ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「景品表示法」最新記事一覧

「賞金10万円(検討中)」→賞金なし 「全試合放送」→一部のみ AbemaTVのゲーム大会で不手際 サイバーエージェントが謝罪
AbemaTVのゲームイベントで不手際。事前に告知していた賞金を、参加者に十分に説明せずにとりやめるなどしたという。(2016/11/29)

サイバーエージェントのゲーム大会、試合の配信や賞金が告知と違うと批判 運営が謝罪
試合の配信や賞金について当初の説明と異なっていたと参加者が指摘しています。(2016/11/28)

ジャニーズに抗議受けたチケットキャンプ 確認不足を認めるも「キャンペーン自体は継続の判断」
キャンペーン画面以外では依然「ジャニーズ」の名称を随所に使用中です。(2016/11/21)

「当たり付き自販機で絶対当たる方法」がTwitterで話題に → 飲料メーカー「攻略法はないです」ガセの可能性濃厚か
過去には時刻シンクロ法やデバッグ法などの攻略法がささやかれたこともあります。(2016/10/11)

スピン経済の歩き方:
高齢者カモ疑惑 PCデポの「初動対応」があまりにもお粗末だったのはなぜか
PCデポが大炎上した。PCの使い方などをサポートするサービスに対して、批判が集中したわけだが、同社の初動対応に問題はなかったのだろうか。炎上後、PCデポの対応をみると……。(2016/8/23)

「矯正すると小顔に」「小顔効果は持続」の表示に“根拠なし” 小顔サービス業者9人に消費者庁が措置命令
頭蓋骨の歪みやズレを矯正すれば小顔効果が得られるというサービス。一部事業者にWebサイトの表示に根拠がないと行政処分がなされました。(2016/7/1)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニオーナー的にはちょっとうれしい「たばこのオマケ中止」
先日、たばこのオマケが中止になるという報道があった。オマケとは、ライターや缶コーヒーなどだが、なぜたばこのオマケは駄目なのだろうか。(2016/5/23)

失禁尿の吸収うたう「失禁パンツ」に国民生活センター「過信は禁物」と注意呼びかけ
実験した12銘柄のなかには、許容量未満で尿がしみ出したものも多かったようです。(2016/5/20)

「ガチャ問題」業界団体が共同でガイドライン順守徹底へ 「グラブル」Cygamesや「白猫」コロプラなども
これまでJOGAに参加していなかった会社にもガイドライン順守を呼びかけていくとしています。(2016/3/25)

Cygames、「グラブル」ガチャに実質的上限 9万円相当で必ず好きなキャラ
「グランブルーファンタジー」がガチャによる1キャラクターの獲得額に実質的な上限を設ける新機能を発表。300回(約9万円相当)で好きなキャラクターを獲得できる。(2016/2/25)

アディーレ法律事務所に措置命令 「今だけ」“期間限定”キャンペーン、実際にはほぼ常時
弁護士法人が法律違反。「今だけの期間限定」などと展開していたキャンペーンが実際には約5年の間事実上継続して実施していたとして、アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令。(2016/2/16)

アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令 景品表示法に違反
「今だけ無料」広告を長期間掲載していた。(2016/2/16)

当選者「1万2000人」、実際は「6000人」 水増しのパズル雑誌出版社に措置命令
パズル雑誌の懸賞企画で当選者数を水増ししていたとして、景表法違反で出版社に措置命令。(2015/12/9)

パズル雑誌で懸賞の当選者数を大幅水増し
消費者庁が再発防止を求める行政処分を行いました。(2015/12/8)

ハフィントンポスト日本版、“ステマ記事”排除へ調査部門設立 過去記事6本を削除
ハフィントンポスト日本版がステマ記事撲滅に向けた「ハフポストブログ調査・管理チーム」を設立。第1弾として過去記事6本を削除したという。(2015/9/2)

AOLがステマについてお詫び 現在はガイドラインを順守していると報告
一部順守されていない記事があるのではないかとの指摘も。(2015/8/29)

「Yahoo!ニュース」ステマ記事排除について声明 同日3媒体が配信停止も関連性はなし?
Yahoo!ニュースのスタッフブログ発。(2015/7/30)

HIKAKINらユーチューバー所属事務所 タイアップ時の「提供」表示義務付け ステマ防止で
タイアップやコラボ動画には明確に提供を表示するなどのガイドラインを策定しました。(2015/7/15)

スマホ版「パワプロ」がガチャで炎上 対象キャラ排出されず、お詫び配布発表もユーザーの怒り収まらず
「詐欺じゃねえか」「金返せよ」といった声も。(2015/7/4)

スピン経済の歩き方:
ライザップを急成長させた「ちょびっとしんけん」とは何か?
テレビCMや電車の広告などでよく目にするライザップ。「2カ月で最大15キログラムまで痩せる」のをウリにしているが、なぜここまで急成長を遂げたのか。筆者の窪田氏は「ちょびっとしんけん」があるからだという。ん? ちょびっとしんけんって何?(2015/6/16)

竹書房、懸賞の当選者数を水増し 消費者庁が措置命令
実際の当選者は1人なのに10人と記載していたケースや、当選者数を記載していながら景品の提供がなかったケースもあった。(2015/3/14)

竹書房がプレゼント当選者数水増し 消費者庁が措置命令 「まんがライフ」など7誌で
竹書房が「まんがライフ」などの漫画誌で読者プレゼントの当選者数を水増ししていたとして、消費者庁が措置命令。当選者が「3人」なのに誰にもプレゼントを送っていないケースもあった。(2015/3/13)

虫よけ剤効果「根拠不十分」、消費者庁がアースなど4社に再発防止命令
風通しの良し場所では効果はなく、提出された資料でも十分な説明を得られなかった。(2015/2/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「他店価格よりも高ければお知らせください」は一石二鳥のワザ?
家電量販店には「地域最大級」「他店価格よりも高ければお知らせください」「オープン価格」など、分かるようで分からないような言葉が存在する。こうした曖昧な表現はなぜ生まれて定着したのだろうか。(2015/1/29)

新法令・通達解説:
不当な表示に課徴金を――不当表示防止法改正
不当表示を行った事業者に対して課徴金を課せられるようにする「不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律」が平成26年(2014年)11月に成立した。その詳細と、あわせてその他の新法令を、26年(2014年)12月4日までに公布されたものから紹介する。(2015/1/14)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
スマートニュースが考える「コンテンツとしての広告」
スマホアプリのアドネットワーク事業を開始したスマートニュース。厳格な掲載基準によって展開されるネイティブ広告の可能性をスマートニュース 執行役員 広告事業開発担当 川崎裕一氏に聞いた。(2014/12/24)

ねっと部:
沖縄県公式サイトに謎の顔文字が
沖縄県の公式サイトに掲載された告知にネットでおなじみの顔文字が使われ、一部で話題に。(2014/9/18)

小寺信良「ケータイの力学」:
子供へのネット規制の歴史(2)
国によるネットの規制強化から教育現場でのケータイ一律禁止、そして震災後に変わったSNSへの視線、ソーシャルゲームの勃興とLINEに代表されるつながり依存の解明。2009年から現在までの、子供とネットを取り巻く環境をまとめた。(2014/8/25)

窪田順生の時事日想:
安倍さんの成長戦略を潰そうとしているのは誰か 犯人は“医療ムラ”
サプリメントの規制緩和をめぐって、消費者庁が揺れている。安倍政権がチカラを入れている成長戦略を骨抜きにしよう、という動きがあるのだ。具体的にはどんなことが……。(2014/6/24)

松岡功のThink Management:
最近の企業不祥事に見るマネジメントの教訓
このところ、利用者や消費者の信頼を裏切る企業不祥事が相次いでいる。これらの出来事から浮かび上がるマネジメントの教訓とは――。(2013/11/7)

一迅社、2年前の読者プレゼント未発送で謝罪
一迅社は、漫画雑誌「コミック百合姫」で2011年に行った読者プレゼントの直筆サイン色紙を当選者に発送できていないことを明かした。(2013/8/26)

【懸賞水増し問題】秋田書店、不正訴えた社員の解雇報道に「とうてい容認できない」と反論
毎日新聞の報道では元社員側は「罪をなすりつけられた」と主張していますが……。(2013/8/21)

読者プレゼント「50人」実際はたった3人 秋田書店に消費者庁が措置命令
漫画誌の読者プレゼントで誌面に掲載した当選者数に対し実際の当選者数が少なかったとして、消費者庁が秋田書店に措置命令。(2013/8/20)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
そういえば「本来あり得ない理由」って何だったのだろう
今回は、「本来あり得ない理由で」のフレーズが話題となったb-mobile4G WiFiや、イー・アクセスの帯域割り当ての変更に伴う通信速度の変更、WiMAX端末のファームウェア更新の新機能や端末の値下げについて紹介する。(2013/7/18)

iPhone 5のLTEカバー率は「71%」 だが「単純比較は意味がない」と田中社長
KDDIのiPhone 5で利用できるLTEエリアの実人口カバー率は「71%」と公表。iPhone 5の下取りサービスを検討していることも明らかに。(2013/6/10)

小寺信良「ケータイの力学」:
「コンプガチャ騒動」とは何だったのか(1)
ソーシャルゲームのコンプリートガチャ問題から1年。一連の騒動はすっかり沈静化し、人々の記憶からも薄れかけてきている。問題の発覚から業界の反応まで、当時の経緯を振り返りたい。(2013/6/10)

石野純也のMobile Eye(5月13日〜24日):
auの“厳選”夏モデルとエリア誤表記の関係/Google I/Oから垣間見えたメッセージ
5月20日にKDDIが新製品を発表したことで、夏商戦向けのモデルがすべて出そろった。iPhone 5の4G LTEエリアの実人口カバー率の誤記について、消費者庁から措置命令が出たことも話題を集めた。これら2つに加え、開発者向けイベント「Google I/O」について取り上げる。(2013/5/24)

iPhone 5のLTEカバー率誤表示でKDDIに措置命令 消費者庁 「96%」、実際は14%
KDDIがiPhone 5で利用できる下り75MbpsのLTEカバーエリアについて、実際の計画より過大なカバー率と誤認させる記述をカタログやWebサイトに掲載していたとして、消費者庁が景表法違反で措置命令。(2013/5/21)

ソーシャルゲームの市場規模、規制の影響で成長鈍化見込み
矢野経済研究所のソーシャルゲーム市場に関する調査結果によると、2011年度の市場規模は前年度比104.6%増の2824億円と大幅増。しかし、2012年度はコンプガチャ規制などの影響で成長が鈍化する見込みだ。(2013/1/10)

シャープ「プラズマクラスター」掃除機に不当表示、消費者庁が措置命令
シャープが掃除機のカタログに「プラズマクラスター」によるダニのふん・死がいの分解除去が室内全体に効果があるように表記していたが、実際にはこうした性能はなかったとして、消費者庁が措置命令。(2012/11/28)

窪田順生の時事日想:
おせっかいな「規制」は、人を幸せにするのか
世の中には「おせっかい」とも言える“規制”がたくさんある。例えば「これは食べてはいけない」とか「これ以上、お金を借りてはいけない」とか。もちろん規制によって救われる人たちもいるが、過剰な縛りは人間を不幸に導いているのではないだろうか。(2012/11/27)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第4回 ステマかどうかなんて関係ない
少しでもステマだと疑われるようなコミュニケーション方法は採用するべきではない。企業コミュニケーションにおいて重要なのは、結局、生活者との良好な関係作りに寄与するコミュニケーションかどうか、あるいは、生活者に好かれるようなコミュニケーションかどうか、ということなのである。(2012/11/26)

「75Mbps・東名阪カバー率99%」は誇大広告――イー・アクセスに消費者庁が措置命令
イー・アクセスの広告で、下り最大75MbpsのLTEサービスを東名阪の主要都市カバー率99%で提供するかのように誤解させる表示があったとして、消費者庁は景品表示法違反(優良誤認)で措置命令を出し、再発防止を求めた。(2012/11/19)

kobo新機種、国内投入 Kindle対抗、強みは「端末」「容量」と三木谷社長
楽天がkobo新機種の国内投入を発表した。Kindle上陸で競争が激化しているが、koboは端末の多様性や、容量が拡張できること、EPUB 3のオープン性などが強みだと三木谷社長はアピールする。(2012/11/1)

楽天、消費者庁からの指導について謝罪――koboイーブックストアのラインアップ数について
楽天は、「koboイーブックストア」のオープン当初の日本語書籍のラインアップ数について、景品表示法上不適切な部分があったとして、消費者庁から行政指導を受けたことを発表した。(2012/10/26)

楽天「kobo」に行政指導 「コンテンツ約3万冊」表記、実は2万冊「景表法上不適切」
楽天は、「koboイーブックストア」のオープン当初の電子書籍数について、景品表示法上不適切な部分があったとして、消費者庁から行政指導を受けたと発表した。(2012/10/26)

ブログマーケティング再興:
再び注目されるブロガーキャンペーン、背景と成功の秘訣
現在、「ブロガーを巻き込んだキャンペーン施策」が再び注目を集め始めている。流行の背景とブロガーキャンペーンを成功させるために考慮した方がよいポイントを解説する。(2012/10/12)

LED照明:
LED電球で明るさが不足、12社の54製品が景表法違反
節電のためにLED照明の導入機運が高まる中、製品の購入に注意を要することが明らかになった。消費者庁が6月14日、電球型LEDランプを販売する12社の54製品について、白熱電球と比べた明るさが不足しているとして、景品表示法に違反していることを公表した。(2012/6/15)

ステマをもう1回斬る!――第9回ビジネステレビ誠アーカイブ
毎月1回のネット生放送。今回は、「景表法のガイドライン改訂でステルスマーケティングはどうなる?」「結婚相談サービスで結婚できるの?」「夏だ! ビールテイスト飲料を飲み比べ」の3本立てです。(2012/6/18)

消費者庁、ニフティに措置命令 WiMAX料金を実際より安く表示
WiMAXの月額料金を実際より安い金額で表示していたなどとして、消費者庁がニフティに対し景品表示法違反で措置命令。(2012/6/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。