ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モデルチェンジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モデルチェンジ」に関する情報が集まったページです。

新型AIプロセッサ「Kirin 980」でより“インテリジェント”に――「HUAWEI Mate 20シリーズ」登場
Huaweiの「Pシリーズ」と並ぶハイエンドモデルシリーズがモデルチェンジ。新しい機械学習用プロセッサ(NPU)を搭載し、カメラ撮影機能などを大幅に強化した。(2018/10/17)

スポーティーな新デザイン:
BMW、スポーツセダン「3シリーズ」新型を正式発表 7年ぶりフルモデルチェンジ
BMWが7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「3シリーズ」を正式発表。(2018/10/3)

シャープのスタンダードスマホ「AQUOS sense2」登場 18:9ディスプレイとAIカメラを搭載
シャープのスタンダード(エントリー)スマートフォン「AQUOS sense」がモデルチェンジする。ディスプレイのアスペクト比は18:9となり、カメラの撮影においてはAIを活用したシーン認識などを利用できるようになった。(2018/10/3)

メルセデス・ベンツ、「Bクラス」をモデルチェンジ 「ヘイ、メルセデス」で反応する新機能を搭載
2019年2月に出荷開始予定。(2018/10/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
V60 ベストボルボの誕生
ボルボは商品ラインアップの中核を担う60シリーズをモデルチェンジして発表した。新型V60は、結論を言えば現時点でのベスト・ボルボだと思う。その理由を解説したい。(2018/10/1)

FAニュース:
主軸台移動形CNC自動旋盤をモデルチェンジ、医療機器や自動車部品用途を想定
シチズンマシナリーは、主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「M32」の3機種を発表した。ベースからフルモデルチェンジを実施した新モデルで、加工効率と精度を向上させる数々の機能に加え、ユーザビリティにも優れる。(2018/10/1)

40年経っても変わらない味 ヤマハの定番バイク「SR400」復活、40周年記念モデルも限定発売
レトロな定番バイク「SR」がモデルチェンジ。(2018/9/15)

自動運転技術:
アウディ新型「A8」はレベル2で日本導入、2019年には「AIアクティブサスペンション」も
アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。(2018/9/6)

ITはみ出しコラム:
「Mac mini」次期モデル、2018年秋に今度こそ出る?
現行の「Mac mini」が発売されたのは2014年10月。4年ぶりのモデルチェンジはあるのでしょうか?(2018/8/26)

秋に世界初披露か:
BMW、新型「3シリーズ」の一部情報を公開
独BMWが新型「3シリーズ」セダンの一部情報を公開した。フルモデルチェンジは7年ぶり。(2018/8/17)

LTE対応で翻訳スピードも向上――「POCKETALK W」9月7日発売 eSIM版は2万9880円
ソースネクストの翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」がモデルチェンジ。LTE通信に対応するなど大幅なスペックアップが図られている。ソラコムとの協業でeSIM内蔵モデルも用意する。(2018/7/26)

月販目標の7倍:
トヨタ新型「クラウン」、発売1カ月で約3万台受注
フルモデルチェンジした新型「クラウン」は発売1カ月で約3万台を受注し、月販目標の7倍に当たる好調な立ち上がり。(2018/7/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
変化と不変の両立に挑んだクラウン
トヨタのクラウンがフルモデルチェンジした。すでにクローズドコース試乗で高負荷域の「クラウン離れした」仕上がりを体験し、その激変ぶりをインプレッションに書いたが、今回改めて一般公道での試乗会が開催された。クラウンのクルマとしての真価はいかに?(2018/7/23)

車両デザイン:
「ジムニー」が20年ぶり全面改良、「ジムニーシエラ」には新開発エンジン採用
スズキは2018年7月5日、軽自動車「ジムニー」とコンパクトカー「ジムニー シエラ」を20年ぶりにフルモデルチェンジして発売したと発表した。(2018/7/6)

唯一無二のコンパクト四駆:
スズキ、新型「ジムニー」発表 本格オフローダーが20年ぶりフルモデルチェンジ
スズキが軽四輪駆動車「ジムニー」と1.5リッターエンジン搭載の「ジムニーシエラ」をフルモデルチェンジし、発売した。ジムニーのこだわりを継承しつつ、車体やエンジンの一新で動力性能と使い勝手を高めた点が特徴だ。(2018/7/5)

モビリティサービス:
24時間365日の安心安全を提供、新型「クラウン」「カローラスポーツ」から展開
トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした「クラウン」と、新型車「カローラスポーツ」を発表した。2モデルとも同日付で発売する。新型クラウン、新型カローラスポーツともに車載通信機(DCM)を全車標準搭載とし、コネクテッドカーの本格展開を始める。ユーザーは3年間無料でコネクテッドカーのサービスを利用できる。クルマがつながることによってユーザーとの接点を増やし、さまざまなサービスで利便性や安心安全を提供する。(2018/6/27)

「意外と人間臭い」新型「クラウン」は、トヨタの“始まりの一手”だ
トヨタの新型クラウンとカローラ スポーツは、通信機「DCM」を標準搭載するコネクテッドカー。豊田章男社長は「自動車を作る会社からモビリティーカンパニーにモデルチェンジする」と意気込む。新型車からは、トヨタが目指す未来のモビリティーの姿が浮かび上がる。(2018/6/26)

通信機能を全車標準装備:
トヨタ、新型「クラウン」正式発表 初代「コネクティッドカー」として刷新
トヨタが7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「クラウン」を正式発表。(2018/6/26)

V12→V8ハイブリッドに:
トヨタ「センチュリー」21年ぶりフルモデルチェンジ
トヨタは、国産ショーファードリブンカー「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、発売した。(2018/6/22)

車両デザイン:
発売40年目のフルモデルチェンジ、運転支援システムも満載の「Gクラス」
メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」の新モデルを発表した。同日より注文の受付を開始し、納車は同年8月下旬以降を予定している。税込み販売価格はG550が1562万円、ハイパフォーマンスモデルの「AMG G 63」が2035万円となる。しばらくの間、現行モデルも併売される。(2018/6/11)

ボディー大型化:
BMW、新型「X5」初公開 プレミアムSUVを5年ぶり刷新
BMWがSUV「X5」を5年ぶりにフルモデルチェンジした新型を初公開。(2018/6/7)

ABS、HSTC搭載:
ホンダ、軽スクーター「フォルツァ」フルモデルチェンジ 安全・軽快な走り
ホンダがスクーター「フォルツァ」をフルモデルチェンジ。ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)と「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を搭載。走行性能と扱いやすさを向上させた。(2018/5/11)

ミドルクラスセダンを一新:
新型「レクサスES」世界初公開 日本は18年秋発売
トヨタは、高級車ブランド「レクサス」のセダン「ES」をフルモデルチェンジした新型を世界初披露した。(2018/4/25)

「MQB」採用で安全性向上:
VW、新型「ポロ」発表 8年ぶりに一新
フォルクスワーゲングループジャパンが、コンパクトカー「ポロ」(Polo)を発売。フルモデルチェンジは約8年ぶり。新プラットフォーム「MQB」を採用し、上級モデルに採用していた先進安全装備を搭載した。(2018/3/20)

PR:仕事に追われるarrows先生 “救世主”は「arrows Tab F-02K」?
一部で名高い「arrows先生」。最近忙しさに拍車が掛かっているという先生が、その業務の効率化を狙って「arrows Tab F-02K」を導入してみたそうです。1年半ぶりにモデルチェンジしたNTTドコモの「arrows Tab」のどこに魅力を感じたのでしょうか……?(2018/3/19)

流麗なデザインに一新:
ホンダ、スクーター「PCX」「PCX150」フルモデルチェンジ
ホンダが原付二種と150ccの人気スクーター「PCX」と「PCX150」をフルモデルチェンジ。(2018/3/15)

こんなタイプもあるのか! 三輪車からスポーツ型まで、電動アシスト自転車「PAS」がモデルチェンジ
スポーツタイプかっこいい。(2018/2/23)

“ビンテージ要素を再構築”:
光岡自動車、2シーターオープン「Himiko」フルモデルチェンジ
光岡自動車が「Himiko」をフルモデルチェンジし、2月23日に発売する。1930年代ビンテージカーの要素を取り入れつつ、現代風に再構築した点が特徴。より洗練されたデザインに生まれ変わったとしている。(2018/2/22)

スポーティーなSUV:
BMW、新型「X4」発表 クーペライクSUVを刷新
BMWがクーペライクなSUV「X4」をフルモデルチェンジした新型を発表。(2018/2/15)

ハイテク装備満載:
メルセデス・ベンツ、新型「Aクラス」発表
メルセデス・ベンツは、コンパクトカー「Aクラス」を約6年ぶりにフルモデルチェンジした新型を発表した。(2018/2/5)

スーパーカブベースのレジャーモデル:
ホンダ「クロスカブ」に50ccモデル登場 110はモデルチェンジ
ホンダは、二輪車「クロスカブ」に、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を設定し、2月23日に発売する。(2018/2/5)

大型ツアラー:
ホンダ「ゴールドウイング」17年ぶりフルモデルチェンジ
ホンダが大型プレミアムツアラー「Gold Wing(ゴールドウィング)」を17年ぶりにフルモデルチェンジ。(2018/1/12)

安全システム:
「軽初」の装備盛り込んだスズキ「スペーシア」、フロントガラス投影式HUDも
スズキは、ハイトワゴンタイプの軽自動車「スペーシア」「スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジして発表した。安全に対するニーズ拡大に対応した「スズキセーフティサポート」を展開していく。(2017/12/15)

低燃費も実現:
スズキ、新型「スペーシア」発表 後退時ブレーキサポート初搭載
スズキが軽「スペーシア」「スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジ。後退時ブレーキサポートを軽で初搭載。(2017/12/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ボルボXC60 社運を懸けた新世代アーキテクチャの完成
先代XC60はここ数年、販売台数で見てもボルボの30%を占めるベストセラーだ。そのフルモデルチェンジは、ボルボにとってまさに正念場である。(2017/11/13)

世界生産1億台、「スーパーカブ」がモデルチェンジ
日本が誇る名車がモデルチェンジ。50ccと110cc、各ビジネスモデルの4シリーズを発売。(2017/10/19)

3代目登場:
BMW、新型「X3」発表 ミッドサイズSUVを刷新
BMWは、プレミアムミッドサイズSUV「X3」をフルモデルチェンジした。(2017/10/19)

「VAIO S11/S13/S15」が刷新 LTE拡充、カーボン復活、法人シリーズも
VAIOが主力の「S Line」をリニューアル。11.6型の「S11」、13.3型の「S13」、15.5型の「S15」をモデルチェンジした。法人向け新シリーズの「VAIO Pro」も展開する。(2017/9/21)

洗練の「VAIO S13」か、新生の「VAIO S11」か 2017年モデル徹底検証
VAIO主力の「S」シリーズがモデルチェンジ。ユーザーのフィードバックを反映し、より洗練されたビジネス向けPCに生まれ変わった。「S13」と「S11」の実機テストを通して、その実力を検証する。(2017/9/21)

デザイン、メカ一新:
アウディ、新型「Q5」発表 人気SUV、8年ぶりフルモデルチェンジ
アウディがミッドサイズSUV「Q5」「SQ5」の新型を発表した。(2017/9/20)

日産、新型EV「リーフ」発表 満充電で400キロ走行、レベル2自動運転、1ペダル走行も
日産自動車がフルモデルチェンジした新型EV「リーフ」を発表。航続距離400キロを実現した。(2017/9/6)

ミライース 開発者インタビュー:
ダイハツ「ミライース」、37.0km/lを超えられる新型エンジンをなぜ諦めた?
先頃フルモデルチェンジされたダイハツ工業の軽自動車「ミライース」。開発陣に量産までのいきさつを聞くことができた。驚異の軽量化と安全装備の充実を両立しながら、価格を抑える工夫はどのようにして生まれたのか。そこにはミライースを利用するユーザーへの思いにあふれていた。(2017/8/31)

第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバの魅力:
PR:日米同時発売! 大変身した第14世代PowerEdgeサーバの「味わいどころ」とは?
Dell EMCが新たに発表した「第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバ」は、「選びがいのあるサーバ」だ。元々、顧客の声を反映した多数の工夫や革新を特徴とするシリーズだが、第14世代のPowerEdgeでは特に、大胆な取り組みが各所に見られる。自動車でいえばフルモデルチェンジのような印象を持つ人が多いのではないだろうか。(2017/7/20)

NECPCの「LAVIE」夏モデルが登場 UHD BD対応のノートとオールインワンに注目!
NECパーソナルコンピュータが、「LAVIE Note Standard」と「LAVIE Desk All-in-one」の2017年夏モデルを発表した。合わせて、Web直販限定の「LAVIE Direct DT」もフルモデルチェンジする。(2017/7/11)

車両デザイン:
新型「カムリ」が目指したのは、理屈抜きにかっこよくて走りのいいクルマ
トヨタ自動車は、ミッドサイズセダン「カムリ」をフルモデルチェンジして発売した。パワートレインとプラットフォームは、クルマづくりの構造改革「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づいて一新。1980年代の人気車のような「かっこよくて走りもいいクルマ」を目指したという。(2017/7/11)

エモーショナルなデザイン:
トヨタ、新型「カムリ」発表 TNGA採用で一新、上質な走り
トヨタがミッドサイズセダン「カムリ」をフルモデルチェンジして発売した。(2017/7/10)

プロパイロット搭載:
日産、EVの新型「リーフ」を9月6日に公開へ
日産は、電気自動車(EV)「リーフ」をフルモデルチェンジする新型を9月6日に初公開する。(2017/6/30)

乗って解説:
乗り比べて分かった、三菱ふそうとUDトラックスの「思想」の違い
三菱ふそうトラック・バスが21年ぶりに「スーパーグレート」を、UDトラックスは13年ぶりに「クオン」をフルモデルチェンジした。現場の声を踏まえて大型トラックはどう変わったのか解説する。(2017/7/7)

操舵支援:
自動ハンドルで衝突回避 トヨタ、新型「レクサスLS」に
トヨタは、今秋フルモデルチェンジを予定しているフラッグシップセダン「レクサスLS」に搭載する先進安全技術を公開した。(2017/6/26)

セダンに続き:
BMW、新型「5シリーズ ツーリング」発表
BMWがステーションワゴン「5シリーズ ツーリング」をフルモデルチェンジし、販売を始めた。(2017/6/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。