「WannaCry」。大切なデータを守るために普段からできることはあるのだろうか。(2017/5/25)

Google、カレンダーや写真を6人で共有できる「ファミリーグループ」提供開始
Googleが、各種サービスのファミリープランやGoogleカレンダー、Googleフォトのコンテンツを6人までのメンバーで共有し、管理するためのツール「ファミリーグループ」を発表した。(2017/5/24)

Google I/O 17で「Cloud TPU」を発表:
グーグルの機械学習/AIへの取り組みを支える「AIファーストデータセンター」とは
米グーグルが開発者向けイベント「Google I/O 17」で、同社のコンシューマー向けサービスにAI/機械学習を広範に適用、これによってサービスプロダクトを相互に結び付け、システマチックに進化させていることをアピールした。その裏にはもちろん、TensorFlowとGoogle Cloud Platformがある。同社は機械学習処理を高速化する「Cloud TPU」、Androidデバイス上のAI処理のための「TensorFlow Lite」について、併せて紹介した。(2017/5/19)

Google I/O 2017:
「Google フォト」がアップデート 「シェア」機能を強化、フォトブックの作成も
Googleのアルバムアプリ「Google フォト」がアップデートされる。写真の中の人にシェアを提案したり、全ての写真を特定の人物と自動シェアしたりできる。米国ではフォトブックのサービスも開始する。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
Google I/O 2017基調講演まとめ 「AI First」をすべてのサービスに
Googleの年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。詳細はリンク先をどうぞ。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
「Googleフォト」に機械学習採用の3つの新機能
Googleの写真サービス「Googleフォト」に、機械学習を採用した新機能が追加される。写っている人との共有を勧める「Suggested Sharing」、決まった相手と限定コンテンツを自動で共有する「Shared Libraries」、自動でアルバムを編集しフォトブックとして出力する「Photo Books」の3つだ。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
「Google Lens」は画像内情報検索AI技術 Assistantやフォトと連係
「Google Lens」は、かつての「Google Goggles」や「Word Lens」が機械学習技術で大きく進歩したような新しい画像での検索技術。まずは「Google Assistant」と「Googleフォト」に組み込まれる。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
「Google Lens」登場 スマホカメラに写ったものを理解して追加情報やアクションを提示
(2017/5/18)

「Windows 10」と「MR」が中心:
「Build 2017」2日目基調講演まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の「Windows 10」と「複合現実(MR)」に関する基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。(2017/5/12)

半径300メートルのIT:
“便利だけどちょっとコワい”Googleのサービスに、ささやかな抵抗を試みる
無料の便利な機能を使う代わりに、情報を差し出す――。そんなことが当たり前になりつつある時代に自分の身を守る方法を考えてみました。(2017/5/9)

Android版Googleフォトに動画の手ブレ補正機能
Android版Googleフォトの動画の編集機能にスタビライズ機能が追加された。適用すると動画が比較的滑らかになる。iOS版には今のところ同じ機能はない。(2017/4/17)

Google、AIチップ「TPU」はGPUより30倍速い
Googleが人工知能「AlphaGo」やGoogle翻訳などのディープラーニング採用サービスで使っているオリジナルプロセッサ「TPU」はCPUやGPUより15〜30倍速いと説明した。(2017/4/6)

Google、「Duo」の通話機能や「フォト」の簡易バックアップなど、遅い回線に優しい新機能
これまで動画チャットのみだった1対1メッセージングアプリ「Duo」が音声のみの通話に対応し、「Googleフォト」では遅い回線ではとりあえず軽いプレビュー画像をバックアップ/共有できるようになる。(2017/3/23)

Mobile World Congress 2017で発表
徹底レビュー:低価格で話題のNokia 6、Nokia 5、Nokia 3 スマートフォン市場で逆襲は?
MWC 2017で新たにAndroidスマホ3機種を発表したNokia。ミッドレンジ、ローエンドの新製品を紹介する。(2017/3/19)

「Googleフォト」にホワイトバランスの自動調整機能
まずAndroidアプリとWeb版向けに展開し、iOSアプリにも近く導入。(2017/3/5)

ITはみ出しコラム:
GoogleのAIが未来ではなく生活に入り込んでいる件
AIを使った普段の生活で利用できるサービスは、ぐんぐん進化しています。(2017/3/5)

「LG G6」のディスプレイは18:9(2880×1440)で角丸
LG Electronicsが、MWC 2017で披露する「LG G6」のディスプレイが18:9の5.7型だと発表した。2分割して正方形画面でマルチタスキングでき、Instagramなど向けの正方形の写真も撮影できる。ディスプレイの4隅は角丸だ。(2017/2/17)

GoogleのAIライブラリ「TensorFlow」がVer.1.0に 高速化してより柔軟に、新APIも追加
Googleがオープンソースで公開しているディープラーニング対応の機械学習ライブラリ「TensorFlow」が“プロダクトレディ”なバージョン1.0にアップデートした。58倍高速化し、多数の新APIが追加され、Python APIの安定性が向上した。(2017/2/17)

Googleマップにお気に入りの場所のリスト作成・シェア機能
Android/iOS版Googleマップで、場所を「お気に入り」「行きたい場所」などのリストにまとめて保存し、それを他のユーザーと共有もできるようになった。(2017/2/14)

Google、機械学習で低解像度画像をシャープに見せる「RAISR」をサービスで実用化
Googleは、高解像度画像の4分の1のサイズで高品質な画像を表示できる機械学習技術「RAISR」を、まずはGoogle+で実用化した。今後他のサービスにも適用する計画だ。(2017/1/17)

ITはみ出しコラム:
2016年のGoogleを振り返る AlphaGoから虚偽ニュース問題まで
検索やAndroidに限らず、さまざまなニュースがありました。(2016/12/29)

iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選
iPhoneを使い続けていると、いつの間にか容量がいっぱいになってしまう。快適に使うには定期的なデータの整理が必要だ。iPhoneユーザーが知っておきたい、10の“データ断捨離術”を紹介しよう。(2016/12/28)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルスマホ「Pixel」でグーグルアシスタントを体験――人工知能による会話UIはスマホの操作性を変えていくのか
Googleのスマートフォン「Pixel」には、人工知能を用いたパーソナルエージェント機能「Google Assistant」が搭載されている。会話の流れをきっちりと理解して真面目に答えてくれる反面、日本語に対応していないことを始めとして課題もある。(2016/12/9)

アシスタントAIやVRなど傑出した機能を搭載
“史上初”を詰め込んだスマホ「Google Pixel XL」は「iPhone」の対抗馬か?
「Google Pixel XL」は、まあまあのハードウェアを、卓越したソフトウェアと優れたパフォーマンスが補っている。「iPhone」の対抗馬になるほどのスマートフォンなのだろうか。(2016/12/3)

Androidマルウェア「Gooligan」横行、100万超のGoogleアカウントに不正アクセス
Gooligan感染するとAndroid端末のroot権限を取得されて認証トークンを盗まれ、Google PlayやGmailなどの主要Googleアカウントに不正アクセスされる恐れがある。(2016/12/1)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
大容量プランだけで大丈夫? ドコモの「ウルトラシェアパック50」だけでなるべくやり過ごした結果
普段は「WiMAX 2+」を含む複数キャリアの回線を併用している筆者。そこに現れた大手キャリアの大容量プラン。外出先で使う通信回線を減らすに足るものなのか、実際にNTTドコモの「ウルトラシェアパック50」を契約した上で、WiMAX 2+ルーターを極力使わずにひと月を過ごしてみました。(2016/11/29)

Google、紙焼き写真をスマホで取り込める「フォトスキャン」アプリをiOS/Android向けに公開
Googleが、アルバムに貼ったままの写真や丸まってしまった写真でも、スマートフォンでスキャンすることでテカリも歪みもなしに「Googleフォト」に取り込めるiOS/Androidアプリ「フォトスキャン」を公開した。(2016/11/16)

半径300メートルのIT:
誤ってデータをなくさないために “母艦なし”時代のスマホバックアップを考える
スマホに保存した多くのデータは今や、自動でクラウドにバックアップできるようになりました。でも、安心して任せっきりにしていると、思わぬデータを失うハメになるかもしれません。(2016/11/8)

子供の写真共有、iCloudやGoogleフォトより“家族アルバムアプリ”がオススメの理由
お子さんをお持ちの皆さんは、子供の写真をどうやって夫婦や両親と共有しているだろうか? 筆者が利用しているのが家族アルバムアプリ。iCloudやGoogleフォトよりもオススメの理由とは?(2016/11/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iOS 10の写真アプリは「ラーメン」を探せるか?
iOS 10になって、「写真」アプリが変わったのは皆さんご存じだと思う。今回は写真アプリに新たに加わった「検索」機能でラーメンの写真を探せるか試してみる。(2016/10/31)

ITはみ出しコラム:
iPhoneの夫とAndroidスマホの私、写真はどうやって共有すればいい?
手っ取り早い方法あります。(2016/10/23)

Amazon.com、「プライム・フォト」に5人まで招待できる「Family Vault」を追加
Amazon.comの米国のプライム会員は、5人までの家族や友達を自分のプライム・フォトに招待し、6人分の写真や動画を1カ所にまとめておけるようになった。(2016/10/19)

「Googleフォト」に横倒し自動修正など機械学習採用の4つの新機能
Googleの写真サービス「Googleフォト」(Android/iOS/Web)に、機械学習技術による新機能が追加された。横倒しで表示されている画像を検出して修正を提案したり、動画の名場面をGIFアニメ化したり、膨大な写真から「最近のハイライト」を生成したりする。(2016/10/14)

スマートフォン「Pixel」など:
Googleが民生機器に本格進出
Google(グーグル)が民生機器事業に本格的に参入した。同社のCEOであるSundar Pichai氏は、「あらゆる人々に向け“パーソナルなGoogle”を構築したい」とコメントしている。(2016/10/12)

Googleが新型スマホ「Pixel」発表 AIアシスタント「Google Assistant」搭載
GoogleのVR(仮想現実)ヘッドセット「Daydream View」にも対応。(2016/10/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。