ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iMessage」最新記事一覧

関連キーワード

iPhone X独占の「アニ文字」、本当はiPhone 8でも動く?
深度センサーは必要なかったのか。(2017/11/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone X」に毎日触って納得したこと ホームボタン廃止は全く問題なし
2017年11月3日、ついに「iPhone X」が発売された。既に関連記事が出尽くした感もあるが、毎日使ってみて「なるほど」と納得する部分もある。(2017/11/4)

先行レビュー:
それは、手のひらに収まる“未来” 先進性と合理的な操作性が融合した「iPhone X」
11月3日に発売される「iPhone X」。「スマートフォンの未来」と呼ばれるだけあり、新しい要素や機能が満載。この“未来”を一足先に体験できたので、ファーストインプレッションをお届けする。(2017/11/1)

Apple、プライバシーと安全性について特設ページで説明
「個人情報を商品にはしない」とAppleは説明している。(2017/9/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iPhone 8は本当に保守的すぎるのか Apple Watch Series 3と使って得た結論
毎年恒例の新製品発表会から発売を経て、「iPhone 8」のレビューは一通り出尽くした感がある。完成度が高い一方、保守的すぎるとの声も少なくないが、実際に「Apple Watch Series 3」と組み合わせて使ってみると、違った側面も見えてきた。(2017/9/27)

iPhone Xがもたらす新たなリスク?
Apple Watch Series 3とFace IDの「厄介な問題」、企業にとって損か得か
Appleのスペシャルイベントでは、新機能を盛り込んだ「iPhone X」や「Apple Watch Series 3」が発表された。これらの製品に関しては、Appleファンだけではなく、IT担当者にとっても重要なニュースが幾つかあった。(2017/9/26)

iOS 11の「Apple Pay」は何が便利になったのか
iOS 11によって「Apple Pay」は何が変わったのか。注目の新機能をはじめ、カード会社やサービスの対応状況、今後の見通しを解説する。(2017/9/24)

Apple Watch 3実機を使ってわかった単体機能の充実とiPhone依存度
AP通信のテクノロジーライター、アニック・ジェスダナム氏によるApple Watch Series 3実機レビュー。(2017/9/21)

Apple Watch Series 3先行レビュー 林信行が読み解く「デジタルダイエットの提案」
あなたの人生を変えうる、ただ1つのファッションアイテム。(2017/9/20)

「iOS 11」配信開始 App Storeをリニューアル、iPad向け新機能が多数
iOS 11の配信がスタートした。iPhoneは5s以降の端末が対象。主なアップデート内容をまとめた。(2017/9/20)

石野純也のMobile Eye:
「集大成」と「未来」を感じた新iPhone 生活を変える新Apple Watch
2017年は、初代iPhoneが登場してから丸10年を迎えた年。その節目となる年に発表されたiPhone 8/8 Plusからは「過去10年の集大成」、iPhone Xからは「次の10年に向けた布石」を感じた。モバイルを語る上で「Apple Watch Series 3」も忘れてはならない。(2017/9/14)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがメアド「ezweb.ne.jp」を「au.com」にチェンジ――「今さら」ではなく、次の秘策に向けた布石か
auのキャリアメールのドメインが2018年4月の新規取得分から「au.com」に変更される。「今さらメールなんて使わない」という冷めた見方もあるが、この変更は予想以上に大きな意味を持っている可能性がある。(2017/9/1)

「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性も
iPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳
Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。(2017/8/21)

iPhoneを振り返る:KDDIが参入、iCloudやSiriが生まれたのもここから 「iPhone 4S」
5代目の「iPhone 4S」は、2011年10月に発売された。日本ではKDDIが初めて取り扱ったiPhoneとしても話題を集めた。当初、日本語は非対応だったが「Siri」も4Sから対応した。(2017/8/17)

iPhoneを360度カメラにする「Giroptic iO」発売
ソフトバンク コマース&サービスは、7月28日にiPhone用360度カメラ「Giroptic iO」を発売した。iPhoneに接続するだけで専用アプリ「iO360」が起動し、4Kの写真と2Kの動画撮影が可能。360度のライブストリーミング配信やタイマー撮影も行える。(2017/7/31)

iPhone Tips:
メッセージに動きをつけて面白く! iMessageのエフェクト効果
(2017/7/16)

iPhone Tips:
iPhoneの「メッセージ」アプリでステッカーやGIFアニメを送る方法
(2017/7/15)

「Apple Pencil」もさらに使いやすく
「iPad Pro」が手放せないビジネスツールに変身、「iOS 11」新機能とは
「iOS 11」の登場によって「iPad」や「iPad Pro」に付加される新機能が、ビジネスの生産性向上に役立つかもしれない。注目すべきはマルチタスク、「Apple Pencil」、ユーザーインタフェースの機能強化だ。(2017/6/25)

Apple、「Business Chat」の開発者プレビュー公開
Appleが、企業が「メッセージ」アプリを通じてチャットでカスタマーサポートできるようにする「Business Chat」の開発者プレビューを公開した。企業が対応すれば、ユーザーはメッセージでのチャットで問い合わせだけでなく、「Apple Pay」を使った製品購入もできるようになる。(2017/6/11)

Appleが「iOS 11」を発表 AR機能強化や写真容量半減など、機能盛りだくさん
一般向けには今秋リリース予定。(2017/6/6)

太田智美がなんかやる:
意外と知らない「iPhone」でエフェクト付きのメッセージを送信する方法
エフェクト見たさに、つい何度もメッセージを送ってしまいます。(2017/5/16)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

「メールが送れない」「端末が使えない」 急増する格安スマホのトラブル 国民生活センターが注意喚起
格安スマホ(MVNOサービス)が契約数を伸ばす一方で、トラブルも増えている。国民生活センターが、消費者から寄せられた事例をもとに、格安スマホのトラブルをまとめた。ユーザーはどこに注意すればいいのだろうか?(2017/4/17)

Facebookメッセンジャーに自分の現在位置をシェアする機能追加
Facebook Messengerアプリに、60分だけチャット相手に自分のリアルタイムの位置を表示する機能が追加された。現在地の共有はいつでも終了できる。また、レストランなどの位置を地図で共有することもできるようになった。(2017/3/28)

ITはみ出しコラム:
Appleの動画アプリ「Clips」はSNSで存在感を示せるか
ハードウェアの新製品が目立ったAppleの発表ですが、実は新しい動画撮影・編集アプリの「Clips」にも注目です。(2017/3/26)

ビッグマックにドバーッする時が……! 米マクドナルドが「追いビッグマックソース」を1万本限定でプレゼント
ビッグマックファン歓喜。(2017/1/30)

アップルPickUp!:
Appleがバレンタインデー特集ページを公開 でも何かがおかしい……
なぜピンク。(2017/1/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
スマホは本当にポストPC時代の覇者なのか? Windowsデバイスが変わる2017年
ポストPCが叫ばれて久しいが、スマホ需要も一巡し、パーソナルコンピューティングの世界はその先へ進もうとしている。2017年にMicrosoftとWindowsが進む道を考察する。(2017/1/4)

Apple Store「初売り」開催、レジ待ちの列途切れず
1月2日に行われたApple Storeの初売りは大盛況だった。(2017/1/2)

アシスタントAIやVRなど傑出した機能を搭載
“史上初”を詰め込んだスマホ「Google Pixel XL」は「iPhone」の対抗馬か?
「Google Pixel XL」は、まあまあのハードウェアを、卓越したソフトウェアと優れたパフォーマンスが補っている。「iPhone」の対抗馬になるほどのスマートフォンなのだろうか。(2016/12/3)

PR:「Simeji」のiOS 10対応、iMessageで使える「1Snap」アプリでコミュニケーションがもっと楽しく!
Simeji iOS版が、いち早くiOS 10に対応し、絵文字と顔文字がさらに使いやすくなった。着せ替えキーボードには、ある“特典”が追加された。iOS 10のiMessengeで利用できる新アプリ「1Snap」にも注目したい。(2016/11/1)

イヤフォンジャック廃止の影響は?
徹底レビュー:最強スマホに進化した「iPhone 7 Plus」、ライバルは未来の“iPhone 10周年モデル”?
Appleの「iPhone 7 Plus」は、パフォーマンスやバッテリー持続時間を向上させたり、背面カメラを2つ搭載したりしている。一方でイヤフォンジャックを廃止したが、その影響はどうなのだろうか。(2016/10/15)

DropboxのiOSアプリに手書き署名など5つの新機能
DropboxのiOS向けアプリが、手書き署名やiOS 10ならではの新機能に対応する。(2016/10/12)

Webブラウザの2画面表示にも対応
徹底レビュー:iPadで使う「iOS 10」、実用的な機能満載でいよいよノートPC要らずか
「iOS 10」で、「iPhone」「iPad」共に、さまざまな新機能が追加された。今回はiPad向けにどのような機能が追加されたのか紹介する。(2016/10/1)

iOS 10アプリ開発入門:
iOS 10 SDKの新機能SiriKit、音声認識、iMessage拡張を自作アプリに生かすには
iOS 10で開発者にAPIが解放されたと話題の音声アシスタント「Siri」。その実態はどんなものなのか。SiriKit、Speech/Messages Frameworkの使い方と併せて、簡単なアプリを作りながら解説します。(2016/9/26)

ITはみ出しコラム:
Googleの新メッセージングアプリ「Allo」でAI(人工知能) botと会話してみた
AI botの「Googleアシスタント」と会話できるメッセージングアプリ「Google Allo」が公開されたので、早速試してみました。(2016/9/25)

iPhoneでメッセージの送受信がうまくできない
(2016/9/21)

iPhoneで「アクティベート中です」と表示される
(2016/9/20)

ナビタイムの7サービスがiOS 10のiMessageアプリ&リッチ通知に対応
ナビタイムジャパンの「NAVITIME」「カーナビタイム」など、7サービスがiOS 10の「iMessageアプリケーション」と「Rich Notifications」に対応した。(2016/9/15)

「iOS 10」配信開始――メッセージ、Siri、マップなど変更点多数
日本時間の9月14日、「iOS 10」の配信がスタートした。iOS 10では、ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。主な変更点をまとめた。(2016/9/14)

「スーパーマリオラン」リリースに先駆けiOS 10向け「ステッカー」リリース iMessageにマリオが出てくるよ
iOS 10のリリースは9月14日です。(2016/9/13)

iOS 10版「iMessage」にステッカーやゲームの専用アプリストア登場
9月14日公開予定の「iOS 10」のメッセージングアプリ「iMessage」の専用アプリストアがプレビュー版で公開された。マリオ(無料)やリラックマ(有料)のステッカー(スタンプ)やゲームをダウンロードできる。(2016/9/13)

iPhoneでSuica利用可能に 「iOS 10」は13日配信、10月後半にFeliCa対応
AppleのiOS 10は9月13日(日本では14日)に配信される。FeliCa対応は10月後半から。(2016/9/8)

Facebookメッセンジャー、全絵文字を大きくして投稿できるように
Facebook Messengerで、「いいね!」(サムアップ)以外の絵文字も長押しで拡大して投稿できるようになった。まずはiOSアプリで可能(AndroidおよびMessenger.comも間もなく対応の見込み)。(2016/8/5)

iOSとOS Xの更新急いで、一部脆弱性はメッセージ受信で悪用される恐れ
AppleがiOSやOS Xの更新版で修正した脆弱性の一部は、ユーザーがメッセージなどを受信しただけで何も操作しなくても悪用される恐れがあるという。(2016/7/22)

MMSもテザリングも利用できる――UQ mobileの「iPhone 5s」を試す
7月15日に「UQ mobile」向けの「iPhone 5s」が発売された。“MVNOが扱うiPhone”という意味で珍しい機種なので、ソフトウェアや機能面で気になるポイントを確認していきたい。(2016/7/19)

Apple、iOS 10のiMessage向けステッカーパック4種をApp Storeで公開
Appleが、「iOS 10」のメッセージングアプリ「iMessage」で使えるステッカーパックをApp Storeで公開した。アニメステッカーの「Smileys」「Hearts」「Hands」とモノクロの「Classic Mac」の4種類。使うには「iOS 10 beta」が必要だ。(2016/7/5)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS 10で進化する「iMessage」はLINE対抗にあらず――アプリ流通を「メッセージ経由の口コミ」で拡散するのが狙いか
Appleの開発者会議「WWDC 2016」の基調講演では、iOSの「iMessage」のプレゼンテーションに時間が割かれた。スタンプ対応を見るとLINEに対抗しようとしているようにも見えるが、アプリによるアドオン対応にこそ注目すべきだ。(2016/6/24)

GUIの次へ:
Mac版のSiriは操作革命を引き起こすか!? 林信行が「macOS Sierra」をレビュー
WWDC 2016で発表された最新macOS「Sierra」の魅力を林信行が解説する。Mac版Siriはマウス操作が世に広まって以来の、最大の操作革命になるかもしれない。(2016/6/23)

「Allo」と「Duo」発表でみるGoogleの新戦略
「Google ハングアウト」の密かな方向転換に気付いているか?
Googleは「Google I/O 2016」で「Allo」と「Duo」を発表した。だがメッセージングアプリケーションは、既に「ハングアウト」がある。この発表には、どのような意図があるのだろうか。(2016/6/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。