ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ヘッドフォンアンプ に関する記事 ヘッドフォンアンプ に関する質問

「ヘッドフォンアンプ」最新記事一覧

潮晴男の「旬感オーディオ」:
重くてデカくて良いですなぁ――ソニー14年ぶりの本格プリメイン「TA-A1ES」
昨年、ソニーの“ハイレゾ宣言”とともに登場したES型番のプリメインアンプ「TA-A1ES」。久しぶりの本格アンプを、アンニュイなボーカルのカレン・ソウサ「エッセンシャルズ」で試してみよう。(2014/4/16)

エレコム、NFC対応でデュアルアンプ内蔵のBluetoothレシーバー2製品
エレコムは、ヘッドフォンアンプと電波用のRFアンプを内蔵し、高音質・低遅延コーデックaptXに対応したBluetoothレシーバー「LBT-PAR500AV」と「LBT-PHP500AV」の各シリーズを発売する。(2014/4/15)

ASUS、B85チップセット採用のATXゲーミングマザー「B85-PRO GAMER」
ASUSTeKは、Intel B85チップセットを採用するATXマザーボード「B85-PRO GAMER」を発表した。(2014/4/11)

ミックスウェーブ、ハイレゾ/バランス入出力対応のポタアン「AlgoRhythm Duet」を発売
ミックスウェーブは、コンパクトなハイレゾ/バランス入出力対応のポータブルアンプ「AlgoRhythm Duet」を4月16日より発売する。(2014/4/10)

アルミ削り出しボディー:
ボリュームコントローラーみたいなUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプ――ディーフ「DDA-DAC1U」
ディーフは、DSD音源のネイティブ再生を実現したハイレゾ対応USB-DAC&ヘッドフォンアンプ「DDA-DAC1U」を5月上旬に発売する。(2014/4/10)

iPhoneでハイレゾ♪:
ラディウス、Lightning接続の超小型DACを発売
ラディウスは、Lightningコネクター搭載のiOSデバイスでハイレゾ音源を再生できる超小型DAC「AL-LCH11」を5月上旬に発売する。最大96kHz/16bit対応。(2014/4/10)

ユキム、Carot Oneの2製品にハイパフォーマンスモデル「Exclusive Edition」を追加
ユキムは“Carot One”ブランドの新製品として、小型プリメインアンプ「ERNESTOLO」およびヘッドフォンプリアンプ「FABRIZIOLO」のハイパフォーマンス版「Exclusive Edition」を追加する。(2014/4/1)

フルテック、DSD 5.6MHz再生も可能なポータブルヘッドフォンアンプ「ADL A1」
フルテックは、「ADL」(ALPHA DEGIGN LABS)ブランドの新製品として、DAC機能を搭載したポータブルヘッドフォンアンプ「ADL A1」を発売する。Androidスマートフォンとのデジタル接続も可能。(2014/4/1)

“音のプロ”に最適な音質と耐久性――ゼンハイザーがDJ用ヘッドフォン3機種を発表
ゼンハイザージャパンは、密閉ダイナミック型ヘッドフォン「HD 8 DJ」「HD 7 DJ」「HD 6 Mix」を発表した。いずれもプロのDJや音楽制作者が主なターゲットだ。(2014/4/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイレゾ再生の新しい潮流(後編)――ポータブルでハイレゾ鑑賞のススメ
“ハイレゾ”対応機器の幅が広がってきた。前回に続き、今回はハイレゾ再生に対応したポータブル機器を取り上げよう。麻倉氏が注目したヘッドフォンも紹介。(2014/4/1)

3匹が聴く!:
ハイレゾ音源だってばっちり――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売5万円以上編)
いよいよインナーイヤー型の最終回。価格の上限を設けず、最高級のイヤフォンをピックアップした。解説コーナーは、最近話題の“ハイレゾ再生”と再生周波数帯域のお話。野村氏が(物理的に)熱く語っています。(2014/3/31)

ティアック、iOS向けハイレゾ音源再生アプリ「HR Audio Player」を公開
ティアックは、「HA-P50」と組み合わせてiOSデバイスからハイレゾ音源再生を可能にするアプリ「TEAC HR Audio Player for iOS」を4月初旬に公開する。(2014/3/27)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
出力を高めることでたくましいサウンドを奏でる小さな巨人――「NANO-A1」
年末に掲載した「NANOCOMPO」(ナノコンポ)の追加リポートをお送りしよう。今回はパワーアンプとして登場した「NANO-A1」。視聴タイトルは、今井美樹「ダイアローグ」から、このシーズンにぴったりの「卒業写真」だ。(2014/3/26)

ハイレゾ再生に対応:
USB-DAC機能付きプリメインアンプの自作キット「LV-2.0 Premiumキット」
Linkmanは、プリメインアンプのキットモデル「LV-2.0 Premiumキット」を発売する。従来モデルに新開発のUSB-DAC基板のほか、音作りが楽しめるヘッドフォンアンプ基板を追加した。(2014/3/20)

3匹が聴く!:
増税前にいかがでしょう――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売3万〜5万円編)
今回のイヤフォン・バイヤーズガイドは実売3万円から5万円のゾーンと、かなりの高級品。消費増税の前に高級イヤフォンを購入したいと考えている人は注目してほしい。(2014/3/20)

アユート、ヘッドフォンアンプ「Astell&Kern AK10」専用のライトニングケーブルを単体販売
DAC内蔵コンパクトヘッドフォンアンプ「Astell&Kern AK10」の専用ライトニングケーブルが発売される。複数プレーヤーでの使い分けなどに活用できる。(2014/3/12)

3匹が聴く!:
きっとお気に入りの1本が見つかる――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売2万〜3万円編)
“高級機”と呼ばれる価格帯に入り、見た目も中身もかなり特長のある製品が増えてきた。激戦の価格帯で高く評価されたイヤフォンは果たして……? ミニコーナーでは、ニュースでひんぱんに出てくる「インピーダンス」を解説。(2014/3/12)

逢瀬、USB-DAC内蔵のプリメインアンプ「WATERFALL Integrated」
逢瀬は、USB-DAC機能を搭載したプリメインアンプ「WATERFALL Integrated」を3月1日に発売する。逢瀬の次世代メインストリームに位置づけられるインテグレーテッドアンプだ。(2014/2/28)

オヤイデ、カタマイズできるポータブル・ヘッドフォンアンプ「FiiO E12DIY」発売
小柳出電気商会より、ポータブル・ヘッドフォンアンプ「FiiO E12」をカスタマイズできる新製品「E12DIY」が発売。オペアンプとバッファーを自由に組み合わせられるソケット式を採用した。(2014/2/21)

一人二役:
ヘッドフォン聴き比べ対応、2出力付き――「USB DAC機能付 ミニヘッドホンアンプ」
上海問屋が、USB DAC搭載のヘッドフォンアンプを発売した。価格は7999円。(2014/2/19)

もう1つのソニー製ハイレゾプレーヤー?:
アナログレコードをDSD録音でカジュアルに楽しむ――ソニー「PCM-D100」の提案
「PCM-D100」は、始めてDSD録音に対応したデンスケであり、もう1つのソニー製ハイレゾプレーヤーでもある。「欲しいけど、使い途が……」という人に、開発担当者が使い方を提案。(2014/2/17)

3匹が聴く!:
コストパフォーマンスの高いイヤフォンを探し出せ!――バイヤーズガイド2014年“春”(実売5000円以下編)
今回は、価格帯別に製品をピックアップし、目の肥えた3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドをお届けしよう。第1回は5000円以下で購入できる高コストパフォーマンスモデルがテーマ。思わず「え、この値段で?」という製品も見つけた。(2014/2/12)

野村ケンジが開発者に迫る:
PR:“音”だけで勝負する――フォステクス初の真空管ヘッドフォンアンプ「HP-V1」とカナル型イヤフォン「TE-05」に込めた思い
フォステクスから、カナル型イヤフォン「TE-05」と、ポータブル真空管ヘッドフォンアンプ「HP-V1」が登場した。BA型全盛の時代にダイナミック型1発を選んだ「TE-05」、そしてシンプルながら真空管の特性を引き出した「HP-V1」に野村ケンジが迫る。(2014/2/12)

ポーカロ・ライン、ROTELブランドのプリメイン&ヘッドフォンアンプなど2製品を発売
ROTELブランドからコンパクトなプリメイン&ヘッドフォンアンプ「RDA-06DA」およびフルコンポサイズのDAC「RDD-1580」が登場。(2014/2/7)

オリジナルアプリを提供:
ティアック、iPhoneからのハイレゾ再生に対応するポータブルヘッドフォンアンプ「HA-P50」
ティアックは、iPhoneからのハイレゾ再生に対応したDAC内蔵のポータブルヘッドフォンアンプ「HA-P50」を3月下旬に発売する。(2014/2/6)

ティアック、独beyerdynamicのヘッドフォンアンプ「A20」を発売
ティアックは、独beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)のヘッドフォンアンプ「A20」を発売する。あえてデジタル入力やDACは設けず、アナログ回路設計に注力したモデルだ。(2014/2/6)

6種類の抵抗が付属:
カスタマイズできる電流帰還式ポータブルヘッドフォンアンプ、ビット・トレード・ワンが発売
ビット・トレード・ワンは、電流帰還式のポータブルヘッドフォンアンプ「AD00032」を2月7日に発売する。使用するヘッドフォンに合わせて抵抗の差し替えが可能だ。(2014/2/5)

野村ケンジのPCオーディオ活用術:
PR:プロ用モニターの系譜――フォステクス「PM0.1」でPCの音をステップアップ!
PCオーディオやDTM用のアクティブ・スピーカーとして人気の「PMシリーズ」から1万円を切る「PM0.1」がデビューした。本格派の音に加え、柔軟にステップアップできるのが大きな特長。同時発売のアクティブサブウーファー「PM-SUBmini」、そして「実はUSB-DACでした」というオプションも追加して違いをチェックしていこう。(2014/2/5)

英iFI-Audioの新ライン「miniシリーズ」、ポタ研でお披露目
バーブラウン製のDACチップセット4個を搭載し、最大384kHzまでのPCM、最大6.2MHzのDSD、352.8k/384kHzのDXDを再生できるDAC兼ヘッドフォンアンプが登場する。(2014/2/4)

プレアデス、米BlueのiPhone向けマイクなど7製品を国内販売
プレアデスシステムデザインは、米Blue Microphones製のUSB接続マイクロフォンと関連アクセサリーの計11製品の国内販売を開始した。PCやiPhone、iPadでも、スタジオレベルの高音質録音ができるという。(2014/1/30)

iPhoneからのハイレゾ音源伝送も可能に?:
JVCがポータブルヘッドフォンアンプの試作機を公開
JVCケンウッドは、同社初となるポータブルヘッドフォンアンプ試作機を公開した。ハイレゾ音源に対応したDACを搭載し、独自のK2テクノロジーを内蔵する注目機だ。発売は5月になる予定。(2014/1/28)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
入門者から上級者まで――確かな駆動力が魅力のヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC、フォステクス「HP-A4」
フォステクスの「HP-A4」は、PCオーディオ入門として評価の高い「HP-A3」の上位モデルだ。最新フォーマットを幅広くカバーし、専用プレーヤーの存在もあって手軽に使い始められる。外観も洗練された。(2014/1/27)

「HP-P1」の相棒にも:
フォステクス、真空管搭載のポータブルヘッドフォンアンプ「HP-V1」
フォステクスは、真空管を搭載したポータブルヘッドフォンアンプ「HP-V1」を2月上旬に発売する。機能性より“音”を重視したモデルだ。(2014/1/20)

PCにつなぐだけでハイレゾ再生、192kHz/24bit対応DAC内蔵のヘッドフォン「ATH-D900USB」
オーディオテクニカは、手軽にハイレゾ音源を再生できるUSB接続のヘッドフォン「ATH-D900USB」を正式発表した。(2014/1/17)

持ち運ぶなら:
手のひらサイズでBurr-Brownオペアンプ搭載――「ミニヘッドフォンアンプ」
上海問屋が、持ち運びに便利な小型ヘッドフォンアンプを発売した。価格は5999円。(2014/1/14)

どちらも192kHz/24bitとDSD 5.6MHz再生に対応、JAVSから単体DACとDAC内蔵ヘッドフォンアンプが登場
zionoteは1月10日、JAVSの据え置き型DAC「X3 HDSD DAC」およびDAC内蔵のヘッドフォンアンプ「X3 HDSD HPA」を発表した。(2014/1/10)

zionote、4ピンXLR端子のバランス出力を備えたヘッドフォンアンプ「Marley」
トップウイングとzionoteが、M2TECHのデュアルドライブClass Aヘッドフォンアンプ「Marley」を販売する(2014/1/6)

スマホでもハイレゾ:
トップウイング、多彩な音源に対応したDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「nano iDSD」を発売
トップウイングは、英iFI-Audio製のポータブルヘッドフォンアンプ「nano iDSD」を発売した。価格は2万6250円。(2013/12/25)

“痛ポタアン”から192kHz/32bit対応の真空管オーディオまで――「ポタフェス」で見つけた注目製品
「ポータブルオーディオフェスティバル 2003 in 秋葉原」(通称:ポタフェス)が開催された。黄金色のヘッドフォンがまぶしい2階フロアを中心にリポートしたい。(2013/12/24)

年末ファン感謝祭:
玄人志向ファンがアキバに集う!! 「玄人志向大感謝祭 2013」
玄人志向が年末のユーザー参加型イベントを実施。来年投入予定の未発表製品を紹介しよう。(2013/12/21)

潮晴男の旬感オーディオ:
“ナノコンポ”で聴くオーディオのスモールワールド
大型のオーディオシステムを置くスペースはないし、ミニコンポでは満足できそうもない。そんな人に注目してほしいのが、東和電子の「NANOCOMPO」(ナノコンポ)である。(2013/12/20)

ラトック、DAC内蔵のフルバランスヘッドフォンアンプ「REX-KEB02AK」を来年発売
ラトックシステムは、フルバランス構成のポータブルヘッドフォンアンプ「REX-KEB02AK」を「ポータブルオーディオフェスティバル 2013 in 秋葉原」に出品する。(2013/12/19)

アユート、お手軽ヘッドフォンアンプとUSBオーディオアダプターを発売
アユートから、スマートフォンや音楽プレーヤーなどにつなぐだけで手軽に使えるヘッドフォンアンプ「UNI-HPM-2」とUSBオーディオアダプター「UNI-KWU-Z022」が登場。(2013/12/19)

zionote、バランス出力を備えたポータブルヘッドフォンアンプ「HAV3」「HAV3-SE」
zionoteは、「VICJOHN AUDIO」ブランドのポータブルヘッドフォンアンプ「HAV3」および「HAV3-SE」を発売する。純銀を線材に採用した「Concerto-S」もラインアップ。(2013/12/10)

アユート、ポータブルヘッドフォンアンプ「AK10」用のmicroUSBケーブルを発売
アユートはDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「AK10」とAndroid端末を接続するための専用microUSBケーブル2製品を発表した。(2013/11/22)

SilverStone、24ビット/192kHz対応のUSB DAC「EB01-E」
ディラックは、SilverStone製ハイエンドUSB DAC「EB01」のリニューアルモデル「EB01-E」など2製品の取り扱いを開始した。(2013/11/21)

キャロット・ワンから真空管ポタアン「NIK58-TUBE」が登場、初回生産分には「TITTA」も付いてくる
Carot One(キャロット・ワン)からポータブルヘッドフォンアンプ「NIK58-TUBE」が登場。オレンジとブルーのコンビネーションカラーに塗装された本体にフィリップス製の「6111WA」真空管を搭載した。(2013/11/20)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
iPhoneの音をグレードアップ! Astell&Kern「AK10」を試す 
Astell&Kernブランドの新製品「AK10」は、iPhone/iPodデジタル接続の本格派ポタアン。しかもPCとUSBケーブルで接続し、96kHz/24bit対応のUSB-DACとしても活用できる。(2013/11/8)

フックアップ、Antelope Audio製品の国内代理店業務をミックスウェーブへ移管
フックアップがAntelope Audio製品の取り扱いを終了。国内代理店業務をミックスウェーブへと移管する。(2013/10/31)

DMR、アンプとスピーカーを内蔵したヘッドフォン「Phantom」の限定カラーモデル
DMRは、同社直販サイトで米Boomphones製ヘッドフォン「Phantom」の限定カラーモデルを販売する。Green/Pink/Blue/Redの計4色で、イヤーカップ外側のモード表示LEDがボディと同じ色に光る特別仕様だ。(2013/10/28)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。